7月中旬になりまして、学校の期末試験が終わり、…

2021年7月19日 16:07 JSTlovely
マカオ

現地の街の様子

7月中旬になりまして、学校の期末試験が終わり、街中はリラックスしたファミリー層が目立つようになりました。夏休みシーズンを迎えたマカオですが、依然コロナ禍の出入国制限により夏休みは基本的に市内にとどまる方が多いでしょう。

そこで先週末にオープンしたリスボエタに行ってきました。
コタイ地区に位置するIR施設でして、三つのホテルが併設されています。
リスボエタホテル、ロクシタンホテルとLINEテーマホテルです。
さらに、
SKYZIPジップや室内スカイダイビングのアトラクションも設置されています。

今年はもう一つ大型施設のオープンが待っています。
最新情報をまたお知らせいたします。

マカオ、の現状と現地の街の様子 1枚目の写真
マカオ、の現状と現地の街の様子 2枚目の写真

マカオ-平和の鳩さんの最近の声

マカオ

2022年12月19日

観光地の様子

マカオ入国のための水際対策が緩和されました。
いままで5日間のホテル医療隔離+3日間自宅またはホテル隔離が、
5日間のホテルまたは自宅医療観察となりました。

ある程度の制限はあるものの観光や飲食などができるようになります。
【マカオ入境前】
マカオ健康コードアプリは入境前にインストールすることをお勧めします。
48時間以内有効のPCR陰性証明が必要です。
KN95あるいはN95規格のマスクを着用。

【マカオ入境手続き】
マカオ到着後、再度PCR検査をします。
その後は、ホテルに移動できます。

【マカオ滞在中】
最初の3日間は健康コードアプリではREDコードです。
その間、毎日抗原検査をして、検査結果をアプリにアップします。

健康コードにはRED, YELLOW, GREENコードの3種類あります。
RED ⇒ 役所や政府運営施設、カジノへ入場不可。ホテルへは可能。レストランは場所によって入店可(健康コード提示求める店舗は不可)。大人数集まり不可。
YELLOW ⇒ 役所や政府運営施設へ不可。ホテルは可能。レストランは場所によって入店可(健康コード提示求める店舗は不可)。大人数集まり不可。
GREEN ⇒ 規制なし
※施設により若干異なります。

マカオ

2022年9月22日

現地の街の様子

マカオでは依然ゼロコロナ政策をとっていますが、
街中は通常の生活を送っています。
外国籍の入国が一定緩和されました。いままでは入国自体ができませんでしたが、
9月より外国籍であっても隔離観察期間7日+3日をもって入国が認められるようになりました。
やったー。
とは言え、隔離観察自体があると観光客はまだ難しいかな。

その他、喜ばしいニュースとして、日本との航空便の復航です。
エアマカオは10月13日より週1便でマカオー成田間を復航すると発表しました。
うれしー。

明日はマカオにて国際旅行博覧会が開催されます。
現状のコロナ政策により、国際市場の出展者はいませんが、
中国国内の出展者は多いと見込まれます。
これから10月上旬の国慶節連休をねらって、観光客増加も期待できるかも。

マカオ

2022年8月1日

新型コロナに関する現地情報

6月中旬から続いていたコロナ対策により、この間のみで累計1,821例の感染者が出ました。市民の努力もあり、現時点9日間のゼロコロナが続いています。

このままいけば、明日からほぼ正常に戻りつつあります(一部ではPCR検査を二日に一回、三日に一回も続行)。事前予約制ではあるものの役所や銀行も運営され、普通に出勤できるようになり、レストランも利用できる。

ゼロコロナ政策はきついけど、仕方がないのかな・・・
政府当局によると、年内には国際市場を再開できる可能性も示唆されている。
期待しています。