出典:外務省海外安全情報
2022年9月27日4:03更新

フランスの渡航安全情報

渡航危険レベル
1
マスク着用必要
ソーシャルディスタンス必要
外出制限あり
施設・店舗の営業制限あり
テロに関する注意あり
デモに関する注意あり

日本からの入国後の行動制限について

2022年7月15日6:38

日本からフランスに渡航する場合ワクチン接種済み(※)であれば、搭乗前の検査、到着時の検査及び到着後の隔離は不要。

ワクチン未接種の場合は以下のいずれかが必要。

 ア 入国前72時間以内に実施したPCR検査又は入国前48時間以内に実施した抗原検査の陰性証明書

 イ 罹患した際に実施したPCR検査又は抗原検査の陽性証明書(陽性判明から11日以上経過しており、6か月以内のものであることが必要)

 ※ ワクチン接種済みと認定されるための要件については、以下のとおり。

 (1)2回接種型ワクチン(ファイザー/コミナティ、モデルナ、アストラゼネカ/バキスゼブリア/コビシールド)を2回接種後7日以上、又は1回接種型ワクチン(ジョンソン・エンド・ジョンソン)を接種後28日以上経過していること。

 (2)世界保健機関(WHO)緊急使用リストに掲載されているものの、欧州医薬品庁に認められていないワクチン(コバクシン、シノバック/コロナバック又はシノファーム/BBIB-PveroCells)を2回接種後、mRNAワクチン1回を追加接種して7日以上経過していること。

 (3)上記に加え、18歳以上の全ての渡航者は、最終接種後、9か月以内に追加的にmRNAワクチン(モデルナ又はファイザー)を接種する必要がある。

もっと読む
さらに詳しい情報はVELTRA kiteでご確認ください
日本入国時・帰国時の情報は厚生労働省・入国者健康確認センターでご確認ください