Australia / Australia travel advisories

translated by google
Source: Ministry of Foreign Affairs International Safety Information
Travel advisories Updated on Oct. 5, 2022, 3:42 a.m.
2
Stop all non-essential travel

The following information has been provided by the Japanese Ministry of Foreign Affairs. The information is subject to change without notice. This is not a comprehensive list, and you are urged to check the most up-to-date information and details.

Table of contents

Entry information for travelers from Japan

Post-arrival restrictions

July 15, 2022, 6:38 a.m.

When entering Australia, it is not necessary to present documents related to vaccination status such as the new corona vaccination certificate.

However, since the obligation to take the PCR test or RAT test after entering Japan and the requirements for quarantine exemption differ for each state / region, it is necessary to check the latest information for each state / region. The current response is roughly divided as follows.

A. In South Australia, quarantine is exempted on the premise that the PCR or RAT test after entry and the result are negative, regardless of the vaccination status.

B. In other states, there is no obligation to take the test and quarantine regardless of the vaccination status (in some states, it is recommended to take the test within 24 hours after entering the country).

COVID-19 risks

Aug. 24, 2022, midnight

8月24日、41か国の感染症危険情報をレベル3(渡航中止勧告)からレベル2(不要不急の渡航は止めてください)に、55か国・地域の感染症危険情報をレベル2(不要不急の渡航は止めてください)からレベル1(十分注意してください)に引き下げました。

July 25, 2022, midnight

7月23日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は、サル痘の世界的な感染拡大が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」である旨認定しました。WHOによれば、これまでにサル痘の感染は75か国・地域、累計で16,000人以上の症例が報告されており、感染は世界的な広がりを見せています。

July 1, 2022, midnight

Although the infection status of the new corona varies depending on the situation in each country and region, the risk of death and aggravation has decreased, and deregulation at the water's edge and in Japan has also been seen, especially in countries where vaccination is progressing worldwide. I'm on the way. Based on these trends, the infectious disease risk information level is now available after comprehensively considering the actual conditions of each country / region, such as the status of infection, vaccination status, infectious disease control / medical system, and status of various measures in each country / region. Was reviewed.

May 26, 2022, midnight

Although the infection status of the new corona varies depending on the situation in each country and region, the number of new infections and deaths is declining worldwide, and the risk of death and aggravation is mainly in countries where vaccination is progressing. Is declining, and regulations are being relaxed at the water's edge and in Japan. Based on these trends, the infectious disease risk information level is now available after comprehensively considering the actual conditions of each country / region, such as the status of infection, vaccination status, infectious disease control / medical system, and status of various measures in each country / region. Was reviewed.

April 1, 2022, midnight

The level of infectious disease risk information should be reviewed after comprehensively considering the actual situation of each country / region, such as the number of newly infected people in each country / region, vaccination status, infectious disease control / medical system, and status of various measures. It was made. As a result, infectious disease risk information has been reduced from Level 3 "Recommendation for suspension of travel" to Level 2 "Please stop unnecessary and unurgent travel" in 106 countries.

Nov. 29, 2021, midnight

As the infection may spread further, please be informed and try to prevent the infection.

Aug. 13, 2021, midnight

As the infection may spread further, please obtain the latest information and try to prevent the infection.

May 18, 2021, midnight

Coronavirus infections are still spreading worldwide, with more than 160 million confirmed infections and more than 3 million deaths worldwide. Although the number of infected people is decreasing in North America and Europe, the situation continues to require caution, such as the remarkable spread of infection in South Asia.
Based on this situation, the infectious disease risk information level in Cambodia, Sri Lanka, Seychelles, Saint Lucia, Thailand, East Timor, and Mongolia has been newly set to Level 2 by comprehensively considering various situations including the deterioration of the infection situation. "Please stop unnecessary and unurgent travel" has been raised to Level 3 "Travel Cancellation Recommendation".

