International travel safety information

translated by google
Source: Ministry of Foreign Affairs International Safety Information

The following information has been provided by the Japanese Ministry of Foreign Affairs.

The information is subject to change without notice.

This is not a comprehensive list, and you are urged to check the most up-to-date information and details.

Country Travel advisories Travel from Japan Note
Kazakhstan
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  With some exceptions such as international students and business people specially permitted by the inter-ministerial committee, immigration to Kazakhstan will be restricted. Foreigners (including Japanese) who have already stayed in Kazakhstan are exceptionally allowed to leave the country. In addition, persons with a residence permit in Kazakhstan and their families and Kazakhstan families can enter and leave the country, but the next re-entry will be permitted 90 days after leaving Kazakhstan. The 30-day visa exemption measures for 57 countries (including Japan) will be suspended until May 1, 2021. Homepage of the Embassy of Kazakhstan in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Kazakhstan
Greece
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  In principle, entry from countries other than EU-Schengen countries (including Japan) is prohibited with the following exceptions. Homepage of the Greek Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Greece
The Netherlands
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Entry from countries other than "safe countries" designated by the Dutch government (including Japan) is prohibited in principle, with the exception of those who have a residence permit in the EU and those who have a specific occupation, in addition to their own citizens. To do. * For details on the exceptions to immigration restrictions, refer to the website below: https://www.government.nl/topics/coronavirus-covid-19/visiting-the-netherlands-from-abroad/exemptions-to-the -entry-ban * Other precautions Homepage of the Dutch Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in the Netherlands
Belgium
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Prohibition of travel to Belgium from countries outside the EU / Schengen Agreement other than those with indispensable reasons (* 1) (People with nationality of Belgium, EU member states or Schengen countries or residents in the region , Or travel that is not essential for residents of a third country (* 2) designated by the EU is not prohibited.) * 1 See the website below for details on the indispensable reasons. https://www.info-coronavirus.be/en/travels-outside-eu-schengen/ * 2 See the website below for details on third countries designated by the EU. https://www.info-coronavirus.be/en/colour-codes-by-country/ Homepage of the Embassy of Belgium in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Belgium
France
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  The following documents are required to be presented upon entry. RT-PCR test negative certificate within 72 hours before flight (only for 11 years old and over. If there is a transfer, within 72 hours before the first flight) B. Declaration pour voyageur * * B is divided into those for 11 years old and over and those for under 11 years old, so please use the corresponding ones. French Ministry of the Interior HP https://www.interieur.gouv.fr/Actualites/L-actu-du-Ministere/Attestation-de-deplacement-et-de-voyage Homepage of the French Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in France
Spain
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  In principle, all travelers from outside the EU / Schengen area other than Australia, New Zealand, Rwanda, Singapore, South Korea, Thailand and China are prohibited from entering the country. However, entry to countries within the EU / Schengen area, or persons with long-term visas issued by these countries, who are heading for that country, is exceptionally permitted. Homepage of the Spanish Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Spain
Hungary
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  From September 1, 2020, all foreigners, including Japanese, will be banned from entering the country, with some exceptions. Those who enter the country for commercial purposes (it is necessary to prove that it is commercial by documents etc.), the family of Hungarian nationals, those who have permanent residence in Hungary and their families, and have a valid Hungarian residence permit. The person permits entry. In addition, if there are special reasons (illness treatment, study abroad, attendance at weddings and funerals of relatives, etc.), apply for a special entry permit to the police and permit entry on condition that permission is obtained. Homepage of the Embassy of Hungary in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Hungary
Italy
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  As a general rule, entry of persons who have stayed or transferred to some countries / regions including Japan (* countries listed in List E on the reference page) within 14 days before entering Italy is prohibited. However, if the purpose of entry is one of the following and the purpose of travel is proved through the prescribed affidavit, entry is exceptionally permitted. A. Business necessity B. Extremely urgent situation C. Health needs D. Necessity for study E Return to your own address, place of residence, place of residence, etc. * As described in the entry conditions / behavior restrictions section, even if entry is exceptionally permitted, Japan will travel to Italy via List C (many European countries are included here). When entering the country, it is obligatory to show a negative proof of PCR test or antigen test within 48 hours before entering the country. [Reference page] https://www.it.emb-japan.go.jp/itpr_ja/covid_19_20210302DPCM.html Homepage of the Italian Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Italy
Romania
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  In principle, travelers from Japan are not allowed to enter Romania, with the following exceptions stipulated in Article 2 (1) 3 of Attachment 3 of Government Decision No. 3 of 2021. Romanian Embassy Homepage Homepage of the Embassy of Japan in Romania
Switzerland
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  In principle, entry from Japan to Switzerland is prohibited (exceptions are Swiss, EU, EFTA, British nationals and their families, and residence permit holders). On the other hand, it is exceptional if it can be proved that it has the essential reasons for travel (emergency commercial such as contract conclusion, continuation of treatment, family death / care, transportation worker, etc.) set by the Swiss Federal Immigration Service. Allow entry to. Homepage of the Swiss Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Switzerland
Austria
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  From February 10, 2021, for entry from Japan, those who travel for professional purposes such as business trips, long-term residents such as Austria and EU, Austrian residence right holders, D visa holders, school / research, diplomats , If you do not correspond to the staff of an international organization, you will be refused entry. Homepage of the Austrian Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Austria
United Kingdom/United Kingdom/Great Britain and Northern Ireland
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Travel if travelers (including UK residents, excluding some exemptions) arrive in England in the last 10 days from or through all countries / regions except Ireland, Channel Islands and Isle of Man It is obligatory to take the new coronavirus test 3 days before the start date and to show a negative certificate before travel and at the time of arrival. If you cannot show a negative certificate, you may be denied access to travel means. In addition, it is necessary to register the contact information online in advance on the form (Note) (registration is possible 48 hours before entry) and present it at the time of entry. In addition, the above travelers (excluding some exempted persons) will be self-quarantined for 10 days and will be inspected (own expense) on the 2nd and 8th days of entry in principle after February 15, 2021. Is required. Before the above online registration, it is necessary to make a reservation for the inspection package and fill in the reservation number on the form. In addition, after 5 days have passed since entering Japan, you can choose a system that allows you to terminate self-isolation if you are voluntarily tested and negative. Violations of pre-departure inspection, form registration, self-quarantine, post-immigration inspection may be subject to fines, imprisonment or both. Homepage of the British Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in the United Kingdom
Denmark
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  As a general rule, foreigners residing outside Denmark are prohibited from entering the country. However, entry is permitted only to those who travel for humanitarian reasons, those who are employed in Denmark, and some workers who are engaged in freight transportation. Homepage of the Royal Danish Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Denmark
Sweden
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  From February 6, 2021, in principle, travelers from third countries including Japan (excluding some countries in the EEA and countries on the EU exception list such as Australia) will be prohibited from entering the country (however, in Sweden). Residence permit holders and diplomats are exceptions to the immigration ban.) Homepage of the Swedish Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Sweden
Norway
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  As a general rule, foreigners other than those residing in Norway are prohibited from entering the country. Exceptions are limited to journalists, close relatives of Norwegian residents, and special skills holders who are indispensable for corporate activities in Norway who enter the country through application procedures. Homepage of the Norwegian Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Norway
Poland
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All immigrants are required to be quarantined for 10 days (the day after arrival is the starting date) regardless of nationality. During the quarantine period, you will not be allowed to leave the quarantine area, including food procurement, and you will be required to use the quarantine app. If you do not have a smartphone, police officers will visit your quarantine location daily for confirmation. There are penalties for violations. For entry from within the Schengen area, quarantine measures are exempted if there is a negative certificate of the test (PCR test or antigen test) within 48 hours before entry, but for entry from outside the Schengen area, a negative certificate Even if there is, quarantine measures are not exempted. However, if the test taken during the quarantine period proves negative, the quarantine period will be shortened. Also, if you have a certificate of two doses of vaccine approved by the EU (English or Polish), you will be exempt from quarantine. * For details on the above measures and exemptions from quarantine measures, refer to the website of the Embassy of Japan in Poland (https://www.pl.emb-japan.go.jp/files/100169734.pdf). Homepage of the Embassy of Poland in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Poland
Germany
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  From February 2, 2021, entry from Japan to Germany will be prohibited in principle (excluding Germany, EU member states, nationals of Schengen countries and their spouses, long-term residence permit holders and their spouses, etc.) .). However, if it can be proved that it has an important and essential reason for travel specified by the German Ministry of Interior, entry is exceptionally permitted (* For details, refer to the website of the Japanese Embassy in Germany: https: // www. de.emb-japan.go.jp/itpr_ja/konsular_coronavirus200313-1.html#04bouekitaisakuD). Homepage of the German Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Germany
Portugal
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  In principle, entry from countries / regions (including Japan) outside the EU / Schengen member states except Australia, South Korea, Singapore, Thailand, China, New Zealand, Rwanda, Hong Kong and Macau is prohibited (however, job performance, study, family reunion). , Excludes travel for truly essential purposes such as health and humanitarian reasons). Homepage of the Portuguese Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Portugal
Luxembourg
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  2月8日から、日本からの必要不可欠でない渡航は認められない。ただし、以下に該当する者は引き続き入国可能である。入国は、①必要不可欠な物資・サービスの提供を目的とする場合、②許可証を持った行商人及びトラックの運転手を含むビジネス関係者、③外交官、④医療の目的(許可証が必要)、⑤移民労働者、⑥移住した年金受給者、⑦通学者を含む学生、⑧通勤する教員、⑨両親、子供、兄弟及び祖父母の葬式への参列、⑩特別な必要性があり、保健省によって認定された人を除き、認められない。全渡航者に対して、渡航前の指定サイト(https://visit.covid.is/)での事前登録に加え、出国前72時間以内の新型コロナウイルス検査陰性証明書(注1)の提出、空港でのPCR検査及び入国後5日後の各地診療所での2回目のPCR検査の受検を要請する。2回目の検査までは自己隔離を行う必要があり、2回目の検査で陰性になった場合に隔離を終えることができる。ただし、ワクチン接種済みの証明書(注2)を所持する者については、措置の適用外となる。全ての入国者(英国領北アイルランドを出発地とする者を除く。)に、入国前72時間以内のRT-PCR検査での陰性結果を提示する義務を課す(国際的な運送業従事者、6歳以下の子供等は免除。)。陰性証明書は、アイルランドへ向かう航空機搭乗又はフェリー乗船時及び入国時に提示する必要がある。陰性証明書不携行の場合、2,500ユーロ以内の罰金若しくは6か月以内の禁固又はその両方が科されることがある。  全ての入国者(同上)に、入国後14日間の滞在先及び連絡先を申告等するCOVID-19旅客位置情報フォームを入国前にオンライン( https://cvd19plf-prod1.powerappsportals.com/en-US/passenger/ )で提出する義務を課す。  同フォームに記載の住所において14日間の隔離を行うことが法的に求められる。この隔離の制度を遵守しないことは犯罪であり、2,500ユーロ以内の罰金若しくは6か月以内の禁固又はその両方が科されることがある。  他国から北アイルランド経由でアイルランドに渡航する者も、この義務的な隔離の制度を遵守しなければならない。  隔離期間中に居住場所を離れることができるのは、人の健康及び福祉を守るための緊急的な不可避の理由のため、又は出国するために限られる。  入国の5日後以降にRT-PCR検査を受けるために居住場所を離れることができ、その検査において、書面で「陰性/検出されず」(negative/not detected)の結果を受けた場合は、隔離期間を終了できる。書面の検査結果は少なくとも14日間所持しなければならない。  (注1)次に該当する者は、隔離を法的に求める制度の限定的な例外とする。  ・緊急医療のため渡航する患者  ・国際的な運送業者:重量物運搬車運転手、航空機・船舶乗組員  ・警察/国防軍(任務を遂行中の際)  ・逮捕状、身柄引渡手続、その他強制力のある法的義務に基づきアイルランドに渡航する者  ・外交官、高位の官職にある者若しくは選挙で選ばれた者としての職務遂行のため、又はこれらの者にサービスを提供するために渡航する者  ・他国への渡航のために到着し、港又は空港から出ないトランジット旅客  (注2)次に該当する者は、必要不可欠な職務遂行のために、厳に必要な期間に限り、一時的に隔離場所を離れることができる。  ・重要な輸送インフラ、公共事業インフラ、製造サービス、情報サービス及び通信サービスの必要不可欠な修理、維持、建設又は安全確保に必要な者  ・国際機関の職員又は国際機関の適切な機能のために必要かつリモートでは行えない職務を遂行するために招かれた者  ・国際的に重要な競技に関連し、スポーツ・アイルランドから書面の証明書の発給を受けた旅客  ・職務遂行中のジャーナリスト 特別便に搭乗する際、バクーまでの直行便の出発48時間以内に発行されたPCR検査陰性証明書を提出する必要がある。アゼルバイジャンの空港到着時、全ての搭乗客に対する体温検査を実施する。必要に応じて特別検査も行う。感染が疑われた場合、空港内の医療ブースで更なる検査を実施の上、感染が認められた場合には緊急医療機関に搬送される。※アフガニスタンは全土に危険情報として退避勧告(レベル4)が発出されており、渡航は止めてください。搭乗前72時間以内に受検したPCR検査の陰性証明書の提示が必要となる。アブダビ首長国への入国者には、出発前96時間以内に受検したPCR検査の陰性証明書の提示、入国時のPCR検査、10日間の自主隔離、自主隔離期間中の追跡リストバンドの装着、入国後8日目のPCR検査再受検等を義務付ける。日本を含む「グリーン国」からの渡航者については、自主隔離を免除する(※「グリーン国」は以下URLを参照。https://visitabudhabi.ae/en/plan-your-trip/covid-safe-travel/permitted-countries)。ドバイ首長国への入国者は、出発前72時間以内に受検したPCR検査の陰性証明書の提示を義務付ける。これに加えて、特定国(日本は含まれない。)からの渡航者については、国籍や渡航目的を問わず、到着時のPCR検査の受検も求める。なお、ドバイ経由のトランジット客の事前PCR検査は、目的国が要求していない限り原則不要であるが、特定国(日本は含まれない。)からの渡航者に対しては求める(※特定国は以下URLを参照。https://www.emirates.com/ae/english/help/covid-19/dubai-travel-requirements/tourists/)。その他の首長国への入国者には、出発前96時間以内に受検したPCR検査の陰性証明書の提示、入国時のPCR検査、PCR検査の陰性結果が出るまでの自主隔離等を義務付ける。入国に当たっては、出発地又は経由地で出発前72時間以内に受検したPCR検査の、医師が発行した陰性証明書(アラビア語、フランス語、英語のいずれか)が必要。また、入国後は14日間の隔離が必要となる。入国に当たっての主な検疫措置は以下のとおり。ただし、以下の者については、別途の保健当局の規則に従うことで、例外的に自主隔離の対象外となる。入国後、欧州疾病予防管理センター(ECDC)の基準に基づく特別な場合とアルバニア保健当局が判断する場合には、2週間の自己隔離が課される場合がある。全ての入国者に対して、「到着前72時間以内に実施したPCR検査陰性証明書の提示」又は「入国時の私費によるPCR検査の受検」を義務化する。PCR検査陰性証明書は以下の条件を満たす必要がある:①アルメニア語、ロシア語又は英語で記載されていること、②受検者の氏名・生年月日・旅券番号・検査機関の名称及び所在地等の情報が記載されていること、③検査機関のスタンプ及び検査機関の長の直筆署名があること。この場合、身体所見により強制入院が必要と判断される場合を除き、自己隔離義務は免除される。また、入国時にPCR検査を受検する場合、自己隔離への承諾書への署名を求められるほか、検体採取証明書の交付を受け、空港到着ロビーから出る際にこの証明書を警察又は保健労働監督機関の職員に提示することにより、空港から離れる許可を受ける。その後、自己申告した隔離場所へ移動し、48時間以内に通知される陰性結果の到着まで自己隔離を行わなければならない。また、空港到着ロビーへの出迎え者の立入りは禁止する。入国が認められる全ての渡航者に対し、出発前72時間以内に実施したPCR検査の陰性証明書の提示及び到着後の空港での簡易抗原検査の受検を義務付ける。空港での検査結果が陰性の者には10日間の自宅検疫(注:実質的な隔離)、陽性の者には政府指定施設での隔離を義務付ける。自宅検疫及び隔離は、改めて受検した検査で陰性の結果が出れば解除となる。全ての渡航者は、入国に際してマスクを着用しなければならず、健康申告書の記載、スクリーニング及び検温が空港到着時に課され、検疫規則に従い、モニタリング・ブレスレットを着用の上で、監視される。滞在中は、公共の場所では常時マスクを着用しなければならない。また、新型コロナウイルスの症状がある渡航者は、保健当局が定めるとおり、隔離される。1泊を要する乗り継ぎを行う渡航者等は、政府が指定する宿泊施設等での待機を要請される。なお、乗り継ぎを行う者を含む全ての渡航者は、入国前7日以内に実施された鼻咽頭又は口腔咽頭スワブ法によるPCR検査(RT-PCR)の陰性証明書の携行が必要。※イエメンは全土に危険情報として退避勧告(レベル4)が発出されており、渡航は止めてください。①到着前72時間以内に実施・発行されたPCR検査の陰性証明書の提示、②入国後7日間の自主隔離及び③健康状態に関する自己申告書の提出が必要となる。例外的に入国する場合、以下の入国条件・行動制限措置がとられる。 ア イスラエルに向けて滞在国を出発する前72時間以内にPCR検査を受検し、陰性証明を取得する必要がある。また、入国時及び入国日から9日目にPCR検査を受検する(イスラエル国内で発行された新型コロナウイルス・ワクチン接種完了証明書の所持者を除く。)。 イ イスラエルに向けての滞在国出発前の24時間以内に、オンライン・クリアランス(https://corona.health.gov.il/en/flights/)を実施し、デジタルデータ又はハードコピー(できれば両方が望ましい)を保管し、空港入構、航空便搭乗、乗換え等の際、提示を求められる。 ウ 入国後は、14日間の隔離が求められるが、9日目に2回目のPCR検査を受けて陰性であれば、10日間に短縮される。 ア 首相令に基づき、イタリアへ入国する者に以下(ア)~(ウ)の義務を課す。なお、入国に先立つ14日間に下記リンク先に記載のリストEの国・地域(日本を含む。)に滞在又は乗換えした者については、一定の目的があり、所定の宣誓書を通じて渡航目的が証明される場合を除き、入国及び乗換えを禁止する。※国・地域のリスト及び(ア)~(ウ)の措置が例外となるケース等の詳細については下記「参考ページ」を参照。日本はリストEに含まれる。 【参考ページ】 ① https://www.it.emb-japan.go.jp/itpr_ja/covid_19_20210302DPCM.html ② https://www.it.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00536.html イ その他イタリア政府は、入国に際し、新型コロナウイルス接触確認アプリ「Immuni(インムーニ)」のダウンロードを推奨している(https://www.immuni.italia.it/)。 クルディスタン地域への入域者は、出発前72時間以内に取得したPCR検査の陰性証明書の提示と到着後14日間の自主隔離を義務付ける。イランに入国する全ての渡航者に対して、イラン入国に際し、①イラン入国前96時間以内に出発国の厚生当局の承認を得た医療機関によって発行されたPCR検査の陰性証明書の携行、②入国時のPCR検査の受検、③新型コロナウイルスに関する自己申告書(航空会社から入手可能。)の提出、④サーモグラフィ検査等のスクリーニング検査を義務付ける。また、イラン入国に際し、新型コロナウイルス感染症の症状がみられた外国籍の渡航者は、PCR検査で陰性が判明し、症状が回復するまでの間、厚生省が指定した場所で隔離される(イラン国籍の場合、誓約書を提出の上自主隔離。)。欧州からの渡航者については、入国時のPCR検査の結果にかかわらず、2週間の自主隔離を求める。ア インドに入国する全ての渡航者は、出発前72時間以内に実施されたPCR検査の陰性証明書と同証明書が真正であることの誓約書をポータルサイト(www.newdelhiairport.in)からオンラインで提出する必要がある。また、到着後14日間は自宅等での自主隔離又は健康のセルフモニタリングが必要となる。イ ただし、渡航理由が家族の死亡である場合は、搭乗72時間前までにポータルサイトを通じて申請し、当局からの許可を得ることで、上記アの義務が免除される。ただし、その場合でも到着時、空港から出る前にPCR検査を受ける必要がある。入国時に遵守すべき保健プロトコル及び持参すべき健康証明書の要件は、以下のとおり。2021年1月1日から当面の間、入国が認められるのは一時滞在許可(KITAS)や定住許可(KITAP)の保持者、有効な訪問査証や一時滞在査証の保持者等であり、入国の際に下記の措置が実施される。・インドネシアに到着後、検疫当局による体温測定、e-HAC(電子ヘルス・アラートカード)に入力された出発時刻前72時間以内に検体採取されたPCR検査の陰性証明書・健康証明書を確認。その後5日間、外国人は、政府が認定した宿泊施設で、自費で待機。隔離1日後及び5日後、PCR検査を受検し、結果が陰性であれば、移動を許可される。(注)健康証明書の要件: ウガンダ入国の際は、ウガンダ到着前120時間以内に受けたPCR検査での陰性証明書の携行が必要である。また、ウガンダ出国の際は、ウガンダ出発前120時間以内に受けたPCR検査での陰性証明書の携行が必要である。外国人は、ウクライナ滞在期間中の新型コロナウイルス感染症の治療等をカバーする医療保険・海外旅行傷害保険に加入し、その証明書(ウクライナ語、ロシア語又は英語)を携行することが求められる。2021年3月23日から、全ての外国人に対し、ウクライナ入国前72時間以内に受検したPCR検査の陰性証明書の携行が義務付けられる。日本から入国する場合、出発前72時間以内に実施されたPCR検査の陰性証明書を提示する必要がある(2020年12月25日以降行われていた全ての渡航者に対するスピード抗原検査は、3月15日から中止され、入国後の14日間の自主隔離等も不要となる。)。 直近10日間にアイルランド、チャネル諸島及びマン島を除く全ての国・地域から出発または経由した渡航者(英国在住者を含む。一部の免除対象者を除く。)がイングランドに到着する場合、旅行を開始する日の3日前以降における新型コロナウイルス検査の受検と、渡航前及び到着時における陰性証明書の提示が義務付けられる。陰性証明書を提示できない場合、渡航手段の利用を拒否される場合がある。  また、事前にオンラインで連絡先等をフォーム(注)に登録(入国48時間前以降登録可能)の上、入国時に提示する必要がある。  加えて、上記渡航者(一部の免除対象者を除く)は、10日間の自己隔離のほか、2021年2月15日以降、入国原則2日目と8日目の検査(自費)の受検が求められる。上記オンライン登録前に検査パッケージの予約を行い、予約番号をフォームに記入する必要がある。  なお、入国から5日間経過以降、任意で検査を受けて陰性だった場合に、自己隔離を終了できる制度を選択可能。  出発前検査、フォームへの登録、自己隔離、入国後検査に関する違反は、罰金、禁固又は双方の対象となり得る。 全ての入国者は、エクアドル到着前3日以内に実施されたPCR検査若しくは抗原検査の陰性証明書又はワクチンの接種済み証明書を提示しなければならない(ただし、2歳未満の渡航者は免除)。また、エクアドル到着時にコロナ関連症状がある場合、入国検査前に保健省職員のチェックを受け、「疑わしいケース」と判断された場合には、簡易抗原検査が実施される。同検査が陽性の場合、自宅又は本人の費用負担にて選択した場所において10日間の隔離義務を負う。エジプト入国に際しては、PCR検査による陰性証明書が必要となる。 陰性証明書の要記載事項(英語又はアラビア語での記載が必要)は次のとおり。その他、搭乗券受取前に指定の申告書への記入・提出が求められ、同申告では、エジプト滞在中に有効な医療保険への加入とその詳細の記入が求められる。航空便、タクシーを含む公共交通機関への搭乗・乗車中はマスクの着用が義務付けられる。また、エジプト到着後、検温及び指定の調査票への記入・提出が求められる。有効な査証を所持して入国した場合には、10日間の自主隔離が必要となる。また、到着時及びその6日後以降にPCR検査を受けることを推奨する。PCR検査は空港や港で52ユーロで受けられる。新型コロナウイルス感染後、治癒が確認されてから6か月以内の者及び新型コロナウイルスのワクチンを6か月以内に接種終了した者は10日間の自主隔離やPCR検査は不要となる。全ての渡航者は、入国に際し、入国前72時間以内に受検したPCR検査陰性証明書の提示が求められる(注:72時間を超えてしまう場合は、南アフリカでのPCR検査が必要となる場合がある。)。入国時にはスクリーニングが実施され、症状が確認された場合は、強制的な隔離が必要となる。エチオピアへの全ての10歳以上の渡航者は、入国に際し、エチオピア到着前120時間以内に実施されたPCR検査の陰性証明書(及びそのコピー)の携行が必要となる。その上で、全ての入国者に対して、7日間の自宅等での自主隔離が求められる。エルサルバドルに入国する全ての乗客(ただし、航空機の乗務員及び2歳以下の幼児は除く。)は、エルサルバドルに向かう航空機に搭乗する前72時間以内に医療機関から発行されたPCR検査の陰性証明書(医療機関の署名・押印は不要。)又はワクチン接種証明書を、搭乗する航空会社のカウンターに提示する必要がある(なお、2回接種が必要なワクチンのうち、初回のみ接種済みの場合は従来どおりPCR検査の陰性証明書を提出する。)。全渡航者に対して、指定された施設における14日間の強制的な自己隔離を義務付ける。被隔離者は自己隔離中の48時間後と10日目から12日目までの間に、計2回の新型コロナウイルス検査を受検する。全渡航者(ニュージーランド等一部の国を除く)は、入国に際し、フライト出発予定時刻前72時間以内に受検したPCR検査陰性証明書をチェックイン時に提出する必要がある。オーストリア入国前72時間以内に、原則として、下記登録サイトを通じた事前のオンライン登録を義務付ける(注1)。ただし、電子フォームによる登録が不可能な場合には、様式E又はF(注2)に記載し携行することも例外的に可能となる。なお、越境通勤者やトランジット旅行者等については登録義務を免除する。事前登録には、氏名、生年月日、オーストリア国内の住居又は滞在先住所(隔離先と異なる場合)、オーストリア入国日、オーストリア出国日(出国予定の場合)、出発国・地域(注:日本出発の場合は、経由国にかかわらず、「Japan」を選択。)、入国前10日間の滞在国、連絡先(電話番号、メールアドレス)、医師の診断書(陰性証明書)の有無の入力が必要であり、オンライン登録を行った後にダウンロード又は登録先メールアドレスに送付される送信確認書を(携帯電話等にて)データで、又は印刷して携行し、検査時に求めに応じて提示する必要がある。(注1)入国前オンライン登録サイト(英語版)  https://www.oesterreich.gv.at/en/themen/coronavirus_in_oesterreich/pre-travel-clearance.html    (※このサイト下部の”Single entry form / Pre-Travel Clearance ”から登録。)  (注2)  様式E(独語版)  https://www.ris.bka.gv.at/Dokumente/BgblAuth/BGBLA_2021_II_68/COO_2026_100_2_1833846.pdfsig   様式F(英語版)  https://www.ris.bka.gv.at/Dokumente/BgblAuth/BGBLA_2021_II_15/COO_2026_100_2_1827094.pdfsig また、2021年2月10日から、上記の事前のオンライン登録に加え、10日間の隔離(5日後以降の陰性の結果を持って解除可)、及び入国時の(72時間以内の)陰性証明書(注3)の提示又は入国後24時間以内の検査(PCR・抗原検査)の受検が義務付けられる。  (注3)陰性証明書の要件は以下のとおり。  ・入国前72時間以内に検体採取を行ったPCR検査又は抗原検査であること  ・ドイツ語又は英語で記載されていること  ・氏名、生年月日、検査の日時、試験結果(陽性、陰性)、試験者の署名の記載があり、試験実施機関の印章又はバーコード若しくはQRコード入りのものであること  ※所定の様式に記入することも可能。  様式C(ドイツ語版)  https://www.ris.bka.gv.at/Dokumente/BgblAuth/BGBLA_2021_II_68/COO_2026_100_2_1833844.pdfsig   様式D(英語版)  https://www.ris.bka.gv.at/Dokumente/BgblAuth/BGBLA_2021_II_68/COO_2026_100_2_1833845.pdfsig なお、トランジット、家族の重病・死亡・葬儀・出産・緊急時の介護等家族に係る緊急かつ特別な事情のための入国、医療上の目的による入国などは例外的に陰性証明書及び自己隔離措置のいずれも不要とする。ただし、上記の例外的な入国理由は入国検査時に疎明しなければならない(注4)。(注4)トランジット旅行者、(オーストリアが目的地となる)貨物輸送従事者については、(検疫措置の例外の適用を受けるためには)出国予定を確認できるものが求められる。また、例えば、職業の目的で渡航する者は、雇用主による確認書や納品書、アポイントメントの確認書等、業務を証明するものを示すことが求められており、業務の予定が3日間しかないにも関わらず数週間の滞在を行うことは認められないとされている。ア 例外的に入国する場合、以下(ア)又は(イ)のいずれかの条件を満たす必要がある。(ア)以下の2種類の陰性証明書いずれも及び検査結果に関する申告書の提示。(イ)フライト搭乗前24時間以内に受検したPCR検査の陰性証明書の提示。イ また、オランダ入国後に自宅等での10日間の自己隔離が要請される。入国にあたっての主な検疫措置は以下のとおり。入国に際しては、出発前72時間以内に取得した陰性証明書(RT-PCR検査のみ有効)の提示及び健康状態や連絡先等を記載した文書の提出が必要となる。当該文書の記入様式は航空機又は船舶搭乗際中に配布される。なお、7歳以下の子どもについては陰性証明書の提示は免除される。全ての渡航者は、到着24時間前までに、オンライン上で事前到着旅客位置情報フォームへの登録を行う。渡航72時間前以内に実施されたPCR検査陰性証明書を保持している場合には、入国を許可される。例外的に入国できる外国人は、入国72時間以内に取得されたPCR検査の陰性証明書を持参する必要がある(5歳未満の子供を除く。)。入国の際、体温測定と質問調査、新型コロナウイルス感染症の症状に関する説明を受け、同意書を提出した上で、目的地において健康観察を行う必要がある。発熱が認められる場合、感染症病院にて隔離される。 日本を含む低リスク国からの渡航者は、入国時にPCR検査を受け、入国後1週間の自主隔離を行うとともに、自主隔離期間終了後、ヘルスセンターにおいて再度PCR検査を受ける必要がある。なお、カタール政府に認定された検査施設から出国48時間前以降に発行された陰性証明書を有していれば、入国時のPCR検査は免除される。また、カタール政府が承認するワクチンを接種済みの入国者については、一定の条件を満たした上で、入国時の隔離は免除される。ア 例外的に入国する渡航者は、以下を行うことが義務付けられる(物流トラック運転手、国境をまたぐ通勤者等は除く。)。●5歳以上の場合、カナダへの出国前72時間以内の陰性証明を取得し、空路の場合には搭乗前に航空会社に、陸路の場合には国境検問所で提示する。 ※1 検査は、指定の検査方法により鼻咽頭、喉又は唾液から検体採取したものである必要があり、自治体又は第三者機関に認められた検査機関等で受検することを推奨する。なお、検査方法については、下記ウェブページの「Types of accepted molecular tests」のタブで確認できる。 