ラスベガスのコロナの現状と現地情報【最新】

ラスベガスの旅のプロフェッショナルから寄せられた最新ローカルニュースと新型コロナウイルスに関連する現地情報をお届けします。

現地パートナーからの声184

情報提供パートナー4

ラスベガスのコロナの現状と現地最新情報一覧

アメリカ
ラスベガス

2021年7月29日

現地の街の様子

ラスベガスの街も通常営業になって久しいのですが、コロナ感染者が再び増えつつあるという現状。デルタ株増加で、各企業、店舗再びマスク着用の義務化が決定されました。また州はワクチン接種率を上げていく方策を様々展開中。ロト方式で接種者に賞金が当たるVax Nevada DAYやストリップ沿いのLINQやParkMGM等でブルーノマーズやアッシャーのチケットが当たる集団接種イベント等を行っています。
そんなラスベガスで交通システムの革命が起きつつあるのをご存じでしょうか?
あのイーロン・マスクが考案したVegas Loopという地下トンネルで電気自動車テスラを走らせるというモノ。詳しくは、是非動画でご覧ください。
『ラスベガスTV』ラスベガスから始まる交通革命!! VEGAS LOOPという未来に乗ってみた!!

https://youtu.be/CPsTIs…

アメリカ、ラスベガスの現状と現地の街の様子 1枚目の写真

アメリカ
ラスベガス

2021年7月27日

観光地の様子

7月23・24日で1泊2日のグランドサークルのツアーを催行しました。

お客様はサンフランシスコに駐在中の3人家族でした。

1日目はラスベガスを早朝に出てまずはブライスキャニオン国立公園を観光しました。その後アンテロープキャニオンに移動しましたが、鉄砲水の影響でその日は観光を断念して翌朝のツアーに振り替えました。その後ホースシューベンドと最後はレイクパウエルの夕日を観て1日が終了。
2日目は前日から振り替えたアンテロープキャニオンにリベンジ成功!楽しみにしていたアンテロープキャニオンの幻想的な景観をゆっくりと楽しみました。その後グランドキャニオンやルート66(セリグマン)を観光してラスベガスに戻りました。

今回のお客様もアンテロープキャニオンの閉鎖の影響を受けましたが、幸い行程上翌日の朝に振り替えが叶ったので、全てを観光して終わる事が出来ました。

この先もしばらくはグランドサークルのエリアの天候が不安定のようです。
夏休みを利用してグランドサークルの旅行を考えている方は突然の雨にそなえて雨具を忘れずに用意しましょう。

アメリカ、ラスベガスの現状と観光地の様子 1枚目の写真
アメリカ、ラスベガスの現状と観光地の様子 2枚目の写真

アメリカ
ラスベガス

2021年7月27日

観光地の様子

7月23日からハワイからお越しのお客様を2泊3日でご案内して参りました。
ラスベガス近郊及びアリゾナ州、ユタ州南部は6月から9月にかけてモンスーン気候となります。
急な鉄砲水や落雷に万全の注意を払っての観光となります。
同時にモノクロ写真が似合うダイナミックな景観を楽しむことができる季節でもあります。

アメリカ、ラスベガスの現状と観光地の様子 1枚目の写真
アメリカ、ラスベガスの現状と観光地の様子 2枚目の写真

アメリカ
ラスベガス

2021年7月26日

観光地の様子

7月22~24日で2泊3日のグランドサークルのツアーを催行しました。

お客様はコネチカット州とニュージャージー州に在住のお友達同士で参加された女性お二人様でした。

ツアー2日目の朝にアンテロープキャニオンに行く予定でしたが、前日からの鉄砲水の影響で渓谷内が閉鎖されてしまいました。午後には再開するとの事でしたのでその後の予定を急遽変更して夕方に再チャレンジしたのですが、結局その日は1日閉鎖となってしまい残念ながらアンテロープキャニオンの観光は叶いませんでした。

それでもアンテロープキャニオン以外の観光は全て予定通りにできたので、旅行そのものは楽しんで頂きました。

今回も担当ガイドから写真が届きましたので投稿します。
*グランドキャニオンの日の出
*モニュメントバレー(ビジターセンターから)
*ザイオン国立公園(チェッカーボードメサ)

アメリカ、ラスベガスの現状と観光地の様子 1枚目の写真
アメリカ、ラスベガスの現状と観光地の様子 2枚目の写真
アメリカ、ラスベガスの現状と観光地の様子 3枚目の写真