May 18, 2021, midnight

Coronavirus infections are still spreading worldwide, with more than 160 million confirmed infections and more than 3 million deaths worldwide. Although the number of infected people is decreasing in North America and Europe, the situation continues to require caution, such as the remarkable spread of infection in South Asia.
Based on this situation, the infectious disease risk information level in Cambodia, Sri Lanka, Seychelles, Saint Lucia, Thailand, East Timor, and Mongolia has been newly set to Level 2 by comprehensively considering various situations including the deterioration of the infection situation. "Please stop unnecessary and unurgent travel" has been raised to Level 3 "Travel Cancellation Recommendation".

Oct. 30, 2020, midnight

As the infection may spread further, please obtain the latest information and try to prevent the infection.

Local and national news

Information for the past 30 days.

新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(2022年10月11日以降適用)

Sept. 26, 2022, midnight Wide area information (infectious diseases)
9月26日、新型コロナウイルス感染症に関する水際措置見直しの詳細が公表されました。10月11日午前0時(日本時間)以降適用される措置の概要は以下のとおりです。

1.外国人の新規入国制限の見直し
外国人の新規入国について、日本国内に所在する受入責任者による入国者健康確認システム(ERFS)における申請を求めないこととします。併せて、外国人観光客の入国について、パッケージツアーに限定する措置を解除します。

サル痘の発生状況(複数国での発生)(その13)

Sept. 22, 2022, midnight Wide area information (infectious diseases)
1 サル痘の発生状況
7月23日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が、サル痘の世界的な感染拡大が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)」である旨認定したことを受けて、外務省では、7月25日、全世界に対してサル痘にかかる感染症危険情報レベル1を発出しました。その後も感染拡大が更に広がり、日本国内においては7月25日に1例目の感染者が報告された後、9月21日までに5例の感染者が報告されています。

新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(自宅等待機者の検査方法の見直し)

Sept. 13, 2022, midnight Wide area information (infectious diseases)
9月13日、新型コロナウイルス感染症に関する水際措置の見直しの詳細が公表されました。措置の概要は以下のとおりです。

サル痘の発生状況(複数国での発生)(その12)

Sept. 9, 2022, midnight Wide area information (infectious diseases)
1 サル痘の発生状況
7月23日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が、サル痘の世界的な感染拡大が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)」である旨認定したことを受けて、外務省では、7月25日、全世界に対してサル痘にかかる感染症危険情報レベル1を発出しました。その後も感染拡大が更に広がり、日本国内においては7月25日に1例目の感染者が報告された後、8月10日までに4例の感染者が報告されています。

新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(水際対策強化に係る新たな措置(28)に基づく国・地域の指定について)

Sept. 2, 2022, midnight Wide area information (infectious diseases)
1.9月7日午前0時以降、以下28か国・地域の水際対策強化に係る新たな措置(28)に基づく国・地域の指定について、見直しを行うこととします。

現在、「赤」区分のアルバニア及びシエラレオネは、令和4年9月7日午前0時からは「黄」区分となります。これらの国からの帰国者・入国者については、入国時検査を実施した上で、原則5日間の自宅等待機を求めることとし、入国後3日目以降に自主的に受けた検査の結果が陰性であれば、その後の自宅等待機の継続を求めないこととします。このうち、ワクチン3回目接種者については、入国時検査を実施せず、入国後の自宅等待機を求めないこととします。

サル痘の発生状況(複数国での発生)(その11)

Aug. 25, 2022, midnight Wide area information (infectious diseases)
1 サル痘の発生状況
7月23日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が、サル痘の世界的な感染拡大が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)」である旨認定したことを受けて、外務省では、7月25日、全世界に対してサル痘にかかる感染症危険情報レベル1を発出しました。その後も感染拡大が更に広がり、日本国内においては7月25日に1例目の感染者が報告された後、8月10日までに4例の感染者が報告されています。

Travel advisories from local embassies and consulates

Information from the past two weeks.