https://travel.gc.ca/travel-covid/travel-restrictions/flying/covid-19-testing-travellers-coming-into-canada ※2 陰性証明(書面又は電子データ)には、以下内容が全て記載されている必要がある。・渡航者の氏名及び生年月日・検査実施機関の名称及び住所 ・検査日、検査方法 ・検査結果 ※3 回復確認後も検査結果が引き続き陽性となる場合には、入国前14日から90日までの間の陽性証明の取得を義務付ける。●飛行機搭乗時又は陸路での越境時までに、連絡先及び自主隔離計画をアプリ又はウェブサイトで登録する。 ※4 自主隔離計画が適切とみなされるためには、入国者は病院又は長期療養施設での勤務者、65歳以上の高齢者や基礎疾患がある者等の脆弱な人々、非渡航者の家族と一緒に滞在してはならない。※5 ウェブサイトは以下のとおり。 https://www.canada.ca/en/public-health/services/diseases/coronavirus-disease-covid-19/arrivecan.html●空路による入国者は、入国時の空港で検査を受け、政府指定のホテルで3日間待機する。費用は自費負担であり、渡航前に予約する必要がある。 ※6 利用可能なホテルは下記ウェブページのList of government-authorized hotelから確認可能。 https://www.canada.ca/en/public-health/services/diseases/2019-novel-coronavirus-infection/latest-travel-health-advice/mandatory-hotel-stay-air-travellers/list-government-authorized-hotels-booking.html#a1 ※7 なお、出国者及び入国者は、空港の以下の場所・場合において、非医療用マスクを着用するか、又は鼻と口を覆わなければならない。搭乗時にマスクを所持していない場合、旅行継続は認められない。●検査結果が陰性であれば、最終目的地まで渡航し、引き続き14日間の自主隔離を行い、自主隔離10日目に再度検査を受ける。イ 入国時に提示された指示に違反した場合、禁固6か月以内若しくは罰金最高75万加ドル、又はその両方が科される。更に、同違反が他者の死亡又は深刻な身体的危害を及ぼした場合、罰金最高100万加ドル若しくは禁固3年以内、又はその両方が科される。 (ブリティッシュ・コロンビア州)2020年4月8日から、国外からブリティッシュ・コロンビア州に戻る渡航者に対して、事前又は入国時に、オンライン又は書面による自主隔離計画の提出を義務付ける(ブリティッシュ・コロンビア州政府は、事前のオンラインによる提出を推奨。)。(アルバータ州) 2020年5月20日から、国外からカルガリー又はエドモントンの国際空港に到着する渡航者に対して、検査場における隔離計画の提出を義務付ける。隔離計画には、到着後14日間の隔離場所、隔離場所までの移動手段、食料品や医薬品等の生活必需品の調達手段に関する詳細情報を記載する必要がある。(マニトバ州) 2021年1月4日から、海外からの全ての渡航者に対し、マニトバ州到着後直ちに新型コロナ検査を受検することを要請する。全ての渡航者は、ガボン入国に際し、陰性証明書(注)を提示する必要がある。また、到着時にも空港でPCR検査を受検し(有料:20,000CFAフラン)、検査結果が通知されるまで自宅で自己隔離する必要がある。(注:PCR陰性証明書の要件は次のとおり。(ア)出発便搭乗の3日前までにPCR検査を受検すること、(イ)出発国の保健当局が認可した施設で受検すること、(ウ)書式の指定はないが、英語又はフランス語で作成されたものであること。)全世界の在外韓国公館で発給した短期査証の効果を停止するとともに、韓国に対して入国制限措置をとった国・地域に対しては、相互主義の観点から、査証免除・無査証入国を制限している。日本については、相互主義の観点から、2020年3月9日以降、日本に対する査証免除措置と既に発給された査証の効力を停止している。同措置は、韓国国内で外国人登録(永住資格を含む)又は居所申告が有効な場合には、適用されない。  全ての入国者に対して、健康状態質問書及び特別検疫申告書の作成、入国場検疫での発熱チェック、韓国国内滞在住所及び連絡先(携帯電話)の提出並びに自己診断アプリのインストール等を求める。  全ての入国者に対して、入国後1日以内のPCR検査の受検及び原則14日間の自宅又は施設での隔離を義務付ける。  2020年10月8日から、日本との間でビジネストラックを開始。駐日韓国大使館・総領事館において「重要な事業上の目的の隔離免除書」を発行される外国国籍者(日本国籍者を含む。国籍不問。)及び外交・公務査証を発給される日本国籍者は、14日間の隔離が免除される。2021年1月14日から別途案内するまで、隔離免除書の発給(注:ビジネストラックに当たる措置)を停止する(ただし、発給済みの隔離免除書所持者は、隔離免除が認められる。)。隔離免除を伴わない入国(注:レジデンストラックに当たる措置)は引き続き認められる。  改正感染症予防法に基づき、2020年11月13日から新型コロナウイルス感染症防止のためのマスク着用命令の違反者に10万ウォン(約9,200円)の罰金を科す。  コロナ変異株対策として、隔離解除前に追加のPCR検査を実施する。また、全ての外国人入国者に対して、出国前72時間以内に発給されたPCR陰性確認書の提出を義務付ける(空港では2021年1月8日から、港湾では同1月15日から)。 新型コロナウイルスの変異種が確認された国(「ホットスポット国」。日本を含む。)からの入国者については、入国前72時間以内に取得した陰性証明書の提示に加え、空港で迅速診断検査を実施する。迅速診断検査で陽性の場合には、最新の状況を確認するため、更にPCR検査を実施する。カンボジアに入国する全ての外国人渡航者に求められる検疫措置は以下のとおり。 ・入国時に、PCR検査(鼻咽頭スワブ)に基づき、かつ居住国からカンボジアに向けての出発前72時間以内に居住国の保健当局などから発行された新型コロナウイルスに感染していないことを証明する英語の健康診断書の提示 ・FORTE insurance Companyのウェブサイトにて購入したCOVID-19健康保険(購入価格90米ドル、20日間有効)の提示 ・保健省が指定するホテルにて14日間の隔離(宿泊費は、1泊60米ドルから75米ドル) ・2,000米ドルのデポジット支払い(デポジットは、隔離期間の宿泊費、新型コロナウイルス感染検査、移動費に充当され、隔離期間終了後3日以内に残金が返金される) ・到着時及び隔離13日目に、新型コロナウイルス感染検査の受検(感染が疑われる場合には、追加的に検査を受検) (注:具体的な費用等については、在カンボジア日本大使館のウェブサイトをご覧ください。https://www.kh.emb-japan.go.jp/itpr_ja/b_000197.html、https://www.kh.emb-japan.go.jp/itpr_ja/b_000271.html) 72時間前までに発行された陰性証明書が必要となる。新型コロナウイルスの症状(熱、咳、呼吸困難、くしゃみ、疲労等)が確認される場合又は変異種が確認されている国から渡航した場合は、PCR検査を受検する。検査の結果が出るまでの48時間は、指定されるホテルに隔離され、検査結果が陽性の場合は、感染症センターに隔離される。  森林ギニア地方においてエボラ出血熱対応を行う人道支援関係者に対しては、エボラウイルス及び新型コロナウイルスのワクチン接種が推奨されている。新型コロナウイルスワクチンを接種しない場合、森林ギニア地方へ出発する72時間以内のPCR検査の陰性証明書を取得する。エボラウイルスワクチンは、コナクリ又は森林ギニア地方にて接種可能。入国に際しては、入国前72時間以内に取得した陰性証明書が必要となる。2021年2月19日から、日本を含む複数の対象国からの渡航者は、出発前24時間以内に指定のウェブサイト(https://cyprusflightpass.gov.cy/)で渡航情報を申請の上、入国時に、出発前72時間以内に認定された検査機関が発行したPCR検査の陰性証明書を提示する必要がある(事前検査の代わりに入国時に検査を自費で受けることも可能。)。また、入国後14日間の自主隔離が必要となる。ただし、自主隔離10日目に自費で再度PCR検査を受け、陰性の場合、14日間の自主隔離を終了することができる。 キューバに入国する全ての渡航者は、出発国で認められた医療機関において出発前72時間以内に実施されたRT-PCR検査の結果証明書の提出が必要となる。 また、キューバに入国する全ての渡航者に対し、空港到着時のPCR検査と施設における隔離を実施する。外国人については、地域ごとに定められたホテルに隔離され、滞在費用と移動費用は自己負担とする(※隔離期間や具体的な滞在費用などの詳細については未発表)。 2020年12月1日から、PCR 検査を含む衛生措置費用として、30米ドル相当が徴収されている。ギリシャ到着前に電子登録フォーム(Passenger Locator Form(PLF))をサイト(https://travel.gov.gr)上で登録した上で、登録後に当局から送信される自動応答のメッセージ及びQRコードを入国時に提示する必要がある。また、2012年以降に生まれた者を除き、到着前72時間以内に行われた事前PCR検査(陰性)結果の証明書(注)を同様に提示する必要がある。入国時に、抽出的にサンプリング検査が実施され、検査対象となった場合、検査結果が出るまでの間、隔離を求められる。  更に、2020年12月18日から2021年1月21日までの間、ギリシャに入国する全ての者に対して、7日間の自宅等における隔離が義務付けられる。 (注)鼻腔又は口腔内粘膜の採取検査であること、英語表記で氏名及び旅券番号等の身分証明書番号が記載されていることが必要。検査機関の要件は以下のとおり。 ・各国のナショナル・レファレンス検査機関(National Reference Laboratories) ・各国の公立公衆衛生検査機関(National Public Health Laboratories) ・各国の保健衛生当局が認証した民間検査機関 (必ずも新型コロナ専用である必要はない) キルギスに渡航する外国人及び無国籍者は、キルギスへ向けて出発する飛行機に搭乗する前72時間以内に検査を受けたPCR検査陰性証明書(以下「陰性証明書」)を提示することで航空機に搭乗可能となる。また、キルギス到着後、衛生検疫所の職員により、改めて陰性証明書の確認及び体温測定が実施される。フライト時間の遅延、トランジットなどで陰性証明書の有効期間が切れてしまった場合、現地の保健所(病院)等において改めてPCR検査、質問用紙の記入及び体温測定が要求される。 キルギスに陸路で入国する場合、入国前72時間以内に検査を受けた陰性証明書の提示と体温測定が必要となる。 空路、陸路ともに陰性証明書の提示なしでは入国は認められない。陰性証明書の有効起算日時は発行日時ではなく検査実施日時。証明書の記載言語は英語又はロシア語であることが必要。 上記措置は、大使館及び領事館の職員及びその家族、国際機関の代表部の職員及びその家族、キルギス外務省及び国家機関の招待で訪問する代表団員、国際貨物と定期的な国際旅客輸送を行う運転手並びに親同伴の未就学児に対しては適用されない。10歳以上の全渡航者は、入国前96時間以内に行われたPCR検査又は抗原検査の陰性の結果を携行する必要がある。また、2歳以上は、マスク着用が義務となる(呼吸器疾患や重度の認知症によってマスク着用に耐えられない場合は免除。)。なお、全ての乗客は降機前に「健康に関する質問票」へ公衆衛生に関する情報を記入し、陰性証明書と共に提出する必要がある。渡航者は、クック諸島に到着後、保健省の監督下で14日間の隔離措置を受ける必要がある。 全ての渡航者は、渡航許可証明書と渡航72時間前に実施されたPCR検査陰性証明書を携行しなければならない。また、到着時に健康申告書、免責同意書及び公衆衛生位置情報フォームを提出しなければならない。 全ての渡航者は、認可された宿泊施設で最大7日間隔離され、5日目に公共の場への外出許可を得るためPCR検査を受けることができる。なお、新型コロナウイルスワクチン接種済みの渡航者は、上記隔離措置に代え、新型コロナウイルスワクチン接種カードを提示の上、到着時のPCR検査受検となる。(滞在資格を持たない)日本人を含むEU及びシェンゲン域外国の国民が観光・商用・就学やその他の緊急の私的理由で入国する場合、実施から48時間以内のPCR検査の陰性証明を提出する、又は、入国後ただちにPCR検査を受け、陰性結果が出るまで自主隔離することを条件に、入国を認める(検査が受けられない場合は10日間の自主隔離となる。)。ケニアへの全ての渡航者は、ケニア到着前96時間以内に受検した、同国政府指定のガイドライン(注)に従ったPCR検査の陰性証明書の携行が求められる。 (注)トラステッド・トラベラー電子認証システム(Trusted Traveler (TT) electronic verification system)及びPanaBiosシステム 国際線到着後、全ての乗客は、検疫及びコートジボワール滞在中の追跡調査の対象となる。コートジボワールに到着する旅行者又は同国から出発する全ての旅行者に対して、出発時又は到着時から起算して5日以内に発行された新型コロナウイルス検査陰性証明書の携帯を義務付ける。外国人のコスタリカへの入国条件は以下のとおり。ECDC(欧州疾病予防管理センター)が発表するデータに基づき高リスク国と認められる国(注)からコソボへ入国する外国人に対して、以下の場合を除き、コソボへの入国の際に、72時間以内に発行された陰性証明書を持参することを義務付ける。ア プリシュティナ国際空港到着後、3時間以内にコソボから出国する者イ コソボ入国後(陸路)、対象の航空券を持参し、3時間以内にプリシュティナ国際空港から出国する者ウ バス等交通機関を利用してコソボ入国後、5時間以内にコソボから出国する者エ コソボに接受された外交団及びその家族オ コソボに居住する外国人(陰性証明書を提出できない場合、7日間の自主隔離を義務付ける。)(注)日本の分類については、駐日コソボ大使館に直接ご照会ください。○駐日コソボ共和国大使館HP:http://www.ambasada-ks.net./jp/?page=4,1出発3日(72時間)前までに受けた有効なPCR検査の陰性証明書を携行する乗客のみ、コモロ行きの航空便への搭乗が認められる。また、乗客・乗務員は、出発・到着の際に、マスクの着用、検温(体温が38度以下であることの確認)、問診票の記入が必要となる。コモロ到着時に、新型コロナウイルス感染症の疑いのある症状のある全ての乗客は、保健当局によって隔離され、治療を受ける全ての海外からの渡航者は、搭乗前96時間以内に実施したPCR検査の陰性証明書を提示しなければならない。ただし、渡航前の時間的制約により、PCR検査を実施できなかった、又はPCR検査の結果を入手できなかった場合、その理由を口頭で宣誓すれば、陰性証明書の提示がなくても、航空会社は当該渡航者の搭乗を許可しなければならない。陰性証明書を携行せずに入国した者は、入国後に①コロンビア国内でPCR検査を受け、陰性の結果が出るまで自主隔離を行う、又は②検査を受けることなく14日間若しくは保健当局が指定する期間の自主隔離措置を行う必要がある。なお、検査及び隔離の費用は渡航者が負担する。9歳以上の全ての外国人渡航者は、出発前72時間以内に受検したPCR検査の陰性証明書の提出が必要となる。なお、英国、南アフリカを含む変異種感染拡大国と指定された国からの渡航者は、14日間以上変異種感染拡大国以外に滞在した後に受検したPCR検査の陰性証明書の提示が必要となる。  変異種が確認された国(日本を含む。)からの渡航者は、7日間の自宅隔離及び入国後6日目のPCR検査の受検が必要となる。  その他の国からの渡航者は、原則として最大7日間の自宅隔離が必要となる。ただし、入国後に受検したPCR検査(アプリを通じて予約可。)の結果が陰性であれば直ちに自宅隔離を終了することができる。 全てのザンビアへの渡航者は、同国入国前72時間以内に実施されたPCR検査の陰性証明書を提示する必要がある。イタリア及びバチカン市国以外の国からの入国者(直近14日間に右2国以外の国に滞在していた者を含む。)は、入国時に新型コロナウイルスのワクチン接種証明又は入国前48時間以内のスワブ検体の分子検査による陰性証明書の提出が必要となる。また、入国時に出発先を明らかにしない場合、又は健康管理・自己隔離に関する規定を遵守しない場合は、行政罰として1,000ユーロの罰金が科される。※なお、証明される仕事上の理由、健康上の理由、必要性のある状況、学業上の理由を除き、サンマリノとイタリア国内でレッドゾーンに指定される州(注: https://www.it.emb-japan.go.jp/itpr_ja/covid_19_misureGAR.html を参照)との間の移動が禁止されているため、入国時のルートに注意が必要。ジブチへの全ての渡航者は、最初のフライト搭乗72時間前まで、かつ、ジブチ到着前120時間以内に受検したPCR検査による陰性証明書が到着時に求められる。日本を含む国・地域から入国後、最低14日間の自主隔離及び111(コロナ関係ヘルプライン)への連絡を義務付ける。2020年7月10日から、ジャマイカ政府が指定するハイリスク地域(注:詳細は下記在ジャマイカ日本国大使館のHPを参照。)の居住者で、商用目的以外でジャマイカを訪問する非居住者(観光客を含む。)は、到着10日前以内のPCR検査での陰性証明書の取得及びウェブサイトへのアップロードが必要となる。2020年6月15日以降、全ての入国者は健康スクリーニング(検温及び症状の観察等)とリスク評価の対象となる。入国時のジャマイカ保健機関によるリスク評価により、それぞれの検疫措置は以下のとおり。【観光目的に特化した地域に留まる観光客】【14日以内の商用目的の非居住者】空港でPCR検査を受け、結果判明までホテルで検疫を受ける。陽性の場合は隔離され、陰性の場合はプロトコルに従った商用活動が可能となる。【外国人居住者及びその他の非居住者】要件を満たした新型コロナウイルス感染症ワクチン接種完了済の証明書(※要件の詳細は在京ジョージア大使館に照会ください。)を提示して入国が認められた外国人は、PCR検査の陰性証明書及び入国後の隔離措置は不要となる。ジョージアの官公庁・企業からの招へいに基づくビジネス出張目的での入国者の場合、自費で12日間にわたって72時間ごとにPCR検査を受けるか、又は自費で8日間の隔離措置を受けたのちに9日目と12日目にPCR検査を受けるかのいずれかを選択すること、リモートワーク目的の入国の場合、自費で8日間の隔離措置を受けたのちに9日目と12日目にPCR検査を受けることが求められる。また、ジョージア国内の大学への留学目的の場合、入国後、8日間の隔離措置を受けたのちに9日目と12日目にPCR検査を受けることが求められる。長期ビザ保持者等、シンガポール政府の承認を得て日本からシンガポールに渡航する者は、出国前72時間以内のPCR検査陰性証明書が必要である。また、全ての渡航者は入国時空港でPCR検査の受検が必要である(費用自己負担)。過去21日以内に日本を含む高リスク国・地域(2021年5月4日現在、豪州、ブルネイ、中国本土、ニュージーランド、台湾、香港特別行政区、マカオ特別行政区を除く全ての国・地域を指す。)への渡航歴がある全ての渡航者は、政府指定の隔離専用施設で21日間の隔離を受けることを義務付ける(費用自己負担)。また、隔離14日目及び隔離期間終了時に検査受検が必要である(費用自己負担)。ジンバブエ到着時に感染が疑われる症状がある場合、60米ドルの手数料、ジンバブエ保健省が認証する新型コロナ感染を確認する検査の受検(受検までジンバブエ政府指定施設にて隔離)及び(ジンバブエにおける居住地での)自主隔離を課す。陽性の場合は、隔離施設にて14日間隔離される。なお、入国時に入国前48時間以内のPCR検査陰性証明書を提示しなければならない。スイスへの渡航者に対して、搭乗時に過去72時間以内に取得した陰性証明書(PCR検査)の提示及び入国時に連絡先の情報提供(入国フォーマット記入)を義務付ける。2021年2月6日から、原則として18歳以上の全ての外国人渡航者に対して、入国に際し48時間以内に受検した陰性証明書(注)の提示を義務付ける(ただし、スウェーデンの滞在許可保有者等は例外とする。)。また、到着後少なくとも7日間の自宅待機及び到着後5日目の検査の受検を勧告する。   (注)陰性証明書の要件は以下のとおり。  ・PCR検査、抗原検査、LAMP検査のいずれかであること  ・被験者の氏名、検体を採取した日時、実施した検査の種類、検査結果、証明書の発行者が記載されていること  ・スウェーデン語、英語、ノルウェー語又はデンマーク語で明確に記載されていること ア 空港及び港湾からスペインに入国する全ての者に対して、(ア)申告書面の提出、(イ)検温、(ウ)目視によるチェックを実施する(※なお、官報では、「スペインに入国する全ての者」と記載されているが、空港管理会社(AENA)や航空会社によれば、EU・シェンゲン域外国居住者が、スペインへ入国せず、乗り換えのみでシェンゲン域外国(英国等)へ移動するトランジットの場合であっても申告書の提出が求められている。また、出発時の空港カウンターでのチェックインの際にも、申告の有無がシステムでチェックされているとの情報がある。これらのことから、スペインに入国しないトランジットのみの場合でも、申告書を提出することが推奨される。)。イ 日本からスペインに例外的に入国する際、スペイン到着前72時間以内のPCR検査陰性証明書の提示が義務付けられる。 ※参考ページ:https://www.es.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00272.htmlア スリランカに入国する全ての外国人は、スリランカ外務省等関係機関からの事前入国許可(観光客はETA)及び出発前96時間以内のPCR検査陰性証明が必要である(※航空会社によっては、搭乗前72時間以内のPCR検査陰性証明書を求められる場合もある。)。イ 推奨される回数(2回)のワクチンを接種している場合、ワクチン接種証明書(又はカード)原本を、証明書が英語でない場合、英訳とともに携行しなければならない(同証明書(又はカード)は空港到着時及び政府指定隔離先のホテル(施設)の担当医に提示しなければならない。)。ウ 健康証明書(Health Declaration Form)に記入して、空港到着時に提出しなければならない。エ 12歳以上の全ての入国者は到着時にスリランカ保健省指定の検査機関によるPCR検査を受検しなければならない。オ 公式訪問(スリランカ政府・民間団体企業による招待)については、別途スリランカ政府が措置を指定する。カ 観光客以外の外国人入国者について、到着時のPCR検査の結果が陰性だった場合、以下の措置がとられる。(ア)推奨される回数(2回)ワクチンを接種し、接種完了後、2週間を経て入国した者については隔離不要。(イ)ワクチンを接種していない、推奨される回数(2回)接種していない、又は推奨される回数(2回)接種しているが、接種完了後2週間経過していない場合、a スリランカに自宅を有している場合、14日間の隔離期間のうち、最初は政府指定ホテルで隔離。到着から7日目にPCR検査を再度受検し、結果が陰性であれば、残り隔離期間については自宅隔離。b スリランカに自宅がない場合、政府指定ホテルで隔離を行い、到着から11日~14日目にPCR検査を再度受検し、陰性であれば、14日で隔離終了。(ウ)隔離中に推奨される回数(2回)のワクチン接種後、2週間が経過した場合、PCR検査を再度受検し、陰性となれば隔離終了。キ 観光客については観光客用指定ホテルに滞在し、以下のとおり、滞在期間等に応じた再度のPCR検査受検等の措置を受けなければならない。(ア)観光客が推奨される回数(2回)のワクチンを接種完了後、2週間の期間を経た上で入国した場合、到着時のPCR検査が陰性であれば、更なる隔離は不要。(イ)ワクチンを接種していない、推奨される回数(2回)接種していない、又は推奨される回数(2回)接種しているが、接種完了後2週間経過していない場合a PCR検査結果が陰性と判明した日から、観光客用指定ホテルと指定の観光地の間であれば、トラベルバブル内で移動可能。b 滞在日数が5日未満の場合、到着時のPCR検査受検のみ。c 滞在日数が5日以上14日未満の場合、到着時に加えて出発前にPCR検査を受検する必要がある。d 滞在日数が14日以上の場合、到着時に加え11日から14日までの間にPCR検査を受検する必要がある。e 隔離中に推奨される回数(2回)のワクチン接種後、2週間が経過した場合、PCR検査を再度受検し、陰性となれば隔離終了。到着時及び到着から14日後の2回目のPCR検査の結果が陰性の場合、更なる隔離は不要。ク 隔離終了後、隔離終了書(Discharge Document)が発行される。ケ 隔離終了後の自宅又は別のホテルへの移動は自ら手配(公共交通機関は使用不可)。自宅又はホテルに到着後、居住地区のスリランカ保健省への通知が必要。コ PCR検査が陽性だった場合、スリランカ保健省の指示に従って行動。※上記はあくまで措置の概略であり、実際の入国条件・行動制限はより複雑かつ詳細であるため、以下のURLで示した表や現地当局の通知本文を必ず御確認下さい。また、これらの通知又はそれに基づく運用は今後変更される可能性があるため、スリランカへの(再)入国を検討する際は、最新情報を御確認ください。●スリランカ保健省通知本文(英語)https://www.srilankan.com/Download/Quarantine-measures-for-travellers-arriving-from-overseas-during-COVID-19.pdf2021年2月17日午前6時以降、過去14日の間に日本を含む複数の対象国に滞在歴がある者がスロバキアに入国する場合、以下4点を義務付ける。出発便搭乗前72時間以内のPCR検査陰性証明書の提出及びヘルス・トラベル・オーソリゼーション( https://seychelles.govtas.com/ )への事前申請を入国の条件とする(南アフリカ、ブラジル、インド、パキスタン及びバングラデシュからの入国は不可等の例外あり。)。また、観光客は許可された宿泊施設での滞在が求められる。国外からの航空便・船便の乗客は、入国の際、出発地で搭乗前48時間以内に受検したPCR検査の陰性証明書を提示するとともに、簡易検査を受検し、5日間の隔離措置を受けることが求められる。外国人は入国前48時間以内のPCR検査による陰性証明を携行する必要がある。全ての渡航者は、到着前に渡航許可フォームの記入をウェブサイト(www.knatravelform.kn)上で行うとともに、渡航前72時間以内に実施されたPCR検査(RT-PCR)陰性証明書(英語表記のもの)をアップロードしなければならない。渡航時には同陰性証明書の写しを携行する必要がある。空港到着時には、体温検査及び健康質問票を含むスクリーニングが課されるとともに、新型コロナウィルス接触追跡携帯アプリをダウンロードしなければならない。 滞在日数に応じた検疫措置は以下のとおり。 ・到着後7日まで:滞在ホテル内での移動及び活動が可能。 ・到着後8日から14日まで:7日目にPCR検査が課される。結果が陰性であれば指定されたレクリエーションへの参加が許可される。 ・到着後14日以上:14日目にPCR検査が課される。結果が陰性であれば、同国居住者と同等の活動が許可される。 全ての入国者は、オンライン上で事前に到着フォームを記入しなければならない。加えて、到着前72時間以内のPCR検査(RT-PCR)陰性証明書を携行しなければならない。到着時にPCR検査を課す。到着後、観光庁又は保健省が認可したホテルで14日間の義務的隔離となる。到着時には支払い済みの宿泊予約証明書を携行しなければならない。隔離措置開始から4日から7日目までの間に再検査を課す。なお、セントビンセント保健省が認める新型コロナウイルスワクチン予防接種を済ませている旨の所管官庁発行の証拠書類を提示できる者(最後の予防接種から4週間経過していることが必要。)の隔離期間は7日間となり、5日目に再検査を課す。入国者には体温検査を含めたスクリーニングを課し、症状がある全ての渡航者は隔離・検査する。新型コロナウイルス検査が陽性である全ての渡航者は、呼吸器系病院に搬送し、自費により治療を受けさせる。入国者は、滞在期間中、宿泊施設(新型コロナウイルス対策認定済み)での滞在が確定していること又は政府が運営する隔離施設での滞在が事前に確定していることのいずれかを満たしていることが必要となる。また、全ての入国者は、到着5日前以内に実施されたPCR検査での陰性証明書を事前にEメールで送付するとともに、可能な限り早期に事前登録フォームの手続を行う必要がある。渡航に際しては、PCR陰性証明書、登録完了の自動応答メール及び渡航許可書を印刷の上、携行する必要がある。なお、指定旅行圏内からの渡航者で、直近の21日間、同圏内地域での滞在歴を有する者は、隔離措置から除外する。指定旅行圏外からの宿泊客は、滞在期間中、認可されたレクリエーションに参加する場合を除き、宿泊施設に留まらなければならない。※指定旅行圏:アンティグア・バーブーダ、アンギラ、ドミニカ国、グレナダ、モンセラット、セントクリストファー・ネービス、セントビンセント全てのタイ国籍を有しない渡航者は、タイ入国前に、査証/再入国許可証、入国許可証、出国前72時間以内のRT-PCR検査による英文の陰性証明書、コロナ感染関連疾病の治療費を含む医療保険等の取得、出国前に追跡アプリ(ThailandPlus)のダウンロード、タイ入国後は14日間の政府指定施設での隔離、隔離中の3回のPCR検査の受検等の防疫措置を取ることが必要となる。2021年3月1日から、全ての国からの渡航者は、観光や一般的な訪問以外の滞在目的の場合、台湾の在外事務所に「特別入境許可」を申請し、許可を得れば渡航が可能となるが、これまでと同様、人道的理由や船員・乗組員として入境する場合を除き、出発前3日以内にPCR検査を行って陰性証明書を取得するとともに、14日間の自宅・指定ホテル等での隔離の対象となり、自宅又は指定地点からの外出、公共交通機関の利用は認められない。自宅隔離中、所轄の里長(町内会長)等が毎日1、2回電話で対象者の健康状態を確認する。14日間が経過した後は7日間の自主健康管理(注2)の実施が求められる(従わない場合は罰則あり。)。  2020年12月1日から当分の間、台湾に入境又は台湾でトランジットを行う全ての旅客は、身分(国籍・地域)及び訪台目的に関わらず、例外なく搭乗前3営業日以内に検査したPCR検査陰性証明書を得なければ、訪台便に搭乗できない。  2020年5月4日から、(隔離先となる)自宅等に、①65歳以上の高齢者、6歳以下の子ども、慢性疾患患者のいずれかがいる場合、又は②自宅隔離者が単独で使用できる個室(トイレ、浴室を含む。)がない場合は、入境後に指定ホテルに滞在しなければならない(従わない場合は罰則あり。)。  また、2020年6月22日から、一部の国・地域からのビジネス目的での入境については、以下の条件を満たせば、入境後待機期間の短縮が認められる。【条件】 短期のビジネス関係者のうち、低感染リスク国・地域から入境する場合は、入境の翌日から5日間指定ホテル等に滞在した後、PCR検査を受け、結果が陰性の場合、入境後21日間の自主健康管理(注2)への変更申請が可能となる。  また、低中感染リスク国・地域から入境する場合は、入境の翌日から7日間指定ホテル等に滞在した後、PCR検査を受け、結果が陰性の場合、入境後21日間の自主健康管理への変更申請が可能となる。  留学生の入境については、2020年8月24日以降、全ての国・地域の学位生(外交部奨学金生で先に中国語課程を履修する者含む。)の入境を開放している。訪台する学生は、教育部及び受入先教育機関の指導に従い、入境後は指定ホテル、学生寮等で14日間の待機が求められる。  なお、2020年12月1日から、医療・介護、公共交通、生活消費、教育学習、展覧鑑賞・スポーツ観戦、休暇娯楽、宗教祭事、手続機関におけるマスク着用が強制となる。マスクを着用せず、指示に従わない場合は罰金を科される。(ア)到着前24時間以内のオンライン調査票登録、(イ)到着前72時間以内に受検したリアルタイムRT-PCR検査に基づく陰性証明書の提示、(ウ)到着後空港での体温検査及び健康カードの記入提出、(エ)場合によっては到着後の迅速抗原検査の受検(一人あたり25米ドル)が必要となる。 インド発着便は、当面の間停止され、過去14日以内にインド滞在歴のある渡航者は、到着後の迅速抗原検査及び14日間の政府指定機関等での隔離が必要となる。 タンザニア保健省 オンライン調査票登録サイト: https://afyamsafiri.moh.go.tz/travellers/例外的に入国する者には以下を義務付ける。ア 入国前の電子版入国フォーム(https://plf.uzis.cz/)の記載及び提出イ 出国前72時間以内のPCR検査陰性証明書の入手及び所持ウ 入国から5日目以降のPCR検査受検(陰性結果を保健所に提出するまでは、自己隔離義務を負う。)エ 入国から10日間、FFP2、N95等の特殊マスクの着用※チャドは全土に危険情報として渡航中止勧告(レベル3)又は退避勧告(レベル4)が発出されており、渡航は止めてください。到着72時間前までのPCR検査陰性証明の所持及び入国後の7日間の自主隔離(1週間以内の期間に滞在する入国者は除外。)が義務付けられている。また、パスポートは預けなければならない。自主隔離7日目にンジャメナ市内でPCR検査を再度受検(自費。ただし1週間以内の期間に滞在する入国者は除外される。)し、預けていたパスポートはPCR検査受検の領収証と引き換えに返却される。※中央アフリカは全土に危険情報として退避勧告(レベル4)が発出されており、渡航は止めてください。航空機で入国する者は、出発72時間前までに受検・取得したPCR検査陰性証明の提示、問診票の作成・提出、到着時の検温及び問診の実施等が求められる。感染リスクが高い国・地域からの入国者については、14日間の自己隔離、各種感染防止措置等が義務付けられる。14日間の自己隔離の免除を希望する場合には、入国後48時間以内に自費にてPCR検査を実施し、中央アフリカ保健・人口省に申請を行う。全ての入国者は、感染防止対策、特にマスクの着用が求められる。2020年11月8日から、日本から中国への渡航には、航空機搭乗前3日以内(検体採取日を基準とする)の新型コロナウイルスPCR検査陰性証明書及び血清IgM抗体検査陰性証明書が必要である。各地の入国後の行動制限の詳細については、こちらのリンクをご覧ください。ア 新型コロナウイルス感染症の症状を示している、又は検査の結果陽性の者の渡航は不可とする。イ 短期(5日以下)渡航者を含むチュニジアへの全ての国からの全ての入国者に求められる措置は以下のとおりである。WHOが定める新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の市中感染国又はWHO が懸念される変異株として指定している3種類の変異株のいずれかの感染例が報告されている国に過去 14 日間滞在していたチリ非居住外国人の入国を禁止する。ただし、在外チリ大使館・領事館の承認を受けた渡航者は除く。チリ人及びチリ居住外国人の入国に際しては、①搭乗72時間前までに受検したPCR検査陰性証明書の提示、②10日間の義務的隔離等の要件を課す。入国時に咳や熱など新型コロナウイルス感染症に関連する症状が一つでも認められる場合は、回復まで隔離施設での待機を求める。また、入国後政府指定の一時滞在ホテルで5日間滞在し、ホテル滞在中に行ったPCR検査で陰性の場合は、自宅等で残りの間(入国時から数えて10日間)の隔離を行う。陽性の場合は、公的隔離機関にて隔離を行う。なお、外国で実施されるPCR検査は、検査実施国の保健当局によって承認された検査機関によるものでなければならない。また、チリ人及びチリ居住外国人が入国に際しPCR検査陰性証明書を保持していない場合、保健省指定施設における10日間の隔離及び罰金が科される。例外的に入国する場合、入国時に出国前24時間以内の陰性証明書の提示を課すほか、入国時に空港内で無料の検査を受けることを要請する。また、入国後10日間の自己隔離を要請する(ただし、入国後早くとも4日後に受けたPCR検査の結果が陰性であれば隔離を中断することが可能。)。違反者には3,500デンマーク・クローネの罰金が科される可能性があるほか、デンマークへ向かうフライトへの搭乗時に陰性証明書を提示しない乗客は搭乗禁止となる。(グリーンランド)以下のとおり検査及び検疫規則に従うことが求められる。(フェロー諸島)2020年6月27日から、フェロー諸島に渡航する全ての者に対して、新型コロナウイルスの検査を要請する。検査結果が陰性であった場合は自宅待機の適用外となり、陽性の場合は14日間の自宅待機を要請する。2021年3月30日から、日本を含む全世界から航空機でドイツに入国(トランジットを含む。)する場合、コロナ検査(注)の陰性証明書の提示を義務付ける。同証明書はドイツ入国前48時間以内に検体採取されたもので、英語、独語、仏語のいずれかで記載されている必要がある。なお、日本は、入国時のデジタル入国登録及び入国後の隔離義務の対象ではない。(注)検査の基準については、以下のロベルト・コッホ研究所ウェブサイトをご確認ください(日本で通常行われているPCR法、LAMP法、TMA法のいずれかの検査であれば問題ありません。)。https://www.rki.de/DE/Content/InfAZ/N/Neuartiges_Coronavirus/Transport/Archiv_Tests/Test_03032021_en.pdf?__blob=publicationFile入国時にロメ空港でPCR検査が実施され、結果通知を待つ間自主隔離が求められる。渡航前に追跡アプリをダウンロードしなければならない。渡航者の体温検査を行い、38度以上の発熱又は新型コロナウイルスの症状がある場合、簡易検査を実施する。陽性反応の場合、同国の行動規範に基づき政府指定施設での隔離等の措置が取られる。全ての渡航者は、少なくとも到着24時間前に、オンライン上で健康状態質問票を提出しなければならない。また、搭乗前及び到着時には健康状態に係る質問確認票を提示し、到着24時間から72時間前以内に取得したPCR検査陰性証明書を提出しなければならない。渡航者は、到着時に体温検査を含めた健康状態に関する検査を受ける必要があり、迅速抗体検査(Rapid Test)が課される(カリコム旅行圏からの渡航者については、直行便の利用であって、21日以内に低・中・高リスク国を訪問していない限り、PCR検査陰性証明書の提出は不要。)。到着前21日以内の滞在国及び乗継ぎ国に応じた検疫措置は以下のとおり。なお、日本は高リスク国に含まれる。高熱、健康状態の異常がある場合又は迅速抗体検査(Rapid Test)で陽性となった場合には、PCR検査が課され、結果を待つまでの間、渡航者の費用負担により、政府認可施設での検疫措置となる。同検査が陽性の場合は、保健当局からの許可が下りるまで隔離措置となる。渡航者は、入国から出国までの間マスクを着用しなければならず、身体的・物理的距離の確保等を遵守し、保健当局の指示に従うことが必要となる。入国する外国人に対し、入国時のPCR検査の実施及びトルクメニスタン政府が指定する施設にて入国後21日間の検疫隔離措置を課す。国内の外資系企業で勤務する全ての外国人・現地スタッフに対して10日毎に新型コロナウイルスの検査を実施する。2020年12月29日から、6歳以上の渡航者は、出発前72時間以内に受検したPCR検査の陰性証明書の提示が必要となる。同証明書がない場合は、トルコ行きの航空機に搭乗できない。2021年3月15日から、出発前72時間以内に保健省HP上で入国フォームを記載、搭乗時に提示する必要がある。全ての渡航者に対して、トンガ到着3日前以内のPCR検査による陰性証明書の取得・携行及び到着後21日間の指定された場所での隔離措置を要請する。入国に当たっての主な検疫措置は以下のとおり。ナウルに渡航しようとする全ての者は、ナウル入国直前に以下に示す1つ又は複数の国・地域において、最低14日間滞在しなければならない。(豪州(ビクトリア州を除く。)、クック諸島、フィジー、仏領ポリネシア、キリバス、マーシャル諸島、ミクロネシア連邦、ニューカレドニア、ニュージーランド、ニウエ、パラオ、パプアニューギニア、サモア、ソロモン諸島、台湾、トンガ、ツバル、バヌアツ。)また、全ての入国者に対して、政府指定隔離施設で最低5日間の隔離措置を受け、解除前にPCR検査を受けることを求める。外国籍のナミビア入国者は、入国前7日以内に受検(注:検体採取から起算。)したPCR検査の陰性証明書を入国時に提示しなければならない。全ての入国者は、入国後に14日間の強制的な隔離措置を受けることになる。また、ニュージーランド以外の国からニウエに入国する場合、入国前にニュージーランドで14日間の隔離措置を実施することが求められる。入国前72時間以内(アジアからの渡航は入国前96時間以内)に実施されたリアルタイム方式PCR検査の陰性証明書を提示する必要がある。発熱や呼吸器疾患の症状がみられる場合、入国不可となる。空港での検温、PCR検査陰性証明書(72時間以内)の提示、迅速診断検査とPCRのための鼻咽頭採取検査、自己隔離場所の申告が必要となる。到着時の検査で陰性の場合は、7日間の自己隔離(隔離中、保健当局の訪問あり)を課す。その間、パスポートは警察によって保持され、7日目の再検査で陰性だった場合に返却する。検査で陽性と判明した人は、政府が定める手順に従った処遇を受ける。出国時も、72時間以内のPCR検査陰性証明書が必要となる。 全渡航者に対して、入国後に指定された施設における14日間の強制的な自己隔離を義務付ける。被隔離者は入国後3日目と12日目に、計2回の新型コロナウイルス検査を受検する。2021年1月18日から、追加で、全渡航者(豪州、南極及び一部の太平洋島嶼国を除く。)に対して入国後24時間以内の検査の受検を義務付ける。 2021年1月26日から、全渡航者(豪州、南極及び一部の太平洋島嶼国を除く。)は、入国に際し、フライト出発予定時刻前72時間以内に受検した新型コロナウイルス検査陰性証明書(PCR検査、LAMP法検査、抗原検査のいずれも可。)をチェックイン時に提出する必要がある。 全ての外国人は、原則として入国時に出発時前24時間以内に受検したPCR又は抗原検査の陰性証明書を提示する必要がある。原則として自宅待機義務の生じる地域(日本を含む。)からノルウェーに入国する者は、国境検問所にて新型コロナウイルスの検査を受検しなければならない(検査は無料。)。英国、南アフリカ、アイルランド、オランダ、オーストリア、ポルトガル又はブラジルに滞在歴のある者は、国境にてPCR検査を受検しなければならない。また、入国した者は、入国後移動してはならず、入国地点の自主隔離用ホテルにて自主隔離を行ない、自主隔離用ホテルに滞在する者は、ホテル到着時に登録を行わなければならない。 また、全ての入国者は、氏名、連絡先情報、自宅待機場所、雇用者情報等を登録フォーム( https://www.regjeringen.no/contentassets/493acaa2bb94492db3887a62c9f84e98/avkrysningsskjema_innreise_eng_22-12_2.pdf )に記入の上、入国時に紙で提出、又はオンライン( https://www.regjeringen.no/en/topics/koronavirus-covid-19/travel-to-norway/id2791503/ )で登録する必要がある(大人と一緒に渡航する16歳未満の子供等、一部例外あり。)。なお、入国登録を怠った場合、正当な理由がなければ罰金が科せられる可能性がある。 入国者に対して、到着時のPCR検査の受検及び検査結果判明までの自主隔離(6歳以下の子供及び客室乗務員等についてはPCR検査の受検及び自主隔離は免除。)並びに行動追跡アプリ(「BeAware Bahrain」等)のインストールを義務付ける(サウジアラビアからコーズウェイでの入国の場合は、到着時のPCR検査に代えて到着前72時間以内にPCR検査を受検し、上記の行動追跡アプリ等を通じて陰性証明を提示することが必要であるが、自己隔離は免除される。)。バーレーンに5日以上滞在する者は到着後5日目に、10日以上滞在する者は到着後5日目に加え10日目にも再検査を受ける必要がある。 ハイチに入国する全ての者に対して、渡航前72時間以内に検査された新型コロナPCR検査の陰性証明書の提出及び入国後14日間の健康状態の報告を義務付ける。 入国する全乗客に対して、(ア)出発72時間前のRT-PCR検査の受検、(イ)空港到着時の抗原検査の実施を義務付ける。抗原検査の結果が陰性の場合は10日間の自主隔離実施、陽性の場合は州政府等により自己負担施設に移送のうえ10日間隔離の実施及び8日目の再度のRT-PCR検査の受検となる。 全乗客に対して、PassTrackのアプリインストール又は専用HPを通じた所要の情報登録及び搭乗時の提示を義務付ける。また、到着時、健康申告の提出・検温スクリーニングを受ける必要がある。 バハマに入国する全ての乗客は、到着前5日以内の日付の新型コロナウイルスのRT-PCR検査による陰性証明書及び健康査証(ヘルスビザ)の取得が必要となる(https://travel.gov.bs/)。到着時及び到着後5日目に抗原検査を受検する必要がある。 パプアニューギニア行きのフライトに搭乗するためには、警察長官の書面によるパプアニューギニア入国許可(提出したAir Passenger Travel Formに対する承認)、出発7日前以内に実施したPCR検査での陰性証明書及びパプアニューギニア入国便の出発24時間前以内にHealth Declaration Formをオンライン提出した際に保健省から返送されるバーコードを所持していなければならない。 パプアニューギニア入国後は、自国民及び永住権所有者を含め、指定ホテルにて私費負担にて、14日間の自己隔離を行わなければならない。また、隔離期間中は、パスポートを指定ホテルに引き渡さなければならない。隔離期間中、警察長官の要請がある場合にはPCR検査を受検しなければならない。当該要請を拒否する場合は拒否した日から14日間自己隔離しなければならない。 パラオに入国する全ての者は、それぞれの出発地にて、パラオへの出発前に14日間の自主検疫措置を実施しなければならない。また、1回目は出発地における自主検疫措置開始時点、2回目は出発前72時間以内に受診した計2回のPCR検査の陰性証明書を提示しなければならない。 入国後は、パラオ政府が指定した施設での14日間の強制的な隔離措置の対象となり、新型コロナウイルス検査を受けなければならない。また、隔離措置終了後も7日間の自主検疫措置を実施しなければならない。パラグアイへの入国に際し、以下が必要となる。 全ての入国者は、到着の少なくとも24時間前にオンラインで入国カードを提出しなければならない(www.travelform.gov.bb)。また、高リスク及び中リスク国・地域からの渡航者は、到着前3日以内のPCR検査の陰性証明書を提出しなければならない(超低リスク国・地域からの入国者については、21日以内に高・中・低リスク国・地域を訪問していない限り、事前及び到着時のPCR検査結果は不要。)。 到着前21日以内に滞在・乗継ぎした国・地域のカテゴリーに応じた検疫措置は以下のとおり。全ての入国者は、滞在中、社会的距離の確保、衛生管理、マスク着用等を含む政府の感染防止対策を遵守しなければならない。症状が出た場合は、衛生担当官又は宿泊施設の関係者に報告しなければならない。アレンビー橋からパレスチナ自治区へ入域する全ての者に対して、入域時にPCR検査を実施する。結果は1日で出るが、陰性の場合自宅又は指定ホテルでの隔離(14日間。ただし、2回のコロナ検査で陰性等の条件の下、10日間に短縮可。)、陽性であれば、症状に応じて隔離又は入院措置がとられる。外国人及び東エルサレムID保持者は出発前72時間以内のPCR陰性証明が必要である。 全ての入国者(10歳以下の子供を除く。)は、出国前72時間以内に実施されたPCR検査に基づく新型コロナ陰性証明書の携行を義務付ける。 日本からの入国者は、14日間の自主隔離を義務付ける。バングラデシュから入国禁止や入国制限を受けている国を経由して入国する場合は、同経由地において、航空会社の監督の下、空港内に留まらなければならない。 ハンガリー国籍保有者の家族、ハンガリーの永住権を有する者、90日を超えるハンガリーの滞在許可証を有する者及び特別の理由(病気治療、留学、親族の結婚式・葬儀への出席等)で特別入国許可を得て入国する者は、入国後、10日間の隔離措置(2度の陰性検査結果をもって隔離は解除される。)が課される。なお、商用目的で入国する場合、行動制限は免除される。入国に際し、事前にフィジー政府の許可を取り付けた上で、出発72時間以内に採取したサンプルでPCR検査を行い、フィジー政府が指定する様式にて陰性証明書を作成する必要がある。入国後、政府指定隔離施設にて14日間の隔離措置を受ける必要がある。スバ、ラミ、ナウソリ、ラウトカ及びナンディにおいて14日間のロックダウンを実施する。 入国時及び入国から5日後にPCR検査を受けるとともに、検査結果が陰性の場合、国内目的地に移動し、14日間の隔離期間の残りを当該地域の緊急対応チームの監督の下過ごすことを求める。 10日間の自主検疫を勧告する。入国後、任意に2回のPCR検査を受け陰性となった場合、自主検疫期間を短縮できる。 2020年12月30日以降、搭乗前にPCR検査陰性証明書(RT-PCR、搭乗72時間前に実施)及び当該旅行者が健康であることの誓約書を航空会社に提示することが求められる。入国に際して以下の書類の提示が必要となる。ア フライト前72時間以内のRT-PCR検査陰性証明書(11歳以上のみが対象。乗り換えがある場合は最初のフライト前72時間以内。)イ 7日間の自主隔離及び終了時のRT-PCR検査実施等に関する誓約書(Declaration pour voyageur)※※イは11歳以上用と11歳未満用に分かれているので、それぞれ該当するものを御利用ください。フランス内務省HPhttps://www.interieur.gouv.fr/Actualites/L-actu-du-Ministere/Attestation-de-deplacement-et-de-voyage日本人を含む全ての入国者は、入国前72時間以内に実施したPCR検査陰性証明の提出が必要。 (注:ブルガリアの長期滞在資格を有する日本人は、陰性結果証明なしでも入国は可能であるが、その場合、10日間の自己隔離義務が生じる。なお、ブルガリアの長期滞在資格を有しない日本人は、陰性証明がなければ入国不可。) 上記PCR検査陰性証明書には、以下の内容が記載されていることが求められる。 入国の際、5日以内に受検したPCR検査陰性の結果を所持していること、新型コロナウイルス感染症の症状が発現していないこと、渡航前の14日間に新型コロナウイルス感染者との接触がないことが求められる。PCR検査陰性の結果を不所持の場合、当局による身分証(旅券等)の回収、空港内での検体採取及び自己負担によるPCR検査、検査結果が出るまでのホテル内での隔離といった措置がとられる。 全ての国・地域からの渡航者に対して、入国前と後のPCR検査及び出発国の感染状況に応じて2週間以下の指定ホテルでの隔離を義務付ける(ブルネイ政府のリスク評価により、2~14日間と異なる。隔離施設費用、PCR検査費用(約28,000円)は自己負担。ただし、外交官は免除。)。 入国者・出国者は航空機搭乗前72時間以内に受検したPCR検査の陰性証明書を携行する必要がある。入国者は、空港でのPCR検査及び政府指定ホテルでの1週間の隔離が課され、隔離6日目に改めてPCR検査を受検する(これらの経費は全て自己負担となる。)。隔離6日目のPCR検査で陽性反応が出た場合、政府指定の機関へ移送される。 米国への入国(空路)に際しては、米国行きフライト出発前3日以内に取得した新型コロナウイルス陰性証明書が必要である(2021年1月26日から)。 また、米国疾病予防管理センター(CDC)は、旅行による感染拡大を抑制するための対策として、他者との距離確保、頻繁な手洗い、マスク着用、自己観察といった日常的な対策に加え、以下を行うことを推奨する。海外旅行中に「ハイリスク活動」を行った場合は、日常的な対策に加え、旅行後に以下を行うこと。(注)下記の州のほかにも、州・地方政府(郡、市など)レベルで感染拡大を抑制するための各種行動制限措置がとられている場合があるため、渡航先の州・地方政府の措置に注意が必要。(北マリアナ諸島) 北マリアナ諸島への渡航については、入島前3~6日以内に受診したPCR検査による陰性証明書の提示並びに到着時及び到着5日後の検査で陰性となることで、渡航後の14日間の自主隔離を免除する。(グアム) 原則として、入国する全ての者に対して、グアム政府指定施設での14日間の強制隔離を課す。ただし、隔離6日目に任意で検査を受検し陰性だった場合は、14日目までの残りの期間は、自宅または自身が予約したホテルでの隔離とすることができる。