出典:外務省海外安全情報
2022年9月27日3:58更新

パラオの渡航安全情報

渡航危険レベル
1
マスク着用必要
ソーシャルディスタンス必要
外出制限あり
施設・店舗の営業制限あり
テロに関する注意あり
デモに関する注意あり

日本からの入国後の行動制限について

2022年7月15日6:38

パラオに入国する全ての者は、それぞれの出発地にて、パラオへの出発前に14日間のソーシャルディスタンスの維持、マスクの着用及び大規模集会の参加自粛を実施し、出発14日前までに最終接種が行われた新型コロナウイルスワクチン完全接種証明書、及び出発前3日以内に受検したPCR検査の陰性証明書又は出発前1日以内に受検した新型コロナウイルス抗原検査の陰性結果を航空会社に提示しなければならない(接種したワクチンは、米国食品医薬品局(FDA)又は世界保健機関(WHO)のいずれかが緊急使用許可を承認又は認可したものでなければならない。また、抗原検査については、FDA又はWHOが承認又は許可するものでなければならない。)。

パラオ到着後の検疫措置として、4日間の自己健康観察を行わなければならない(観察期間中は要マスク着用)。また、入国後3~5日目の間に新型コロナウイルス検査の受検が推奨される。

もっと読む
さらに詳しい情報はVELTRA kiteでご確認ください
日本入国時・帰国時の情報は厚生労働省・入国者健康確認センターでご確認ください