Hong Kong travel advisories

translated by google
Source: Ministry of Foreign Affairs International Safety Information
Travel advisories Updated on Oct. 5, 2022, 3:42 a.m.
1
Exercise increased caution

The following information has been provided by the Japanese Ministry of Foreign Affairs. The information is subject to change without notice. This is not a comprehensive list, and you are urged to check the most up-to-date information and details.

Table of contents

Entry information for travelers from Japan

Post-arrival restrictions

July 15, 2022, 6:38 a.m.

The target people who can enter Hong Kong from overseas are as follows.

A Hong Kong resident who is a complete vaccination (Hong Kong ID holder or a person with a valid visa such as a long-term stay visa).

B. Non-Hong Kong residents who are completely vaccinated (those who do not have a valid visa such as a Hong Kong ID or long-term stay visa (including travelers entering the border from Japan for tourism, etc.)).

(Note: A complete vaccination person is a person who has completed the prescribed number of vaccinations and 14 days have passed since the last vaccination date.)

The following list shows the vaccines that are considered to have been vaccinated if vaccinated outside Hong Kong.

https://www.coronavirus.gov.hk/pdf/list_of_recognised_covid19_vaccines.pdf

When boarding an aircraft for Hong Kong, it is necessary to show a negative PCR test certificate obtained within 48 hours from the scheduled takeoff time and a confirmation of accommodation reservation (7 nights or more) at a designated quarantine hotel in Hong Kong. Pre-entry PCR testing does not require children under the age of 3 or travelers connecting at Hong Kong International Airport.

In addition, while staying at the designated quarantine hotel, if the rapid antigen test is performed daily at the designated quarantine hotel, the PCR test is performed on the 5th day, and the rapid antigen test result is negative on the 6th and 7th days, You can leave the hotel on the 7th day (the quarantine order issued at the time of entry at Hong Kong International Airport indicates that the mandatory quarantine period is 14 days as it is now). After that, self-observation (temperature measurement twice a day, etc., allowed to go out) was performed for 7 days, and PCR tests were performed at the district inspection center on the 9th and 12th days.

Even if the above test result is negative, if you decide to stay at the hotel after the 7th day, you will not be able to go out after the 8th day, you will have a PCR test at the hotel on the 12th day, and 14 If the rapid antigen test on the day is negative, you can leave the hotel on the 14th day.

If positive during the airport inspection or mandatory quarantine period, you will be transferred to a quarantine facility and ordered to quarantine. In this case, the criteria for quarantine release are those currently being implemented in the region, so if the rapid antigen test is negative on the 6th and 7th days of quarantine, the quarantine will be released.

COVID-19 risks

Aug. 24, 2022, midnight

8月24日、41か国の感染症危険情報をレベル3(渡航中止勧告)からレベル2(不要不急の渡航は止めてください)に、55か国・地域の感染症危険情報をレベル2(不要不急の渡航は止めてください)からレベル1(十分注意してください)に引き下げました。

July 25, 2022, midnight

7月23日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は、サル痘の世界的な感染拡大が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」である旨認定しました。WHOによれば、これまでにサル痘の感染は75か国・地域、累計で16,000人以上の症例が報告されており、感染は世界的な広がりを見せています。

July 1, 2022, midnight

Although the infection status of the new corona varies depending on the situation in each country and region, the risk of death and aggravation has decreased, and deregulation at the water's edge and in Japan has also been seen, especially in countries where vaccination is progressing worldwide. I'm on the way. Based on these trends, the infectious disease risk information level is now available after comprehensively considering the actual conditions of each country / region, such as the status of infection, vaccination status, infectious disease control / medical system, and status of various measures in each country / region. Was reviewed.

May 26, 2022, midnight

Although the infection status of the new corona varies depending on the situation in each country and region, the number of new infections and deaths is declining worldwide, and the risk of death and aggravation is mainly in countries where vaccination is progressing. Is declining, and regulations are being relaxed at the water's edge and in Japan. Based on these trends, the infectious disease risk information level is now available after comprehensively considering the actual conditions of each country / region, such as the status of infection, vaccination status, infectious disease control / medical system, and status of various measures in each country / region. Was reviewed.