また、新型コロナウイルスの感染者が発生していない国(https://covid19.who.int/を参照)からの直行便(飛行機か船かを問わず)による渡航者については、この限りではない。違反者には、1千米ドル以下の罰金若しくは1年以下の禁固のいずれか又は両方が科される。(ハワイ州) 州外からの全渡航者(ハワイ州居住民を含む。)に対して、10日間の自己検疫を義務付け、違反者には、5千米ドル以下の反則金若しくは1年以下の禁固のいずれか又は両方を科す。ただし、米国本土からの渡航者や日本からの渡航者については、出発前72時間以内に、ハワイ州指定の医療機関でPCR検査を受検し、ハワイ到着時に陰性証明書を提示すれば、到着後の10日間の自己検疫を免除する。ベトナムへの入国に際しての条件は以下のとおり。 2020年11月1日から、日本在住で、ベトナムでの滞在期間が14日以内であって、商用目的で渡航する者を対象として、優先往来制度(ビジネストラック)の適用を開始している。この場合、入国承認等の事前申請の際に、優先往来制度の適用を申請する旨明記するとともに、渡航者のベトナム滞在中の行動計画、移動手段、宿泊場所(隔離施設(ホテル))、具体的な外出先、及び渡航者と接触する者の安全計画を記載する。滞在中、全ての移動は専用車両で行い、事前に承認を受けた行動計画等に記載されている用務での外出を除いては、隔離施設(ホテル)の自身の部屋から出ることはできない。また、入国し、隔離施設に到着した後1回目、その後、ベトナム滞在期間中2日に1度、更に出国の1日前に最後のRT-PCR検査を受ける。 ※変異株の発生を受け、2021年1月20日、保健省は全入国者に対して14日間の隔離を適用することを発表し、優先往来制度は一時停止されている(特別な外交分野の入国ケースを除く。)。 (注)入国者は、PCR検査等(RT-PCR又はRT-LAMP法。鼻咽頭拭い液方式)を受け、入国3日から5日前までに発行された陰性証明書を取得しなければならない。優先往来制度の場合、入国者は、RT-PCR検査(鼻咽頭拭い液方式)を入国3日から5日前までに受検した陰性証明書を取得しなければならない。証明書は「TeCOT」に掲載の医療機関で取得する必要がある。証明書には、渡航者氏名、年齢(生年月日)、性別、国籍、パスポート番号、日本での住所、ベトナムでの住所、医療機関名、検体採取日、検査日、検査法、検査結果、入国予定日、陰性証明書の発行日を記載する。英語又はベトナム語で記載し、検査を受けた医療機関の有効な印鑑と署名が必要。 全ての空港からの入国者に対して、PCR検査を実施する(料金は50,000CFAフラン。入国時及びその14日後の最低2回のPCR検査費用が含まれる。クレジットカード等オンライン精算のみ。)。1回目のPCR検査の結果が判明するまでの48~72時間は自宅等での隔離が義務付けられ、その間旅券が接収される。入国後14日後に2回目のPCR検査を実施する。  全ての空港からの入国者に対して、オンラインでの連絡先情報の登録及び航空券購入時のコロナ税の支払を義務付ける。 入国に際して、以下が必要となる。ア 入国前72時間以内のPCR陰性証明書の航空会社への提出イ ベネズエラに到着する前に所定のHP(https://pasedesalud.casalab.com.ve/)に必要情報を入力し、QRコードを入手することウ 空港到着時の上記QRコードの提示及びPCR検査の受検(有料)(※別途滞在地に係るフォーマットの保健当局への提出が必要である可能性あり。) 入国に当たり、満6歳に達した外国人には、ベラルーシの永住許可又は一時居住許可を有する場合等を除き、入国日の3日前まで(入国日を含む)に取得したPCR検査陰性証明書の紙媒体又は電子媒体での提示を義務付ける。陰性証明書は英語、ベラルーシ語又はロシア語のいずれかで氏名、国籍、検査日及び検査結果が記載されている必要があり、陰性証明書の不所持は入国拒否の事由となる。 全渡航者に対して、到着前72時間以内の健康チェック用のアプリのダウンロード及び渡航前96時間以内に実施されたPCR検査(RT-PCR)陰性証明書又は渡航前48時間以内に実施された迅速抗原検査陰性証明書の提出(ない場合は到着時自己負担で強制的に検査)を義務付ける。到着2週間前までに2回型又は1回型のワクチン接種を受けたことを示す正式なワクチンカードを携行する場合には、陰性証明書の提出が不要となる。観光客の場合、陰性が確認されれば政府から認証を受けたホテルへの滞在が認められる。 全渡航者は、ア 出発地の搭乗ゲートにおいて、ペルーへの直行便の出発前72時間以内に実施されたPCR検査(RT-PCR)又は抗原検査の陰性証明書の提示及びイ ペルー入国管理局のHP(https://e-notificacion.migraciones.gob.pe/dj-salud/)を通じて、ペルーへの直行便の出発前72時間以内にオンライン誓約書を記入の上、提出することが必要。ウ 自宅又は保健当局所定の宿舎にて入国日から14日間の強制的隔離を課す。エ 到着後、自己負担により抗原検査を受け、陰性が判明した場合、到着後14日間より前に隔離を終了することができる。(※ウ、エについては一部例外あり。)必要不可欠な理由によりベルギーへ渡航する場合、以下を義務付ける。①渡航の48時間前までの渡航者追跡フォーム(Passenger Locator Form)への入力 ※1②必要不可欠な渡航であることを示す証明書の携行 ※2③日本出発72時間前以内に受検したPCR検査による陰性証明書取得(6歳以上対象) ※3④ベルギー到着後のPCR検査の受検 ※4⑤入国後の隔離(7日間)※1 渡航者追跡フォームのフォーマットは以下のリンクを参照(中段のWhat must I do?の欄)。 https://travel.info-coronavirus.be/public-health-passenger-locator-form ※2 証明書の詳細は駐日ベルギー大使館のHPを参照 https://japan.diplomatie.belgium.be/sites/default/files/content/Consular/Visa/latest_covid19_measures_vi.pdf ※3 ベルギーに居住していない場合。ベルギー居住者の場合、陰性証明書取得が推奨される。※4 ベルギーに居住していない場合、ベルギー到着後7日目に検査を行う必要がある。ベルギー居住者の場合、ベルギー到着後1日目(当日)と7日目に検査を行う必要がある。全ての入国者に対し、国籍に関係なく10日間(到着翌日が起算日)の隔離を義務付ける。隔離期間中は、食料品の調達を含め隔離滞在場所からの外出は認められず、隔離用アプリの使用を求められる。スマートフォンを所持していない場合は、毎日、確認のために隔離滞在場所を警察官が訪問する。違反すると罰則がある。シェンゲン域内からの入国の場合は、入国前48時間以内の検査(PCR検査又は抗原検査)の陰性証明書があれば隔離措置は免除されるが、シェンゲン域外からの入国の場合は、陰性証明書があっても隔離措置は免除されない。ただし、隔離措置期間に受検した検査で陰性が証明されれば、隔離期間が短縮される。また、EUによる承認済みのワクチン2回の接種証明書(英語又はポーランド語)があれば、隔離措置は免除となる。※上記措置の詳細や隔離措置の免除対象等については、在ポーランド日本国大使館HP(https://www.pl.emb-japan.go.jp/files/100169734.pdf)を参照。日本から入国する渡航者は、入国に際して、検体採取が入国前48時間以内のPCR検査陰性証明書を携行・提示する必要がある。 出国及び入国に際し、出発前72時間以内に受検したPCR検査の有効な陰性証明書の提示が必要となる。5歳以上の渡航者は、入国審査時に「宣誓書」及びPCR検査の陰性証明書を提出する必要がある。「宣誓書」は、事前にオンラインフォーマット(https://www.rree.gob.bo/ingresobolivia/Registro.aspx?AspxAutoDetectCookieSupport=1 )に必要事項を記入の上、印刷して持参する。PCR検査の陰性証明書は英語又はスペイン語であれば、フォーマットは問わないが、空路による入国の場合は最初の出発国における搭乗前72時間以内に、陸路等空路以外による入国の場合は、入国前72時間以内にPCR検査を実施する必要がある。また、入国後少なくとも10日間の隔離措置が実施される(原則として自宅待機。隔離措置の7日目に自己負担にてPCR検査を実施し、同検査で陽性となった場合は適切な措置が講じられる。)。日本から例外的に渡航する場合、フライト搭乗時に、搭乗前72時間以内に実施したPCR検査の陰性証明書を提示する必要がある(24か月以下の乳幼児は対象外。)。ポルトガル人及び在留資格を有する外国市民(日本人を含む)の入国については、日本に限らず、渡航の起点となる場所により、搭乗前72時間以内のPCR検査陰性証明書の提示や14日間の予防的隔離が義務付けられる。香港国際空港に到着する全ての者は、ウイルス検査を受け、その検査結果を待って、入境手続きに進む。また、過去21日以内に超ハイリスク地域(バングラデシュ、ベルギー、カナダ、エクアドル、エチオピア、フランス、ドイツ、インド、インドネシア、カザフスタン、ネパール、パキスタン、フィリピン、ルーマニア、ロシア、スイス、トルコ、ウクライナ、アラブ首長国連邦、米国)への滞在歴がある者は、上記の措置に加え、以下の資料の提出が求められる。政府専用サイト(https://prechequeo.inm.gob.hn)にて、健康状態等について事前に登録手続きを行い、かつ、入国前72時間以内に取得したPCR検査又は迅速検査(特異度85%以上、感度98%以上に限る。)の陰性証明書を提示する必要がある(注:当局からの正式発表はないものの、陰性証明書を所持している場合、これまでのところ隔離措置が課された事例は確認されていない。)。入境前21日以内に外国に渡航歴のあるマカオ居民に対して、72時間以内のPCR検査の陰性証明書に加え、21日間の指定場所での隔離及び医学観察を受けることを求めた上で、最低7日間の自己健康管理を行うことを義務付ける。4月19日から当面の間、入境前28日以内にインド、パキスタン、フィリピンに滞在歴のある入境者に対して28日間の医学観察及び7日間の自己健康管理を課す。入境前14日以内に香港に渡航歴のあるマカオ居民並びに中国本土、香港(香港永久居民ID保持者に限る)及び台湾居住者に対して、24時間以内のPCR検査陰性証明書に加え、14日間の指定場所での隔離及び医学観察を義務付ける。なお、出境には、48時間以内の核酸検査陰性結果が必要である。このほか、自己健康管理を開始し7日間以内に出境する者は、目的地政府当局の許可を得なければならない。全ての渡航者は、出発の10日前までに受検したPCR検査の陰性証明書(注:英文。フォーマットの指定なし。)を提示する必要がある。これに加えて、空港内で新型コロナウイルス検査のための検体採取が行われる可能性がある。入国後14日間は自主モニタリング(注:自主隔離ではなく、ソーシャルディスタンスやマスク着用等感染予防対策をとった上で、他者との接触が可能。)を実施する必要がある。マリ入国7日前以内に発行されたPCR検査での陰性証明書の携行が必要。陰性証明書を携行している場合でも、入国時に感染が疑われる症状がある者に対しては、隔離・検査が実施される。陰性証明書を携行できない場合には、バマコ空港においてPCR検査用の検体採取を行い、結果が判明するまでの間、自費でのホテル又は自宅での自主隔離及び防疫措置の徹底が求められる。また、PCR検査の結果が陽性の場合には、医療機関に搬送されるとともに渡航書類が一時的に留置され、医療機関退院後に返却される。マルタ入国前72時間以内に発行されたPCR検査での陰性証明書の携行を義務付ける。陰性証明書を携行できない場合には、マルタ入国時に空港においてPCR検査を行うか自主隔離を行う必要がある。例外的に入国が許可される外国人のマレーシア入国に際しては、政府指定の隔離センターでの10日間の隔離等、回復のための活動制限令(RMCO)の全ての規定を遵守する必要があるほか、類型毎に以下の条件を満たす必要がある。日本からの入国に際しての主な検疫措置は以下のとおり。ア 出発の72時間前までに取得したPCR検査陰性証明書(認可を受けた医師が検査を行い、同医師の氏名・署名が必要)を提示しなければならない。イ 南アフリカ到着時に健康状態・感染者との濃厚接触の有無が確認され、感染が疑われる症状や感染者との濃厚接触が確認される場合、義務的なPCR検査(費用は自己負担)を受けなければならない。PCR検査の結果、陽性であることが判明した場合、指定された隔離場所にて10日間隔離される(費用は自己負担)。また、南アフリカ到着時に自己隔離が必要となる場合、滞在先住所の証明を提示しなければならない。ウ 海外渡航保険に加入していなければならない。全ての入国者の入国の条件は以下のとおり。出発前72時間以内に取得したPCR検査の陰性証明書を入国時に提示する必要がある。欧州域外の国(日本を含む)及び欧州疾病予防管理センター(ECDC)指定の高リスク地域(過去14日間に10万人あたり60件の感染が認められる地域。フランスは除く。)からの入国者は以下を行う必要がある。モルディブに入国する旅行者及び短期滞在者は、出国96時間前までに取得したPCR検査の陰性証明書(英文)をモルディブ出発前24時間以内にオンラインの所定サイト上で提出する必要がある。旅行者以外の全ての入国者は10日間の自主隔離が求められる。ただし、2回目のワクチン接種から2週間以上経過している者はPCR検査の陰性証明書の提出及び10日間の自主隔離が免除される。旅行者に対する入国後の隔離措置はとられない。入国時に空港で症状が認められた旅行者は、自己負担でPCR検査を受診することとなり、別途保健当局も無作為に旅行者を対象にしたPCR検査を実施する場合がある(費用は当局負担。)。PCR検査結果で陽性の場合、予約したリゾート施設又は政府指定施設で隔離される。就労許可を保有する外国人及びその家族がモルディブ入国後にマレ市及び有人島に訪問・滞在する場合、自宅又は宿泊施設で10日間の自主隔離措置が必要となり、10日間の隔離措置後にPCR検査を受診することになる。ただし、罹患者や濃厚接触者は14日間の隔離が必要となる。モルドバへの全ての入国者は入国後14日間の自主隔離措置の対象とする。ただし、入国前72時間以内に実施されたPCR検査の陰性証明書を有する者はこの自主隔離措置を免除する。モンゴルに入国する全ての者を対象に、上陸前72時間以内に受けたPCR検査の陰性証明書の提示を義務付ける。外国から入国する者のうち、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を行っていない、又はワクチン接種を完了していない者は、指定施設(ホテル等)における7日間の隔離及び7日間の自宅隔離を指示する。隔離期間中の3日目及び6日目にPCR検査を実施する。2度の新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を完了し、14日間が経過した者、又は新型コロナウイルス感染症に感染し完治した者のうち証明書を提示するものには、指定施設における隔離を免除し、7日間の自宅隔離を指示する。2021年3月10日から、セルビア、コソボ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ及びアルバニア以外からモンテネグロに入国する場合、①入国前48時間以内のPCR検査による陰性証明書、②入国前30日以内の抗体検査による陽性証明書、③入国の7日以上前に2回目の新型コロナウイルスワクチンを接種した旨の証明書のいずれかの提示を求める。上記①から③までのいずれも保有しない場合は、14日間の自主隔離を義務付ける。ただし、満5歳以下の子どもについては、証明書及び隔離を義務付けない。5歳未満の者を除く全ての渡航者に対して、PCR陰性証明書の持参(注)、空港到着後のPCR検査の受検、接触確認アプリAMANのダウンロード等を義務付ける(注:PCR陰性証明書は、英語又はアラビア語のもので、出国5日前までに検体を採取し、検査結果確定日が到着72時間前までの日付である必要がある。)。ラオスへの入国が許可される場合、以下の措置を厳格に遵守する必要がある。入国前48時間以内にCOVIDpass(https://covidpass.lv/)に人定事項等を登録し、発行されるQRコードを持参する必要がある。過去2週間において感染者数が人口10万人あたり50人を超えた国から、又はこれらの国を経由して入国する場合、10日間の自主隔離が必要となる。渡航に際し陰性証明書(PCR検査の陰性結果のみ有効)の取得を義務付ける。陰性証明書はラトビアへ渡航する飛行機、船等の乗り物に搭乗する前72時間以内に検査(検体を採取)する必要がある。私用車で入国する場合には、陰性結果であることを事前のウェブ登録(上記URL)の際に入力する必要があり、国境警備隊又は国家警察により登録の確認が実施される。例外として、11歳未満の子供、新型コロナウイルスに係るワクチン接種済みの者、乗組員及び空港制限区域を出ない乗り継ぎ客は陰性証明書取得義務の対象外となる。入国前48時間以内に実施したPCR検査の陰性証明書の提出を義務付けるほか、入国後10日間は、滞在場所から1キロメートル範囲の散歩以外の外出は認めず、店など人が集まる場所への出入りは禁止する(入国から7日目以降に自費でPCR検査を受け、陰性が証明された場合には、隔離期間の短縮が可能。)。空、海、陸路でリトアニアに到着する全ての人は、航空機、フェリー、バス、列車に搭乗する前に、国立社会保健センターのHP(https://keleiviams.nvsc.lt/en/form)からオンラインで登録を行い、搭乗時に、送られてきた認証コード(QRコード)を提示する必要がある。 2021年1月29日から同年3月31日まで、飛行機で入国する全ての者は、フライト前72時間以内のPCR検査又は簡易抗原検査の陰性証明書を、搭乗時に提示する必要がある(ルクセンブルク国外における滞在時間が72時間を超える6歳以上の者が対象。)。検査結果は紙又はデータ形式で、ルクセンブルク公用語(フランス語、ドイツ語若しくはルクセンブルク語)、英語、イタリア語、スペイン語又はポルトガル語の翻訳が添えられている必要がある(なお、国外滞在が72時間未満の者は、証拠としてこれを証明する書類等を提出する必要がある。)。  到着時に、EU及びシェンゲン域外からの旅行者は、フィンデル空港で検査を受ける必要がある(検査を受けることを拒否する場合は、ルクセンブルクでの規定に従い、陰性の検査結果を得るまで最大2週間の隔離を受ける必要がある。)。 なお、以下に該当する者は、上記規制の対象外とする。ルワンダ到着者(乗り継ぎを含む。例外は乗り継ぎが24時間以内で空港にとどまる者のみ。)は、出発前72時間以内に取得したPCR検査(RT-PCR)の陰性証明書を提示する必要があり、また、ルワンダ到着時に(2度目の)PCR検査を受検し、検査結果を待つ間、ルワンダ政府が指定する宿舎にて待機する必要がある。PCR検査の結果が陽性の場合は、専門医療機関に移送される。陰性の場合は、宿舎から移動可能。 ア レバノンに到着する航空便搭乗者で、レバノン国外での滞在歴が8日以上のものに対して、以下の措置がとられる。 イ レバノン国外での滞在歴が7日以下の者は、上記ア(ア)が免除される(その他は上記アと同様)。 ウ 以下の者は、上記ア(エ)及び(オ)が免除される(その他は上記アと同様)。 全ての外国人は、ロシアでのトランジットを含め、ロシア領内を目的地とした国際航空便に搭乗するに当たり、また、ロシア国境を通過するに当たり、ロシアへの渡航直前3日以内に受けたPCR検査の結果としてコロナ陰性であることを証明する文書(ロシア語又は英語のもの)を所持することが必要となる(※指定フォーマットはないものの、陰性証明書に検査機関の押印がないものは認められない場合がある。)。また、空港到着時には、無作為抽出で検査が実施される。さらに、労働活動のためにロシアに到着する外国人については、14日間の自己隔離を実施する義務がある。(了)駐日ルクセンブルク大使館ホームページ在ルクセンブルク日本国大使館ホームページ駐日レソト大使館ホームページ在レソト日本国大使館ホームページ駐日アイスランド大使館ホームページ在アイスランド日本国大使館ホームページ駐日アイルランド大使館ホームページ在アイルランド日本国大使館ホームページ駐日アゼルバイジャン大使館ホームページ在アゼルバイジャン日本国大使館ホームページ駐日アフガニスタン大使館ホームページ在アフガニスタン日本国大使館ホームページ在アラブ首長国連邦日本国大使館ホームページ駐日アルジェリア大使館ホームページ在アルジェリア日本国大使館ホームページ駐日アルゼンチン大使館ホームページ在アルゼンチン日本国大使館ホームページ駐日アルバニア共和国大使館ホームページ在アルバニア日本国大使館ホームページ駐日アルメニア大使館ホームページ在アルメニア日本国大使館ホームページ駐日アンゴラ大使館ホームページ在アンゴラ日本国大使館ホームページ在アンティグア・バーブーダ日本国大使館ホームページ駐日イエメン大使館ホームページ在イエメン日本国大使館ホームページ駐日イスラエル大使館ホームページ在イスラエル日本国大使館ホームページ駐日イタリア大使館ホームページ在イタリア日本国大使館ホームページ駐日イラク大使館ホームページ在イラク日本国大使館ホームページ駐日イラン大使館ホームページ在イラン日本国大使館ホームページ駐日インド大使館ホームページ在インド日本国大使館ホームページ駐日インドネシア大使館ホームページ在インドネシア日本国大使館ホームページ駐日ウガンダ日本国大使館ホームページ在ウガンダ日本国大使館ホームページ在ウクライナ日本国大使館ホームページ駐日ウズベキスタン大使館ホームページ在ウズベキスタン日本国大使館ホームページ駐日英国大使館ホームページ在英国日本国大使館ホームページ駐日エクアドル大使館ホームページ在エクアドル日本国大使館ホームページ駐日エジプト大使館ホームページ在エジプト日本国大使館ホームページ駐日エストニア大使館ホームページ在エストニア日本国大使館ホームページ在エスワティニ日本国大使館ホームページ駐日エチオピア大使館ホームページ在エチオピア日本国大使館ホームページ駐日エルサルバドル大使館ホームページ在エルサルバドル日本国大使館ホームページ駐日オーストラリア大使館ホームページ在オーストラリア日本国大使館ホームページ駐日オーストリア大使館ホームページ在オーストリア日本国大使館ホームページ駐日オランダ大使館ホームページ在オランダ日本国大使館ホームページ駐日ガーナ大使館ホームページ在ガーナ日本国大使館ホームページ在カーボベルデ日本国大使館ホームページ在ガイアナ日本国大使館ホームページ駐日カザフスタン大使館ホームページ在カザフスタン日本国大使館ホームページ駐日カタール大使館ホームページ在カタール日本国大使館ホームページ駐日カナダ大使館ホームページ在カナダ日本国大使館ホームページ駐日ガボン大使館ホームページ在ガボン日本国大使館ホームページ駐日韓国大使館ホームページ在韓国日本国大使館ホームページ在ガンビア日本国大使館ホームページ駐日カンボジア大使館ホームページ在カンボジア日本国大使館ホームページ在ギニア日本国大使館ホームページ在ギニアビサウ日本国大使館ホームページ在キプロス日本国大使館ホームページ駐日キューバ大使館ホームページ在キューバ日本国大使館ホームページ駐日ギリシャ大使館ホームページ在ギリシャ日本国大使館ホームページ駐日キルギス大使館ホームページ在キルギス日本国大使館ホームページ在グアテマラ日本国大使館ホームページクック諸島保健省の発表在グレナダ日本国大使館ホームページ駐日クロアチア共和国大使館ホームページ在クロアチア日本国大使館ホームページ駐日ケニア大使館ホームページ在ケニア日本国大使館ホームページ駐日コートジボワール大使館ホームページ在コートジボワール日本国大使館ホームページ在コスタリカ日本国大使館ホームページ駐日コソボ共和国大使館ホームページ在コソボ日本国大使館ホームページ在コモロ日本国大使館ホームページ駐日コロンビア大使館ホームページ外務省海外安全ホームページ(コロンビア)在コンゴ共和国日本国大使館ホームページ在コンゴ民主共和国日本国大使館ホームページ駐日サウジアラビア大使館ホームページ在サウジアラビア日本国大使館ホームページ在ザンビア日本国大使館ホームページ駐日サンマリノ大使館ホームページ在サンマリノ日本国大使館ホームページ在シエラレオネ日本国大使館ホームページ駐日ジブチ大使館ホームページ在ジブチ日本国大使館ホームページジブラルタル当局ウェブサイトの報道発表駐日ジャマイカ大使館ホームページ在ジャマイカ日本国大使館ホームページ駐日ジョージア大使館ホームページ在ジョージア日本国大使館ホームページ駐日シンガポール大使館ホームページ在シンガポール日本国大使館ホームページ在ジンバブエ日本国大使館ホームページ駐日スイス大使館ホームページ在スイス日本国大使館ホームページ駐日スウェーデン大使館ホームページ在スウェーデン日本国大使館ホームページ駐日スペイン大使館ホームページ在スペイン日本国大使館ホームページ駐日スリランカ大使館ホームページ在スリランカ日本国大使館ホームページ駐日スロバキア大使館ホームページ在スロバキア日本国大使館ホームページ在セーシェル日本国大使館ホームページ在赤道ギニア日本国大使館ホームページ駐日セルビア大使館ホームページ在セルビア日本国大使館ホームページ在セントクリストファー・ネービス日本国大使館ホームページ在セントビンセント日本国大使館ホームページ在セントルシア日本国大使館ホームページ駐日タイ大使館ホームページ在タイ日本国大使館ホームページ台北経済文化代表処公益財団法人日本台湾交流協会 台北事務所フランス領ポリネシア保健省プレスリリース駐日タンザニア大使館ホームページ在タンザニア日本国大使館ホームページ駐日チェコ共和国大使館ホームページ在チェコ共和国日本国大使館ホームページ在チャド日本国大使館ホームページ在中央アフリカ共和国日本国大使館ホームページこちらのリンク駐日中国大使館ホームページ在中国日本国大使館ホームページ在チュニジア日本国大使館ホームページ駐日チリ大使館ホームページ在チリ日本国大使館ホームページ駐日デンマーク大使館ホームページ在デンマーク日本国大使館ホームページ駐日ドイツ大使館ホームページ在ドイツ日本国大使館ホームページ在トーゴ日本国大使館ホームページ駐日ドミニカ共和国大使館ホームページ在ドミニカ共和国日本国大使館ホームページ在ドミニカ日本国大使館ホームページ駐日トルクメニスタン大使館ホームページ在トルクメニスタン日本国大使館ホームページ駐日トルコ大使館ホームページ在トルコ日本国大使館ホームページ在トンガ日本国大使館ホームページ駐日ナイジェリア大使館ホームページ在ナイジェリア日本国大使館ホームページ在ナウル日本国大使館ホームページ駐日ナミビア大使館ホームページ在ナミビア日本国大使館ホームページ在ニウエ日本国大使館ホームページ在ニカラグア日本国大使館ホームページ在ニジェール日本国大使館ホームページ駐日ニュージーランド大使館ホームページ在ニュージーランド日本国大使館ホームページ駐日ノルウェー大使館ホームページ在ノルウェー日本国大使館ホームページ駐日バーレーン大使館ホームページ在バーレーン日本国大使館ホームページ在ハイチ日本国大使館ホームページ駐日パキスタン大使館ホームページ在パキスタン日本国大使館ホームページ駐日パナマ大使館ホームページ在パナマ日本国大使館ホームページ在バハマ日本国大使館ホームページ駐日パプアニューギニア大使館ホームページ在パプアニューギニア日本国大使館ホームページ在パラオ日本国大使館ホームページ駐日パラグアイ大使館ホームページ在パラグアイ日本国大使館ホームページ在バルバドス日本国大使館ホームページ駐日パレスチナ常駐総代表部現地大使館からの最新安全情報(在イスラエル日本国大使館ホームページ)駐日バングラデシュ大使館ホームページ在バングラデシュ日本国大使館ホームページ駐日ハンガリー大使館ホームページ在ハンガリー日本国大使館ホームページ駐日フィジー大使館ホームページ在フィジー日本国大使館ホームページ駐日フィリピン大使館ホームページ在フィリピン日本国大使館ホームページ駐日フィンランド大使館ホームページ在フィンランド日本国大使館ホームページ駐日ブラジル大使館ホームページ在ブラジル日本国大使館ホームページ駐日フランス大使館ホームページ在フランス日本国大使館ホームページ駐日ブルガリア大使館ホームページ在ブルガリア日本国大使館ホームページ駐日ブルキナファソ大使館ホームページ在ブルキナファソ日本国大使館ホームページ駐日ブルネイ大使館ホームページ在ブルネイ日本国大使館ホームページ在ブルンジ日本国大使館ホームページ駐日米国大使館ホームページ在米国日本国大使館ホームページ在ハガッニャ日本国総領事館駐日ベトナム大使館ホームページ在ベトナム日本国大使館ホームページ駐日ベナン大使館ホームページ在ベナン日本国大使館ホームページ駐日ベネズエラ大使館ホームページ在ベネズエラ日本国大使館ホームページ駐日ベラルーシ大使館ホームページ在ベラルーシ日本国大使館ホームページ駐日ベリーズ大使館ホームページ在ベリーズ日本国大使館ホームページ駐日ペルー大使館ホームページ在ペルー日本国大使館ホームページ駐日ベルギー大使館ホームページ在ベルギー日本国大使館ホームページ駐日ポーランド大使館ホームページ在ポーランド日本国大使館ホームページ在ボスニア・ヘルツェゴビナ日本国大使館ホームページ駐日ボツワナ大使館ホームページ在ボツワナ日本国大使館ホームページ駐日ボリビア大使館ホームページ在ボリビア日本国大使館ホームページ駐日ポルトガル大使館ホームページ在ポルトガル日本国大使館ホームページ在香港日本国総領事館ホームページ駐日ホンジュラス大使館ホームページ在ホンジュラス日本国大使館ホームページ在香港日本国総領事館ホームページ在マラウイ日本国大使館ホームページ在マリ日本国大使館ホームページ在マルタ日本国大使館ホームページ駐日マレーシア大使館ホームページ在マレーシア日本国大使館ホームページ駐日南アフリカ大使館ホームページ在南アフリカ日本国大使館ホームページ駐日ミャンマー大使館ホームページ在ミャンマー日本国大使館ホームページ駐日モザンビーク大使館ホームページ在モザンビーク日本国大使館ホームページ在モナコ日本国大使館ホームページ駐日モルディブ大使館ホームページ在モルディブ日本国大使館ホームページ在モルドバ日本国大使館ホームページ駐日モロッコ大使館ホームページ在モロッコ日本国大使館ホームページ駐日モンゴル大使館ホームページ在モンゴル日本国大使館ホームページ在モンテネグロ日本国大使館ホームページ在ヨルダン日本国大使館ホームページ駐日ラオス大使館ホームページ在ラオス日本国大使館ホームページ駐日ラトビア大使館ホームページ在ラトビア日本国大使館ホームページ駐日リトアニア大使館ホームページ在リトアニア日本国大使館ホームページ駐日リビア大使館ホームページ在リビア日本国大使館ホームページ駐日ルクセンブルク大使館ホームページ在ルクセンブルク日本国大使館ホームページ駐日ルワンダ大使館ホームページ在ルワンダ日本国大使館ホームページ在レバノン日本国大使館ホームページ駐日ロシア大使館ホームページ在ロシア日本国大使館ホームページ在ユジノサハリンスク日本国総領事館ホームページ
Ireland
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All immigrants (excluding those departing from Northern Ireland) are obliged to present a negative RT-PCR test within 72 hours prior to entry (international transport workers, Exemption for children under 6 years old.) Negative certificates must be presented when boarding an aircraft or ferry to Ireland and upon entry. Failure to carry a negative certificate may result in a fine of up to € 2,500 and / or imprisonment of up to 6 months. Online (https://cvd19plf-prod1.powerappsportals.com/en-) the COVID-19 Passenger Location Information Form, which provides all immigrants (same as above) with their accommodation and contact information for 14 days after entry. US / passenger /) imposes an obligation to submit. A 14-day quarantine is legally required at the address provided on the form. Failure to comply with this quarantine system is a crime and may result in fines of up to € 2,500 and / or imprisonment of up to 6 months. Those traveling from other countries to Ireland via Northern Ireland must also comply with this mandatory quarantine system. You can leave your place of residence during the quarantine period only for urgent and unavoidable reasons to protect human health and well-being, or for leaving the country. If you can leave your place of residence to undergo an RT-PCR test after 5 days of entry and receive a written "negative / not detected" result in that test, you will be quarantined. You can end the period. Written test results must be retained for at least 14 days. (Note 1) The following persons shall be a limited exception to the system that legally requires quarantine. ・ Patients traveling for emergency medical care ・ International carriers: heavy duty vehicle drivers, aircraft / ship crew ・ Police / Defense Force (during mission) ・ Persons traveling to Ireland under arrest warrants, transfer procedures, or other enforceable legal obligations -A person who travels to perform his duties as a diplomat, a person in a high-ranking official position, or an elected person, or to provide services to these persons. -Transit passengers arriving for travel to another country and not leaving the port or airport (Note 2) The following persons may temporarily leave the quarantine area only for a strictly necessary period in order to carry out their essential duties. ・ Persons necessary for essential repair, maintenance, construction or safety assurance of important transportation infrastructure, public works infrastructure, manufacturing services, information services and communication services ・ Persons invited to perform duties that are necessary for the proper functioning of international organizations or cannot be performed remotely. -Passengers who have been issued a written certificate from Sport Ireland in connection with internationally important competitions ・ Journalists performing their duties Homepage of the Embassy of Ireland in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Ireland
Iceland
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  In principle, entry from multiple target countries including Japan is prohibited except for Icelandic nationals, foreigners residing in Iceland, EEA / EFTA, Andorra, Monaco, San Marino, and Vatican residents. However, some medical / healthcare workers, freight transporters, international organization staff and other professionals, students, and others traveling to Iceland for humanitarian purposes, the European Pharmaceutical Agency Those who have been vaccinated or have a certificate of infection history are allowed to enter the country. Embassy of Iceland in Japan Homepage Homepage of the Embassy of Japan in Iceland
Albania
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  After entering the country, two weeks of self-quarantine may be imposed in special cases under the standards of the European Center for Disease Prevention and Control (ECDC) and in cases where the Albanian health authorities determine. Homepage of the Embassy of the Republic of Albania in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Albania
Malta
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Mandatory carrying a negative certificate for PCR tests issued within 72 hours prior to entering Malta. If you cannot carry a negative certificate, you will need to perform a PCR test or self-quarantine at the airport when you enter Malta. Homepage of the Embassy of Japan in Malta
Cyprus / Cyprus
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  From February 19, 2021, entry from multiple target countries, including Japan, will only be permitted to permanent residents of Cyprus and their families, legal residents, persons subject to the Vienna Convention (Note), and persons with special permits. .. (Note: Vienna Convention on Diplomatic Relations and Vienna Convention on Consular Relations) Homepage of the Embassy of Japan in Cyprus
Finland
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  In principle, entry from multiple target countries including Japan is prohibited except for Finnish nationals and foreign residents in Finland. However, some professionals, including those traveling for humanitarian reasons, medical professionals, freight forwarders, international organization staff, etc., are permitted to enter the country. Embassy of Finland in Japan Homepage Homepage of the Embassy of Japan in Finland
Bulgaria
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All immigrants, including Japanese, are required to submit a negative PCR test certificate within 72 hours prior to entry. (Note: Japanese who are eligible for long-term stay in Bulgaria can enter the country without proof of negative results, but in that case, they are obliged to quarantine themselves for 10 days. Japanese who are not qualified for long-term stay in Bulgaria Cannot enter the country without a negative proof.) The PCR test negative certificate is required to include the following contents. Bulgarian Embassy Homepage Homepage of the Embassy of Japan in Bulgaria
Lithuania
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  As a general rule, entry from Japan is prohibited. However, if you live in the European Economic Area (EEA), Switzerland, the United Kingdom, Andorra, Monaco, San Marino, Vatican, etc., you will be allowed to enter the country. Homepage of the Lithuanian Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Lithuania
Latvia
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  To Latvia other than those who have a long-term residence permit in Latvia, those who make a connection to return to their permanent place of residence, those who have emergency reasons, humanitarian reasons, exceptions to academic or occupational reasons, etc. Prohibit travel. * See the website below for details on the reasons for exceptions. https://www.rs.gov.lv/lv/covid-19 Latvian Embassy Homepage in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Latvia
Estonia
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  From February 1, 2021, it will not be possible to enter the country without a visa from multiple target countries including Japan. Estonian Embassy Homepage in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Estonia
Moldova
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All immigrants to Moldova are subject to voluntary quarantine for 14 days after entry. However, those who have a negative certificate of PCR test performed within 72 hours before entering Japan are exempt from this voluntary quarantine measure. Homepage of the Embassy of Japan in Moldova
Armenia
4
There are post-arrival restrictions Evacuate country & do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All immigrants will be required to "present a negative certificate of PCR test performed within 72 hours before arrival" or "take PCR test at private expense at the time of entry". The PCR test negative certificate must meet the following conditions: (1) It must be written in Armenian, Russian or English, (2) The examinee's name, date of birth, passport number, name and location of the testing institution, etc. (3) There must be a stamp of the inspection agency and a handwritten signature of the head of the inspection agency. In this case, the obligation to self-isolate is exempted unless physical findings indicate that compulsory hospitalization is required. In addition, if you take a PCR test at the time of entry, you will be required to sign a consent form for self-quarantine, and you will be issued a sample collection certificate, and when you leave the airport arrival lobby, you will be required to use this certificate by the police or health and labor supervision. Obtain permission to leave the airport by presenting it to the staff of the institution. You must then move to a self-reported quarantine location and self-quarantine until the arrival of a negative result notified within 48 hours. In addition, welcoming guests are prohibited from entering the airport arrival lobby. Homepage of the Armenian Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Armenia
Belarus
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  For foreigners who have reached the age of 6 upon entry, unless they have a permanent residence permit or temporary residence permit in Belarus, the PCR test negative certificate obtained up to 3 days before the entry date (including the entry date) Mandatory presentation in paper or electronic media. The negative certificate must include your name, nationality, test date and test results in either English, Belarusian or Russian, and lack of a negative certificate is a reason for refusal to enter the country. Embassy of Belarus in Japan Homepage Homepage of the Embassy of Japan in Belarus
