出典:外務省海外安全情報
2022年12月1日4:22更新

ボリビアの渡航安全情報

渡航危険レベル
1
マスク着用必要
ソーシャルディスタンス必要
外出制限あり
施設・店舗の営業制限あり
テロに関する注意あり
デモに関する注意あり

日本からの入国後の行動制限について

2022年11月29日8:21

海外からボリビアへ入国する際には、国籍を問わず、以下の証明書のいずれか1つを提示する必要がある。

ア 入国の14日以上前のワクチン接種の証明書(2回分。紙媒体か電子媒体かを問わない)(※1)

※1 なお、上記防疫措置の免除・緩和について、日本の市区町村等で発行するワクチン接種証明書の有効性は現在確認中。

イ PCR検査の陰性証明書(5歳以上の渡航者のみ)を提示する必要がある。
 ・空路入国の場合、同検査は、最初の出発国での搭乗前72時間以内に実施する必要がある。
 ・陸路等での入国の場合、同検査は、ボリビア入国前72時間以内に実施する必要がある。

 ※2 PCR検査の場合、ボリビア当局は検体採取の方法を指定していないが、これまで、入国現場では、鼻腔検体のみが有効であるとの担当者の誤解からトラブルになったケースもあり、鼻腔検体によるPCR検査が推奨される。

ウ 鼻腔検体による抗原検査の陰性証明書(5歳以上の渡航者のみ)
 ・空路入国の場合、同検査は、最初の出発国での搭乗前48時間以内に実施する必要がある。
 ・陸路等での入国の場合、同検査は、ボリビア入国前48時間以内に実施する必要がある。

もっと読む
さらに詳しい情報はVELTRA kiteでご確認ください
日本入国時・帰国時の情報は厚生労働省・入国者健康確認センターでご確認ください