新型コロナウイルスに係る隔離義務の終了等(10月14日以降)

Oct. 4, 2022, 5:15 p.m.
【本文】
1 豪州連邦政府は、国家内閣(National Cabinet)を開催し、新型コロナウイルスに係る隔離義務及び所得補填制度(Pandemic Leave Disaster Payment(PLDP)について、10月14日(金)をもって終了することに合意しました。以下、抜粋です。本件措置に関する詳細は下記リンクを参照ください。
https://www.pm.gov.au/media/meeting-national-cabinet-1

(1)連邦首相及び各州首相・準州主席大臣は、新型コロナウイルスに係る隔離義務を10月14日(金)をもって終了することに合意し、各州・準州は、関連する公衆衛生法令を通じて今後変更を実施します。
(2)国家内閣は、10月14日(金)をもって所得補填制度(Pandemic Leave Disaster PaymentPLDP))を終了することに合意しました。
(3)国家内閣は、最も脆弱でリスクの高い環境にある人々を保護するため、PDLPと同様の基準により、高齢者介護、障がい者ケア、先住民のヘルスケア及び病院ケア部門の労働者を対象とした非正規動労者への的を絞った財政支援を継続することに同意しました。
(4)上記の措置は、12月の国家内閣で見直される予定です。

2 NSW州政府は、10月14日(金)以降、新型コロナウイルス陽性者の自宅隔離義務を解除すると発表しました。ただし、福祉施設や高齢者施設等の感染リスクが高い施設については、一部の制限が継続される見込みです。NSW州政府は、詳細は追って発表するとしています。
https://www.nsw.gov.au/covid-19/management/advice-for-confirmed

【在シドニー日本国総領事館】
Consulate-General of Japan in Sydney
Level 12、 1 O'Connell Street、
Sydney NSW 2000 Australia
代表電話(61-2)9250-1000
Fax(61-2)9252-6600
Web:https://www.sydney.au.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html 
Email:japaneseconsulate@sy.mofa.go.jp 

※このメールは在留届、たびレジ、総領事館メールマガジン配信登録/読者登録に
登録されたメールアドレスに配信されております。

※「たびレジ」に簡易登録された方でメールの配信を変更・停止したい方は、以下の
URL から手続きをお願いいたします。
(変更)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/auth 
(停止)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete 

※「メールマガジン」に登録された方でメールの配信を変更・停止したい方は、以下の
URL から手続きをお願いいたします。
(変更)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/mailmz/modify?emb=sydney.au 
(停止)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/mailmz/delete?emb=sydney.au 

豪連邦政府発表:10月14日をもって、新型コロナウイルスに係る隔離義務及び所得補填制度の終了について(COVID-19関連)

Oct. 4, 2022, 2:55 p.m.
【本文】
 豪州連邦政府は、国家内閣(National Cabinet)を開催し、新型コロナウイルスに係る隔離義務及び所得補填制度(Pandemic Leave Disaster Payment(PLDP)について、10月14日(金)をもって終了することに合意しました。以下、抜粋です。
 本件措置に関する詳細は下記リンクを参照ください。
https://www.pm.gov.au/media/meeting-national-cabinet-1

1 連邦首相及び各州首相・準州主席大臣は、新型コロナウイルスに係る隔離義務を10月14日(金)をもって終了することに合意し、各州・準州は、関連する公衆衛生法令を通じて今後変更を実施します。

2 国家内閣は、10月14日(金)をもって所得補填制度(Pandemic Leave Disaster PaymentPLDP))を終了することに合意しました。

3 国家内閣は、最も脆弱でリスクの高い環境にある人々を保護するため、PDLPと同様の基準により、高齢者介護、障がい者ケア、先住民のヘルスケア及び病院ケア部門の労働者を対象とした非正規動労者への的を絞った財政支援を継続することに同意しました。

4 上記の措置は、12月の国家内閣で見直される予定です。


(メール発信者)
在オーストラリア日本国大使館
電話:02-6273-3244(代表)
FAX:02-6273-1848
メール:consular@cb.mofa.go.jp
大使館HP:https://www.au.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

※たびレジに簡易登録をされた方でメールの配信を停止・変更したい方は,以下のURLから手続きをお願いいたします。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