Andorra
3
- Do not travel / No information available
Monaco
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Immigrants from countries outside Europe (including Japan) and high-risk areas designated by the European Center for Disease Prevention and Control (ECDC) (areas with 60 infections per 100,000 people in the last 14 days, excluding France) Needs to: Homepage of the Embassy of Japan in Monaco
San Marino
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Immigrants from countries other than Italy and the Vatican City (including those who have stayed in countries other than the two countries on the right in the last 14 days) are vaccinated against the new coronavirus or within 48 hours before entering the country. It is necessary to submit a negative certificate by molecular test of the swab sample. In addition, if the departure destination is not disclosed at the time of entry, or if the regulations regarding health care and self-isolation are not observed, a fine of 1,000 euros will be imposed as an administrative penalty. * Except for proven work reasons, health reasons, situations of necessity, and academic reasons, the states designated as Red Zone in San Marino and Italy (Note: https: // www. Since movement to and from it.emb-japan.go.jp/itpr_ja/covid_19_misureGAR.html) is prohibited, you need to be careful about the route when you enter Japan. Embassy of San Marino in Japan Homepage Homepage of the Embassy of Japan in San Marino
Ukraine
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Foreigners are required to take out medical insurance and overseas travel accident insurance that cover the treatment of new coronavirus infections during their stay in Ukraine, and carry their certificate (Ukrainian, Russian or English). .. From March 23, 2021, all foreigners will be required to carry a negative certificate of PCR test taken within 72 hours before entering Ukraine. Homepage of the Embassy of Japan in Ukraine
Serbia
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Foreigners are required to carry a negative proof by PCR within 48 hours before entering Japan. Homepage of the Serbian Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Serbia
Montenegro
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  When entering Montenegro from other than Serbia, Kosovo, Croatia, Bosnia / Herzegovina and Albania from March 10, 2021, (1) negative certificate by PCR test within 48 hours before entry, (2) antibody test within 30 days before entry You will be asked to show either a positive certificate from ③ or a certificate that you have been vaccinated with the new coronavirus vaccine for the second time at least 7 days before entering Japan. If you do not own any of the above ① to ③, you will be required to quarantine for 14 days. However, certificates and quarantine are not required for children under the age of five. Homepage of the Embassy of Japan in Montenegro
Croatia
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  If EU and Schengen foreigners, including Japanese (not eligible to stay), enter the country for tourism, business, schooling or other urgent private reasons, submit a negative PCR test within 48 hours of implementation. Or, you will be allowed to enter the country on condition that you will undergo a PCR test immediately after entering the country and will be quarantined until you get a negative result (if you do not receive the test, you will be quarantined for 10 days). Homepage of the Embassy of the Republic of Croatia in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Croatia
Slovenia
3
- Do not travel / No information available
Bosnia and Herzegovina
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Travelers arriving from Japan are required to carry and present a PCR test negative certificate within 48 hours before entering Japan. Homepage of the Embassy of Japan in Bosnia and Herzegovina
North Macedonia
3
- Do not travel / No information available
Czech Republic
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  On February 1, 2021, Japan was designated as the "most infectious country" with the highest risk of infection, and from February 5, 2021, entry from Japan is basically prohibited (long-term visas and long-term stays in Czech and EU countries). Exceptions are those who have a permit, permanent residence permit, short-term stay visa issued after May 11, 2020, and those whose entry is recognized by the Czech government as being in the Czech national interest). * For details, refer to the Czech Ministry of Health related page (Czech): https://koronavirus.mzcr.cz/seznam-zemi-podle-miry-rizika-nakazy/ Homepage of the Embassy of the Czech Republic in Japan Homepage of the Embassy of Japan in the Czech Republic
Slovakia
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  If a person who has stayed in multiple target countries including Japan for the past 14 days after 6:00 am on February 17, 2021 enters Slovakia, the following four points will be required. Homepage of the Slovak Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Slovakia
Liechtenstein
3
- Do not travel / No information available
Tajikistan
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  In principle, immigration restrictions will be enforced for all foreigners and stateless persons. Homepage of the Embassy of Japan in Tajikistan
Turkmenistan
2
There are entry restrictions Stop all non-essential travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Suspend all flights to other countries. Close land borders with all neighboring countries. Homepage of the Embassy of Turkmenistan in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Turkmenistan
Azerbaijan
4
There are entry restrictions Evacuate country & do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Stop issuing electronic visas and visas upon arrival at the airport for all foreigners. Travelers are required to apply for a visa at the embassy or consul general. Until June 1, 2021, immigration by land and air (excluding freight and special flights) will be suspended. Embassy of Azerbaijan in Japan Homepage Homepage of the Embassy of Japan in Azerbaijan
Georgia (formerly Georgia)
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Foreigners are prohibited from entering the country in principle (Persons who can present a certificate of completion of vaccination against new coronavirus infection that meets the requirements (* Please contact the Georgia Embassy in Tokyo for details of the requirements), some in Europe, etc. Excludes those who meet the conditions such as those who have permanent residence in the country). Even in countries subject to immigration bans (including Japan), entry for business trips based on invitations from Georgia government agencies and companies and entry for remote work purposes for long-term stays of 180 days or more are to be made by the government in advance. Permit by submitting the necessary information on the application form posted on the new Coronavirus Antivirus Special Website (StopCov.ge) operated by the company and obtaining an entry permit. For entry to a university in Georgia for the purpose of studying abroad, submit the necessary information on the designated application form (https://registration.gov.ge/pub/form/22__/abrckq/) and obtain an entry permit. Allow by acquiring. Georgia Embassy Homepage Homepage of the Embassy of Japan in Georgia
Kyrgyzstan
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Foreigners and stateless persons traveling to Kyrgyzstan must present a PCR negative certificate (hereinafter referred to as "negative certificate") that has been tested within 72 hours before boarding an airplane departing for Kyrgyzstan. It will be possible to board. In addition, after arriving in Kyrgyzstan, the staff of the Sanitary Quarantine Station will confirm the negative certificate and measure the body temperature again. If the validity period of the negative certificate has expired due to flight time delay, transit, etc., PCR test, questionnaire form and body temperature measurement will be required again at the local health center (hospital). If you enter Kyrgyzstan by land, you will need to show a negative certificate and take a temperature measurement within 72 hours before entering the country. You will not be allowed to enter the country without showing a negative certificate by air or land. The valid start date and time of the negative certificate is not the issue date and time but the inspection date and time. The language of the certificate must be English or Russian. The above measures include embassy and consulate staff and their families, staff of the Permanent Mission of International Organizations and their families, delegations visited by the invitation of the Ministry of Foreign Affairs of Kyrgyz and national agencies, international cargo and regular international passenger transport It does not apply to drivers and preschoolers accompanied by parents. Kyrgyz Embassy Homepage in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Kyrgyzstan
Uzbekistan
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  When entering Japan, it is necessary to show a negative certificate of PCR test performed within 72 hours before departure (speed antigen test for all travelers conducted after December 25, 2020 is 3 It will be canceled from the 15th of March, and there will be no need for voluntary isolation for 14 days after entering Japan.) Uzbekistan Embassy Homepage Homepage of the Embassy of Japan in Uzbekistan
Russia
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All foreigners undergo PCR tests within three days prior to their departure to Russia when boarding international flights destined for Russian territory, including transit in Russia, and when crossing the Russian border. As a result, it is necessary to have a document (Russian or English) certifying that it is corona negative (* There is no designated format, but negative certificates without the seal of the inspection agency are accepted. It may not be.). Upon arrival at the airport, a random sampling test will be conducted. In addition, foreigners arriving in Russia for labor activities are obliged to carry out 14 days of self-quarantine. (End) Homepage of the Russian Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Russia Homepage of the Consulate General of Japan in Yuzhno-Sakhalinsk
Vatican City State
3
- Do not travel / No information available
Kosovo
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  For foreigners entering Kosovo from a country recognized as a high-risk country (Note) based on data released by the ECDC (European Center for Disease Prevention and Control), 72 when entering Kosovo, except in the following cases: Mandatory to bring a negative certificate issued within hours. Those leaving Kosovo within 3 hours of arriving at Apristina International Airport Those who leave Kosovo from Pristina International Airport within 3 hours after entering Kosovo (by land) with the applicable ticket Those who leave Kosovo within 5 hours after entering Kosovo using transportation such as Ubus Diplomatic corps and their families received by Kosovo Foreigners residing in Kosovo (If you cannot submit a negative certificate, you will be required to quarantine yourself for 7 days.) (Note) For the classification of Japan, please contact the Kosovo Embassy in Japan directly. ○ Embassy of the Republic of Kosovo in Japan HP: http://www.ambasada-ks.net./jp/?page=4,1 Homepage of the Embassy of the Republic of Kosovo in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Kosovo
Country Travel advisories Travel from Japan Note
Egypt
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  A negative certificate from the PCR test is required to enter Egypt. The required items for the negative certificate (required to be written in English or Arabic) are as follows. In addition, you will be required to fill out and submit a designated tax return before receiving your boarding pass, which will require you to take out valid medical insurance during your stay in Egypt and fill in the details. You are required to wear a mask while boarding or boarding public transportation including airmail and taxis. In addition, after arriving in Egypt, you will be required to measure the temperature and fill out and submit the designated questionnaire. Homepage of the Egyptian Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Egypt
Republic of South Africa
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  The main quarantine measures for entry from Japan are as follows. A. A PCR test negative certificate obtained 72 hours before departure (a licensed doctor must perform the test and the doctor's name and signature must be presented). B. When arriving in South Africa, the health condition and the presence or absence of close contact with the infected person are confirmed, and if symptoms suspected of being infected or close contact with the infected person are confirmed, a mandatory PCR test (at the expense of the expense) is performed. There must be. If the PCR test reveals that it is positive, it will be quarantined for 10 days in the designated quarantine (at your own expense). Also, if self-quarantine is required upon arrival in South Africa, proof of residence address must be presented. C. You must have overseas travel insurance. Homepage of the South African Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in South Africa
Turkey
4
There are post-arrival restrictions Evacuate country & do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Beginning December 29, 2020, travelers over the age of 6 will be required to present a negative certificate of PCR testing taken within 72 hours prior to departure. Without this certificate, you will not be able to board an aircraft bound for Turkey. From March 15, 2021, it is necessary to fill out the immigration form on the Ministry of Health website within 72 hours before departure and present it at the time of boarding. Homepage of the Turkish Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Turkey
Afghanistan
4
There are post-arrival restrictions Evacuate country & do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  * Afghanistan has issued evacuation advisories (level 4) as dangerous information throughout the country, so please stop traveling. It is necessary to show a negative certificate of PCR test taken within 72 hours before boarding. Homepage of the Embassy of Afghanistan in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Afghanistan
Iran
4
There are post-arrival restrictions Evacuate country & do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  For all travelers entering Iran, upon entering Iran, (1) carry a negative certificate of PCR test issued by a medical institution approved by the welfare authorities of the country of departure within 96 hours before entering Iran, (2) It is obligatory to take a PCR test at the time of entry, (3) submit a self-report (available from the airline company) regarding the new coronavirus, and (4) perform a screening test such as a thermography test. In addition, foreign travelers who have symptoms of coronavirus infection upon entering Iran will be quarantined at a location designated by the Ministry of Health and Welfare until the PCR test reveals a negative result and the symptoms recover ( If you are an Iranian national, submit a pledge and quarantine yourself.) Travelers from Europe are required to be quarantined for two weeks regardless of the results of PCR tests at the time of entry. Homepage of the Embassy of Iran in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Iran
South Sudan
4
There are entry restrictions Evacuate country & do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  * In South Sudan, travel cancellation advisories (level 3) or evacuation advisories (level 4) have been issued as danger information throughout the country, so please stop traveling. All immigrants are required to obtain a permit issued by the National Task Force in advance. Homepage of the Embassy of Japan in South Sudan
Morocco
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Homepage of the Moroccan Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Morocco
Algeria
4
There are entry restrictions Evacuate country & do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  A. From March 17, 2020, all air and surface mail (excluding freight) will be suspended and all land borders will be closed. All oil-related companies operating in Algeria will be allowed to change personnel with immigration. In addition, the personnel of foreign companies other than those involved in petroleum will be judged individually. B. To apply for entry, it is necessary to submit the following information to the Consular Affairs Bureau of the Ministry of Foreign Affairs and the National Community Bureau of Japan. (A) List of immigrants (B) The company's pledge to comply with epidemic prevention measures against the new coronavirus and to isolate the entering personnel in a clearly defined place (living base, hotel, company, residence, etc.) for 14 days. .. (C) Immigration means, scheduled date and place of entry for immigrants. Embassy of Algeria in Japan Homepage Homepage of the Embassy of Japan in Algeria
Tunisia
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  A. Those who show symptoms of new coronavirus infection or who are positive as a result of the test are not allowed to travel. B. The measures required for all immigrants from all countries to Tunisia, including short-term (5 days or less) travelers, are as follows. Homepage of the Embassy of Japan in Tunisia
Libya
4
There are post-arrival restrictions Evacuate country & do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Homepage of the Embassy of Libya in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Libya
Gambia
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  For immigrants from countries where variants of the new coronavirus have been confirmed (“hotspot countries”, including Japan), in addition to presenting a negative certificate obtained within 72 hours before entry, rapid diagnostics at the airport Carry out an inspection. If the rapid diagnostic test is positive, a further PCR test will be performed to confirm the latest status. Homepage of the Embassy of Japan in The Gambia
Senegal
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Do not allow citizens of countries that restrict entry of Senegalese (Note: including Japan) to land in Senegal. However, (1) foreigners with a Senegalese residence permit, (2) airline staff, (3) transit passengers via Senegal, (4) diplomats, international organization staff, and persons invited by the Senegalese government or international organizations, (5) health・ Medical workers / researchers, ⑥ Military personnel, humanitarian aid workers, civilian protection workers, ⑦ Those who need international protection or have other humanitarian reasons, ⑧ Foreigners studying in Senegal, ⑨ Economy Highly-skilled foreign human resources who are required from a specific point of view and who are engaged in work that cannot be postponed or cannot be postponed, and those who are permitted by the Senegalese government are permitted to land. Homepage of the Embassy of Japan in Senegal
Mauritania
4
- Evacuate country & do not travel / No information available
Mali
4
There are post-arrival restrictions Evacuate country & do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  It is necessary to carry a negative certificate for the PCR test issued within 7 days before entering Mali. Even if you carry a negative certificate, quarantine and inspection will be carried out for those who have symptoms of suspected infection at the time of entry. If you cannot carry a negative certificate, you will be required to collect samples for PCR testing at Bamako Airport, and to take voluntary quarantine and epidemic prevention measures at your own expense until the results are known. If the PCR test is positive, the travel documents will be transported to a medical institution and the travel documents will be temporarily detained and returned after discharge from the medical institution. Homepage of the Embassy of Japan in Mali
Guinea
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  A negative certificate issued at least 72 hours in advance is required. If symptoms of the new coronavirus (fever, cough, dyspnea, sneezing, fatigue, etc.) are confirmed, or if you travel from a country where variants have been confirmed, take a PCR test. Forty-eight hours before the test result is available, you will be quarantined at the designated hotel, and if the test result is positive, you will be quarantined at the Infectious Disease Center. Vaccination with the Ebola virus and the new coronavirus is recommended for humanitarian personnel who deal with Ebola hemorrhagic fever in the forest Guinea region. If you do not receive the new coronavirus vaccine, you will get a negative certificate of PCR test within 72 hours of departure to the forest Guinea region. Ebola virus vaccine can be inoculated in Conakry or Forest Guinea. Homepage of the Embassy of Japan in Guinea
Côte d'Ivoire
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Upon arrival on the international flight, all passengers will be subject to quarantine and follow-up during their stay in Côte d'Ivoire. Travelers arriving at Côte d'Ivoire or all travelers departing from the country are required to carry a new coronavirus test negative certificate issued at the time of departure or within 5 days of arrival. Homepage of the Embassy of Côte d'Ivoire in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Cote d'Ivoire
ブルキナファソ
4
There are post-arrival restrictions Evacuate country & do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Have a negative PCR test result within 5 days of entry, have no symptoms of coronavirus infection, and have contact with a person infected with coronavirus 14 days before travel. Is required to be absent. If you do not have a negative PCR test result, you can take measures such as collecting ID (passport, etc.) by the authorities, collecting samples at the airport, PCR test at your own expense, and isolation in the hotel until the test result is obtained. Be done. Burkina Faso Embassy Homepage in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Burkina Faso
Niger
4
There are post-arrival restrictions Evacuate country & do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Temperature measurement at the airport, presentation of PCR negative certificate (within 72 hours), rapid diagnostic test and nasopharyngeal sampling test for PCR, and declaration of self-isolation location are required. If the test on arrival is negative, a 7-day self-quarantine (during quarantine, with visit by health authorities) will be imposed. In the meantime, the passport will be held by the police and will be returned if the retest on the 7th day is negative. Those who test positive will be treated according to government procedures. At the time of departure, a PCR negative certificate within 72 hours is required. Homepage of the Embassy of Japan in Niger
Togo.
