Nigeria travel advisories

translated by google
Source: Ministry of Foreign Affairs International Safety Information
Travel advisories Updated on Oct. 5, 2022, 4:22 a.m.
4
Evacuate country & do not travel

The following information has been provided by the Japanese Ministry of Foreign Affairs. The information is subject to change without notice. This is not a comprehensive list, and you are urged to check the most up-to-date information and details.

Table of contents

Entry information for travelers from Japan

Post-arrival restrictions

July 15, 2022, 6:38 a.m.

All travelers who have completed vaccination are exempt from pre-departure PCR testing and post-departure PCR testing or antigen testing.
B. All travelers who have not completed vaccination are required to have a PCR test within 48 hours before departure and a PCR test on the 2nd and 7th days after arrival in Nigeria.
C. Children under the age of 18 will be treated the same as those who have completed vaccination. (*)
D. All travelers must register with the online travel portal prior to travel.
Those who have completed vaccination are those who have been vaccinated twice with one of the following vaccines (1) to (9) or one of the following vaccines (10) to (11) two weeks or more before travel. Refers to a person who has been vaccinated once.
(1) Pfizer
(2) Moderna
(3) AstraZeneca
(4) Sputnik
(5) China National Pharmaceutical
(6) Sinovac
(7) Covaxin
(8) Cobo Bucks
(9) Nubakisovid
(10) Janssen (Johnson & Johnson)
(11) Sputnik Light

* Regarding the exemption / mitigation of the above epidemic prevention measures, the validity of vaccination certificates issued by municipalities in Japan is currently being confirmed.

COVID-19 risks

Aug. 24, 2022, midnight

8月24日、41か国の感染症危険情報をレベル3(渡航中止勧告)からレベル2(不要不急の渡航は止めてください)に、55か国・地域の感染症危険情報をレベル2(不要不急の渡航は止めてください)からレベル1(十分注意してください)に引き下げました。

July 25, 2022, midnight

7月23日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は、サル痘の世界的な感染拡大が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」である旨認定しました。WHOによれば、これまでにサル痘の感染は75か国・地域、累計で16,000人以上の症例が報告されており、感染は世界的な広がりを見せています。

July 1, 2022, midnight

Although the infection status of the new corona varies depending on the situation in each country and region, the risk of death and aggravation has decreased, and deregulation at the water's edge and in Japan has also been seen, especially in countries where vaccination is progressing worldwide. I'm on the way. Based on these trends, the infectious disease risk information level is now available after comprehensively considering the actual conditions of each country / region, such as the status of infection, vaccination status, infectious disease control / medical system, and status of various measures in each country / region. Was reviewed.

May 26, 2022, midnight

Although the infection status of the new corona varies depending on the situation in each country and region, the number of new infections and deaths is declining worldwide, and the risk of death and aggravation is mainly in countries where vaccination is progressing. Is declining, and regulations are being relaxed at the water's edge and in Japan. Based on these trends, the infectious disease risk information level is now available after comprehensively considering the actual conditions of each country / region, such as the status of infection, vaccination status, infectious disease control / medical system, and status of various measures in each country / region. Was reviewed.

April 1, 2022, midnight

The level of infectious disease risk information should be reviewed after comprehensively considering the actual situation of each country / region, such as the number of newly infected people in each country / region, vaccination status, infectious disease control / medical system, and status of various measures. It was made. As a result, infectious disease risk information has been reduced from Level 3 "Recommendation for suspension of travel" to Level 2 "Please stop unnecessary and unurgent travel" in 106 countries.

Nov. 29, 2021, midnight

As the infection may spread further, please be informed and try to prevent the infection.

Aug. 13, 2021, midnight

As the infection may spread further, please obtain the latest information and try to prevent the infection.

May 18, 2021, midnight

Coronavirus infections are still spreading worldwide, with more than 160 million confirmed infections and more than 3 million deaths worldwide. Although the number of infected people is decreasing in North America and Europe, the situation continues to require caution, such as the remarkable spread of infection in South Asia.
Based on this situation, the infectious disease risk information level in Cambodia, Sri Lanka, Seychelles, Saint Lucia, Thailand, East Timor, and Mongolia has been newly set to Level 2 by comprehensively considering various situations including the deterioration of the infection situation. "Please stop unnecessary and unurgent travel" has been raised to Level 3 "Travel Cancellation Recommendation".

Oct. 30, 2020, midnight

As the infection may spread further, please obtain the latest information and try to prevent the infection.