【メルマガ10月号】日本への入国手続き、領事出張サービス、在留状況確認調査のお願い、教科書配布・申込受付、犯罪統計の公表、現代美術展他

Oct. 4, 2022, 2:05 p.m.
1 新型コロナウイルス関連情報(日本への入国手続きほか)
(1)日本への入国手続き
日本政府は本年10月11日以降の水際対策について発表しました(外国人の新規入国制限の見直し、査証免除措置の適用再開、新型コロナウイルス検査等の見直し、入国者総数の管理の見直し、空港・海港における国際線受入の再開)。
https://www.sydney.au.emb-japan.go.jp/document/japanese/consul/20220926m.pdf 
(水際対策に係る新たな措置について/厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html 
(出発前検査証明について)
https://www.au.emb-japan.go.jp/itpr_ja/pcrtestingjapanese.html 
(空港での検疫手続きの事前登録(ファストトラック)について)
https://www.hco.mhlw.go.jp/fasttrack/ 

(2)コロナ規制やワクチン情報
当館の領事メール、当館や州政府のウェブサイトで最新情報をご確認いただきますようお願いいたします。
(当館HP)
https://www.sydney.au.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

2 領事情報(領事出張サービス、在留届と「たびレジ」、在留状況確認調査のお願い、在外選挙人名簿登録)
(1)領事出張サービス実施のお知らせ(北部準州アリススプリングス及びユララ)
11月7日(月)にアリススプリングス、11月8日(火)にユララにおいて領事出張サービスを実施しますのでご利用ください。日程や実施場所についての詳細は、以下リンク先からご確認ください。
https://www.sydney.au.emb-japan.go.jp/document/japanese/consul/20220929con.pdf
 このほか、本年度中にダーウィン、ニューカレドニア・ヌメアの領事出張サービスを予定しております。

(2)在留届と「たびレジ」に関するお願い
 外国に3か月以上滞在する日本人は、最寄りの大使館又は総領事館等に在留届を提出することが日本の法律(旅券法)で義務付けられています。
 在留届は、災害時の安否確認のために使用しますので、届出内容に変更(住所や同居家族の変更等)が生じた場合には変更届を、帰国の際には帰国届をご提出いただくようお願いいたします。在留届は「インターネットによる在留届電子届出システム(ORRシステム)」を利用した電子届出が可能です。この度、書面で在留届を提出済みの方も、このORRシステムを使用しての帰国、住所変更などの届出をご利用いただけることとなりました。詳細は以下のURLよりご確認ください。
https://www.sydney.au.emb-japan.go.jp/itpr_ja/consul_residence_report.html
 また、3か月未満の旅行や出張などの際には、海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう「たびレジ」にご登録をお願いいたします。詳細は以下URLよりご確認ください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html

(3)在留状況確認調査への協力のお願い
 本年も例年同様、10月1日現在における「海外在留邦人実態調査」を実施しています。
 同調査の一環として、在留届を提出いただいた皆様を対象に、災害や緊急事態等が発生した際に、在留邦人の皆様の安否確認や必要な情報等が迅速に行えるよう、在留届に記載の内容を最新のものとするための確認調査として、在留届にメールアドレスの記載がない方や、メールアドレス変更により当館からの領事メールが届いていない方を対象に、電話及び郵送による確認調査を実施しております。当館からの連絡があった際には、ご回答いただければ幸いです。

(4)在外選挙人名簿への登録
 日本国外に居住されている満18歳以上の日本人は、国外からの投票を通じて国政選挙に参加することができます。国外で投票するには、在外選挙人名簿への登録が必要ですので、登録を済まされていない方は、最寄りの大使館又は総領事館等にて登録をお願いいたします。詳細は以下のURLよりご確認ください。
https://www.sydney.au.emb-japan.go.jp/document/japanese/consul/20220609senkyo.pdf
 申請後、在外選挙人証を交付するまでに2か月程度を要します。選挙日程が決まり、選挙に対する関心が大きくなった時点からでは登録が間に合わない恐れがありますので、今後の国政選挙に備えて、お早めに在外選挙人名簿への登録手続きを行ってください。詳細は以下のURLよりご確認ください。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/senkyo/index.html