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  At the time of entry, a PCR test will be conducted at Lome Airport, and voluntary quarantine will be required while waiting for notification of the results. You must download the tracking app before you travel. Homepage of the Embassy of Japan in Togo
Benin
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  A PCR test will be conducted for all immigrants from the airport (the fee is 50,000 CFA francs, including a minimum of two PCR test costs at the time of entry and 14 days after entry. Online payment by credit card etc. only). Isolation at home, etc. is obligatory for 48 to 72 hours until the result of the first PCR test is known, during which the passport is requisitioned. A second PCR test will be performed 14 days after entry. Mandatory online contact information registration and corona tax payment when purchasing tickets for all airport immigrants. Homepage of the Embassy of Benin in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Benin
Mauritius
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All travelers are prohibited from entering Mauritius (including via). Homepage of the Embassy of Mauritius in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Mauritius
Liberia
3
- Do not travel / No information available
Sierra Leone
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Homepage of the Embassy of Japan in Sierra Leone
Ghana
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  The main quarantine measures for entry are as follows. Homepage of the Embassy of Ghana in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Ghana
Nigeria
4
There are post-arrival restrictions Evacuate country & do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  The main quarantine measures for entry are as follows. Homepage of the Embassy of Nigeria in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Nigeria
Chad.
4
There are entry restrictions Evacuate country & do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  * Chad has issued a travel suspension advisory (level 3) or evacuation advisory (level 4) as dangerous information throughout the country, so please stop traveling. International flights resumed on August 1, 2020, but basically no entry is permitted for purposes other than official purposes. Homepage of the Embassy of Japan in Chad
Central Africa
4
- Evacuate country & do not travel / No information available
Cameroon
4
There are entry restrictions Evacuate country & do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  From March 18, 2020, all land, sea and air borders will be closed except for cargo flights. Homepage of the Embassy of Japan in Cameroon
Cape Verde
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Upon entry, it is necessary to present a negative certificate (valid only for RT-PCR test) obtained within 72 hours before departure and submit a document stating the health condition and contact information. The form for filling out the form will be distributed during boarding the aircraft or ship. Children under the age of 7 are exempt from presenting a negative certificate. Homepage of the Embassy of Japan in Cape Verde
Sao Tome and Principe.
3
- Do not travel / No information available
Equatorial Guinea
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Do not allow citizens of countries that restrict entry to Equatorial Guinea (Note: including Japan) to land in Equatorial Guinea. However, (1) foreigners residing in Equator Guinea, (2) foreigners with valid alternative visas, (3) foreigners invited for specialized fields or investment purposes and having corresponding visas, and (4) other embassy consular service procedures. Passengers with an immigration visa will be allowed to land. Homepage of the Embassy of Japan in Equatorial Guinea
Gabon
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All travelers are required to show a negative certificate (Note) when entering Gabon. You will also need to take a PCR test at the airport upon arrival (paid: 20,000 CFA francs) and self-quarantine at home until you are notified of the test results. (Note: The requirements for a PCR negative certificate are as follows: (a) Take the PCR test at least 3 days before boarding the departure flight, (b) Take the test at a facility approved by the health authorities of the country of departure, ( C) The format is not specified, but it must be created in English or French.) Embassy of Gabon in Japan Homepage Homepage of the Embassy of Japan in Gabon
Republic of the Congo
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Close the land, sea and river borders (excluding cargo). Homepage of the Embassy of Japan in the Republic of the Congo
Democratic Republic of the Congo
4
There are post-arrival restrictions Evacuate country & do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Homepage of the Embassy of Japan in the Democratic Republic of the Congo
Angola
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Foreign residents and foreigners with labor visas are exceptionally allowed to enter the country. Embassy of Angola in Japan Homepage Homepage of the Embassy of Japan in Angola
Guinea-Bissau
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Upon entry, a negative certificate obtained within 72 hours before entry is required. Homepage of the Embassy of Japan in Guinea-Bissau
Seychelles
2
There are post-arrival restrictions Stop all non-essential travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Entry conditions are required to submit a PCR negative certificate within 72 hours before boarding the departure flight and to apply for Health Travel Authority (https://seychelles.govtas.com/) in advance (South Africa, Brazil, India, There are exceptions such as not being able to enter the country from Pakistan and Bangladesh.) Tourists are also required to stay in permitted accommodations. Homepage of the Embassy of Japan in Seychelles
Sudan
3
- Do not travel / No information available
Rwanda
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Arrivals in Rwanda (including transits, with the exception of those who stay at the airport within 24 hours of transit) must present a negative PCR test (RT-PCR) certificate obtained within 72 hours prior to departure. In addition, it is necessary to take the (second) PCR test upon arrival in Rwanda and wait in the dormitory designated by the Rwandan government while waiting for the test result. If the PCR test is positive, you will be transferred to a specialized medical institution. If negative, you can move from the dormitory. Rwandan Embassy Homepage Homepage of the Embassy of Japan in Rwanda
Ethiopia
4
There are post-arrival restrictions Evacuate country & do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All travelers over the age of 10 to Ethiopia are required to carry a negative certificate (and a copy of it) of the PCR test performed within 120 hours before arrival in Ethiopia upon entry. On top of that, all immigrants are required to be quarantined at home for 7 days. Ethiopian Embassy Homepage in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Ethiopia
Somalia
4
- Evacuate country & do not travel / No information available
Djibouti
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All travelers to Djibouti will be required to have a negative certificate from the PCR test taken 72 hours before boarding the first flight and within 120 hours before arrival in Djibouti upon arrival. Homepage of the Embassy of Djibouti in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Djibouti
Kenya
4
There are post-arrival restrictions Evacuate country & do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All travelers to Kenya are required to carry a negative certificate of PCR test, which was taken within 96 hours before arrival in Kenya and in accordance with the guidelines (Note) specified by the government of Kenya. (Note) Trusted Traveler (TT) electronic verification system and PanaBios system Homepage of the Embassy of Kenya in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Kenya
Tanzania
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  (A) Online questionnaire registration within 24 hours before arrival, (B) Presentation of negative certificate based on real-time RT-PCR test taken within 72 hours before arrival, (C) Body temperature test and health at airport after arrival It is necessary to fill out and submit the card, and (d) in some cases, take a rapid antigen test after arrival (US $ 25 per person). Flights to and from India will be suspended for the time being, and travelers who have stayed in India within the past 14 days will be required to have a rapid antigen test upon arrival and to be quarantined by a government-designated agency for 14 days. Tanzania Ministry of Health Online Survey Form Registration Site: https://afyamsafiri.moh.go.tz/travellers/ Homepage of the Embassy of Tanzania in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Tanzania
Uganda
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  When entering Uganda, it is necessary to carry a negative certificate from the PCR test received within 120 hours before arriving in Uganda. In addition, when leaving Uganda, it is necessary to carry a negative certificate from the PCR test received within 120 hours before departure from Uganda. Homepage of the Embassy of Japan in Uganda, Japan Homepage of the Embassy of Japan in Uganda
Burundi
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Immigrants and departures are required to carry a negative certificate of PCR test taken within 72 hours before boarding the aircraft. Immigrants will be required to take a PCR test at the airport and a week of quarantine at a government-designated hotel, and will take another PCR test on the 6th day of quarantine (all of these costs will be at their own expense). If the PCR test on the 6th day of quarantine gives a positive result, it will be transferred to a government-designated institution. Homepage of the Embassy of Japan in Burundi
Mozambique
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  A negative certificate of PCR test obtained within 72 hours before departure must be presented at the time of entry. Homepage of the Embassy of Mozambique in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Mozambique
Zambia
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All travelers to Zambia are required to show a negative certificate of PCR tests performed within 72 hours before entering the country. Homepage of the Embassy of Japan in Zambia
Madagascar
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Suspend international flights at all domestic airports. Homepage of the Embassy of Madagascar in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Madagascar
Zimbabwe
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  If you have symptoms of suspected infection upon arrival in Zimbabwe, a fee of US $ 60, a test to confirm the new corona infection certified by the Ministry of Health of Zimbabwe (isolated at a Zimbabwean government-designated facility until the test) and (at your place of residence in Zimbabwe) ) Imposing voluntary quarantine. If positive, the patient will be quarantined in a quarantine facility for 14 days. At the time of entry, a PCR negative certificate must be presented within 48 hours before entry. Homepage of the Embassy of Japan in Zimbabwe
Namibia
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Foreign nationals entering Namibia must present a negative certificate of PCR test taken within 7 days before entry (Note: starting from sample collection) at the time of entry. Homepage of the Embassy of Namibia in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Namibia
Malawi
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  (1) Malawi citizens, (2) Malawi residence permit holders, (3) Malawi residents or regular residents, (4) Medical personnel who need to provide medical services in Malawi, (5) Transfers in Malawi or Malawi. Only diplomatic or consular staff who move to another country, or (6) spouses, children, or dependents of (1) to (5) above can enter the country. It should be noted that (1) a person who belongs to a support / implementation organization for the new coronavirus preventive measures, (2) a driver of a vehicle carrying daily necessities or an aircraft or a crew member of a ship, and (3) related to the operation of the vehicle / aircraft / ship in (2) above. Persons, (4) persons related to services essential for transportation in (2) above, and (5) persons who meet the conditions determined by the Malawi government in accordance with the Immigration Control Act will be relaxed. Homepage of the Embassy of Japan in Malawi
Lesotho
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Immigration is (1) for the purpose of providing essential goods and services, (2) business personnel including businessmen and truck drivers with a permit, (3) diplomats, and (4) medical purposes (a permit is required). ), ⑤ Immigrant workers, ⑥ Immigrant pensioners, ⑦ Students including commuting students, ⑧ Commuting teachers, ⑨ Parents, children, brothers and grandparents attending funeral ceremonies, ⑩ Special needs, Ministry of Health Not allowed except for those certified by. Embassy of Resoto in Japan Homepage Homepage of the Embassy of Japan in Lesotho
Botswana
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Upon departure and entry, it is necessary to show a valid negative certificate of the PCR test taken within 72 hours before departure. Homepage of the Embassy of Botswana in JapanHomepage of the Embassy of Japan in Botswana
esuatini
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  After January 9, 2021, immigration is permitted only if it is indispensable and approved by a special permit (Note: a special permit will be issued to the required industries approved by the Ministry of International Trade, Industry and Trade). Homepage of the Embassy of Japan in Eswatini
Comoros
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Only passengers carrying a valid PCR negative certificate received at least 3 days (72 hours) before departure are allowed to board the flight to Comoros. In addition, passengers and crew members are required to wear a mask, measure the temperature (confirm that the body temperature is 38 degrees or less), and fill out a questionnaire when departing or arriving. Upon arrival in Comoros, all passengers with suspected coronavirus infection will be quarantined and treated by health authorities. Homepage of the Embassy of Japan in Comoros
Eritrea
4
There are entry restrictions Evacuate country & do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  From March 26, 2020, all international flights to and from Eritrea will be suspended. Homepage of the Embassy of Eritrea in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Eritrea
Lebanon
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  The following measures will be taken for air passengers arriving in Lebanon who have stayed outside Lebanon for more than 8 days. Those who have stayed outside Lebanon for 7 days or less are exempt from the above a (a) (others are the same as the above a). C. The following persons are exempt from the above a (d) and (e) (others are the same as the above a). Homepage of the Embassy of Japan in Lebanon
Jordan
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All travelers except those under the age of 5 are required to bring a PCR negative certificate (Note), take a PCR test after arriving at the airport, download the contact confirmation application AMAN, etc. (Note: PCR negative certificate) Is in English or Arabic, samples must be collected at least 5 days before departure and the test result confirmation date must be at least 72 hours before arrival). Homepage of the Embassy of Japan in Jordan
Syria
4
There are entry restrictions Evacuate country & do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  * Syria has issued evacuation advisories (level 4) as dangerous information throughout the country, so please stop traveling. Foreign nationals traveling from 25 countries, including Japan, are prohibited from entering Syria regardless of their residence status or issuance visa. Homepage of the Syrian Embassy in Japan Embassy of Japan in Syria Homepage
Iraq
4
There are entry restrictions Evacuate country & do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Entry from multiple countries, including Japan, is prohibited. However, it is possible to enter the Kurdistan region. Embassy of Iraq in Japan Homepage Homepage of the Embassy of Japan in Iraq
Kuwait
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  After February 7, foreigners will be prohibited from entering the country regardless of the purpose of travel or whether or not they have a residence permit. Homepage of the Embassy of Kuwait in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Kuwait
Saudi Arabia
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  With or without a visa, the entry of persons with a history of stay in the following 20 countries in the past 14 days will be suspended, excluding medical personnel and their families. Medical personnel and their families will be able to enter the country by following the precautionary measures established by the Ministry of Health. Japan, India, Indonesia, Pakistan, United States, Argentina, Brazil, Ireland, Italy, United Kingdom, Sweden, Switzerland, Germany, France, Portugal, Egypt, Turkey, United Arab Emirates (UAE), Lebanon, South Africa Homepage of the Saudi Arabian Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Saudi Arabia
Yemen
4
There are post-arrival restrictions Evacuate country & do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  * For Yemen, evacuation advisories (level 4) have been issued as dangerous information throughout the country, so please stop traveling. It is necessary to (1) present a negative certificate of PCR test conducted and issued within 72 hours before arrival, (2) voluntarily quarantine for 7 days after entering Japan, and (3) submit a self-report on health condition. Embassy of Yemen in Japan Homepage Homepage of the Embassy of Japan in Yemen
Oman
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  No entry except for Omani citizens and residents. Homepage of the Embassy of Japan in Oman
Palestine
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Entry into the Palestinian Authority from the Allenby Bridge is currently only possible for humanitarian reasons. The number of people entering the area is limited to 1,000 per day, and the number of departures to Jordan is limited to 500 per day. Palestine Resident General Representative in Japan Latest safety information from the local embassy (Embassy of Japan in Israel website)
United Arab Emirates
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  For those entering Abu Dhabi Emirate, present a negative certificate of PCR test taken within 96 hours before departure, PCR test at the time of entry, 10 days of voluntary isolation, wearing a follow-up wristband during the voluntary isolation period, Mandatory re-examination of PCR test on the 8th day after entry. Travelers from "green countries" including Japan are exempt from voluntary quarantine (* Refer to the URL below for "green countries". Https://visitabudhabi.ae/en/plan-your-trip/covid-safe -travel / permitted-countries). Immigrants to the Emirate of Dubai are required to show a negative certificate of PCR tests taken within 72 hours prior to departure. In addition, travelers from specific countries (excluding Japan) are required to undergo a PCR test upon arrival, regardless of nationality or purpose of travel. In principle, pre-PCR inspection of transit passengers via Dubai is not required unless requested by the destination country, but it is required for travelers from specific countries (excluding Japan) (* specific countries). See the URL below: https://www.emirates.com/ae/english/help/covid-19/dubai-travel-requirements/tourists/). Immigrants to other emirates are required to present a negative certificate of PCR test taken within 96 hours before departure, PCR test at the time of entry, and voluntary quarantine until a negative result of PCR test is obtained. Homepage of the Embassy of Japan in the United Arab Emirates
Israel
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  From March 18, 2020, all foreigners will be prohibited from entering the country in principle. * For details on the exceptions to immigration restrictions, see the website below. For other precautions, refer to the entry conditions and behavior restrictions: https://www.gov.il/en/departments/news/border_closing_coronavirus_14062020?fbclid=IwAR3VrOKk59zFRVI2LNnr1H7M_e8B6MjrGHXCV3cvlnOeHBvM Homepage of the Embassy of Israel in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Israel
Bahrain
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  For immigrants, take the PCR test upon arrival and voluntarily quarantine until the test result is known (Children under 6 years old and cabin crew are exempt from taking the PCR test and voluntary quarantine) and behavior tracking app (" Mandatory installation of "BeAware Bahrain" etc.) (In the case of entry from Saudi Arabia by Causeway, take the PCR test within 72 hours before arrival instead of the PCR test at the time of arrival, and prove negative through the above behavior tracking application etc. It is necessary to present, but self-isolation is exempted.) Those who stay in Bahrain for 5 days or more must be re-examined on the 5th day after arrival, and those who stay for 10 days or more on the 10th day in addition to the 5th day after arrival. Homepage of the Embassy of Bahrain in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Bahrain
Qatar
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Qatar residence permit holders can apply for a return permit from the Qatar government website " Qatar Portal ", and if permitted, they will be able to enter Qatar. Those who do not have a Qatar residence permit can apply for a special entry permit from the "Qatar Portal ", and if permitted, they will be able to enter Qatar on condition that they make a reservation for a quarantine hotel for a week. .. However, immigrants who have been vaccinated with the Qatar government's approval are exempt from quarantine at the time of entry, provided that certain conditions are met. Qatar Embassy Homepage Homepage of the Embassy of Japan in Qatar
Western Sahara
4
- Evacuate country & do not travel / No information available
Country Travel advisories Travel from Japan Note
Malaysia
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  From March 18, 2020, foreign travelers will be prohibited from entering the country in principle (Note: departure is possible). As an exception, (1) From May 17, 2020, re-entry of MM2H (Malaysia My Second Home) visa holders will be permitted. In addition, (2) from June 10, 2020, corporate employees, skilled workers, knowledge workers and their dependents and employees who are in major or technical posts will be allowed to enter the country (all are for local expatriates, nationality is). It doesn't matter.). (3) From June 24, 2020, international students (higher education institutions, international schools) and travelers for medical tourism will be allowed to enter the country. ④ Allow entry for Malaysian spouse and their families who are foreigners who do not have a long-term stay visa. ⑤ Permanent residents are allowed to enter the country. From September 7, 2020, regardless of the exceptions (1) to (5) above, (a) countries where the cumulative number of infected people exceeds 150,000 (* Refers to countries with more than 150,000 as of September 7, 2020) , The United States, India, Brazil, etc. 23 countries. Japan is not included.) And (a) Non-Malaysian nationals residing in the country are refused entry in principle. From September 21, 2020, persons who fall under (2) above will be permitted to enter the country even if they are nationals of the 23 target countries or non-Malaysian nationals residing in those countries. Homepage of the Malaysian Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Malaysia
Indonesia
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  From January 1, 2021 for the time being, all foreigners are prohibited from entering the country except for holders of temporary residence permit (KITAS) and settlement permit (KITAP), valid visit visa and temporary stay visa holders, etc. To do. Homepage of the Indonesian Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Indonesia
Philippines
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  From March 22, 2020, the issuance of new visas will be suspended at all diplomatic missions abroad for the time being. In addition, the visa exemption system will be suspended. However, entry of persons with valid and existing visas is permitted. If your valid visa is a special residence retiree visa (SRRV) or a short-term traveler visa (9 (A)), present the "Exemption Documents from Immigration Ban" (*) issued by the Philippine Ministry of Foreign Affairs. Permission to enter the country on the condition that the visa is issued (* Documents issued by the Philippine Ministry of Foreign Affairs based on the recommendation from the government agency related to the issuance of the visa. Please check with the Philippine Embassy in Tokyo for details). Homepage of the Philippine Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in the Philippines
Singapore
2
There are entry restrictions Stop all non-essential travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All foreigners (excluding permanent residents) who have stayed in Bangladesh, India, Nepal, Pakistan and Sri Lanka within the last 21 days (within the last 14 days until May 7, 2021) must enter and transit. Ban. Transit is possible only from some cities in more than 30 countries by airlines licensed by the Civil Aviation Authority (* See each company's website for details). Homepage of the Embassy of Singapore in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Singapore
Thailand
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  We will start accepting all types of visa applications regardless of nationality. However, entry with an on-arrival visa is not possible. In addition, all travelers to Thailand are required to take various epidemic prevention measures (* For details, refer to the items of conditions and behavior restriction measures for entry). Homepage of Thai Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Thailand
Republic of Korea / South Korea
2
There are post-arrival restrictions Stop all non-essential travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  While suspending the effects of short-term visas issued by Korean diplomatic missions abroad around the world, visa exemption and non-visa entry are restricted for countries and regions that have taken immigration restrictions on South Korea from the perspective of reciprocity. doing. Regarding Japan, from the perspective of reciprocity, visa exemption measures against Japan and the visa already issued have been suspended since March 9, 2020. This measure does not apply if alien registration (including permanent residence) or residence declaration is valid in Korea. All immigrants are required to prepare a health condition questionnaire and special quarantine report, check for fever at the immigration quarantine, submit the address and contact information (mobile phone) in Korea, and install a self-diagnosis app. .. All immigrants are required to take a PCR test within 1 day of entry and to be quarantined at home or institution for 14 days in principle. From October 8, 2020, we will start a business track with Japan. Foreign nationals (including Japanese nationals, regardless of nationality) who are issued a "quarantine exemption for important business purposes" at the Korean embassy or consulate in Japan, and Japanese nationals who are issued a diplomatic / public service certificate. Is exempt from 14 days of quarantine. From January 14, 2021 until a separate announcement, the issuance of quarantine exemptions (Note: measures that correspond to business trucks) will be suspended (however, quarantine exemptions will be granted to holders of quarantine exemptions that have already been issued). Entry without quarantine exemption (Note: Measures equivalent to residence truck) will continue to be permitted. Based on the revised Infectious Disease Prevention Law, from November 13, 2020, a fine of 100,000 won (about 9,200 yen) will be imposed on violators of the mask wearing order to prevent new coronavirus infection. As a countermeasure against corona mutants, additional PCR tests will be performed before quarantine release. In addition, all foreign immigrants are required to submit a PCR negative confirmation issued within 72 hours before departure (from January 8, 2021 at the airport and from January 15, 2021 at the port). Homepage of the Korean Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Korea
Vietnam
2
There are entry restrictions Stop all non-essential travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  From March 22, 2020, foreigners from all countries / regions will be suspended from entering the country (however, foreign passports, official passport holders, and other special cases ((1) Foreigners who participate in or engage in important diplomatic activities) , ② Specialists, corporate managers, highly skilled workers, etc.) will be issued visas if necessary. Each representative agency in Vietnam promises to carry out medical observations for those persons. It takes the form. In addition, for professionals, business managers and highly skilled workers, it is necessary to present an authoritative negative certificate of the country of residence and obtain the approval of the Vietnamese government for the certificate). Hanoi Airport and Ho Chi Minh Airport will stop accepting international passenger flights. Homepage of the Vietnamese Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Vietnam
People's Republic of China / China
2
There are entry restrictions Stop all non-essential travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  From March 31, 2020, all visa exemption measures will be temporarily suspended for stays of 15 days or less. From March 28, 2020, foreigners will be temporarily suspended from entering the country with a valid visit to China visa and residence permit issued up to that point. It is possible to enter the country with a newly obtained visa. From June 17, 2020 at the Chinese Visa Application Service Center in Tokyo and Nagoya, and from June 18, 2020 at the Chinese Visa Application Service Center in Osaka, only for reasons such as economic trade, science and technology, humanitarianism, etc. Visa issuance has been resumed conditionally, such as obtaining a room invitation in advance. From September 25, 2020, a new Coronavirus PCR test negative certificate within 3 days (based on the issue date) before boarding the aircraft is required for travel from Japan to China. From September 28, 2020, foreigners who have a residence permit for working and living with their families will be allowed to enter the country without a visa. From November 2, 2020, those who are engaged in economic, trade, science and technology related businesses who have already obtained an invitation visa, those who are planning to work who have already obtained a "foreigner work permit notice" and an invitation visa, and serious direct relatives The scope of visa application is limited to nursing care, funeral participants of direct relatives, and crew visas. Business trucks and residence trucks have been in operation since November 30, 2020. Please refer to https://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/c_m1/page24_001212.html for detailed conditions. From March 1, 2021, (a) those who were once infected with the new coronavirus and consistently positive for PCR and antibody tests, (b) those who were vaccinated and positive for antibody tests, (c) in Japan Coordination measures have begun regarding pre-departure inspection of crew members on international routes to China on board. (A) accurately informs the embassy / consulate of the medical history and test status, and then (1) obtains a CT scan or X-ray diagnostic certificate of the chest and two PCR negative certificates, and (2) self-isolation and health for 14 days. Conduct monitoring, sign the "Self-isolation management consent form", and (3) Obtain a negative certificate of PCR test and IgM antibody test at a medical institution designated by the Chinese side within 2 days before boarding the aircraft. (A) uploads the vaccination certificate along with the test results when applying for the health code. (C) If you have a negative certificate of PCR test and serum IgM antibody test obtained at a medical institution designated by the Chinese side within 2 days before boarding, you do not need to apply for a health code, but "If not necessary, disembark.・ Adhere to the principle of "do not board". Homepage of the Chinese Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in China
India
4
There are entry restrictions Evacuate country & do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Until May 31, 2021, international private passenger flights will be suspended from landing in India (except for flights approved by the authorities). Allow all foreigners to enter the country except for tourism purposes. Homepage of the Embassy of India in Japan Homepage of the Embassy of Japan in India
Pakistan
4
There are post-arrival restrictions Evacuate country & do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All passengers entering the country are obliged to (a) take the RT-PCR test 72 hours before departure and (b) carry out the antigen test when they arrive at the airport. If the result of the antigen test is negative, 10 days of voluntary quarantine will be carried out, and if it is positive, the state government will transfer it to a self-paying facility and carry out quarantine for 10 days, and on the 8th day, another RT-PCR test will be taken. Become. All passengers are required to register the required information and present it at the time of boarding through the PassTrack application installation or the dedicated HP. In addition, upon arrival, it is necessary to submit a health report and undergo a temperature screening. Homepage of the Embassy of Pakistan in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Pakistan
Sri Lanka
2
There are entry restrictions Stop all non-essential travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  From January 21, 2021, we will resume accepting commercial flights to Bandara Naike International Airport and Mattara Rajapaxa International Airport. Acceptance of commercial flights arriving at other international airports in Sri Lanka will continue to be suspended (however, departure flights (including stopovers and connections (with a connecting time of 12 hours or less)), cargo flights, humanitarian flights, etc. Allows.). From January 16, 2021, the issuance of electronic visas (ETAs) will be resumed for tourist immigrants. For visas other than tourist visas, the issuance will continue to be temporarily suspended, and the validity of all visas including ETAs, entry visas, landing permits, multiple visas and stay visas issued to foreigners who have not yet entered the country will be temporarily suspended. Stop at. For non-tourist immigrants, it is exceptionally possible to enter the country if a special permit is obtained from the Sri Lankan Ministry of Foreign Affairs or the Sri Lankan diplomatic missions located in each country in advance. Sri Lankan Embassy Homepage Homepage of the Embassy of Japan in Sri Lanka
Myanmar
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  From March 31, 2020, landing of commercial passenger flights will be prohibited. From March 19, 2020, foreigners will be banned from entering and leaving the country by land. From the beginning of June 2020, the issuance of proofs to foreign government officials and business officials will be resumed under certain conditions only if the purpose is to fulfill duties related to government business, construction business, economic activities, etc. However, entry is permitted (however, as mentioned above, landing of commercial passenger airmail is currently prohibited, and Japanese entry into Myanmar is accompanied by a special flight for Myanmar people to return to their own country. Only possible.). Homepage of the Embassy of Myanmar in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Myanmar
East Timor
2
There are entry restrictions Stop all non-essential travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  From April 13, 2020, the land border will be temporarily closed. From April 4, 2020, all international commercial and charter flights will be suspended (excluding urgent and essential flights). Homepage of the Embassy of Japan in Timor-Leste
Brunei Darussalam
2
There are entry restrictions Stop all non-essential travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  From March 24, 2020, foreign travelers (excluding permanent residents) will be prohibited from entering and transiting. From September 15, 2020, for important business people (including public affairs), study abroad, stays for medical purposes, visits to immediate relatives, etc., the relevant organizations will individually determine whether or not to issue a travel pass based on the application. Brunei Embassy Homepage in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Brunei
North Korea
2
- Stop all non-essential travel / No information available
Hong Kong
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All non-Hong Kong residents arriving at Hong Kong International Airport by air from overseas, non-Hong Kong residents entering from mainland China, Macau, and Taiwan, and those who have stayed abroad other than those listed on the left within the past 14 days are prohibited from entering the border. To do. All persons who have stayed in the United Kingdom, South Africa, Brazil or Ireland for more than 2 hours on the day of boarding or within 21 days before boarding are not allowed to board an aircraft bound for Hong Kong. Similar regulations will be imposed on India, Pakistan and the Philippines from April 20th to May 3rd. Hong Kong International Airport will gradually resume transit without entry to Hong Kong from June 2020. Specifically, the through check-in procedure will be completed at the departure point, and transit will be permitted for passengers boarding flights with a connecting time of 24 hours or less. Homepage of the Consulate-General of Japan in Hong Kong
Macau
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  From March 18, 2020, all non-Macau residents will be banned from entering the border (excluding mainland China, Hong Kong, Taiwan residents and foreign workers). From March 19, 2020, all foreign workers other than those residing in mainland China, Hong Kong, and Taiwan will be banned from entering the border. From December 23, 2020, entry of residents of mainland China, Hong Kong, and Taiwan who have traveled to foreign countries or regions within the past 21 days will be prohibited. However, you can apply for an immigration restriction exemption only in exceptional circumstances necessary for the public interest of Macau (disease prevention and treatment, emergency rescue) and the normal operation of Macau and the maintenance of the basic livelihood of residents. Foreigners (mainland China, Hong Kong (limited to permanent resident ID holders in Hong Kong), non-Macau residents who are not residents of Taiwan) have stayed in mainland China for the past 21 days, and (1) spouse or child of a Macau resident, (2) residence Those who have obtained a permit, ③ Students enrolled in Macau Higher Education Institution, ④ Those who participate in activities in important business, academic and specialized fields in Macau, ⑤ Those who have obtained a residence permit or work purpose of foreign workers Those who have obtained the entry permit and the accompanying family members who have already obtained or meet the conditions for obtaining the residence permit can apply for the entry restriction exemption. In addition, foreigners (mainland China, Hong Kong (limited to permanent resident ID holders in Hong Kong), non-Macau residents who are not residents of Taiwan) who enter the border from outside mainland China, and the public interest of Macau (disease prevention, emergency assistance) You can apply for an exemption from entry restrictions only in exceptional circumstances necessary for the normal operation of Macau and the maintenance of the basic lives of residents. Stop transit at Macau International Airport Consulate-General of Japan in Hong Kong Homepage
Cambodia
2
There are entry restrictions Stop all non-essential travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  From March 31, 2020, visa exemption and issuance of tourist visas, e-visa and arrival visas will be suspended for the time being for all foreign travelers. If you wish to enter the country, you must obtain a visa in advance at the Cambodian embassy or consulate general overseas. From April 29, 2021, Indians and foreigners (including via) who have traveled to India within 3 weeks before entering the country will be prohibited from entering the country. Homepage of the Embassy of Cambodia in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Cambodia
Laos
2
There are entry restrictions Stop all non-essential travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  It prohibits travelers departing from and passing through the newly infected countries (including Japan) in the new Corona. Embassy of Laos in Japan Homepage Homepage of the Embassy of Japan in Laos
Bangladesh
3
- Do not travel / No information available
Taiwan
2
There are entry restrictions Stop all non-essential travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  From March 19, 2020, foreigners are prohibited from entering the border for sightseeing purposes (including visiting friends, etc.). From June 29, 2020, entry for business, family visits, training, attendance at international conferences and exhibitions, international exchange projects, volunteering, missionary activities, working holidays, youth exchanges or job hunting will be available in Taiwan. If you submit the necessary documents to the overseas office and obtain a special entry permit after examination, you will be able to enter the border. As for the entry of international students, since August 24, 2020, the entry of bachelor's degrees in all countries / regions (including those who are scholarship students of the Ministry of Foreign Affairs and who take the Chinese course first) has been opened. Aircraft transit has been banned for the time being from March 24, 2020, but transit at Taoyuan Airport has been conditionally resumed from June 25, 2020. Specifically, when using flights operated by specific airlines (currently China Airlines, EVA Air, Cathay Pacific) and staying at the airport within 8 hours, except for some connecting flights. As long as you are allowed to transfer. For the time being from December 1, 2020, all passengers entering Taiwan or transiting in Taiwan will be inspected within 3 business days before boarding without exception, regardless of their status (nationality / region) and purpose of visiting Taiwan. If you do not obtain a negative PCR test certificate, you will not be able to board the flight to Taiwan. From January 1, 2021, for the time being, foreigners are prohibited from entering the border in principle (re-entry of foreigners with a residence certificate, visits to Taiwan through business contracts or diplomatic public affairs, visits to Taiwan with humanitarian considerations, etc. Taiwanese spouse, minor child and other special permission), transit was suspended for a while, but it will be canceled from March 1, 2021. From March 1, 2021, travelers from all countries can apply for and obtain a "special entry permit" from Taiwan's overseas office for purposes other than sightseeing and general visits. If you can travel. Taiwan Economic and Cultural Representative Office Taipei Office, Japan-Taiwan Exchange Association
Maldives
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Travelers and short-term residents entering the Maldives are required to submit a negative certificate of PCR test obtained 96 hours before departure on the designated online site within 24 hours before departure from the Maldives. All immigrants, except travelers, are required to be quarantined for 10 days. However, those who have been vaccinated for more than 2 weeks after the second vaccination are exempt from submitting a negative certificate of PCR test and voluntary quarantine for 10 days. No quarantine measures will be taken after entry for travelers. Travelers who have symptoms at the airport at the time of entry will be required to undergo a PCR test at their own expense, and the health authorities may also carry out a PCR test for travelers at random (the cost will be borne by the authorities). .). If the PCR test results are positive, the resort facility or government-designated facility will be quarantined. If a foreigner with a work permit and his / her family visit / stay in Male City or a manned island after entering the Maldives, a 10-day voluntary quarantine measure is required at home or accommodation, and a PCR test is performed after the 10-day quarantine measure. You will have a medical examination. However, affected individuals and close contacts require 14 days of quarantine. Maldives Embassy in Japan Homepage Homepage of the Embassy of Japan in Maldives
Bhutan
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  As a general rule, travelers are prohibited from entering the country. However, the issuance of immigration visas for highly skilled foreign workers will be resumed on condition that they will be quarantined for 21 days after entering Japan. Homepage of the Embassy of Japan in Bhutan
Mongolia
2
There are entry restrictions Stop all non-essential travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All flights to and from Mongolia will be suspended, and foreigners will be prohibited from entering the country until April 30, 2021. Homepage of the Mongolian Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Mongolia
Nepal
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  International flights will be suspended from May 7th to 14th, 2021. Entry by land is suspended for all foreigners except those who have obtained prior approval from the Nepalese government. Homepage of the Embassy of Nepal in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Nepal
Country Travel advisories Travel from Japan Note
Australia / Australia
2
There are entry restrictions Stop all non-essential travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All but Australians, Permanent Residents of Australia and their immediate family members, New Zealanders residing in Australia and travelers from New Zealand are prohibited from entering the country (with exceptions based on individual circumstances) (Transit time within 72 hours) In this case, you do not need to apply for an immigration exemption. If you have more than 8 hours (if you need to leave the airport), you must stay in a New Zealand-designated isolation facility (hotel) while waiting for your connecting flight. At that time, a 14-day self-isolation exemption application (to board a connecting flight during the period) is required.) Homepage of the Australian Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Australia
New Zealand
2
There are entry restrictions Stop all non-essential travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  In principle, foreign nationals, except for their own citizens, New Zealand permanent residents, New Zealand residents with valid travel conditions (except when they first travel to New Zealand with a residence visa outside New Zealand), and their families. No entry. In addition, entry by ship will continue to be prohibited. Only Auckland International Airport can be connected if conditions such as connecting within 24 hours without leaving the airport are met. Homepage of the Embassy of New Zealand in Japan Homepage of the Embassy of Japan in New Zealand
Nauru
2
There are post-arrival restrictions Stop all non-essential travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Anyone who intends to travel to Nauru must stay in one or more of the countries / regions listed below for a minimum of 14 days immediately prior to entering Nauru. (Australia (excluding Victoria), Cook Islands, Fiji, French Polynesia, Kiribas, Marshall Islands, Federated States of Micronesia, New Caledonia, New Zealand, Niue, Palau, Papua New Guinea, Samoa, Solomon Islands, Taiwan, Tonga, Tubal, Vanuatu.) In addition, all immigrants are required to undergo a minimum of five days of quarantine at a government-designated quarantine facility and undergo a PCR test before cancellation. Homepage of the Embassy of Japan in Nauru
Papua New Guinea
2
There are entry restrictions Stop all non-essential travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  No one can enter the country except from Jacksons Airport, Motuke Port, Rabaul Port, Ray Port, Madang Port and Kimbe Port. In order to board a flight to Papua New Guinea, you must obtain a written entry permit to Papua New Guinea by the Commissioner of the Police. Homepage of the Embassy of Papua New Guinea in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Papua New Guinea
Tonga
2
There are entry restrictions Stop all non-essential travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Only Tongan passport holders, valid residence visa holders, valid employment visa holders, and international travelers approved by the Ministry of Health and Foreign Affairs of Tonga are allowed to board the return flight and enter Tonga. Be done. Homepage of the Embassy of Japan in Tonga
Solomon Islands
2
There are entry restrictions Stop all non-essential travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  From March 22, 2020, all foreign travelers will not be allowed to enter the country. Homepage of the Embassy of Japan in Solomon
Vanuatu
2
There are entry restrictions Stop all non-essential travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  From March 20, 2020, all borders will be closed. Homepage of the Embassy of Japan in Vanuatu
Fiji
2
There are entry restrictions Stop all non-essential travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Suspend international flights. Exceptions are Fijians traveling for medical purposes and those approved by the Under Secretary of Health and Medical Services. Homepage of the Embassy of Fiji in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Fiji
Palau
2
There are post-arrival restrictions Stop all non-essential travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Everyone entering Palau must implement a 14-day voluntary quarantine measure at their place of departure prior to departure to Palau. In addition, the first time when the voluntary quarantine measures are started at the place of departure, the second time must show a negative certificate of a total of two PCR tests that were examined within 72 hours before departure. After entering the country, they will be subject to 14-day compulsory quarantine measures at a facility designated by the Palauan government and must be tested for the new coronavirus. In addition, self-quarantine measures must be implemented for 7 days after the isolation measures are completed. Homepage of the Embassy of Japan in Palau
Cook Islands
-
There are entry restrictions 通常 / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Cook Islands citizens, permanent residents of the Cook Islands, work permit holders, and residence permit holders must stay in New Zealand for 14 days before entering the country, and the results of the new coronavirus test (within 72 hours before travel). You can enter the country if you have a medical clearance from the Cook Islands Ministry of Health that proves that you are negative. Announcement from the Cook Islands Ministry of Health
Niuei.