Local and national news

Information for the past 30 days.

新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(2022年10月11日以降適用)

Sept. 26, 2022, midnight Wide area information (infectious diseases)
9月26日、新型コロナウイルス感染症に関する水際措置見直しの詳細が公表されました。10月11日午前0時(日本時間)以降適用される措置の概要は以下のとおりです。

1.外国人の新規入国制限の見直し
外国人の新規入国について、日本国内に所在する受入責任者による入国者健康確認システム(ERFS)における申請を求めないこととします。併せて、外国人観光客の入国について、パッケージツアーに限定する措置を解除します。

サル痘の発生状況(複数国での発生)(その13)

Sept. 22, 2022, midnight Wide area information (infectious diseases)
1 サル痘の発生状況
7月23日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が、サル痘の世界的な感染拡大が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)」である旨認定したことを受けて、外務省では、7月25日、全世界に対してサル痘にかかる感染症危険情報レベル1を発出しました。その後も感染拡大が更に広がり、日本国内においては7月25日に1例目の感染者が報告された後、9月21日までに5例の感染者が報告されています。

新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(自宅等待機者の検査方法の見直し)

Sept. 13, 2022, midnight Wide area information (infectious diseases)
9月13日、新型コロナウイルス感染症に関する水際措置の見直しの詳細が公表されました。措置の概要は以下のとおりです。

サル痘の発生状況(複数国での発生)(その12)

Sept. 9, 2022, midnight Wide area information (infectious diseases)
1 サル痘の発生状況
7月23日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が、サル痘の世界的な感染拡大が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)」である旨認定したことを受けて、外務省では、7月25日、全世界に対してサル痘にかかる感染症危険情報レベル1を発出しました。その後も感染拡大が更に広がり、日本国内においては7月25日に1例目の感染者が報告された後、8月10日までに4例の感染者が報告されています。

新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(水際対策強化に係る新たな措置(28)に基づく国・地域の指定について)

Sept. 2, 2022, midnight Wide area information (infectious diseases)
1.9月7日午前0時以降、以下28か国・地域の水際対策強化に係る新たな措置(28)に基づく国・地域の指定について、見直しを行うこととします。

現在、「赤」区分のアルバニア及びシエラレオネは、令和4年9月7日午前0時からは「黄」区分となります。これらの国からの帰国者・入国者については、入国時検査を実施した上で、原則5日間の自宅等待機を求めることとし、入国後3日目以降に自主的に受けた検査の結果が陰性であれば、その後の自宅等待機の継続を求めないこととします。このうち、ワクチン3回目接種者については、入国時検査を実施せず、入国後の自宅等待機を求めないこととします。

新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(出国前検査陰性証明保持の見直し)

Aug. 25, 2022, midnight Wide area information (infectious diseases)
8月25日、新型コロナウイルス感染症に関する水際措置の見直しの詳細が公表されました。措置の概要は以下のとおりです。

1.出国前検査証明提出の見直し
9月7日午前0時(日本時間)以降、有効なワクチン接種証明書を保持している全ての帰国者・入国者については、出国前72時間以内の検査証明の提出を求めないこととします。

Travel advisories from local embassies and consulates

Information from the past two weeks.

【新型コロナウイルス感染症】海外在留邦人等向けワクチン接種事業(実施時期)

Oct. 4, 2022, 10:40 p.m.
----------------------------------
※このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。
※災害や騒乱等が発生した際、家族、友人、同僚を守るため、一人でも多くの方に安全対策に関する情報が届くよう、「在留届」(3か月以上の滞在)の届出、又は「たびレジ」(3か月未満の滞在)の登録を、お知り合いの方や出張者・旅行者にご案内いただけますようお願いいたします。
※「たびレジ」簡易登録をされた方で、メールの配信を変更・停止したい場合は、以下のURLから停止手続きをお願い致します。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete
----------------------------------

在ナイジェリア日本国大使館(領事班/医務班)
所在地:No.9, Bobo Street, Maitama, Abuja, Nigeria
電 話:+234(0)90-6000-9019/9099(開館時:08:00-12:00、13:00-17:30)
    +234(0)80-3629-0293(閉館時:人命に関わる緊急連絡のみ)
メール:visanigeria@la.mofa.go.jp

【大使館からのお知らせ】休館日の変更

Sept. 30, 2022, 1:05 a.m.
1 9月28日、ナイジェリア連邦政府は、10月3日(月)を「同月1日の独立記念日」の振替として当国の祝日とする旨発表しました。これを受け、当館は同3日を休館日とし、代わりに11月3日(木)の休館日を開館日にすることといたしました。ご来館の際にはご注意ください。