アメリカ
ラスベガス

2021年7月24日

観光地の様子

7月22日にグランドキャニオンの日帰りツアーを催行しました。

お客様はボストンに在住のご夫婦でした。

最近はモンスーンの影響でグランドキャニオンのエリアでは夕立がよくあります。
ほぼ毎日のように大雨洪水警報が発令されていますが、アンテロープキャニオンも再開後初めて鉄砲水の影響で今日(7月23日)は1日閉鎖されてしまいツアーも全てキャンセルになりました。

そんな天気の合間を縫って今回はグランドキャニオンのツアーを催行できたのでお客様もグランドキャニオンの雄大な景色に感動していました。

アメリカ、ラスベガスの現状と観光地の様子 1枚目の写真

アメリカ
ラスベガス

2021年7月23日

観光地の様子

7月20・21日で1泊2日のグランドサークルのツアーを催行しました。

今回のお客様はアラバマ州に駐在中の4人家族で、去年の夏休みに申し込んでいた旅行を1年延期してこの度リベンジされました。

待ったかいあって念願のアンテロープキャニオンにも行く事ができて大変喜んでいました。
グランドキャニオンでは雨に降られた場面もありましたが、そのお陰で渓谷にかかる虹を見る事もできました。

日本ではいよいよ東京オリンピックの開会式が今夜(23日夜8時)です。本当に東京でオリンピックが始まるんですね!
数日前からソフトボール女子の予選を見たり昨夜も男子サッカーが南アフリカに初戦を勝利したりと話題も一気にオリンピックが中心になりそうですね。
無観客の試合が多くなってしまったのは不本意ですが、日本のメダルラッシュに沸いて終わってみたら東京でオリンピックがあってよかったと思える大会になって欲しいです。
ラスベガスからも応援してます!
「頑張れ、ニッポン!」

アメリカ、ラスベガスの現状と観光地の様子 1枚目の写真
アメリカ、ラスベガスの現状と観光地の様子 2枚目の写真
アメリカ、ラスベガスの現状と観光地の様子 3枚目の写真

アメリカ
ラスベガス

2021年7月22日

観光地の様子

7月19~21日で2泊3日のグランドサークルのツアーを催行しました。

お客様は夏休みでラスベガスに旅行に来たニューヨークに在住の4人家族でした。
ツアーは混乗のプランでしたが他に参加者がいなかったのでご家族での貸し切りになりました。

1日目はブライスキャニオン国立公園を午前中に観光して、午後にアンテロープキャニオンやホースシューベンドを観光、最後にレイクパウエルで夕日を見ました。
2日目は午前中にモニュメントバレーを観光してその後グランドキャニオンを夕日までゆっくり観光しました。
3日目はグランドキャニオンで朝日を見た後セドナに移動して1日観光してからルート66(セリグマン)に立ち寄ってラスベガスに戻りました。

途中グランドキャニオンでは夕立に遭う場面もありましたが、心配していたアンテロープキャニオンは雨の影響もなく予定通りに観光ができてお客様も喜んでいました。

仲良し家族の様子がわかる写真が届きましたので投稿します。

アメリカ、ラスベガスの現状と観光地の様子 1枚目の写真
アメリカ、ラスベガスの現状と観光地の様子 2枚目の写真
アメリカ、ラスベガスの現状と観光地の様子 3枚目の写真

アメリカ
ラスベガス

2021年7月21日

観光地の様子

7月17~19日で2泊3日のグランドサークルのツアーを催行しました。

お客様はテキサス州のオースティンに駐在中のご夫婦でした。

今回のコースは前回7月8日に催行した同じ1日1組限定の貸し切りツアーでした。
セドナとブライスキャニオンに宿泊してそれぞれで夕日と星空を観賞します。

ただ今回の日程は全体的に曇りが多く、時々夕立に遭ったりもして大地に沈んでいく夕日や満天の星空を見る事はできませんでした。

季節的なのもですが最近夕立(豪雨)が多くなりました。ラスベガスの郊外でも洪水の被害が出ていますが、ようやく再開したアンテロープキャニオンが洪水(鉄砲水)で閉鎖にならないか毎日ひやひやしています。
年に数回は鉄砲水が渓谷に入り込んで閉鎖してしまうのですが、再開を待ち望んでツアーに参加してくださるお客様には何としても見せてあげたいです。

今回もツアーの様子のわかる写真が沢山届きましたので投稿します。
*ホースシューベンド
*セドナ(Chapel of Holly Crossから)
*ザイオン国立公園

アメリカ、ラスベガスの現状と観光地の様子 1枚目の写真
アメリカ、ラスベガスの現状と観光地の様子 2枚目の写真
アメリカ、ラスベガスの現状と観光地の様子 3枚目の写真