-
There are entry restrictions 通常 / May 7, 2021, 10:59 a.m.  The number of passengers on flights to Niue will be limited to 26 (until the end of August). Only Niue residents in New Zealand, Niue residents, essential workers including Niue spouses and children, diplomats, technical professionals, etc. and those with an urgent reason to travel are allowed to enter the country. If you enter Niue from a country other than New Zealand, you will need a Cabinet permit. Homepage of the Embassy of Japan in Niue
Independent State of Samoa
2
There are entry restrictions Stop all non-essential travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Travelers departing from or via the United Kingdom and South Africa are prohibited from entering the country. The entry of travelers departing from or passing through 15 countries including Japan is prohibited in principle and assessed individually. Homepage of the Embassy of Japan in Samoa
Kiribati
2
There are entry restrictions Stop all non-essential travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  The border will be closed from April 15, 2020 (excluding emergency and essential flights and cargo ships). Homepage of the Embassy of Japan in Kiribati
New Caledonia (French territory)
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  From March 19, 2020, all non-residents will be denied entry. New Caledonia Ministry of Health Consulate General of Japan Homepage
Tuvalu
2
There are entry restrictions Stop all non-essential travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  From March 23, 2020, the border will be closed for airplanes and ships. Homepage of the Embassy of Japan in Tuvalu
Micronesia
2
There are entry restrictions Stop all non-essential travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  From April 17, 2020, travelers from countries / regions where cases of the new coronavirus have been confirmed will be banned from entering the country, with some exceptions, as long as the global epidemic of the new coronavirus continues. (However, be aware that some states have stricter regulations). Homepage of the Embassy of Micronesia in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Micronesia
the Marshall Islands
2
There are entry restrictions Stop all non-essential travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Prohibit entry by air from all countries. Homepage of the Embassy of Japan in Marshall
United States of America / United States of America (Northern Mariana Islands)
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  To enter the United States (by air), a new coronavirus negative certificate obtained within 3 days before the departure of the flight to the United States is required (from January 26, 2021). In addition, the US Centers for Disease Control and Prevention (CDC) has taken the following measures in addition to daily measures such as securing distance from others, frequent hand washing, wearing masks, and self-observation, as measures to control the spread of infection due to travel. Recommended to do. If you engage in "high risk activities" while traveling abroad, in addition to daily measures, do the following after the trip. (Note) In addition to the following states, various action restriction measures may be taken to control the spread of infection at the state / local government (county, city, etc.) level, so the state / region of the destination Attention should be paid to government measures. (Northern Mariana Islands) Regarding travel to the Northern Mariana Islands, 14 days after travel will be voluntary by presenting a negative certificate by PCR test that was examined within 3 to 6 days before entering the island and by being negative at the time of arrival and 5 days after arrival. Exempt from quarantine. (Guam) As a general rule, all persons entering the country will be subject to 14 days of forced quarantine at a Guam government-designated facility. However, if the test is voluntarily taken on the 6th day of quarantine and the result is negative, the quarantine can be quarantined at home or at a hotel reserved by the person for the rest of the period up to the 14th day. Also, for travelers by direct flight (whether by plane or ship) from a country that has not been infected with the new coronavirus (see https://covid19.who.int/), this does not apply. Absent. Violators will be fined up to US $ 1,000 and / or imprisoned for up to one year. (Hawaii) All out-of-state travelers (including Hawaii residents) are required to self-quarantine for 10 days, and offenders are either penalized for up to US $ 5,000 or imprisoned for up to one year. Impose both. However, for travelers from the mainland US and Japan, if you take a PCR test at a medical institution designated by the state of Hawaii within 72 hours before departure and present a negative certificate when you arrive in Hawaii, after arrival Exempt from self-quarantine for 10 days. Homepage of the US Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in the United States Consulate-General of Japan in Hagagna
United States of America / USA (Guam)
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  To enter the United States (by air), a new coronavirus negative certificate obtained within 3 days before the departure of the flight to the United States is required (from January 26, 2021). In addition, the US Centers for Disease Control and Prevention (CDC) has taken the following measures in addition to daily measures such as securing distance from others, frequent hand washing, wearing masks, and self-observation, as measures to control the spread of infection due to travel. Recommended to do. If you engage in "high risk activities" while traveling abroad, in addition to daily measures, do the following after the trip. (Note) In addition to the following states, various action restriction measures may be taken to control the spread of infection at the state / local government (county, city, etc.) level, so the state / region of the destination Attention should be paid to government measures. (Northern Mariana Islands) Regarding travel to the Northern Mariana Islands, 14 days after travel will be voluntary by presenting a negative certificate by PCR test that was examined within 3 to 6 days before entering the island and by being negative at the time of arrival and 5 days after arrival. Exempt from quarantine. (Guam) As a general rule, all persons entering the country will be subject to 14 days of forced quarantine at a Guam government-designated facility. However, if the test is voluntarily taken on the 6th day of quarantine and the result is negative, the quarantine can be quarantined at home or at a hotel reserved by the person for the rest of the period up to the 14th day. Also, for travelers by direct flight (whether by plane or ship) from a country that has not been infected with the new coronavirus (see https://covid19.who.int/), this does not apply. Absent. Violators will be fined up to US $ 1,000 and / or imprisoned for up to one year. (Hawaii) All out-of-state travelers (including Hawaii residents) are required to self-quarantine for 10 days, and offenders are either penalized for up to US $ 5,000 or imprisoned for up to one year. Impose both. However, for travelers from the mainland US and Japan, if you take a PCR test at a medical institution designated by the state of Hawaii within 72 hours before departure and present a negative certificate when you arrive in Hawaii, after arrival Exempt from self-quarantine for 10 days. Homepage of the US Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in the United States Consulate-General of Japan in Hagagna
Samoa (U.S. territory)
2
There are entry restrictions Stop all non-essential travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Travelers departing from or via the United Kingdom and South Africa are prohibited from entering the country. The entry of travelers departing from or passing through 15 countries including Japan is prohibited in principle and assessed individually. Homepage of the Embassy of Japan in Samoa
Tahiti (French Polynesia)
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  French Polynesia Ministry of Health Press Release
Country Travel advisories Travel from Japan Note
Peru
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All travelers A. Presenting a negative certificate of PCR test (RT-PCR) or antigen test performed within 72 hours before the departure of a direct flight to Peru at the boarding gate at the departure point. Fill out and submit an online pledge within 72 hours prior to the departure of a direct flight to Peru through the website of the Immigration Bureau of Peru (https://e-notificacion.migraciones.gob.pe/dj-salud/) Need to do. C. Compulsory quarantine for 14 days from the date of entry will be imposed at home or in the dormitory designated by the health authorities. D. After arrival, if an antigen test is performed at your own expense and a negative result is found, quarantine can be terminated before 14 days after arrival. (* There are some exceptions for c and d.) Embassy of Peru in Japan Homepage Homepage of the Embassy of Japan in Peru
Mexico
3
- Do not travel / No information available
Cuba
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.   キューバに入国する全ての渡航者は、出発国で認められた医療機関において出発前72時間以内に実施されたRT-PCR検査の結果証明書の提出が必要となる。 また、キューバに入国する全ての渡航者に対し、空港到着時のPCR検査と施設における隔離を実施する。外国人については、地域ごとに定められたホテルに隔離され、滞在費用と移動費用は自己負担とする(※隔離期間や具体的な滞在費用などの詳細については未発表)。 2020年12月1日から、PCR 検査を含む衛生措置費用として、30米ドル相当が徴収されている。ギリシャ到着前に電子登録フォーム(Passenger Locator Form(PLF))をサイト(https://travel.gov.gr)上で登録した上で、登録後に当局から送信される自動応答のメッセージ及びQRコードを入国時に提示する必要がある。また、2012年以降に生まれた者を除き、到着前72時間以内に行われた事前PCR検査(陰性)結果の証明書(注)を同様に提示する必要がある。入国時に、抽出的にサンプリング検査が実施され、検査対象となった場合、検査結果が出るまでの間、隔離を求められる。  更に、2020年12月18日から2021年1月21日までの間、ギリシャに入国する全ての者に対して、7日間の自宅等における隔離が義務付けられる。 (注)鼻腔又は口腔内粘膜の採取検査であること、英語表記で氏名及び旅券番号等の身分証明書番号が記載されていることが必要。検査機関の要件は以下のとおり。 ・各国のナショナル・レファレンス検査機関(National Reference Laboratories) ・各国の公立公衆衛生検査機関(National Public Health Laboratories) ・各国の保健衛生当局が認証した民間検査機関 (必ずも新型コロナ専用である必要はない) キルギスに渡航する外国人及び無国籍者は、キルギスへ向けて出発する飛行機に搭乗する前72時間以内に検査を受けたPCR検査陰性証明書(以下「陰性証明書」)を提示することで航空機に搭乗可能となる。また、キルギス到着後、衛生検疫所の職員により、改めて陰性証明書の確認及び体温測定が実施される。フライト時間の遅延、トランジットなどで陰性証明書の有効期間が切れてしまった場合、現地の保健所(病院)等において改めてPCR検査、質問用紙の記入及び体温測定が要求される。 キルギスに陸路で入国する場合、入国前72時間以内に検査を受けた陰性証明書の提示と体温測定が必要となる。 空路、陸路ともに陰性証明書の提示なしでは入国は認められない。陰性証明書の有効起算日時は発行日時ではなく検査実施日時。証明書の記載言語は英語又はロシア語であることが必要。 上記措置は、大使館及び領事館の職員及びその家族、国際機関の代表部の職員及びその家族、キルギス外務省及び国家機関の招待で訪問する代表団員、国際貨物と定期的な国際旅客輸送を行う運転手並びに親同伴の未就学児に対しては適用されない。10歳以上の全渡航者は、入国前96時間以内に行われたPCR検査又は抗原検査の陰性の結果を携行する必要がある。また、2歳以上は、マスク着用が義務となる(呼吸器疾患や重度の認知症によってマスク着用に耐えられない場合は免除。)。なお、全ての乗客は降機前に「健康に関する質問票」へ公衆衛生に関する情報を記入し、陰性証明書と共に提出する必要がある。渡航者は、クック諸島に到着後、保健省の監督下で14日間の隔離措置を受ける必要がある。 全ての渡航者は、渡航許可証明書と渡航72時間前に実施されたPCR検査陰性証明書を携行しなければならない。また、到着時に健康申告書、免責同意書及び公衆衛生位置情報フォームを提出しなければならない。 全ての渡航者は、認可された宿泊施設で最大7日間隔離され、5日目に公共の場への外出許可を得るためPCR検査を受けることができる。なお、新型コロナウイルスワクチン接種済みの渡航者は、上記隔離措置に代え、新型コロナウイルスワクチン接種カードを提示の上、到着時のPCR検査受検となる。(滞在資格を持たない)日本人を含むEU及びシェンゲン域外国の国民が観光・商用・就学やその他の緊急の私的理由で入国する場合、実施から48時間以内のPCR検査の陰性証明を提出する、又は、入国後ただちにPCR検査を受け、陰性結果が出るまで自主隔離することを条件に、入国を認める(検査が受けられない場合は10日間の自主隔離となる。)。ケニアへの全ての渡航者は、ケニア到着前96時間以内に受検した、同国政府指定のガイドライン(注)に従ったPCR検査の陰性証明書の携行が求められる。 (注)トラステッド・トラベラー電子認証システム(Trusted Traveler (TT) electronic verification system)及びPanaBiosシステム 国際線到着後、全ての乗客は、検疫及びコートジボワール滞在中の追跡調査の対象となる。コートジボワールに到着する旅行者又は同国から出発する全ての旅行者に対して、出発時又は到着時から起算して5日以内に発行された新型コロナウイルス検査陰性証明書の携帯を義務付ける。外国人のコスタリカへの入国条件は以下のとおり。ECDC(欧州疾病予防管理センター)が発表するデータに基づき高リスク国と認められる国(注)からコソボへ入国する外国人に対して、以下の場合を除き、コソボへの入国の際に、72時間以内に発行された陰性証明書を持参することを義務付ける。ア プリシュティナ国際空港到着後、3時間以内にコソボから出国する者イ コソボ入国後(陸路)、対象の航空券を持参し、3時間以内にプリシュティナ国際空港から出国する者ウ バス等交通機関を利用してコソボ入国後、5時間以内にコソボから出国する者エ コソボに接受された外交団及びその家族オ コソボに居住する外国人(陰性証明書を提出できない場合、7日間の自主隔離を義務付ける。)(注)日本の分類については、駐日コソボ大使館に直接ご照会ください。○駐日コソボ共和国大使館HP:http://www.ambasada-ks.net./jp/?page=4,1出発3日(72時間)前までに受けた有効なPCR検査の陰性証明書を携行する乗客のみ、コモロ行きの航空便への搭乗が認められる。また、乗客・乗務員は、出発・到着の際に、マスクの着用、検温(体温が38度以下であることの確認)、問診票の記入が必要となる。コモロ到着時に、新型コロナウイルス感染症の疑いのある症状のある全ての乗客は、保健当局によって隔離され、治療を受ける全ての海外からの渡航者は、搭乗前96時間以内に実施したPCR検査の陰性証明書を提示しなければならない。ただし、渡航前の時間的制約により、PCR検査を実施できなかった、又はPCR検査の結果を入手できなかった場合、その理由を口頭で宣誓すれば、陰性証明書の提示がなくても、航空会社は当該渡航者の搭乗を許可しなければならない。陰性証明書を携行せずに入国した者は、入国後に①コロンビア国内でPCR検査を受け、陰性の結果が出るまで自主隔離を行う、又は②検査を受けることなく14日間若しくは保健当局が指定する期間の自主隔離措置を行う必要がある。なお、検査及び隔離の費用は渡航者が負担する。9歳以上の全ての外国人渡航者は、出発前72時間以内に受検したPCR検査の陰性証明書の提出が必要となる。なお、英国、南アフリカを含む変異種感染拡大国と指定された国からの渡航者は、14日間以上変異種感染拡大国以外に滞在した後に受検したPCR検査の陰性証明書の提示が必要となる。  変異種が確認された国(日本を含む。)からの渡航者は、7日間の自宅隔離及び入国後6日目のPCR検査の受検が必要となる。  その他の国からの渡航者は、原則として最大7日間の自宅隔離が必要となる。ただし、入国後に受検したPCR検査(アプリを通じて予約可。)の結果が陰性であれば直ちに自宅隔離を終了することができる。 全てのザンビアへの渡航者は、同国入国前72時間以内に実施されたPCR検査の陰性証明書を提示する必要がある。イタリア及びバチカン市国以外の国からの入国者(直近14日間に右2国以外の国に滞在していた者を含む。)は、入国時に新型コロナウイルスのワクチン接種証明又は入国前48時間以内のスワブ検体の分子検査による陰性証明書の提出が必要となる。また、入国時に出発先を明らかにしない場合、又は健康管理・自己隔離に関する規定を遵守しない場合は、行政罰として1,000ユーロの罰金が科される。※なお、証明される仕事上の理由、健康上の理由、必要性のある状況、学業上の理由を除き、サンマリノとイタリア国内でレッドゾーンに指定される州(注: https://www.it.emb-japan.go.jp/itpr_ja/covid_19_misureGAR.html を参照)との間の移動が禁止されているため、入国時のルートに注意が必要。ジブチへの全ての渡航者は、最初のフライト搭乗72時間前まで、かつ、ジブチ到着前120時間以内に受検したPCR検査による陰性証明書が到着時に求められる。日本を含む国・地域から入国後、最低14日間の自主隔離及び111(コロナ関係ヘルプライン)への連絡を義務付ける。2020年7月10日から、ジャマイカ政府が指定するハイリスク地域(注:詳細は下記在ジャマイカ日本国大使館のHPを参照。)の居住者で、商用目的以外でジャマイカを訪問する非居住者(観光客を含む。)は、到着10日前以内のPCR検査での陰性証明書の取得及びウェブサイトへのアップロードが必要となる。2020年6月15日以降、全ての入国者は健康スクリーニング(検温及び症状の観察等)とリスク評価の対象となる。入国時のジャマイカ保健機関によるリスク評価により、それぞれの検疫措置は以下のとおり。【観光目的に特化した地域に留まる観光客】【14日以内の商用目的の非居住者】空港でPCR検査を受け、結果判明までホテルで検疫を受ける。陽性の場合は隔離され、陰性の場合はプロトコルに従った商用活動が可能となる。【外国人居住者及びその他の非居住者】要件を満たした新型コロナウイルス感染症ワクチン接種完了済の証明書(※要件の詳細は在京ジョージア大使館に照会ください。)を提示して入国が認められた外国人は、PCR検査の陰性証明書及び入国後の隔離措置は不要となる。ジョージアの官公庁・企業からの招へいに基づくビジネス出張目的での入国者の場合、自費で12日間にわたって72時間ごとにPCR検査を受けるか、又は自費で8日間の隔離措置を受けたのちに9日目と12日目にPCR検査を受けるかのいずれかを選択すること、リモートワーク目的の入国の場合、自費で8日間の隔離措置を受けたのちに9日目と12日目にPCR検査を受けることが求められる。また、ジョージア国内の大学への留学目的の場合、入国後、8日間の隔離措置を受けたのちに9日目と12日目にPCR検査を受けることが求められる。長期ビザ保持者等、シンガポール政府の承認を得て日本からシンガポールに渡航する者は、出国前72時間以内のPCR検査陰性証明書が必要である。また、全ての渡航者は入国時空港でPCR検査の受検が必要である(費用自己負担)。過去21日以内に日本を含む高リスク国・地域(2021年5月4日現在、豪州、ブルネイ、中国本土、ニュージーランド、台湾、香港特別行政区、マカオ特別行政区を除く全ての国・地域を指す。)への渡航歴がある全ての渡航者は、政府指定の隔離専用施設で21日間の隔離を受けることを義務付ける(費用自己負担)。また、隔離14日目及び隔離期間終了時に検査受検が必要である(費用自己負担)。ジンバブエ到着時に感染が疑われる症状がある場合、60米ドルの手数料、ジンバブエ保健省が認証する新型コロナ感染を確認する検査の受検(受検までジンバブエ政府指定施設にて隔離)及び(ジンバブエにおける居住地での)自主隔離を課す。陽性の場合は、隔離施設にて14日間隔離される。なお、入国時に入国前48時間以内のPCR検査陰性証明書を提示しなければならない。スイスへの渡航者に対して、搭乗時に過去72時間以内に取得した陰性証明書(PCR検査)の提示及び入国時に連絡先の情報提供(入国フォーマット記入)を義務付ける。2021年2月6日から、原則として18歳以上の全ての外国人渡航者に対して、入国に際し48時間以内に受検した陰性証明書(注)の提示を義務付ける(ただし、スウェーデンの滞在許可保有者等は例外とする。)。また、到着後少なくとも7日間の自宅待機及び到着後5日目の検査の受検を勧告する。   (注)陰性証明書の要件は以下のとおり。  ・PCR検査、抗原検査、LAMP検査のいずれかであること  ・被験者の氏名、検体を採取した日時、実施した検査の種類、検査結果、証明書の発行者が記載されていること  ・スウェーデン語、英語、ノルウェー語又はデンマーク語で明確に記載されていること ア 空港及び港湾からスペインに入国する全ての者に対して、(ア)申告書面の提出、(イ)検温、(ウ)目視によるチェックを実施する(※なお、官報では、「スペインに入国する全ての者」と記載されているが、空港管理会社(AENA)や航空会社によれば、EU・シェンゲン域外国居住者が、スペインへ入国せず、乗り換えのみでシェンゲン域外国(英国等)へ移動するトランジットの場合であっても申告書の提出が求められている。また、出発時の空港カウンターでのチェックインの際にも、申告の有無がシステムでチェックされているとの情報がある。これらのことから、スペインに入国しないトランジットのみの場合でも、申告書を提出することが推奨される。)。イ 日本からスペインに例外的に入国する際、スペイン到着前72時間以内のPCR検査陰性証明書の提示が義務付けられる。 ※参考ページ:https://www.es.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00272.htmlア スリランカに入国する全ての外国人は、スリランカ外務省等関係機関からの事前入国許可(観光客はETA)及び出発前96時間以内のPCR検査陰性証明が必要である(※航空会社によっては、搭乗前72時間以内のPCR検査陰性証明書を求められる場合もある。)。イ 推奨される回数(2回)のワクチンを接種している場合、ワクチン接種証明書(又はカード)原本を、証明書が英語でない場合、英訳とともに携行しなければならない(同証明書(又はカード)は空港到着時及び政府指定隔離先のホテル(施設)の担当医に提示しなければならない。)。ウ 健康証明書(Health Declaration Form)に記入して、空港到着時に提出しなければならない。エ 12歳以上の全ての入国者は到着時にスリランカ保健省指定の検査機関によるPCR検査を受検しなければならない。オ 公式訪問(スリランカ政府・民間団体企業による招待)については、別途スリランカ政府が措置を指定する。カ 観光客以外の外国人入国者について、到着時のPCR検査の結果が陰性だった場合、以下の措置がとられる。(ア)推奨される回数(2回)ワクチンを接種し、接種完了後、2週間を経て入国した者については隔離不要。(イ)ワクチンを接種していない、推奨される回数(2回)接種していない、又は推奨される回数(2回)接種しているが、接種完了後2週間経過していない場合、a スリランカに自宅を有している場合、14日間の隔離期間のうち、最初は政府指定ホテルで隔離。到着から7日目にPCR検査を再度受検し、結果が陰性であれば、残り隔離期間については自宅隔離。b スリランカに自宅がない場合、政府指定ホテルで隔離を行い、到着から11日~14日目にPCR検査を再度受検し、陰性であれば、14日で隔離終了。(ウ)隔離中に推奨される回数(2回)のワクチン接種後、2週間が経過した場合、PCR検査を再度受検し、陰性となれば隔離終了。キ 観光客については観光客用指定ホテルに滞在し、以下のとおり、滞在期間等に応じた再度のPCR検査受検等の措置を受けなければならない。(ア)観光客が推奨される回数(2回)のワクチンを接種完了後、2週間の期間を経た上で入国した場合、到着時のPCR検査が陰性であれば、更なる隔離は不要。(イ)ワクチンを接種していない、推奨される回数(2回)接種していない、又は推奨される回数(2回)接種しているが、接種完了後2週間経過していない場合a PCR検査結果が陰性と判明した日から、観光客用指定ホテルと指定の観光地の間であれば、トラベルバブル内で移動可能。b 滞在日数が5日未満の場合、到着時のPCR検査受検のみ。c 滞在日数が5日以上14日未満の場合、到着時に加えて出発前にPCR検査を受検する必要がある。d 滞在日数が14日以上の場合、到着時に加え11日から14日までの間にPCR検査を受検する必要がある。e 隔離中に推奨される回数(2回)のワクチン接種後、2週間が経過した場合、PCR検査を再度受検し、陰性となれば隔離終了。到着時及び到着から14日後の2回目のPCR検査の結果が陰性の場合、更なる隔離は不要。ク 隔離終了後、隔離終了書(Discharge Document)が発行される。ケ 隔離終了後の自宅又は別のホテルへの移動は自ら手配(公共交通機関は使用不可)。自宅又はホテルに到着後、居住地区のスリランカ保健省への通知が必要。コ PCR検査が陽性だった場合、スリランカ保健省の指示に従って行動。※上記はあくまで措置の概略であり、実際の入国条件・行動制限はより複雑かつ詳細であるため、以下のURLで示した表や現地当局の通知本文を必ず御確認下さい。また、これらの通知又はそれに基づく運用は今後変更される可能性があるため、スリランカへの(再)入国を検討する際は、最新情報を御確認ください。●スリランカ保健省通知本文(英語)https://www.srilankan.com/Download/Quarantine-measures-for-travellers-arriving-from-overseas-during-COVID-19.pdf2021年2月17日午前6時以降、過去14日の間に日本を含む複数の対象国に滞在歴がある者がスロバキアに入国する場合、以下4点を義務付ける。出発便搭乗前72時間以内のPCR検査陰性証明書の提出及びヘルス・トラベル・オーソリゼーション( https://seychelles.govtas.com/ )への事前申請を入国の条件とする(南アフリカ、ブラジル、インド、パキスタン及びバングラデシュからの入国は不可等の例外あり。)。また、観光客は許可された宿泊施設での滞在が求められる。国外からの航空便・船便の乗客は、入国の際、出発地で搭乗前48時間以内に受検したPCR検査の陰性証明書を提示するとともに、簡易検査を受検し、5日間の隔離措置を受けることが求められる。外国人は入国前48時間以内のPCR検査による陰性証明を携行する必要がある。全ての渡航者は、到着前に渡航許可フォームの記入をウェブサイト(www.knatravelform.kn)上で行うとともに、渡航前72時間以内に実施されたPCR検査(RT-PCR)陰性証明書(英語表記のもの)をアップロードしなければならない。渡航時には同陰性証明書の写しを携行する必要がある。空港到着時には、体温検査及び健康質問票を含むスクリーニングが課されるとともに、新型コロナウィルス接触追跡携帯アプリをダウンロードしなければならない。 滞在日数に応じた検疫措置は以下のとおり。 ・到着後7日まで:滞在ホテル内での移動及び活動が可能。 ・到着後8日から14日まで:7日目にPCR検査が課される。結果が陰性であれば指定されたレクリエーションへの参加が許可される。 ・到着後14日以上:14日目にPCR検査が課される。結果が陰性であれば、同国居住者と同等の活動が許可される。 全ての入国者は、オンライン上で事前に到着フォームを記入しなければならない。加えて、到着前72時間以内のPCR検査(RT-PCR)陰性証明書を携行しなければならない。到着時にPCR検査を課す。到着後、観光庁又は保健省が認可したホテルで14日間の義務的隔離となる。到着時には支払い済みの宿泊予約証明書を携行しなければならない。隔離措置開始から4日から7日目までの間に再検査を課す。なお、セントビンセント保健省が認める新型コロナウイルスワクチン予防接種を済ませている旨の所管官庁発行の証拠書類を提示できる者(最後の予防接種から4週間経過していることが必要。)の隔離期間は7日間となり、5日目に再検査を課す。入国者には体温検査を含めたスクリーニングを課し、症状がある全ての渡航者は隔離・検査する。新型コロナウイルス検査が陽性である全ての渡航者は、呼吸器系病院に搬送し、自費により治療を受けさせる。入国者は、滞在期間中、宿泊施設(新型コロナウイルス対策認定済み)での滞在が確定していること又は政府が運営する隔離施設での滞在が事前に確定していることのいずれかを満たしていることが必要となる。また、全ての入国者は、到着5日前以内に実施されたPCR検査での陰性証明書を事前にEメールで送付するとともに、可能な限り早期に事前登録フォームの手続を行う必要がある。渡航に際しては、PCR陰性証明書、登録完了の自動応答メール及び渡航許可書を印刷の上、携行する必要がある。なお、指定旅行圏内からの渡航者で、直近の21日間、同圏内地域での滞在歴を有する者は、隔離措置から除外する。指定旅行圏外からの宿泊客は、滞在期間中、認可されたレクリエーションに参加する場合を除き、宿泊施設に留まらなければならない。※指定旅行圏:アンティグア・バーブーダ、アンギラ、ドミニカ国、グレナダ、モンセラット、セントクリストファー・ネービス、セントビンセント全てのタイ国籍を有しない渡航者は、タイ入国前に、査証/再入国許可証、入国許可証、出国前72時間以内のRT-PCR検査による英文の陰性証明書、コロナ感染関連疾病の治療費を含む医療保険等の取得、出国前に追跡アプリ(ThailandPlus)のダウンロード、タイ入国後は14日間の政府指定施設での隔離、隔離中の3回のPCR検査の受検等の防疫措置を取ることが必要となる。2021年3月1日から、全ての国からの渡航者は、観光や一般的な訪問以外の滞在目的の場合、台湾の在外事務所に「特別入境許可」を申請し、許可を得れば渡航が可能となるが、これまでと同様、人道的理由や船員・乗組員として入境する場合を除き、出発前3日以内にPCR検査を行って陰性証明書を取得するとともに、14日間の自宅・指定ホテル等での隔離の対象となり、自宅又は指定地点からの外出、公共交通機関の利用は認められない。自宅隔離中、所轄の里長(町内会長)等が毎日1、2回電話で対象者の健康状態を確認する。14日間が経過した後は7日間の自主健康管理(注2)の実施が求められる(従わない場合は罰則あり。)。  2020年12月1日から当分の間、台湾に入境又は台湾でトランジットを行う全ての旅客は、身分(国籍・地域)及び訪台目的に関わらず、例外なく搭乗前3営業日以内に検査したPCR検査陰性証明書を得なければ、訪台便に搭乗できない。  2020年5月4日から、(隔離先となる)自宅等に、①65歳以上の高齢者、6歳以下の子ども、慢性疾患患者のいずれかがいる場合、又は②自宅隔離者が単独で使用できる個室(トイレ、浴室を含む。)がない場合は、入境後に指定ホテルに滞在しなければならない(従わない場合は罰則あり。)。  また、2020年6月22日から、一部の国・地域からのビジネス目的での入境については、以下の条件を満たせば、入境後待機期間の短縮が認められる。【条件】 短期のビジネス関係者のうち、低感染リスク国・地域から入境する場合は、入境の翌日から5日間指定ホテル等に滞在した後、PCR検査を受け、結果が陰性の場合、入境後21日間の自主健康管理(注2)への変更申請が可能となる。  また、低中感染リスク国・地域から入境する場合は、入境の翌日から7日間指定ホテル等に滞在した後、PCR検査を受け、結果が陰性の場合、入境後21日間の自主健康管理への変更申請が可能となる。  留学生の入境については、2020年8月24日以降、全ての国・地域の学位生(外交部奨学金生で先に中国語課程を履修する者含む。)の入境を開放している。訪台する学生は、教育部及び受入先教育機関の指導に従い、入境後は指定ホテル、学生寮等で14日間の待機が求められる。  なお、2020年12月1日から、医療・介護、公共交通、生活消費、教育学習、展覧鑑賞・スポーツ観戦、休暇娯楽、宗教祭事、手続機関におけるマスク着用が強制となる。マスクを着用せず、指示に従わない場合は罰金を科される。(ア)到着前24時間以内のオンライン調査票登録、(イ)到着前72時間以内に受検したリアルタイムRT-PCR検査に基づく陰性証明書の提示、(ウ)到着後空港での体温検査及び健康カードの記入提出、(エ)場合によっては到着後の迅速抗原検査の受検(一人あたり25米ドル)が必要となる。 インド発着便は、当面の間停止され、過去14日以内にインド滞在歴のある渡航者は、到着後の迅速抗原検査及び14日間の政府指定機関等での隔離が必要となる。 タンザニア保健省 オンライン調査票登録サイト: https://afyamsafiri.moh.go.tz/travellers/例外的に入国する者には以下を義務付ける。ア 入国前の電子版入国フォーム(https://plf.uzis.cz/)の記載及び提出イ 出国前72時間以内のPCR検査陰性証明書の入手及び所持ウ 入国から5日目以降のPCR検査受検(陰性結果を保健所に提出するまでは、自己隔離義務を負う。)エ 入国から10日間、FFP2、N95等の特殊マスクの着用※チャドは全土に危険情報として渡航中止勧告(レベル3)又は退避勧告(レベル4)が発出されており、渡航は止めてください。到着72時間前までのPCR検査陰性証明の所持及び入国後の7日間の自主隔離(1週間以内の期間に滞在する入国者は除外。)が義務付けられている。また、パスポートは預けなければならない。自主隔離7日目にンジャメナ市内でPCR検査を再度受検(自費。ただし1週間以内の期間に滞在する入国者は除外される。)し、預けていたパスポートはPCR検査受検の領収証と引き換えに返却される。※中央アフリカは全土に危険情報として退避勧告(レベル4)が発出されており、渡航は止めてください。航空機で入国する者は、出発72時間前までに受検・取得したPCR検査陰性証明の提示、問診票の作成・提出、到着時の検温及び問診の実施等が求められる。感染リスクが高い国・地域からの入国者については、14日間の自己隔離、各種感染防止措置等が義務付けられる。14日間の自己隔離の免除を希望する場合には、入国後48時間以内に自費にてPCR検査を実施し、中央アフリカ保健・人口省に申請を行う。全ての入国者は、感染防止対策、特にマスクの着用が求められる。2020年11月8日から、日本から中国への渡航には、航空機搭乗前3日以内(検体採取日を基準とする)の新型コロナウイルスPCR検査陰性証明書及び血清IgM抗体検査陰性証明書が必要である。各地の入国後の行動制限の詳細については、こちらのリンクをご覧ください。ア 新型コロナウイルス感染症の症状を示している、又は検査の結果陽性の者の渡航は不可とする。イ 短期(5日以下)渡航者を含むチュニジアへの全ての国からの全ての入国者に求められる措置は以下のとおりである。WHOが定める新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の市中感染国又はWHO が懸念される変異株として指定している3種類の変異株のいずれかの感染例が報告されている国に過去 14 日間滞在していたチリ非居住外国人の入国を禁止する。ただし、在外チリ大使館・領事館の承認を受けた渡航者は除く。チリ人及びチリ居住外国人の入国に際しては、①搭乗72時間前までに受検したPCR検査陰性証明書の提示、②10日間の義務的隔離等の要件を課す。入国時に咳や熱など新型コロナウイルス感染症に関連する症状が一つでも認められる場合は、回復まで隔離施設での待機を求める。また、入国後政府指定の一時滞在ホテルで5日間滞在し、ホテル滞在中に行ったPCR検査で陰性の場合は、自宅等で残りの間(入国時から数えて10日間)の隔離を行う。陽性の場合は、公的隔離機関にて隔離を行う。なお、外国で実施されるPCR検査は、検査実施国の保健当局によって承認された検査機関によるものでなければならない。また、チリ人及びチリ居住外国人が入国に際しPCR検査陰性証明書を保持していない場合、保健省指定施設における10日間の隔離及び罰金が科される。例外的に入国する場合、入国時に出国前24時間以内の陰性証明書の提示を課すほか、入国時に空港内で無料の検査を受けることを要請する。また、入国後10日間の自己隔離を要請する(ただし、入国後早くとも4日後に受けたPCR検査の結果が陰性であれば隔離を中断することが可能。)。違反者には3,500デンマーク・クローネの罰金が科される可能性があるほか、デンマークへ向かうフライトへの搭乗時に陰性証明書を提示しない乗客は搭乗禁止となる。