2 上記1に伴う変更後の当館休館日は以下のとおりとなります。
10月 3日(月)Independence Dayの振替(任国の祝日)
11月23日(水)勤労感謝の日
12月26日(月)Boxing Day(任国の祝日)
12月29日(木)年末休暇
12月30日(金)年末休暇

※このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。
※「たびレジ」簡易登録をされた方で、メールの配信を変更・停止されたい場合は、以下のURLから停止手続きをお願い致します。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete
※災害や騒乱等が発生した際、ご家族、ご友人、同僚を守るため、一人でも多くの方に安全対策に関する情報が届くよう、在留届(3か月以上の滞在)の届出、又はたびレジ(3か月未満の滞在)の登録を、お知り合いの方や出張者・旅行者にご案内いただけますようお願いいたします。

在ナイジェリア日本国大使館(領事班)
所在地:No.9, Bobo Street, Maitama, Abuja, Nigeria
電 話:+234(0)90-6000-9019/9099(開館時:08:00-12:00、13:00-17:30)
    +234(0)80-3629-0293(閉館時:人命に関わる緊急時のみ)
メール:visanigeria@la.mofa.go.jp

【大使館からのお知らせ】コレラの感染拡大

Sept. 29, 2022, 7:50 p.m.
1 ナイジェリアにおけるコレラの感染拡大
NCDCが9月28日発表したところによれば、本年において月間数百症例にとどまっていたコレラの疑い症例が、本年8月においては、1,677件と急増したとして、感染予防に努めるよう呼びかけています。(NCDC発表のデータでは、本年8月の症例数は、本年1~7月の平均感染者数に比べ、3.2倍となっている。)
特に影響が認められる州としては、主に洪水被害報告が続いている北部地域(ヨベ州、ジガワ州、ゴンベ州、ボルノ州、カツィナ州、カドゥナ州、ソコト州、アダマワ州など)となっており、また、昨年の流行に比べれば、まだ報告症例数は甚大なものではありませんが(昨年同時期の疑い症例は約7万例)、NCDCは関係省庁や各州と連携し、感染拡大防止と対応を進めているとしています。

2 コレラについて
(1)コレラはコレラ菌(Vibrio Cholerae)に汚染された水、氷、食品などを経口摂取することによって起こる、下痢を主症状とする病気です。潜伏期間は数時間から5日で、その後、下痢や嘔吐などの症状がみられます。腹痛や発熱はほとんどみられません。下痢の症状は様々ですが、重い場合は多量の水のような下痢(米のとぎ汁様)となり、脱水症状を起こします。胃腸の弱い人や胃切除を受けた人、高齢者、乳幼児などは重症化し、昏睡状態に陥り死亡する例もあります。

(2)治療方法としては、下痢によって体内から失われた水分と塩化ナトリウム等の電解質の補給が主となります。脱水症状が激しい場合は点滴による治療が必要となり、抗生物質を併用します。

(3)予防方法としては、流行地では、以下のような基本的な感染症予防対策を心掛け、感染が疑われる場合には、直ちに医師の診断を受けてください。

●食事の前、トイレの後の手洗いを励行する。
●食物は、十分加熱してから食べる。路上で販売されている飲食物は口にしない。
●飲料水や調理用の水はミネラルウォーターを使用する。水道水を利用する場合は十分に沸騰させた後使用する。
●安全な水から作ったことが確認できる氷以外は使用しない(コレラ菌は冷凍しても死滅しません)。

(4)コレラについては、以下のホームページもあわせてご参照ください。

●ナイジェリア疾病予防管理センター(NCDC)
https://ncdc.gov.ng/diseases/factsheet/50
●外務省(世界の医療事情)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/africa/nigeria.html
●厚生労働省検疫所
https://www.forth.go.jp/useful/infectious/name/name05.html

※このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。
※「たびレジ」簡易登録をされた方で、メールの配信を変更・停止されたい場合は、以下のURLから停止手続きをお願い致します。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete
※災害や騒乱等が発生した際、ご家族、ご友人、同僚を守るため、一人でも多くの方に安全対策に関する情報が届くよう、在留届(3か月以上の滞在)の届出、又はたびレジ(3か月未満の滞在)の登録を、お知り合いの方や出張者・旅行者にご案内いただけますようお願いいたします。