アメリカ
ラスベガス

2021年7月20日

観光地の様子

ラスベガス発の大人気観光スポットアンテロープキャニオンが再オープンし、催行中の3泊4日ツアーに急遽組み込み早速行って参りました!!
急な再オープンだったためかまだ観光客は少なく我々のツアーはナバホ族のガイドさんを貸し切りでした。おかげで、写真もたくさん撮ってもらいました。入場者数は制限されマスク着用の義務や検温もあり万全を期しての再オープンです。

アメリカ、ラスベガスの現状と観光地の様子 1枚目の写真
アメリカ、ラスベガスの現状と観光地の様子 2枚目の写真

アメリカ
ラスベガス

2021年7月20日

観光地の様子

7月16・17日で1泊2日のグランドサークルのツアーを催行しました。

お客様は日本の企業から約1カ月間の仕事でカリフォルニア州のシリコンバレーに来ている20代から30代の10名様のグループでした。
限られたアメリカ出張の時間の中で、アンテロープキャニオンが再開した事を知りグランドキャニオンと合わせて週末の休みを利用してツアーに参加されました。

今回のツアーは今年の夏に一番人気があるコースで、1日目にルート66(セリグマン)に立ち寄ってからセドナを1日観光して最後はグランドキャニオンで夕日を観ます。
2日目はグランドキャニオンを朝日から観光して午前中にアンテロープキャニオン、昼食はさんで午後にはホースシューベンドとレイクパウエルを観光して夕方にラスベガスに戻ります。
アンテロープキャニオンの観光では今はまだ終始マスクの着用が義務なので、渓谷内で写真を撮る時にマスクを外せないのが残念でしたと語っていましたが、混雑がない分ゆっくりと写真を撮る事ができて喜んでいました。

皆さんとても元気で仲が良く、グループ写真の撮影にも沢山協力して頂きました!
その内の数枚を投稿します。

アメリカ、ラスベガスの現状と観光地の様子 1枚目の写真
アメリカ、ラスベガスの現状と観光地の様子 2枚目の写真
アメリカ、ラスベガスの現状と観光地の様子 3枚目の写真

アメリカ
ラスベガス

2021年7月18日

観光地の様子

7月15日にグランドキャニオンの1日観光を催行しました。

お客様は会社から2年間の留学でボストンに滞在中のご夫婦で、日本への帰国を前に奥様の強い希望でグランドキャニオンを見るために参加されました。

弊社ではこのツアーを15年前から毎日かかさず催行してきました。多い日には1日に150人ほど参加者がいた日もありましたが、コロナ禍では混乗どころか催行すらほとんどありません。

今月は3回催行予定ですが、毎回お客様は2名で貸し切りになっています。
日本からアメリカへの旅行が難しい今、弊社のみならずアメリカ国内の混乗ツアーの大半は結果貸し切りツアーになっていると思います。

そう考えると今ツアーに参加できる人(基本アメリカ在住の方)は混乗ツアーの料金で貸し切りツアーになる確率が高いのでとてもお得です!
この機会に是非アメリカの大自然・国立公園のツアーに参加してみましょう。

アメリカ、ラスベガスの現状と観光地の様子 1枚目の写真
アメリカ、ラスベガスの現状と観光地の様子 2枚目の写真

アメリカ
ラスベガス

2021年7月17日

観光地の様子

7月14日、ぬい旅企画でセドナに日帰りしました。

今回のお客様は新婚旅行に来る事ができないカップルと誕生日の女性、さらにもうひとカップルが記念の品として、合計5名(5ひき)のご参加を頂きました。

今は月に1度のペースでぬい旅企画をしていますが、前回(先月)にセドナに来た時は42℃以上あって撮影も暑さとの闘いでしたが、今回は前夜のスコールの影響で気温も30℃前後で快適でした。
ただセドナの中心を流れるオーククリーク(川)が上流に降った雨の影響で茶色に濁っていて洪水の後のような景色でした。
普段なら川遊びをする家族連れで賑わうRED ROCK CROSSINGもさすがに今回は人がまばらでした。
西の空に不気味な夕立雲を気にしながら天気は晴れのままなんとか無事に撮影は終了。
セドナを後にした直後、夕立に遭いました。

アメリカ、ラスベガスの現状と観光地の様子 1枚目の写真
アメリカ、ラスベガスの現状と観光地の様子 2枚目の写真
アメリカ、ラスベガスの現状と観光地の様子 3枚目の写真