(グリーンランド)以下のとおり検査及び検疫規則に従うことが求められる。(フェロー諸島)2020年6月27日から、フェロー諸島に渡航する全ての者に対して、新型コロナウイルスの検査を要請する。検査結果が陰性であった場合は自宅待機の適用外となり、陽性の場合は14日間の自宅待機を要請する。2021年3月30日から、日本を含む全世界から航空機でドイツに入国(トランジットを含む。)する場合、コロナ検査(注)の陰性証明書の提示を義務付ける。同証明書はドイツ入国前48時間以内に検体採取されたもので、英語、独語、仏語のいずれかで記載されている必要がある。なお、日本は、入国時のデジタル入国登録及び入国後の隔離義務の対象ではない。(注)検査の基準については、以下のロベルト・コッホ研究所ウェブサイトをご確認ください(日本で通常行われているPCR法、LAMP法、TMA法のいずれかの検査であれば問題ありません。)。https://www.rki.de/DE/Content/InfAZ/N/Neuartiges_Coronavirus/Transport/Archiv_Tests/Test_03032021_en.pdf?__blob=publicationFile入国時にロメ空港でPCR検査が実施され、結果通知を待つ間自主隔離が求められる。渡航前に追跡アプリをダウンロードしなければならない。渡航者の体温検査を行い、38度以上の発熱又は新型コロナウイルスの症状がある場合、簡易検査を実施する。陽性反応の場合、同国の行動規範に基づき政府指定施設での隔離等の措置が取られる。全ての渡航者は、少なくとも到着24時間前に、オンライン上で健康状態質問票を提出しなければならない。また、搭乗前及び到着時には健康状態に係る質問確認票を提示し、到着24時間から72時間前以内に取得したPCR検査陰性証明書を提出しなければならない。渡航者は、到着時に体温検査を含めた健康状態に関する検査を受ける必要があり、迅速抗体検査(Rapid Test)が課される(カリコム旅行圏からの渡航者については、直行便の利用であって、21日以内に低・中・高リスク国を訪問していない限り、PCR検査陰性証明書の提出は不要。)。到着前21日以内の滞在国及び乗継ぎ国に応じた検疫措置は以下のとおり。なお、日本は高リスク国に含まれる。高熱、健康状態の異常がある場合又は迅速抗体検査(Rapid Test)で陽性となった場合には、PCR検査が課され、結果を待つまでの間、渡航者の費用負担により、政府認可施設での検疫措置となる。同検査が陽性の場合は、保健当局からの許可が下りるまで隔離措置となる。渡航者は、入国から出国までの間マスクを着用しなければならず、身体的・物理的距離の確保等を遵守し、保健当局の指示に従うことが必要となる。入国する外国人に対し、入国時のPCR検査の実施及びトルクメニスタン政府が指定する施設にて入国後21日間の検疫隔離措置を課す。国内の外資系企業で勤務する全ての外国人・現地スタッフに対して10日毎に新型コロナウイルスの検査を実施する。2020年12月29日から、6歳以上の渡航者は、出発前72時間以内に受検したPCR検査の陰性証明書の提示が必要となる。同証明書がない場合は、トルコ行きの航空機に搭乗できない。2021年3月15日から、出発前72時間以内に保健省HP上で入国フォームを記載、搭乗時に提示する必要がある。全ての渡航者に対して、トンガ到着3日前以内のPCR検査による陰性証明書の取得・携行及び到着後21日間の指定された場所での隔離措置を要請する。入国に当たっての主な検疫措置は以下のとおり。ナウルに渡航しようとする全ての者は、ナウル入国直前に以下に示す1つ又は複数の国・地域において、最低14日間滞在しなければならない。(豪州(ビクトリア州を除く。)、クック諸島、フィジー、仏領ポリネシア、キリバス、マーシャル諸島、ミクロネシア連邦、ニューカレドニア、ニュージーランド、ニウエ、パラオ、パプアニューギニア、サモア、ソロモン諸島、台湾、トンガ、ツバル、バヌアツ。)また、全ての入国者に対して、政府指定隔離施設で最低5日間の隔離措置を受け、解除前にPCR検査を受けることを求める。外国籍のナミビア入国者は、入国前7日以内に受検(注:検体採取から起算。)したPCR検査の陰性証明書を入国時に提示しなければならない。全ての入国者は、入国後に14日間の強制的な隔離措置を受けることになる。また、ニュージーランド以外の国からニウエに入国する場合、入国前にニュージーランドで14日間の隔離措置を実施することが求められる。入国前72時間以内(アジアからの渡航は入国前96時間以内)に実施されたリアルタイム方式PCR検査の陰性証明書を提示する必要がある。発熱や呼吸器疾患の症状がみられる場合、入国不可となる。空港での検温、PCR検査陰性証明書(72時間以内)の提示、迅速診断検査とPCRのための鼻咽頭採取検査、自己隔離場所の申告が必要となる。到着時の検査で陰性の場合は、7日間の自己隔離(隔離中、保健当局の訪問あり)を課す。その間、パスポートは警察によって保持され、7日目の再検査で陰性だった場合に返却する。検査で陽性と判明した人は、政府が定める手順に従った処遇を受ける。出国時も、72時間以内のPCR検査陰性証明書が必要となる。 全渡航者に対して、入国後に指定された施設における14日間の強制的な自己隔離を義務付ける。被隔離者は入国後3日目と12日目に、計2回の新型コロナウイルス検査を受検する。2021年1月18日から、追加で、全渡航者(豪州、南極及び一部の太平洋島嶼国を除く。)に対して入国後24時間以内の検査の受検を義務付ける。 2021年1月26日から、全渡航者(豪州、南極及び一部の太平洋島嶼国を除く。)は、入国に際し、フライト出発予定時刻前72時間以内に受検した新型コロナウイルス検査陰性証明書(PCR検査、LAMP法検査、抗原検査のいずれも可。)をチェックイン時に提出する必要がある。 全ての外国人は、原則として入国時に出発時前24時間以内に受検したPCR又は抗原検査の陰性証明書を提示する必要がある。原則として自宅待機義務の生じる地域(日本を含む。)からノルウェーに入国する者は、国境検問所にて新型コロナウイルスの検査を受検しなければならない(検査は無料。)。英国、南アフリカ、アイルランド、オランダ、オーストリア、ポルトガル又はブラジルに滞在歴のある者は、国境にてPCR検査を受検しなければならない。また、入国した者は、入国後移動してはならず、入国地点の自主隔離用ホテルにて自主隔離を行ない、自主隔離用ホテルに滞在する者は、ホテル到着時に登録を行わなければならない。 また、全ての入国者は、氏名、連絡先情報、自宅待機場所、雇用者情報等を登録フォーム( https://www.regjeringen.no/contentassets/493acaa2bb94492db3887a62c9f84e98/avkrysningsskjema_innreise_eng_22-12_2.pdf )に記入の上、入国時に紙で提出、又はオンライン( https://www.regjeringen.no/en/topics/koronavirus-covid-19/travel-to-norway/id2791503/ )で登録する必要がある(大人と一緒に渡航する16歳未満の子供等、一部例外あり。)。なお、入国登録を怠った場合、正当な理由がなければ罰金が科せられる可能性がある。 入国者に対して、到着時のPCR検査の受検及び検査結果判明までの自主隔離(6歳以下の子供及び客室乗務員等についてはPCR検査の受検及び自主隔離は免除。)並びに行動追跡アプリ(「BeAware Bahrain」等)のインストールを義務付ける(サウジアラビアからコーズウェイでの入国の場合は、到着時のPCR検査に代えて到着前72時間以内にPCR検査を受検し、上記の行動追跡アプリ等を通じて陰性証明を提示することが必要であるが、自己隔離は免除される。)。バーレーンに5日以上滞在する者は到着後5日目に、10日以上滞在する者は到着後5日目に加え10日目にも再検査を受ける必要がある。 ハイチに入国する全ての者に対して、渡航前72時間以内に検査された新型コロナPCR検査の陰性証明書の提出及び入国後14日間の健康状態の報告を義務付ける。 入国する全乗客に対して、(ア)出発72時間前のRT-PCR検査の受検、(イ)空港到着時の抗原検査の実施を義務付ける。抗原検査の結果が陰性の場合は10日間の自主隔離実施、陽性の場合は州政府等により自己負担施設に移送のうえ10日間隔離の実施及び8日目の再度のRT-PCR検査の受検となる。 全乗客に対して、PassTrackのアプリインストール又は専用HPを通じた所要の情報登録及び搭乗時の提示を義務付ける。また、到着時、健康申告の提出・検温スクリーニングを受ける必要がある。 バハマに入国する全ての乗客は、到着前5日以内の日付の新型コロナウイルスのRT-PCR検査による陰性証明書及び健康査証(ヘルスビザ)の取得が必要となる(https://travel.gov.bs/)。到着時及び到着後5日目に抗原検査を受検する必要がある。 パプアニューギニア行きのフライトに搭乗するためには、警察長官の書面によるパプアニューギニア入国許可(提出したAir Passenger Travel Formに対する承認)、出発7日前以内に実施したPCR検査での陰性証明書及びパプアニューギニア入国便の出発24時間前以内にHealth Declaration Formをオンライン提出した際に保健省から返送されるバーコードを所持していなければならない。 パプアニューギニア入国後は、自国民及び永住権所有者を含め、指定ホテルにて私費負担にて、14日間の自己隔離を行わなければならない。また、隔離期間中は、パスポートを指定ホテルに引き渡さなければならない。隔離期間中、警察長官の要請がある場合にはPCR検査を受検しなければならない。当該要請を拒否する場合は拒否した日から14日間自己隔離しなければならない。 パラオに入国する全ての者は、それぞれの出発地にて、パラオへの出発前に14日間の自主検疫措置を実施しなければならない。また、1回目は出発地における自主検疫措置開始時点、2回目は出発前72時間以内に受診した計2回のPCR検査の陰性証明書を提示しなければならない。 入国後は、パラオ政府が指定した施設での14日間の強制的な隔離措置の対象となり、新型コロナウイルス検査を受けなければならない。また、隔離措置終了後も7日間の自主検疫措置を実施しなければならない。パラグアイへの入国に際し、以下が必要となる。 全ての入国者は、到着の少なくとも24時間前にオンラインで入国カードを提出しなければならない(www.travelform.gov.bb)。また、高リスク及び中リスク国・地域からの渡航者は、到着前3日以内のPCR検査の陰性証明書を提出しなければならない(超低リスク国・地域からの入国者については、21日以内に高・中・低リスク国・地域を訪問していない限り、事前及び到着時のPCR検査結果は不要。)。 到着前21日以内に滞在・乗継ぎした国・地域のカテゴリーに応じた検疫措置は以下のとおり。全ての入国者は、滞在中、社会的距離の確保、衛生管理、マスク着用等を含む政府の感染防止対策を遵守しなければならない。症状が出た場合は、衛生担当官又は宿泊施設の関係者に報告しなければならない。アレンビー橋からパレスチナ自治区へ入域する全ての者に対して、入域時にPCR検査を実施する。結果は1日で出るが、陰性の場合自宅又は指定ホテルでの隔離(14日間。ただし、2回のコロナ検査で陰性等の条件の下、10日間に短縮可。)、陽性であれば、症状に応じて隔離又は入院措置がとられる。外国人及び東エルサレムID保持者は出発前72時間以内のPCR陰性証明が必要である。 全ての入国者(10歳以下の子供を除く。)は、出国前72時間以内に実施されたPCR検査に基づく新型コロナ陰性証明書の携行を義務付ける。 日本からの入国者は、14日間の自主隔離を義務付ける。バングラデシュから入国禁止や入国制限を受けている国を経由して入国する場合は、同経由地において、航空会社の監督の下、空港内に留まらなければならない。 ハンガリー国籍保有者の家族、ハンガリーの永住権を有する者、90日を超えるハンガリーの滞在許可証を有する者及び特別の理由(病気治療、留学、親族の結婚式・葬儀への出席等)で特別入国許可を得て入国する者は、入国後、10日間の隔離措置(2度の陰性検査結果をもって隔離は解除される。)が課される。なお、商用目的で入国する場合、行動制限は免除される。入国に際し、事前にフィジー政府の許可を取り付けた上で、出発72時間以内に採取したサンプルでPCR検査を行い、フィジー政府が指定する様式にて陰性証明書を作成する必要がある。入国後、政府指定隔離施設にて14日間の隔離措置を受ける必要がある。スバ、ラミ、ナウソリ、ラウトカ及びナンディにおいて14日間のロックダウンを実施する。 入国時及び入国から5日後にPCR検査を受けるとともに、検査結果が陰性の場合、国内目的地に移動し、14日間の隔離期間の残りを当該地域の緊急対応チームの監督の下過ごすことを求める。 10日間の自主検疫を勧告する。入国後、任意に2回のPCR検査を受け陰性となった場合、自主検疫期間を短縮できる。 2020年12月30日以降、搭乗前にPCR検査陰性証明書(RT-PCR、搭乗72時間前に実施)及び当該旅行者が健康であることの誓約書を航空会社に提示することが求められる。入国に際して以下の書類の提示が必要となる。ア フライト前72時間以内のRT-PCR検査陰性証明書(11歳以上のみが対象。乗り換えがある場合は最初のフライト前72時間以内。)イ 7日間の自主隔離及び終了時のRT-PCR検査実施等に関する誓約書(Declaration pour voyageur)※※イは11歳以上用と11歳未満用に分かれているので、それぞれ該当するものを御利用ください。フランス内務省HPhttps://www.interieur.gouv.fr/Actualites/L-actu-du-Ministere/Attestation-de-deplacement-et-de-voyage日本人を含む全ての入国者は、入国前72時間以内に実施したPCR検査陰性証明の提出が必要。 (注:ブルガリアの長期滞在資格を有する日本人は、陰性結果証明なしでも入国は可能であるが、その場合、10日間の自己隔離義務が生じる。なお、ブルガリアの長期滞在資格を有しない日本人は、陰性証明がなければ入国不可。) 上記PCR検査陰性証明書には、以下の内容が記載されていることが求められる。 入国の際、5日以内に受検したPCR検査陰性の結果を所持していること、新型コロナウイルス感染症の症状が発現していないこと、渡航前の14日間に新型コロナウイルス感染者との接触がないことが求められる。PCR検査陰性の結果を不所持の場合、当局による身分証(旅券等)の回収、空港内での検体採取及び自己負担によるPCR検査、検査結果が出るまでのホテル内での隔離といった措置がとられる。 全ての国・地域からの渡航者に対して、入国前と後のPCR検査及び出発国の感染状況に応じて2週間以下の指定ホテルでの隔離を義務付ける(ブルネイ政府のリスク評価により、2~14日間と異なる。隔離施設費用、PCR検査費用(約28,000円)は自己負担。ただし、外交官は免除。)。 入国者・出国者は航空機搭乗前72時間以内に受検したPCR検査の陰性証明書を携行する必要がある。入国者は、空港でのPCR検査及び政府指定ホテルでの1週間の隔離が課され、隔離6日目に改めてPCR検査を受検する(これらの経費は全て自己負担となる。)。隔離6日目のPCR検査で陽性反応が出た場合、政府指定の機関へ移送される。 米国への入国(空路)に際しては、米国行きフライト出発前3日以内に取得した新型コロナウイルス陰性証明書が必要である(2021年1月26日から)。 また、米国疾病予防管理センター(CDC)は、旅行による感染拡大を抑制するための対策として、他者との距離確保、頻繁な手洗い、マスク着用、自己観察といった日常的な対策に加え、以下を行うことを推奨する。海外旅行中に「ハイリスク活動」を行った場合は、日常的な対策に加え、旅行後に以下を行うこと。(注)下記の州のほかにも、州・地方政府(郡、市など)レベルで感染拡大を抑制するための各種行動制限措置がとられている場合があるため、渡航先の州・地方政府の措置に注意が必要。(北マリアナ諸島) 北マリアナ諸島への渡航については、入島前3~6日以内に受診したPCR検査による陰性証明書の提示並びに到着時及び到着5日後の検査で陰性となることで、渡航後の14日間の自主隔離を免除する。(グアム) 原則として、入国する全ての者に対して、グアム政府指定施設での14日間の強制隔離を課す。ただし、隔離6日目に任意で検査を受検し陰性だった場合は、14日目までの残りの期間は、自宅または自身が予約したホテルでの隔離とすることができる。また、新型コロナウイルスの感染者が発生していない国(https://covid19.who.int/を参照)からの直行便(飛行機か船かを問わず)による渡航者については、この限りではない。違反者には、1千米ドル以下の罰金若しくは1年以下の禁固のいずれか又は両方が科される。(ハワイ州) 州外からの全渡航者(ハワイ州居住民を含む。)に対して、10日間の自己検疫を義務付け、違反者には、5千米ドル以下の反則金若しくは1年以下の禁固のいずれか又は両方を科す。ただし、米国本土からの渡航者や日本からの渡航者については、出発前72時間以内に、ハワイ州指定の医療機関でPCR検査を受検し、ハワイ到着時に陰性証明書を提示すれば、到着後の10日間の自己検疫を免除する。ベトナムへの入国に際しての条件は以下のとおり。 2020年11月1日から、日本在住で、ベトナムでの滞在期間が14日以内であって、商用目的で渡航する者を対象として、優先往来制度(ビジネストラック)の適用を開始している。この場合、入国承認等の事前申請の際に、優先往来制度の適用を申請する旨明記するとともに、渡航者のベトナム滞在中の行動計画、移動手段、宿泊場所(隔離施設(ホテル))、具体的な外出先、及び渡航者と接触する者の安全計画を記載する。滞在中、全ての移動は専用車両で行い、事前に承認を受けた行動計画等に記載されている用務での外出を除いては、隔離施設(ホテル)の自身の部屋から出ることはできない。また、入国し、隔離施設に到着した後1回目、その後、ベトナム滞在期間中2日に1度、更に出国の1日前に最後のRT-PCR検査を受ける。 ※変異株の発生を受け、2021年1月20日、保健省は全入国者に対して14日間の隔離を適用することを発表し、優先往来制度は一時停止されている(特別な外交分野の入国ケースを除く。)。 (注)入国者は、PCR検査等(RT-PCR又はRT-LAMP法。鼻咽頭拭い液方式)を受け、入国3日から5日前までに発行された陰性証明書を取得しなければならない。優先往来制度の場合、入国者は、RT-PCR検査(鼻咽頭拭い液方式)を入国3日から5日前までに受検した陰性証明書を取得しなければならない。証明書は「TeCOT」に掲載の医療機関で取得する必要がある。証明書には、渡航者氏名、年齢(生年月日)、性別、国籍、パスポート番号、日本での住所、ベトナムでの住所、医療機関名、検体採取日、検査日、検査法、検査結果、入国予定日、陰性証明書の発行日を記載する。英語又はベトナム語で記載し、検査を受けた医療機関の有効な印鑑と署名が必要。 全ての空港からの入国者に対して、PCR検査を実施する(料金は50,000CFAフラン。入国時及びその14日後の最低2回のPCR検査費用が含まれる。クレジットカード等オンライン精算のみ。)。1回目のPCR検査の結果が判明するまでの48~72時間は自宅等での隔離が義務付けられ、その間旅券が接収される。入国後14日後に2回目のPCR検査を実施する。  全ての空港からの入国者に対して、オンラインでの連絡先情報の登録及び航空券購入時のコロナ税の支払を義務付ける。 入国に際して、以下が必要となる。ア 入国前72時間以内のPCR陰性証明書の航空会社への提出イ ベネズエラに到着する前に所定のHP(https://pasedesalud.casalab.com.ve/)に必要情報を入力し、QRコードを入手することウ 空港到着時の上記QRコードの提示及びPCR検査の受検(有料)(※別途滞在地に係るフォーマットの保健当局への提出が必要である可能性あり。) 入国に当たり、満6歳に達した外国人には、ベラルーシの永住許可又は一時居住許可を有する場合等を除き、入国日の3日前まで(入国日を含む)に取得したPCR検査陰性証明書の紙媒体又は電子媒体での提示を義務付ける。陰性証明書は英語、ベラルーシ語又はロシア語のいずれかで氏名、国籍、検査日及び検査結果が記載されている必要があり、陰性証明書の不所持は入国拒否の事由となる。 全渡航者に対して、到着前72時間以内の健康チェック用のアプリのダウンロード及び渡航前96時間以内に実施されたPCR検査(RT-PCR)陰性証明書又は渡航前48時間以内に実施された迅速抗原検査陰性証明書の提出(ない場合は到着時自己負担で強制的に検査)を義務付ける。到着2週間前までに2回型又は1回型のワクチン接種を受けたことを示す正式なワクチンカードを携行する場合には、陰性証明書の提出が不要となる。観光客の場合、陰性が確認されれば政府から認証を受けたホテルへの滞在が認められる。 全渡航者は、ア 出発地の搭乗ゲートにおいて、ペルーへの直行便の出発前72時間以内に実施されたPCR検査(RT-PCR)又は抗原検査の陰性証明書の提示及びイ ペルー入国管理局のHP(https://e-notificacion.migraciones.gob.pe/dj-salud/)を通じて、ペルーへの直行便の出発前72時間以内にオンライン誓約書を記入の上、提出することが必要。ウ 自宅又は保健当局所定の宿舎にて入国日から14日間の強制的隔離を課す。エ 到着後、自己負担により抗原検査を受け、陰性が判明した場合、到着後14日間より前に隔離を終了することができる。(※ウ、エについては一部例外あり。)必要不可欠な理由によりベルギーへ渡航する場合、以下を義務付ける。①渡航の48時間前までの渡航者追跡フォーム(Passenger Locator Form)への入力 ※1②必要不可欠な渡航であることを示す証明書の携行 ※2③日本出発72時間前以内に受検したPCR検査による陰性証明書取得(6歳以上対象) ※3④ベルギー到着後のPCR検査の受検 ※4⑤入国後の隔離(7日間)※1 渡航者追跡フォームのフォーマットは以下のリンクを参照(中段のWhat must I do?の欄)。 https://travel.info-coronavirus.be/public-health-passenger-locator-form ※2 証明書の詳細は駐日ベルギー大使館のHPを参照 https://japan.diplomatie.belgium.be/sites/default/files/content/Consular/Visa/latest_covid19_measures_vi.pdf ※3 ベルギーに居住していない場合。ベルギー居住者の場合、陰性証明書取得が推奨される。※4 ベルギーに居住していない場合、ベルギー到着後7日目に検査を行う必要がある。ベルギー居住者の場合、ベルギー到着後1日目(当日)と7日目に検査を行う必要がある。全ての入国者に対し、国籍に関係なく10日間(到着翌日が起算日)の隔離を義務付ける。隔離期間中は、食料品の調達を含め隔離滞在場所からの外出は認められず、隔離用アプリの使用を求められる。スマートフォンを所持していない場合は、毎日、確認のために隔離滞在場所を警察官が訪問する。違反すると罰則がある。シェンゲン域内からの入国の場合は、入国前48時間以内の検査(PCR検査又は抗原検査)の陰性証明書があれば隔離措置は免除されるが、シェンゲン域外からの入国の場合は、陰性証明書があっても隔離措置は免除されない。ただし、隔離措置期間に受検した検査で陰性が証明されれば、隔離期間が短縮される。また、EUによる承認済みのワクチン2回の接種証明書(英語又はポーランド語)があれば、隔離措置は免除となる。※上記措置の詳細や隔離措置の免除対象等については、在ポーランド日本国大使館HP(https://www.pl.emb-japan.go.jp/files/100169734.pdf)を参照。日本から入国する渡航者は、入国に際して、検体採取が入国前48時間以内のPCR検査陰性証明書を携行・提示する必要がある。 出国及び入国に際し、出発前72時間以内に受検したPCR検査の有効な陰性証明書の提示が必要となる。5歳以上の渡航者は、入国審査時に「宣誓書」及びPCR検査の陰性証明書を提出する必要がある。「宣誓書」は、事前にオンラインフォーマット(https://www.rree.gob.bo/ingresobolivia/Registro.aspx?AspxAutoDetectCookieSupport=1 )に必要事項を記入の上、印刷して持参する。PCR検査の陰性証明書は英語又はスペイン語であれば、フォーマットは問わないが、空路による入国の場合は最初の出発国における搭乗前72時間以内に、陸路等空路以外による入国の場合は、入国前72時間以内にPCR検査を実施する必要がある。また、入国後少なくとも10日間の隔離措置が実施される(原則として自宅待機。隔離措置の7日目に自己負担にてPCR検査を実施し、同検査で陽性となった場合は適切な措置が講じられる。)。日本から例外的に渡航する場合、フライト搭乗時に、搭乗前72時間以内に実施したPCR検査の陰性証明書を提示する必要がある(24か月以下の乳幼児は対象外。)。ポルトガル人及び在留資格を有する外国市民(日本人を含む)の入国については、日本に限らず、渡航の起点となる場所により、搭乗前72時間以内のPCR検査陰性証明書の提示や14日間の予防的隔離が義務付けられる。香港国際空港に到着する全ての者は、ウイルス検査を受け、その検査結果を待って、入境手続きに進む。また、過去21日以内に超ハイリスク地域(バングラデシュ、ベルギー、カナダ、エクアドル、エチオピア、フランス、ドイツ、インド、インドネシア、カザフスタン、ネパール、パキスタン、フィリピン、ルーマニア、ロシア、スイス、トルコ、ウクライナ、アラブ首長国連邦、米国)への滞在歴がある者は、上記の措置に加え、以下の資料の提出が求められる。政府専用サイト(https://prechequeo.inm.gob.hn)にて、健康状態等について事前に登録手続きを行い、かつ、入国前72時間以内に取得したPCR検査又は迅速検査(特異度85%以上、感度98%以上に限る。)の陰性証明書を提示する必要がある(注:当局からの正式発表はないものの、陰性証明書を所持している場合、これまでのところ隔離措置が課された事例は確認されていない。)。入境前21日以内に外国に渡航歴のあるマカオ居民に対して、72時間以内のPCR検査の陰性証明書に加え、21日間の指定場所での隔離及び医学観察を受けることを求めた上で、最低7日間の自己健康管理を行うことを義務付ける。4月19日から当面の間、入境前28日以内にインド、パキスタン、フィリピンに滞在歴のある入境者に対して28日間の医学観察及び7日間の自己健康管理を課す。入境前14日以内に香港に渡航歴のあるマカオ居民並びに中国本土、香港(香港永久居民ID保持者に限る)及び台湾居住者に対して、24時間以内のPCR検査陰性証明書に加え、14日間の指定場所での隔離及び医学観察を義務付ける。なお、出境には、48時間以内の核酸検査陰性結果が必要である。このほか、自己健康管理を開始し7日間以内に出境する者は、目的地政府当局の許可を得なければならない。全ての渡航者は、出発の10日前までに受検したPCR検査の陰性証明書(注:英文。フォーマットの指定なし。)を提示する必要がある。これに加えて、空港内で新型コロナウイルス検査のための検体採取が行われる可能性がある。入国後14日間は自主モニタリング(注:自主隔離ではなく、ソーシャルディスタンスやマスク着用等感染予防対策をとった上で、他者との接触が可能。)を実施する必要がある。マリ入国7日前以内に発行されたPCR検査での陰性証明書の携行が必要。陰性証明書を携行している場合でも、入国時に感染が疑われる症状がある者に対しては、隔離・検査が実施される。陰性証明書を携行できない場合には、バマコ空港においてPCR検査用の検体採取を行い、結果が判明するまでの間、自費でのホテル又は自宅での自主隔離及び防疫措置の徹底が求められる。また、PCR検査の結果が陽性の場合には、医療機関に搬送されるとともに渡航書類が一時的に留置され、医療機関退院後に返却される。マルタ入国前72時間以内に発行されたPCR検査での陰性証明書の携行を義務付ける。陰性証明書を携行できない場合には、マルタ入国時に空港においてPCR検査を行うか自主隔離を行う必要がある。例外的に入国が許可される外国人のマレーシア入国に際しては、政府指定の隔離センターでの10日間の隔離等、回復のための活動制限令(RMCO)の全ての規定を遵守する必要があるほか、類型毎に以下の条件を満たす必要がある。日本からの入国に際しての主な検疫措置は以下のとおり。ア 出発の72時間前までに取得したPCR検査陰性証明書(認可を受けた医師が検査を行い、同医師の氏名・署名が必要)を提示しなければならない。イ 南アフリカ到着時に健康状態・感染者との濃厚接触の有無が確認され、感染が疑われる症状や感染者との濃厚接触が確認される場合、義務的なPCR検査(費用は自己負担)を受けなければならない。PCR検査の結果、陽性であることが判明した場合、指定された隔離場所にて10日間隔離される(費用は自己負担)。また、南アフリカ到着時に自己隔離が必要となる場合、滞在先住所の証明を提示しなければならない。ウ 海外渡航保険に加入していなければならない。全ての入国者の入国の条件は以下のとおり。出発前72時間以内に取得したPCR検査の陰性証明書を入国時に提示する必要がある。欧州域外の国(日本を含む)及び欧州疾病予防管理センター(ECDC)指定の高リスク地域(過去14日間に10万人あたり60件の感染が認められる地域。フランスは除く。)からの入国者は以下を行う必要がある。モルディブに入国する旅行者及び短期滞在者は、出国96時間前までに取得したPCR検査の陰性証明書(英文)をモルディブ出発前24時間以内にオンラインの所定サイト上で提出する必要がある。旅行者以外の全ての入国者は10日間の自主隔離が求められる。ただし、2回目のワクチン接種から2週間以上経過している者はPCR検査の陰性証明書の提出及び10日間の自主隔離が免除される。旅行者に対する入国後の隔離措置はとられない。入国時に空港で症状が認められた旅行者は、自己負担でPCR検査を受診することとなり、別途保健当局も無作為に旅行者を対象にしたPCR検査を実施する場合がある(費用は当局負担。)。PCR検査結果で陽性の場合、予約したリゾート施設又は政府指定施設で隔離される。就労許可を保有する外国人及びその家族がモルディブ入国後にマレ市及び有人島に訪問・滞在する場合、自宅又は宿泊施設で10日間の自主隔離措置が必要となり、10日間の隔離措置後にPCR検査を受診することになる。ただし、罹患者や濃厚接触者は14日間の隔離が必要となる。モルドバへの全ての入国者は入国後14日間の自主隔離措置の対象とする。ただし、入国前72時間以内に実施されたPCR検査の陰性証明書を有する者はこの自主隔離措置を免除する。モンゴルに入国する全ての者を対象に、上陸前72時間以内に受けたPCR検査の陰性証明書の提示を義務付ける。外国から入国する者のうち、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を行っていない、又はワクチン接種を完了していない者は、指定施設(ホテル等)における7日間の隔離及び7日間の自宅隔離を指示する。隔離期間中の3日目及び6日目にPCR検査を実施する。2度の新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を完了し、14日間が経過した者、又は新型コロナウイルス感染症に感染し完治した者のうち証明書を提示するものには、指定施設における隔離を免除し、7日間の自宅隔離を指示する。2021年3月10日から、セルビア、コソボ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ及びアルバニア以外からモンテネグロに入国する場合、①入国前48時間以内のPCR検査による陰性証明書、②入国前30日以内の抗体検査による陽性証明書、③入国の7日以上前に2回目の新型コロナウイルスワクチンを接種した旨の証明書のいずれかの提示を求める。上記①から③までのいずれも保有しない場合は、14日間の自主隔離を義務付ける。ただし、満5歳以下の子どもについては、証明書及び隔離を義務付けない。5歳未満の者を除く全ての渡航者に対して、PCR陰性証明書の持参(注)、空港到着後のPCR検査の受検、接触確認アプリAMANのダウンロード等を義務付ける(注:PCR陰性証明書は、英語又はアラビア語のもので、出国5日前までに検体を採取し、検査結果確定日が到着72時間前までの日付である必要がある。)。ラオスへの入国が許可される場合、以下の措置を厳格に遵守する必要がある。入国前48時間以内にCOVIDpass(https://covidpass.lv/)に人定事項等を登録し、発行されるQRコードを持参する必要がある。過去2週間において感染者数が人口10万人あたり50人を超えた国から、又はこれらの国を経由して入国する場合、10日間の自主隔離が必要となる。渡航に際し陰性証明書(PCR検査の陰性結果のみ有効)の取得を義務付ける。陰性証明書はラトビアへ渡航する飛行機、船等の乗り物に搭乗する前72時間以内に検査(検体を採取)する必要がある。私用車で入国する場合には、陰性結果であることを事前のウェブ登録(上記URL)の際に入力する必要があり、国境警備隊又は国家警察により登録の確認が実施される。例外として、11歳未満の子供、新型コロナウイルスに係るワクチン接種済みの者、乗組員及び空港制限区域を出ない乗り継ぎ客は陰性証明書取得義務の対象外となる。入国前48時間以内に実施したPCR検査の陰性証明書の提出を義務付けるほか、入国後10日間は、滞在場所から1キロメートル範囲の散歩以外の外出は認めず、店など人が集まる場所への出入りは禁止する(入国から7日目以降に自費でPCR検査を受け、陰性が証明された場合には、隔離期間の短縮が可能。)。空、海、陸路でリトアニアに到着する全ての人は、航空機、フェリー、バス、列車に搭乗する前に、国立社会保健センターのHP(https://keleiviams.nvsc.lt/en/form)からオンラインで登録を行い、搭乗時に、送られてきた認証コード(QRコード)を提示する必要がある。 2021年1月29日から同年3月31日まで、飛行機で入国する全ての者は、フライト前72時間以内のPCR検査又は簡易抗原検査の陰性証明書を、搭乗時に提示する必要がある(ルクセンブルク国外における滞在時間が72時間を超える6歳以上の者が対象。)。検査結果は紙又はデータ形式で、ルクセンブルク公用語(フランス語、ドイツ語若しくはルクセンブルク語)、英語、イタリア語、スペイン語又はポルトガル語の翻訳が添えられている必要がある(なお、国外滞在が72時間未満の者は、証拠としてこれを証明する書類等を提出する必要がある。)。  到着時に、EU及びシェンゲン域外からの旅行者は、フィンデル空港で検査を受ける必要がある(検査を受けることを拒否する場合は、ルクセンブルクでの規定に従い、陰性の検査結果を得るまで最大2週間の隔離を受ける必要がある。)。 なお、以下に該当する者は、上記規制の対象外とする。ルワンダ到着者(乗り継ぎを含む。例外は乗り継ぎが24時間以内で空港にとどまる者のみ。)は、出発前72時間以内に取得したPCR検査(RT-PCR)の陰性証明書を提示する必要があり、また、ルワンダ到着時に(2度目の)PCR検査を受検し、検査結果を待つ間、ルワンダ政府が指定する宿舎にて待機する必要がある。PCR検査の結果が陽性の場合は、専門医療機関に移送される。陰性の場合は、宿舎から移動可能。 ア レバノンに到着する航空便搭乗者で、レバノン国外での滞在歴が8日以上のものに対して、以下の措置がとられる。 イ レバノン国外での滞在歴が7日以下の者は、上記ア(ア)が免除される(その他は上記アと同様)。 ウ 以下の者は、上記ア(エ)及び(オ)が免除される(その他は上記アと同様)。 全ての外国人は、ロシアでのトランジットを含め、ロシア領内を目的地とした国際航空便に搭乗するに当たり、また、ロシア国境を通過するに当たり、ロシアへの渡航直前3日以内に受けたPCR検査の結果としてコロナ陰性であることを証明する文書(ロシア語又は英語のもの)を所持することが必要となる(※指定フォーマットはないものの、陰性証明書に検査機関の押印がないものは認められない場合がある。)。また、空港到着時には、無作為抽出で検査が実施される。さらに、労働活動のためにロシアに到着する外国人については、14日間の自己隔離を実施する義務がある。(了)駐日キューバ大使館ホームページ在キューバ日本国大使館ホームページ駐日ギリシャ大使館ホームページ在ギリシャ日本国大使館ホームページ駐日キルギス大使館ホームページ在キルギス日本国大使館ホームページ在グアテマラ日本国大使館ホームページクック諸島保健省の発表在グレナダ日本国大使館ホームページ駐日クロアチア共和国大使館ホームページ在クロアチア日本国大使館ホームページ駐日ケニア大使館ホームページ在ケニア日本国大使館ホームページ駐日コートジボワール大使館ホームページ在コートジボワール日本国大使館ホームページ在コスタリカ日本国大使館ホームページ駐日コソボ共和国大使館ホームページ在コソボ日本国大使館ホームページ在コモロ日本国大使館ホームページ駐日コロンビア大使館ホームページ外務省海外安全ホームページ(コロンビア)在コンゴ共和国日本国大使館ホームページ在コンゴ民主共和国日本国大使館ホームページ駐日サウジアラビア大使館ホームページ在サウジアラビア日本国大使館ホームページ在ザンビア日本国大使館ホームページ駐日サンマリノ大使館ホームページ在サンマリノ日本国大使館ホームページ在シエラレオネ日本国大使館ホームページ駐日ジブチ大使館ホームページ在ジブチ日本国大使館ホームページジブラルタル当局ウェブサイトの報道発表駐日ジャマイカ大使館ホームページ在ジャマイカ日本国大使館ホームページ駐日ジョージア大使館ホームページ在ジョージア日本国大使館ホームページ駐日シンガポール大使館ホームページ在シンガポール日本国大使館ホームページ在ジンバブエ日本国大使館ホームページ駐日スイス大使館ホームページ在スイス日本国大使館ホームページ駐日スウェーデン大使館ホームページ在スウェーデン日本国大使館ホームページ駐日スペイン大使館ホームページ在スペイン日本国大使館ホームページ駐日スリランカ大使館ホームページ在スリランカ日本国大使館ホームページ駐日スロバキア大使館ホームページ在スロバキア日本国大使館ホームページ在セーシェル日本国大使館ホームページ在赤道ギニア日本国大使館ホームページ駐日セルビア大使館ホームページ在セルビア日本国大使館ホームページ在セントクリストファー・ネービス日本国大使館ホームページ在セントビンセント日本国大使館ホームページ在セントルシア日本国大使館ホームページ駐日タイ大使館ホームページ在タイ日本国大使館ホームページ台北経済文化代表処公益財団法人日本台湾交流協会 台北事務所フランス領ポリネシア保健省プレスリリース駐日タンザニア大使館ホームページ在タンザニア日本国大使館ホームページ駐日チェコ共和国大使館ホームページ在チェコ共和国日本国大使館ホームページ在チャド日本国大使館ホームページ在中央アフリカ共和国日本国大使館ホームページこちらのリンク駐日中国大使館ホームページ在中国日本国大使館ホームページ在チュニジア日本国大使館ホームページ駐日チリ大使館ホームページ在チリ日本国大使館ホームページ駐日デンマーク大使館ホームページ在デンマーク日本国大使館ホームページ駐日ドイツ大使館ホームページ在ドイツ日本国大使館ホームページ在トーゴ日本国大使館ホームページ駐日ドミニカ共和国大使館ホームページ在ドミニカ共和国日本国大使館ホームページ在ドミニカ日本国大使館ホームページ駐日トルクメニスタン大使館ホームページ在トルクメニスタン日本国大使館ホームページ駐日トルコ大使館ホームページ在トルコ日本国大使館ホームページ在トンガ日本国大使館ホームページ駐日ナイジェリア大使館ホームページ在ナイジェリア日本国大使館ホームページ在ナウル日本国大使館ホームページ駐日ナミビア大使館ホームページ在ナミビア日本国大使館ホームページ在ニウエ日本国大使館ホームページ在ニカラグア日本国大使館ホームページ在ニジェール日本国大使館ホームページ駐日ニュージーランド大使館ホームページ在ニュージーランド日本国大使館ホームページ駐日ノルウェー大使館ホームページ在ノルウェー日本国大使館ホームページ駐日バーレーン大使館ホームページ在バーレーン日本国大使館ホームページ在ハイチ日本国大使館ホームページ駐日パキスタン大使館ホームページ在パキスタン日本国大使館ホームページ駐日パナマ大使館ホームページ在パナマ日本国大使館ホームページ在バハマ日本国大使館ホームページ駐日パプアニューギニア大使館ホームページ在パプアニューギニア日本国大使館ホームページ在パラオ日本国大使館ホームページ駐日パラグアイ大使館ホームページ在パラグアイ日本国大使館ホームページ在バルバドス日本国大使館ホームページ駐日パレスチナ常駐総代表部現地大使館からの最新安全情報(在イスラエル日本国大使館ホームページ)駐日バングラデシュ大使館ホームページ在バングラデシュ日本国大使館ホームページ駐日ハンガリー大使館ホームページ在ハンガリー日本国大使館ホームページ駐日フィジー大使館ホームページ在フィジー日本国大使館ホームページ駐日フィリピン大使館ホームページ在フィリピン日本国大使館ホームページ駐日フィンランド大使館ホームページ在フィンランド日本国大使館ホームページ駐日ブラジル大使館ホームページ在ブラジル日本国大使館ホームページ駐日フランス大使館ホームページ在フランス日本国大使館ホームページ駐日ブルガリア大使館ホームページ在ブルガリア日本国大使館ホームページ駐日ブルキナファソ大使館ホームページ在ブルキナファソ日本国大使館ホームページ駐日ブルネイ大使館ホームページ在ブルネイ日本国大使館ホームページ在ブルンジ日本国大使館ホームページ駐日米国大使館ホームページ在米国日本国大使館ホームページ在ハガッニャ日本国総領事館駐日ベトナム大使館ホームページ在ベトナム日本国大使館ホームページ駐日ベナン大使館ホームページ在ベナン日本国大使館ホームページ駐日ベネズエラ大使館ホームページ在ベネズエラ日本国大使館ホームページ駐日ベラルーシ大使館ホームページ在ベラルーシ日本国大使館ホームページ駐日ベリーズ大使館ホームページ在ベリーズ日本国大使館ホームページ駐日ペルー大使館ホームページ在ペルー日本国大使館ホームページ駐日ベルギー大使館ホームページ在ベルギー日本国大使館ホームページ駐日ポーランド大使館ホームページ在ポーランド日本国大使館ホームページ在ボスニア・ヘルツェゴビナ日本国大使館ホームページ駐日ボツワナ大使館ホームページ在ボツワナ日本国大使館ホームページ駐日ボリビア大使館ホームページ在ボリビア日本国大使館ホームページ駐日ポルトガル大使館ホームページ在ポルトガル日本国大使館ホームページ在香港日本国総領事館ホームページ駐日ホンジュラス大使館ホームページ在ホンジュラス日本国大使館ホームページ在香港日本国総領事館ホームページ在マラウイ日本国大使館ホームページ在マリ日本国大使館ホームページ在マルタ日本国大使館ホームページ駐日マレーシア大使館ホームページ在マレーシア日本国大使館ホームページ駐日南アフリカ大使館ホームページ在南アフリカ日本国大使館ホームページ駐日ミャンマー大使館ホームページ在ミャンマー日本国大使館ホームページ駐日モザンビーク大使館ホームページ在モザンビーク日本国大使館ホームページ在モナコ日本国大使館ホームページ駐日モルディブ大使館ホームページ在モルディブ日本国大使館ホームページ在モルドバ日本国大使館ホームページ駐日モロッコ大使館ホームページ在モロッコ日本国大使館ホームページ駐日モンゴル大使館ホームページ在モンゴル日本国大使館ホームページ在モンテネグロ日本国大使館ホームページ在ヨルダン日本国大使館ホームページ駐日ラオス大使館ホームページ在ラオス日本国大使館ホームページ駐日ラトビア大使館ホームページ在ラトビア日本国大使館ホームページ駐日リトアニア大使館ホームページ在リトアニア日本国大使館ホームページ駐日リビア大使館ホームページ在リビア日本国大使館ホームページ駐日ルクセンブルク大使館ホームページ在ルクセンブルク日本国大使館ホームページ駐日ルワンダ大使館ホームページ在ルワンダ日本国大使館ホームページ在レバノン日本国大使館ホームページ駐日ロシア大使館ホームページ在ロシア日本国大使館ホームページ在ユジノサハリンスク日本国総領事館ホームページ
Argentina
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Prohibit the entry of non-resident foreigners. However, the following persons are exceptionally permitted to enter the country at specific airports, ports and borders (Note). Note: Airports, ports and border areas where entry is permitted Homepage of the Embassy of Argentina in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Argentina
Brazil
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  After December 30, 2020, you will be required to show the airline a PCR negative certificate (RT-PCR, conducted 72 hours before boarding) and a pledge that the traveler is healthy before boarding. .. Homepage of the Embassy of Brazil in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Brazil
Chile
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Close borders except Santiago International Airport. Certain conditions are imposed upon entry (see the "Conditions and Action Restrictions on Entry" section for details). Homepage of the Chilean Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Chile
Colombia
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All international travelers must present a negative certificate of PCR testing performed within 96 hours prior to boarding. However, if the PCR test cannot be performed or the results of the PCR test cannot be obtained due to time constraints before travel, if the reason is verbally sworn, even if a negative certificate is not presented, aviation The company must allow the traveler to board. Those who enter the country without carrying a negative certificate will either (1) undergo a PCR test in Colombia and be quarantined voluntarily until a negative result is obtained, or (2) 14 days without a test or designated by the health authorities. It is necessary to take voluntary quarantine measures for the period. The cost of inspection and quarantine will be borne by the traveler. Homepage of the Embassy of Colombia in Japan Ministry of Foreign Affairs Overseas Safety Homepage (Colombia)
Venezuela