April 1, 2022, midnight

The level of infectious disease risk information should be reviewed after comprehensively considering the actual situation of each country / region, such as the number of newly infected people in each country / region, vaccination status, infectious disease control / medical system, and status of various measures. It was made. As a result, infectious disease risk information has been reduced from Level 3 "Recommendation for suspension of travel" to Level 2 "Please stop unnecessary and unurgent travel" in 106 countries.

Nov. 29, 2021, midnight

As the infection may spread further, please be informed and try to prevent the infection.

Aug. 13, 2021, midnight

As the infection may spread further, please obtain the latest information and try to prevent the infection.

May 18, 2021, midnight

Coronavirus infections are still spreading worldwide, with more than 160 million confirmed infections and more than 3 million deaths worldwide. Although the number of infected people is decreasing in North America and Europe, the situation continues to require caution, such as the remarkable spread of infection in South Asia.
Based on this situation, the infectious disease risk information level in Cambodia, Sri Lanka, Seychelles, Saint Lucia, Thailand, East Timor, and Mongolia has been newly set to Level 2 by comprehensively considering various situations including the deterioration of the infection situation. "Please stop unnecessary and unurgent travel" has been raised to Level 3 "Travel Cancellation Recommendation".

Oct. 30, 2020, midnight

As the infection may spread further, please obtain the latest information and try to prevent the infection.

Oct. 30, 2020, midnight

As the infection may spread further, please obtain the latest information and try to prevent the infection.

Local and national news

Information for the past 30 days.

新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(2022年10月11日以降適用)

Sept. 26, 2022, midnight Wide area information (infectious diseases)
9月26日、新型コロナウイルス感染症に関する水際措置見直しの詳細が公表されました。10月11日午前0時(日本時間)以降適用される措置の概要は以下のとおりです。

1.外国人の新規入国制限の見直し
外国人の新規入国について、日本国内に所在する受入責任者による入国者健康確認システム(ERFS)における申請を求めないこととします。併せて、外国人観光客の入国について、パッケージツアーに限定する措置を解除します。

サル痘の発生状況(複数国での発生)(その13)

Sept. 22, 2022, midnight Wide area information (infectious diseases)
1 サル痘の発生状況
7月23日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が、サル痘の世界的な感染拡大が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)」である旨認定したことを受けて、外務省では、7月25日、全世界に対してサル痘にかかる感染症危険情報レベル1を発出しました。その後も感染拡大が更に広がり、日本国内においては7月25日に1例目の感染者が報告された後、9月21日までに5例の感染者が報告されています。

新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(自宅等待機者の検査方法の見直し)

Sept. 13, 2022, midnight Wide area information (infectious diseases)
9月13日、新型コロナウイルス感染症に関する水際措置の見直しの詳細が公表されました。措置の概要は以下のとおりです。

サル痘の発生状況(複数国での発生)(その12)

Sept. 9, 2022, midnight Wide area information (infectious diseases)
1 サル痘の発生状況
7月23日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が、サル痘の世界的な感染拡大が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)」である旨認定したことを受けて、外務省では、7月25日、全世界に対してサル痘にかかる感染症危険情報レベル1を発出しました。その後も感染拡大が更に広がり、日本国内においては7月25日に1例目の感染者が報告された後、8月10日までに4例の感染者が報告されています。

新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(水際対策強化に係る新たな措置(28)に基づく国・地域の指定について)

Sept. 2, 2022, midnight Wide area information (infectious diseases)
1.9月7日午前0時以降、以下28か国・地域の水際対策強化に係る新たな措置(28)に基づく国・地域の指定について、見直しを行うこととします。

現在、「赤」区分のアルバニア及びシエラレオネは、令和4年9月7日午前0時からは「黄」区分となります。これらの国からの帰国者・入国者については、入国時検査を実施した上で、原則5日間の自宅等待機を求めることとし、入国後3日目以降に自主的に受けた検査の結果が陰性であれば、その後の自宅等待機の継続を求めないこととします。このうち、ワクチン3回目接種者については、入国時検査を実施せず、入国後の自宅等待機を求めないこととします。

サル痘の発生状況(複数国での発生)(その11)

Aug. 25, 2022, midnight Wide area information (infectious diseases)
1 サル痘の発生状況
7月23日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が、サル痘の世界的な感染拡大が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)」である旨認定したことを受けて、外務省では、7月25日、全世界に対してサル痘にかかる感染症危険情報レベル1を発出しました。その後も感染拡大が更に広がり、日本国内においては7月25日に1例目の感染者が報告された後、8月10日までに4例の感染者が報告されています。

Travel advisories from local embassies and consulates

Information from the past two weeks.