在ナイジェリア日本国大使館(領事班/医務班)
所在地:No.9, Bobo Street, Maitama, Abuja, Nigeria
電 話:+234(0)90-6000-9019/9099(開館時:08:00~12:00、13:00~17:30)
    +234(0)80-3629-0293(閉館時:人命に関わる緊急時のみ)
メール:visanigeria@la.mofa.go.jp

【大使館からのお知らせ】海外在留邦人等向けワクチン事業(小児接種の追加接種(3回目接種)開始)

Sept. 28, 2022, 9:15 p.m.
1 海外在留邦人等向けワクチン接種事業において、在留邦人等を対象とした5~11歳の小児接種の3回目接種を10月6日(木)から開始します。(小児用ファイザーのワクチンを使用)。小児に対する1・2回目接種も引き続き実施します。

2 接種対象は、5~11歳の海外在留邦人等であり、小児ファイザーのワクチンによる2回目の接種から5か月以上経過した方になります。1、2回目接種後、3回目の接種前に12歳の誕生日を迎えた場合は、3回目の接種時の年齢に基づき、12歳以上用のワクチンが接種されます。

詳細は、以下の外務省海外安全HPをご覧ください。
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/vaccine.html

3 本事業で接種を希望される方は、接種間隔を考慮して渡航計画を立てた上で予約してください。


※このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。
※「たびレジ」簡易登録をされた方で、メールの配信を変更・停止されたい場合は、以下のURLから停止手続きをお願い致します。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete
※災害や騒乱等が発生した際、ご家族、ご友人、同僚を守るため、一人でも多くの方に安全対策に関する情報が届くよう、在留届(3か月以上の滞在)の届出、又はたびレジ(3か月未満の滞在)の登録を、お知り合いの方や出張者・旅行者にご案内いただけますようお願いいたします。

在ナイジェリア日本国大使館(領事班/医務班)
所在地:No.9, Bobo Street, Maitama, Abuja, NIGERIA.
電話:(234)(0)90-6000-9019 / 9099
(通常の電話受付時間:土日祝日を除く、08:00~12:00、13:00~17:30)
緊急電話:(234)(0)80-3629-0293
メール:visanigeria@la.mofa.go.jp

【大使館からのお知らせ】2023年度前期用教科書申し込みのご案内

Sept. 28, 2022, 1 a.m.
1 教科書無償配布対象となる方
 ナイジェリアに在住で日本国籍を保持し、長期滞在する義務教育学齢期の子女。ただし、重国籍者であっても、日本国籍を保持する方であれば対象となります。また、永住の目的で滞在する方であっても、将来、本邦の中学校や高等学校等に進学または就労する意志を持つ場合には対象となります。

対象学年:小学1~中学3年生(2008年4月2日生~2017年4月1日生)

2023年度の学年及び対象者:
小学1年生 2016年4月2日生 ~ 2017年4月1日生
小学2年生 2015年4月2日生 ~ 2016年4月1日生
小学3年生 2014年4月2日生 ~ 2015年4月1日生
小学4年生 2013年4月2日生 ~ 2014年4月1日生
小学5年生 2012年4月2日生 ~ 2013年4月1日生
小学6年生 2011年4月2日生 ~ 2012年4月1日生
中学1年生 2010年4月2日生 ~ 2011年4月1日生
中学2年生 2009年4月2日生 ~ 2010年4月1日生
中学3年生 2008年4月2日生 ~ 2009年4月1日生

2 教科書無償配布対象とならない方
(1)外国籍のみを保持する方(※いわゆる日系人であっても、日本国籍を保持しない方は同様に対象外となります)
(2)ナイジェリアに永住目的で滞在する方(※将来においても本邦の中学校や高等学校等に進学または就労する意志のない方)

3 申請
 2023年度前期用教科書をご希望の方は、以下の事項を明記の上、当館領事班宛て電子メール(visanigeria@la.mofa.go.jp)にて、10月14日(金)必着でご連絡ください。
(1)児童・生徒の氏名
(2)児童・生徒の生年月日
(3)希望教科書の学年(※配布は当該学年の1セットのみとなります)
(4)連絡先(携帯電話番号およびメールアドレス)
(5)保護者の氏名

4 交付
 本邦から教科書が届き次第、当館から申請者様へご連絡致します。その後、配布については、原則申請者様が当館までお越しいただき入手することになりますが、教科書到着後、仮にそれ以降に申請者様がお住まいの地域近くに当館館員の出張がある場合に、かつ日程及び配布先場所の調整がつけば、同出張者から交付をさせていただくことも可能です。