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Restrict emergency operations and operations of aircraft other than freight and mail planes. However, from November 2, 2020, 12 international airports in Venezuela (including Maiquetia (Caracas) International Airport) will be exceptionally allowed to operate commercial flights to Turkey, Mexico, Bolivia, Panama and the Dominican Republic. .. Venezuelan Embassy Homepage in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Venezuela
Grenada
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All travelers must carry a travel permit certificate and a PCR negative certificate conducted 72 hours before travel. You must also submit a health report, disclaimer and public health location information form upon arrival. All travelers are quarantined in licensed accommodation for up to 7 days and can undergo PCR testing on the 5th day to obtain permission to go out to public places. Travelers who have been vaccinated with the new coronavirus will be required to take the PCR test upon arrival after presenting the new coronavirus vaccination card instead of the above isolation measures. Homepage of the Embassy of Japan in Grenada
Belize
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  For all travelers, download the health check app within 72 hours before arrival and PCR test (RT-PCR) negative certificate performed within 96 hours before travel or within 48 hours before travel Prompt submission of a negative antigen test certificate (if not, the test will be compulsory at your own expense upon arrival). If you carry a formal vaccination card indicating that you have been vaccinated twice or once two weeks before your arrival, you do not need to submit a negative certificate. Tourists are allowed to stay in a government-certified hotel if negative is confirmed. Embassy of Belize in Japan Homepage Embassy of Japan in Belize Homepage
Guatemala
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All travelers over the age of 10 are required to carry a negative result of a PCR or antigen test performed within 96 hours prior to entry. In addition, masks are compulsory for those over 2 years old (exempt if they cannot tolerate wearing masks due to respiratory illness or severe dementia). All passengers are required to fill out the "Health Questionnaire" with public health information and submit it with a negative certificate before disembarking. Homepage of the Embassy of Japan in Guatemala
El Salvador
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All passengers entering El Salvador (excluding aircraft crew and infants under the age of 2) will receive a negative certificate of PCR test issued by a medical institution within 72 hours prior to boarding the aircraft heading for El Salvador. It is necessary to show the medical institution's signature / seal (no need to sign / seal) or the vaccination certificate at the counter of the airline you are boarding. Submit a negative certificate of PCR test as per.). Embassy of El Salvador in Japan Homepage Homepage of the Embassy of Japan in El Salvador
Honduras
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  On the government website (https://prechequeo.inm.gob.hn), you can register your health condition in advance and obtain a PCR test or rapid test (specificity 85%) within 72 hours before entering Japan. As mentioned above, it is necessary to show a negative certificate with a sensitivity of 98% or more (Note: Although there is no official announcement from the authorities, if you have a negative certificate, isolation measures have been imposed so far. No cases have been confirmed.) Homepage of Embassy of Honduras in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Honduras
Nicaragua
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  It is necessary to show a negative certificate of the real-time PCR test performed within 72 hours before arrival (for travel from Asia within 96 hours before arrival). If you have fever or respiratory illness, you will not be allowed to enter the country. Homepage of the Embassy of Japan in Nicaragua
Costa Rica
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  The conditions for foreigners to enter Costa Rica are as follows. Homepage of the Embassy of Japan in Costa Rica
Panama
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Embassy of Panama in Japan Homepage Homepage of the Embassy of Japan in Panama
Haiti
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All persons entering Haiti are required to submit a negative certificate of the new corona PCR test tested within 72 hours before travel and to report their health status for 14 days after entry. Homepage of the Embassy of Japan in Haiti
Bolivia
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Travelers over the age of 5 are required to submit an "affidavit" and a negative certificate of PCR test at the time of immigration. Please fill out the online format (https://www.rree.gob.bo/ingresobolivia/Registro.aspx?AspxAutoDetectCookieSupport=1) in advance and print out the "Affidavit". If the negative certificate of the PCR test is in English or Spanish, the format does not matter, but if you enter the country by air, within 72 hours before boarding in the first country of departure, if you enter by non-air route such as land, you will enter the country. PCR testing should be performed within 72 hours prior. In addition, quarantine measures will be implemented for at least 10 days after entering Japan (in principle, waiting at home. On the 7th day of quarantine measures, a PCR test will be conducted at your own expense, and if the test is positive, appropriate measures will be taken. It will be taken.). Homepage of the Bolivian Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Bolivia
Guyana
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All travelers must complete the pre-arrival passenger location information form online at least 24 hours prior to arrival. If you have a negative certificate of PCR test performed within 72 hours before your departure, you will be admitted to Japan. Homepage of the Embassy of Japan in Guyana
Ecuador
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All immigrants must present a negative certificate of PCR or antigen test performed within 3 days prior to arrival in Ecuador or a vaccinated certificate (exempt for travelers under 2 years old) .. In addition, if there are corona-related symptoms upon arrival in Ecuador, a simple antigen test will be carried out if the case is judged to be a "suspicious case" by being checked by the Ministry of Health staff before the immigration inspection. If the test is positive, you will be obliged to quarantine for 10 days at your home or at your chosen location at your own expense. Ecuadorian Embassy Homepage Homepage of the Embassy of Japan in Ecuador
Paraguay
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  To enter Paraguay, you will need the following: Homepage of the Embassy of Paraguay in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Paraguay
Suriname
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Close all borders for passenger transport by air, water and land. As an exception, if entry is permitted, Suriname is currently suspending visa exemption measures with Japan and will need to obtain a visa. Homepage of the Embassy of Japan in Suriname
Uruguay
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  As a general rule, entry is prohibited except for own citizens and foreign residents. Homepage of the Embassy of Uruguay in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Uruguay
Saint Lucia
2
There are post-arrival restrictions Stop all non-essential travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Immigrants will be screened, including body temperature tests, and all symptomatic travelers will be quarantined and tested. All travelers who test positive for the new coronavirus will be taken to a respiratory hospital for treatment at their own expense. Immigrants must either have a confirmed stay at the accommodation (certified against new coronavirus) or a pre-established stay at a government-operated isolation facility for the duration of their stay. It is necessary to be. In addition, all immigrants are required to send a negative certificate of PCR test conducted within 5 days before arrival by e-mail in advance and to complete the pre-registration form as soon as possible. When traveling, it is necessary to print out and carry a PCR negative certificate, an automatic response email for registration completion, and a travel permit. Travelers from within the designated travel area who have stayed in the area for the last 21 days will be excluded from the quarantine measures. Guests from outside the designated travel area must stay at the property for the duration of their stay, except when participating in authorized recreation. * Designated travel areas: Antigua and Barbuda, Anguilla, Dominica, Grenada, Montserrat, Saint Kitts and Nevis, Saint Vincent Homepage of the Embassy of Japan in Saint Lucia
Dominica
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All travelers must submit a health questionnaire online at least 24 hours before arrival. In addition, before boarding and upon arrival, a questionnaire regarding health status must be presented, and a PCR negative certificate obtained within 24 to 72 hours before arrival must be submitted. Travelers are required to undergo a health test, including a body temperature test, upon arrival and are subject to a rapid antibody test ( Rapid Test ) (for travelers from the Calicom travel zone, direct flights are available. , You do not need to submit a PCR negative certificate unless you are visiting a low, medium or high risk country within 21 days). The quarantine measures according to the country of stay and the country of transit within 21 days before arrival are as follows. Japan is included in high-risk countries. If you have a high fever, abnormal health, or a positive rapid antibody test ( Rapid Test ), you will be charged with a PCR test and will be charged by the traveler at a government-approved facility until you wait for the result. It becomes a quarantine measure. If the test is positive, it will be quarantined until permission is obtained from the health authorities. Travelers must wear a mask from entry to departure, observe physical and physical distances, and follow the instructions of health authorities. Homepage of the Embassy of Japan in Dominican Republic
St. Vincent and the Grenadines
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All immigrants must complete the arrival form online in advance. In addition, you must carry a PCR test (RT-PCR) negative certificate within 72 hours of arrival. Imposing a PCR test on arrival. Upon arrival, you will be required to quarantine for 14 days at a hotel approved by the Japan Tourism Agency or the Ministry of Health. You must carry a paid accommodation proof with you upon arrival. Re-examination will be imposed between the 4th and 7th days after the start of quarantine. In addition, the period of isolation for those who can present the documentary evidence issued by the competent authority that the new coronavirus vaccine has been vaccinated approved by the Ministry of Health of St. Vincent (4 weeks must have passed since the last vaccination). It will be 7 days and a re-examination will be imposed on the 5th day. Homepage of the Embassy of Japan in St. Vincent
Dominican Republic
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  A body temperature test will be conducted on the traveler, and if there is a fever of 38 degrees or higher or symptoms of the new coronavirus, a simple test will be performed. In the case of a positive reaction, measures such as quarantine at a government-designated facility will be taken based on the country's code of conduct. Homepage of the Dominican Republic Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in the Dominican Republic
Trinidad and Tobago
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  Without government permission, all airports and ports will be closed for aircraft and vessels entering and leaving the port for the purpose of passenger transportation. Homepage of the Embassy of Japan in Trinidad and Tobago
St. Kitts and Nevis.
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All travelers should complete a travel permit form on their website (www.knatravelform.kn) prior to arrival and a PCR negative certificate (RT-PCR) negative certificate performed within 72 hours prior to travel. You must upload (notation). It is necessary to carry a copy of the negative certificate when traveling. Upon arrival at the airport, screening including temperature tests and health questionnaires will be required and the new Coronavirus Contact Tracking Mobile App must be downloaded. The quarantine measures according to the length of stay are as follows. ・ Up to 7 days after arrival: You can move and carry out activities within your hotel. -From 8th to 14th day after arrival: PCR test will be imposed on the 7th day. If the result is negative, participation in the designated recreation is permitted. 14 days or more after arrival: PCR test is imposed on the 14th day. If the result is negative, activities equivalent to those of a resident of the country are permitted. Homepage of the Embassy of Japan in Saint Kitts and Nevis
Jamaica
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All returnees and immigrants require prior approval from the Jamaican government. Pre-approval procedures for foreign residents (work permits, marriages and dependents of Jamaican citizens) at Jamcovid19.moh.gov.jm and for tourism and commercial purposes at visitjamaica.com There is a need. Embassy of Jamaica Homepage in Japan Homepage of the Embassy of Japan in Jamaica
United States of America / USA (mainland)
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  To enter the United States (by air), a new coronavirus negative certificate obtained within 3 days before the departure of the flight to the United States is required (from January 26, 2021). In addition, the US Centers for Disease Control and Prevention (CDC) has taken the following measures in addition to daily measures such as securing distance from others, frequent hand washing, wearing masks, and self-observation, as measures to control the spread of infection due to travel. Recommended to do. If you engage in "high risk activities" while traveling abroad, in addition to daily measures, do the following after the trip. (Note) In addition to the following states, various action restriction measures may be taken to control the spread of infection at the state / local government (county, city, etc.) level, so the state / region of the destination Attention should be paid to government measures. (Northern Mariana Islands) Regarding travel to the Northern Mariana Islands, 14 days after travel will be voluntary by presenting a negative certificate by PCR test that was examined within 3 to 6 days before entering the island and by being negative at the time of arrival and 5 days after arrival. Exempt from quarantine. (Guam) As a general rule, all persons entering the country will be subject to 14 days of forced quarantine at a Guam government-designated facility. However, if the test is voluntarily taken on the 6th day of quarantine and the result is negative, the quarantine can be quarantined at home or at a hotel reserved by the person for the rest of the period up to the 14th day. Also, for travelers by direct flight (whether by plane or ship) from a country that has not been infected with the new coronavirus (see https://covid19.who.int/), this does not apply. Absent. Violators will be fined up to US $ 1,000 and / or imprisoned for up to one year. (Hawaii) All out-of-state travelers (including Hawaii residents) are required to self-quarantine for 10 days, and offenders are either penalized for up to US $ 5,000 or imprisoned for up to one year. Impose both. However, for travelers from the mainland US and Japan, if you take a PCR test at a medical institution designated by the state of Hawaii within 72 hours before departure and present a negative certificate when you arrive in Hawaii, after arrival Exempt from self-quarantine for 10 days. Homepage of the US Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in the United States Consulate-General of Japan in Hagagna
The Bahamas
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All passengers entering the Bahamas are required to obtain a negative certificate and health visa from the RT-PCR test for the new coronavirus dated within 5 days prior to arrival (https://travel.gov. bs /). It is necessary to take an antigen test on arrival and on the 5th day after arrival. Homepage of the Embassy of Japan in the Bahamas
Barbados
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All immigrants must submit their immigration card online at least 24 hours before arrival (www.travelform.gov.bb). In addition, travelers from high-risk and medium-risk countries / regions must submit a negative certificate of PCR test within 3 days before arrival (21st for immigrants from ultra-low-risk countries / regions). No prior or arrival PCR test results are required unless you have visited high, medium or low risk countries / regions within.) The quarantine measures according to the category of the country / region where you stayed / transferred within 21 days before arrival are as follows. All immigrants must comply with government infection control measures, including ensuring social distance, hygiene and wearing masks, during their stay. Symptoms should be reported to a hygiene officer or accommodation official. Homepage of the Embassy of Japan in Barbados
Antigua and Barbuda
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  All travelers must wear a mask upon entry, health declarations, screening and temperature measurements are imposed upon arrival at the airport and are monitored in accordance with quarantine regulations, wearing monitoring bracelets. During your stay, you must always wear a mask in public places. In addition, travelers with symptoms of the new coronavirus will be quarantined as required by health authorities. Travelers, etc. who make connections that require one night are required to wait at accommodation facilities, etc. designated by the government. All travelers, including those connecting, are required to carry a negative certificate of PCR test (RT-PCR) by the nasopharyngeal or oropharyngeal swab method performed within 7 days before entering Japan. Homepage of the Embassy of Japan in Antigua and Barbuda
United States of America / USA (Hawaii)
3
There are post-arrival restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  To enter the United States (by air), a new coronavirus negative certificate obtained within 3 days before the departure of the flight to the United States is required (from January 26, 2021). In addition, the US Centers for Disease Control and Prevention (CDC) has taken the following measures in addition to daily measures such as securing distance from others, frequent hand washing, wearing masks, and self-observation, as measures to control the spread of infection due to travel. Recommended to do. If you engage in "high risk activities" while traveling abroad, in addition to daily measures, do the following after the trip. (Note) In addition to the following states, various action restriction measures may be taken to control the spread of infection at the state / local government (county, city, etc.) level, so the state / region of the destination Attention should be paid to government measures. (Northern Mariana Islands) Regarding travel to the Northern Mariana Islands, 14 days after travel will be voluntary by presenting a negative certificate by PCR test that was examined within 3 to 6 days before entering the island and by being negative at the time of arrival and 5 days after arrival. Exempt from quarantine. (Guam) As a general rule, all persons entering the country will be subject to 14 days of forced quarantine at a Guam government-designated facility. However, if the test is voluntarily taken on the 6th day of quarantine and the result is negative, the quarantine can be quarantined at home or at a hotel reserved by the person for the rest of the period up to the 14th day. Also, for travelers by direct flight (whether by plane or ship) from a country that has not been infected with the new coronavirus (see https://covid19.who.int/), this does not apply. Absent. Violators will be fined up to US $ 1,000 and / or imprisoned for up to one year. (Hawaii) All out-of-state travelers (including Hawaii residents) are required to self-quarantine for 10 days, and offenders are either penalized for up to US $ 5,000 or imprisoned for up to one year. Impose both. However, for travelers from the mainland US and Japan, if you take a PCR test at a medical institution designated by the state of Hawaii within 72 hours before departure and present a negative certificate when you arrive in Hawaii, after arrival Exempt from self-quarantine for 10 days. Homepage of the US Embassy in Japan Homepage of the Embassy of Japan in the United States Consulate-General of Japan in Hagagna
Canada
3
There are entry restrictions Do not travel / May 7, 2021, 10:59 a.m.  A. In principle, foreigners from all countries except the United States are prohibited from entering the country. The exceptions are as follows. Embassy of Canada to Japan Homepage Homepage of the Embassy of Japan in Canada