新型コロナ(237:【香港情報】入境時の義務的検疫措置撤廃等)

Sept. 25, 2022, 12:05 a.m.
1 海外又は台湾から入境時の義務的検疫措置撤廃に伴う変更等
(1)香港へ向かう航空機の出発予定時刻48時間前以内のPCR検査陰性証明の提示要件が撤廃されます。今後は、出発予定時刻24時間前以内の迅速抗原検査の陰性証明をオンライン健康申告時に登録する必要があります。なお、迅速抗原検査は各自で実施したもの又は医療機関で実施したもののいずれでも認められます。
(オンライン健康申告)
www.chp.gov.hk/hdf/
(2)香港居民の入境時におけるワクチン完全接種要件が撤廃されます(12歳以上の非香港居民のワクチン完全接種要件は維持)。
(3)香港国際空港で医学観察指示書及び臨時ワクチンパスが発行されます。
(4)香港国際空港での迅速抗原検査は撤廃され、PCR検査が実施されます。空港内で検査結果を待つ必要はありません。
(5)自宅又はホテルへの移動手段として公共交通機関等を利用することができます。
(6)入境後3日間は医学観察期間となります。同期間中は、外出は可能で、公共交通機関の利用、通勤や日用品の買い出しも可能です。但し、「安心出行(LeaveHomeSafe)」アプリのワクチンパスが黄色となり、指定施設への入場ができません。同期間中に実施したPCR検査及び迅速抗原検査の結果がすべて陰性だった場合、入境後3日目の午前9時に医学観察期間が終了し、ワクチンパスは通常の青色に変わり、行動制限が解除されます(入境日を0日目としてカウント)。
(7)医学観察期間終了後、4日間の自己観察期間(1日2回の検温実施等)となります。
(8)入境後2日目、4日目及び6日目に地区検査センター等でのPCR検査の受検が義務づけられます。
(9)入境後1日目から7日目まで、毎日、各自で迅速抗原検査を実施することが求められます。また、PCR検査の受検日は、迅速抗原検査結果が陰性であることを確認してから、検査会場に行くことが求められます。
(10)PCR検査又は迅速抗原検査で陽性となった場合、ワクチンパスは赤色に変わり、隔離措置は域内感染例の取り決めに準じます。
(11)9月23日(金)、24日(土)及び25日(日)に入境し、指定検疫ホテルに滞在している者は、9月26日(月)に同ホテルをチェックアウトすることができます。また、9月24日(土)、25日(日)及び26日(月)に入境した者も医学観察を行い、ワクチンパスの黄色コードの規定に従う必要があります。
(12)入境後3日以内に中国本土又はマカオに渡航することはできません。

2 Come2HK及びReturn2HKスキームの1日あたりの上限数設定撤廃に伴う変更等
(1)事前申請及び入境前のPCR検査陰性証明の取得が不要になります。
(2)入境後の自宅隔離が撤廃されます(現在自宅隔離中の場合、9月26日以降は隔離解除となり、電子リストバンドを外すことができます)。
(3)入境後2日目に地区検査センター等でPCR検査を受検する必要があります。
(4)入境後3日目までは自己観察期間となります。

(香港政府プレスリリース)
https://www.info.gov.hk/gia/general/202209/24/P2022092400048.htm

◆◆◆問い合わせ先◆◆◆
『 在香港日本国総領事館(領事部)』
電話:2522-1184 国外からは(地域番号852) 2522-1184
住所:46/F, One Exchange Square, 8 Connaught Place, Central, Hong Kong
香港中環康楽広場8号交易広場第一座46楼
ホームページ: https://www.hk.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
※当館は、緊急と判断される事態には土日休日を含め24時間対応しますので代表電話までご連絡ください。