5 留意事項
(1)今回の申請は、2023年度前期用教科書配布分のみであり、今後、毎年自動更新されるものではありませんので、ご留意ください(その都度、申請いただくことになります)。
(2)小学1~5年生分は前期・後期の年2回配布、小学6年と中学生分は前期の年1回配布となります。
(3)本件締切日(10月14日(金))に間に合わなかった場合には、本邦からの送付等の経費を自己負担することにより配布可能となりますので、必要な方は当館領事班までご相談ください。
(4)一般の教科書ではなく、両眼の視覚障害による弱視児童生徒のみを配布対象とした「拡大教科書」(弱視児童生徒のために、検定済教科書の文字や図形を拡大等して複製し、図書として発行されているもの)又は障害の状態に合わせて作成された「特別支援学校用教科書」をご希望の方は、その旨ご連絡ください。なお、右は一般の教科書との択一となり、同一の児童生徒が一度に双方教科書の給与を受けることはできませんので、ご留意ください。

※このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。
※「たびレジ」簡易登録をされた方で、メールの配信を変更・停止されたい場合は、以下のURLから停止手続きをお願い致します。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete
※災害や騒乱等が発生した際、ご家族、ご友人、同僚を守るため、一人でも多くの方に安全対策に関する情報が届くよう、在留届(3か月以上の滞在)の届出、又はたびレジ(3か月未満の滞在)の登録を、お知り合いの方や出張者・旅行者にご案内いただけますようお願いいたします。

在ナイジェリア日本国大使館(領事班)
所在地:No.9、 Bobo Street、 Maitama、 Abuja、 NIGERIA.
電話:(234)(0)90-6000-9019 / 9099
(通常の電話受付時間:土日祝日を除く、08:00~12:00、13:00~17:30)
緊急電話:(234)(0)80-3629-0293
メール:visanigeria@la.mofa.go.jp

【大使館からのお知らせ】大統領選挙キャンペーン開始

Sept. 27, 2022, 9:50 p.m.
1 来年2月25日に予定されている大統領選挙及び連邦議会選挙の選挙キャンペーンが9月28日から解禁となります。また、来年3月11日に予定されている州知事・州議会選挙に係る選挙キャンペーンは10月12日から解禁となります。

2 上記の選挙キャンペーンは、アブジャやラゴス等の主要都市のみならず、全国各地の選挙事務所周辺等でも、集会や支持者による行進、デモ活動などが想定されるので、以下を参考に安全対策に十分ご留意ください。

(1)集会や行進、デモ活動が行われている場所には近づかないようにし、万一、デモ等に遭遇または周囲に不穏な動きを感じた場合には、速やかにその場から離れる。
(2)特定の候補者の批判や支持、選挙制度等に関する批判やコメントなど不要な言動・言論を避ける。
(3)公共の場、公園、ショッピング・モールなど不特定多数の人が集まる場所では常に周囲に注意を払う。
(4)適切な身分証明書を携帯する。
(5)現地報道等により、最新の情報入手に努める。
(6)キャンペーン開始時や集会等が行われる際は、交通の混乱が予想されるため、必要な移動のみを行うようにする。外出前に道路の状況を確認し、移動時は車のドアをロックする。予期せぬ抗議行動や騒乱に備え、代替の移動経路を確認しておく。
(7)緊急時に備えて、緊急連絡網を確認し、携帯電話を充電しておく。
(8)万一、被害に遭った場合には、速やかに在ナイジェリア大使館へ連絡する。

※このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。
※「たびレジ」簡易登録をされた方で、メールの配信を変更・停止されたい場合は、以下のURLから停止手続きをお願い致します。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete
※災害や騒乱等が発生した際、ご家族、ご友人、同僚を守るため、一人でも多くの方に安全対策に関する情報が届くよう、在留届(3か月以上の滞在)の届出、又はたびレジ(3か月未満の滞在)の登録を、お知り合いの方や出張者・旅行者にご案内いただけますようお願いいたします。

在ナイジェリア日本国大使館(領事班、警備班)
所在地:No.9, Bobo Street, Maitama, Abuja, NIGERIA.
電話:(234)(0)90-6000-9019 / 9099
(通常の電話受付時間:土日祝日を除く、08:00~12:00、13:00~17:30)
緊急電話:(234)(0)80-3629-0293
メール:visanigeria@la.mofa.go.jp