<最後のサマータイム?始まります>…

2023年3月11日 12:03 JSTemotionless
アメリカニューヨーク

現地の街の様子

<最後のサマータイム?始まります>

2023年3月12日(日)から
アメリカではサマータイムになります。

冬が終わると
日の出が早くなり、
日没が遅くなるので

早く起きて、仕事をして、
夕方以降の明るい時間を余暇で沢山楽しんで

太陽が照らしている明るい時間を最大活用
=「日光を節約」
するので
「Daylight Saving Time(DST)」とも言われます。

わかりやすく言うと、
日曜日の未明(感覚的には土曜の深夜)に
デジタルの時計は1時間勝手に進みます。

手動の時計の場合は、
寝る前に時計を1時間進めて寝る。

つまり日曜の朝は寝る時間が1時間短くなるので

毎年、日曜朝の私の「ハーレムゴスペルツアー」の前には
細心の注意をして
サマータイムが無い日本で生きている皆さんに注意を促します。

昨日までの感覚でいると
完全に1時間遅刻になってしまいますからね(涙)。

この「時間を変更して暮らす」のは
人によっては体内時計の調整が難しくて、

うつ病などの健康被害増加や
毎年この日は交通事故が多くなる統計もあり、

ヨーロッパではすでに廃止が進んでいますね。

アメリカも
「夏時間廃止」
「通年でDaylight Saving Timeを採用」
と言う案が議会を通過しているので

もしかしたら今年が「最後のサマータイム」
になるかもしれません。


今年こそは
1時間寝る時間を損する感覚を
楽しんで味わいたいと思いますw
(反対に冬時間になる時は1時間余分に寝られて嬉しいのですが)



NYに来たら
そんなNY情報満載の
私くしKimikoのハーレムツアーで皆さんとお会いできるのを楽しみにしています

⚫︎松尾公子のハーレムツアー

https://www.veltra.com/jp/north_america/new_york/p/10511


◉YouTubeチャンネル KimikoHarlem
※ツイッター・インスタ @KimikoHarlem
ブログ https://ameblo.jp/harlemusic/

アメリカ、ニューヨークの現状と現地の街の様子 1枚目の写真

松尾公子さんの最近の声

観光地の様子

<NYに世界最大のバンクシーミュージアムOPEN>

謎に包まれたストリートアーティスト
「バンクシー」の

世界最大コレクション160点を展示する
バンクシーミュージアムが

2024年5月15日
ニューヨーク・マンハッタンの
ソーホーSOHOエリアにオープンしました!

バンクシーと言えば、
イギリス拠点ですが、

神出鬼没で
世界のあらゆるところに
ある日突然、作品を残していく
ミステリアスなアーティスト。

戦争と平和、社会的、政治的メッセージなど
シリアスな現実を
ユーモアや風刺で表現して

そのメッセージ性や
勝手に描いてる場所などで

賛否両論ありますが、

その作品は

紛争地で消えてしまったり
勝手に描いてるので勝手に消されたり
転売目的で急遽跡形も無くなったり、、、

そうして
消されたり撤去された全作品を

複数の選ばれた有能なアーティスト達が
レプリカで実物大に再現し

ストリートの雰囲気そのままに
ニューヨークで展示されています。


バンクシーの作品のほとんどは
スマホの写真など小さな画面で見るのがほとんどだと思いますが、

ここなら全部実物大で
直に見ることが出来るいうのは凄いですよね。

NYに来たら、これは必見です!

< Banksy Museum NYC >
277 Canal Street, New York, 10013

10am - 8pm
大人 $30

チケット購入は公式サイトより

https://museumbanksy.co…


ー ー ー

NYに来たら
NY情報・エンタメ情報満載の
松尾公子のハーレムツアーへ是非どうぞ

https://www.veltra.com/…


◉YouTubeチャンネル KimikoHarlem
※ツイッター・インスタ @KimikoHarlem
ブログ https://ameblo.jp/harle…

アメリカ、ニューヨークの現状と観光地の様子 1枚目の写真

現地の街の様子

<今年のトニー賞受賞式は初のリンカーンセンターで!>


ブロードウェイ・ミュージカルの
最高峰を決める
「トニー賞」のノミネーションが発表されました↓
 https://www.tonyawards.…


以前にこのサイトでもご紹介した、

アリシア・キーズが企画から楽曲まで手掛けた
「ヘルズ・キッチン」が

ナント!
“ミュージカル作品賞” “主演女優賞” を含む
今年最多の13ノミネートを獲得しています⭐︎
(作品については、
2023年11月&12月の投稿をご覧ください)


さらに!
今年の授賞式は
史上初「リンカーンセンター」で
開催されることになりました。


リンカーンセンターは
マンハッタン西62〜65丁目に堂々と美しく建つ芸術複合施設。

メトロポリタンオペラや
NYシティバレエ団や
ニューヨークフィルハーモニックの
拠点でもあります。


あの大階段が
初のトニー賞レッドカーペット(赤絨毯)
になるのも楽しみです。


⚫︎2024年トニー賞授賞式
6月16日(日) NY時間夜8時〜
(日本時間17(月)朝9時〜)

※授賞式ホストは、
「ウエスト・サイド・ストーリー」でアカデミー賞助演女優賞を受賞したアリアナ・デボーズ。
3年連続、抜群の歌とダンスでステージを盛り上げます。


「トニー賞」とは
前年4月末からの1年間に、NYブロードウェイで開幕したミュージカル作品から発表される米国演劇界で最も権威のある賞で、

ここで発表された作品たちは
大いに注目されて、
しばらくはチケット入手困難になりますよ。

是非チェックして
NYにお越しの際に観るミュージカルの
参考になさって下さい。

ー ー ー

NYに来たら
NY情報・エンタメ情報満載の
松尾公子のハーレムツアーへ是非どうぞ

https://www.veltra.com/…


◉YouTubeチャンネル KimikoHarlem
※ツイッター・インスタ @KimikoHarlem
ブログ https://ameblo.jp/harle…

アメリカ、ニューヨークの現状と現地の街の様子 1枚目の写真
アメリカ、ニューヨークの現状と現地の街の様子 2枚目の写真

観光地の様子

<NYの新名所ハドソンヤードのシンボルやっと再開>

コロナ明けのNY新名所のひとつは、

マンハッタン西に
近未来都市のようにビルが聳え立つ
「ハドソンヤード」。


その中央に2019年に登場した
「ベッセル」は

蜂の巣のような独特のデザインで
一躍、人気のシンボルとなりましたが


その後すぐコロナになって

NYの厳格な外出禁止期間に

無人のこの建物から
自ら命を落とす人が続いたため

2021年に
クローズとなってしまいました。


外から眺めるだけだったこのベッセルが

いよいよ!
間も無く

鉄の柵で安全性をしっかりと確保した上で
再オープンする発表がありました。


オープン日が発表されたら
またお知らせさせていただきますね。


世界のツーリストも
コロナ前の最大数に戻って来ている
元気なニューヨークに

またひとつ明るいニュースでした⭐︎


ー ー ー

NYに来たら
NY情報・エンタメ情報満載の
松尾公子のハーレムツアーへ是非どうぞ

https://www.veltra.com/…


◉YouTubeチャンネル KimikoHarlem
※ツイッター・インスタ @KimikoHarlem
ブログ https://ameblo.jp/harle…

アメリカ、ニューヨークの現状と観光地の様子 1枚目の写真