出典:外務省海外安全情報
2022年7月19日3:53更新

ケニアの渡航安全情報

渡航危険レベル
4
マスク着用必要
ソーシャルディスタンス必要
外出制限あり
施設・店舗の営業制限あり
テロに関する注意あり
デモに関する注意あり

日本からの入国後の行動制限について

2022年7月15日6:38

ア 証明書
(ア)全てのケニアへの渡航者は、新型コロナワクチン接種証明書を保持していなければならない。(※)

イ 免除対象
(ア)PCR検査要件免除対象者:
 ●2回のワクチン接種を完了している渡航者
(イ)新型コロナワクチン接種要件免除対象者:
 ●健康状態を理由にワクチン未接種の者。該当者は、医師が作成した、ワクチン未接種の医学的根拠を記した文書を提出することが求められる。
 ●90日以内に新型コロナウイルスに感染した者や、その回復期にあった者。該当者は、90日以内に感染から回復したことを記載した、医師作成の文書の提出が求められる。
 ●ワクチン未接種のケニア国籍者で、現在の居住国でワクチン接種が難しい者。該当者は、渡航前に「Chanjo-ke」に登録し、ケニア到着次第ワクチンを接種しなければならない。入国前に登録の証明が求められる。
(ウ)新型コロナワクチン接種及びPCR検査要件免除対象者:
 ●5歳未満の子供

ウ 到着後検査
 ワクチン接種を完了していない者は、ケニア到着時に自費(30米ドル)にて抗原検査を受検しなければならない。同抗原検査の結果、陽性であった場合、自費(50米ドル)にてPCR検査を再受検し、自主隔離を実施する。5歳未満の子どもに対するPCR検査要件は免除する。

エ 必要書類
(ア)全てのケニアへの渡航者は、渡航前にTravelers’ Locator Formに登録しなければならない。( https://ears.health.go.ke/airline_registration/ 及び Jitenge App )
(イ)ワクチンや検査の証明書は、https://globalhaven.org/にアップロードしなければならない。
(ウ)ケニアを出国する場合には、渡航先の国の新型コロナ水際対策措置等に従うことが求められる。

※ なお、上記防疫措置の免除・緩和について、日本の市区町村等で発行するワクチン接種証明書の有効性は現在確認中。

もっと読む
さらに詳しい情報はVELTRA kiteでご確認ください
日本入国時・帰国時の情報は厚生労働省・入国者健康確認センターでご確認ください