2022年9月21日よりモスクワの歴史博物館で…

2022年10月23日 15:10 JST
ロシアモスクワ

現地の街の様子

2022年9月21日よりモスクワの歴史博物館で「クリノリン・ジャケット・スウェットシャツ」という展覧会が開幕しました。19世紀後半から2022年までのロシアの女性ファッション史を振り返る展覧会です。
展覧会では19世紀のコルセットのドレス、イブニングドレス、普通の市民と裕福な女性の洋服が展示されます。衣服だけではなく、靴、ハンドバッグ、化粧品、その他のアクセサリーも見られます。約150点の展示は非常に見応えがあります。華やかな衣装を見ると、別世界に来たような気分になれます。

ロシア、モスクワの現状と現地の街の様子 1枚目の写真

ジェーニャさんの最近の声

現地の街の様子

ロシア史上、一番人気のソ連のアニメは「チェブラーシカ」です。チェブラーシカは「ワニのゲーナ」の絵本のキャラクターです。
1969年にソユーズムリトフィルムのアニメーション監督は人形アニメで作成しました。そのころからチェブラーシカはポピュラーなキャラクターになりました。
2023年1月からアニメ「チェブラーシカ」をリメイクした映画がロシアで公開され、新年休暇中にヒットとなっていました。映画館は子連れでいっぱいでした。「チェブラーシカ」は興行収入は50億ルーブルを超えて、ロシア映画で歴代トップになりました。

映画に関する4つの興味深い事実:
・チェブラーシカはロシア南部(ソチ、ピャチゴルスク、キスロヴォツク)で撮影が行われました。
・映画の撮影とき、オレンジが6トン使用されました。
・26匹のラット、8匹のオウム、6匹のモルモット、ブルドッグとイグアナ1匹が参加しました。
・映画では、ゲーナはワニではなく、樹木園で庭師として働く人間(ゲンナディ)です。

ロシア、モスクワの現状と現地の街の様子 1枚目の写真

ロシア
モスクワ

2022年12月25日

現地の街の様子

ロシアでは12月末から冬休みが始まります。今年の祝日は土日と重なり、9日間のお休みになります。
お正月まで残り1週間しかありませんが、モスクワ人はお正月モードに入りました。仕事の締め切りがたくさんあります。その上、大掃除を行ったり、お正月の飾りつけをしたり、プレゼントを準備したりして、いろいろな家事で忙しいです。子どもも大人も冬休みを待っています。
モスクワの通りも綺麗になり、およそ200本の素敵なクリスマスツリーが飾られています。
でも、クレムリンのクリスマスツリーが一番きれいだと考えられています。国の主要なクリスマスツリーです。主要なクリスマスツリーを選ぶ特別委員会があり、毎年、専門家は木々の外見をよく観察します。松は高くフワフワして、樹齢は約100年でなければなりません。専門家によると、100年近く生きている松は徐々に弱っていって、切り倒しても環境に影響はないそうです。
2023年のメインのクリスマスツリーは高さ27メートル、幹の直径56センチ、樹齢は95年です。クレムリンのツリーの装飾は完成するまでに数日かかります。今年は12月23日に完了しました。装飾は毎年あまり変わりません。新年のツリーは金、白、赤のボールとライトで飾られます。
皆様にとって素敵な2023年になりますように!

ロシア、モスクワの現状と現地の街の様子 1枚目の写真
ロシア、モスクワの現状と現地の街の様子 2枚目の写真

観光地の様子

バイカル湖の澄んだ氷でデトックス。唯一無二の体験をお手伝いします。
今だからこそロシア・ウクライナ・ベラルーシを知るための留学・旅行のお問い合わせは↓
https://www.jic-web.co.…

ロシア、サンクトペテルブルクの現状と観光地の様子 1枚目の写真