毎年9月の第2土・日曜日には「モスクワの日」が…

2022年9月25日 21:09 JST
ロシアモスクワ

現地の街の様子

毎年9月の第2土・日曜日には「モスクワの日」が祝われています。2020年と2021年は新型コロナウイルスの影響で大きなイベントが中止となりましたが、今年、モスクワが創建875年を迎えて、モスクワ政府が盛大なお祝いを開催すると決定しました。
お祝いにはコンサート、マスタークラス、フェスティバル、夜の花火が含まれました。主な開催会場は赤の広場とトヴェルスカヤ通りでした。トヴェルスカヤ通りは歩行者専用道路に変わって、4つのテーマゾーンが設けられました。テーマゾーンには「モスクワ川」、「モスクワの公共交通機関」 、「市のファッション産業」とコンサートステージがありました。モスクワ市内ではどこに行っても様々なイベントをやっていてにぎやかでした。深夜までお祝いが続いたので、その週末はモスクワの地下鉄が24時間運行していました。

ロシア、モスクワの現状と現地の街の様子 1枚目の写真

ジェーニャさんの最近の声

ロシア
モスクワ

2022年11月20日

現地の街の様子

最近、モスクワはめっきり寒くなってきて、冬に突入しました。街中はお正月を迎えるための準備が始められています。通りやショッピングセンターはクリスマスのガーランドとデコレーションで飾られました。
11月末にモスクワ全体でスケートリンクが再開されます。11月25日、全ロシア博覧センター(VDNKh)で世界最大級のスケートリンクがオープンします。アイススケートリンクは「人々の友情」、「石の花」それぞれのすばらしい噴水の周りに設置されて、その面積は20,000平方メートル以上になります。冬のVDNKhは多くの人を魅了します。

ロシア、モスクワの現状と現地の街の様子 1枚目の写真
ロシア、モスクワの現状と現地の街の様子 2枚目の写真

ロシア
モスクワ

2022年11月20日

新型コロナに関する現地情報

2022年11月18日 モスクワ市:
感染者数 - 3,245,100人 (+823人)
死者数 - 46,833人 (+12人)
回復者数 - 3,053,923人(+1232人)

観光地の様子

キーンと気持ちのいい朝の薄氷がきれいな季節になりました。
今だからこそロシア・ウクライナ・ベラルーシを知るための留学・旅行のお問い合わせは↓
https://www.jic-web.co.…

ロシア、サンクトペテルブルクの現状と観光地の様子 1枚目の写真