3 教科書配付・申し込み受付
(1)2022年度小学校後期用教科書(小学1~5年)の配付
2022年度小学校後期用教科書(小学1~5年)の配付を、9月30日(金)~10月17日(月)まで当館にて行います(小学6年については、本年度はもともと、後期用教科書はありません)。本年5月に申込をされた方(日本国籍保持者)が対象になります。ご希望があれば送料をご負担いただくことで郵送手配も可能です。シドニー日本人国際学校をはじめ、日本語学校・補習授業校に通学され、学校を通じて教科書を申し込まれた児童・生徒さんにつきましては、学校を通じた一括配付となりますので、各個人でのご来館及び郵送による受け取りの必要はございません。詳細は下記リンクをご参照下さい。
https://www.sydney.au.emb-japan.go.jp/document/japanese/consul/20220927text.pdf

(2)2023年度小学校前期用及び中学校通年用教科書の申込受付(申請期間を延長:10月14日(金)まで)
2023年度小学校前期用及び中学校通年用教科書の申込みの受け付けを、当館ウェブサイトにて実施しております。申請期間を10月14日(金)まで延長しましたのでお知らせします。対象は、小学1~6年生及び中学1~3年生です。教科書配付を受けられる対象者は、海外に居住している義務教育学齢期の子女で、日本国籍を持ち(重国籍者を含む)、海外に長期滞在する子女、あるいは永住者で将来日本で教育を受ける意思を持つ方です。「特別支援学校用教科書」や「拡大教科書」が必要な方も下記サイトにて申請頂けます。
○当館ウェブサイト(教科書申請)
https://www.sydney.au.emb-japan.go.jp/itpr_ja/life_and_safety_children_education.html

4 治安・安全情報(犯罪統計の公表)
9月中旬、NSW州犯罪統計局は2022年6月末までの犯罪統計を公表しました。
本年4月以降はコロナ禍に関する各種規制が大幅に解除されたこともあって、それまで継続していた減少傾向の動向に注目が集まりましたが、引き続き減少傾向であることが示されています。
他方、ドメスティックバイオレンスに関連する暴行・傷害、性犯罪は増加傾向にあり、NSW州警察にとっても大きな課題となっています。また、サイバー空間における犯罪の発生率も高止まりの状態となっています。
大手SNSアプリにランダム表示される広告にも詐欺サイト含まれるなど、日本の状況とは異なることを十分ご認識頂き、犯罪被害に遭わないよう十分ご注意ください。

5 総領事通信・総領事館公式SNS
(1)徳田修一在シドニー総領事からのご挨拶
9月23日に在シドニー総領事に着任しました徳田修一です。着任に際し、皆さまにご挨拶申し上げます。
https://www.sydney.au.emb-japan.go.jp/itpr_ja/about_consul_generals_message.html

(2)徳田総領事のカウラ出張
徳田総領事は、着任翌日の9月24日及び25日、カウラに出張しました。山上大使・島田在メルボルン総領事とともに、美しいカウラ日本庭園で開催された伝統ある「カウラ桜祭り」に参加した他、ビル・ウエスト・カウラ市長やボブ・グリフィス・カウラ日本庭園・文化センター財団理事長らとともに、日本人戦争墓地・オーストラリア人戦争への献花をそれぞれ行いました。
https://www.facebook.com/CGJSYD

(3)総領事館公式SNS:日本関連行事更新中
総領事館の行事や日本関連の行事、日本の文化情報等を発信しています。ご関心がありましたらフォローいただければ幸いです。
(徳田総領事公式Twitter)
https://twitter.com/cgjapansydney
(総領事館公式Facebook)
https://www.facebook.com/CGJSYD
(総領事館公式Instagram)
https://www.instagram.com/CGJapanSyd/

6 日本文化関連行事(現代美術展)
(1)Storymakers in Contemporary Japanese Art展
国際交流基金にて、ストーリーテリングをテーマにした現代美術展が開催されます。本展では、鴻池朋子、東恩納裕一、大小島真紀、高田冬彦、蓮沼昌宏による映像、彫刻、絵画作品などが展示されます。アーティストの個人的な素材との対話や身体的な感覚をもとにした出展作品は、古くから親しまれてきた物語に新たな命を吹き込み、世界を構成するあらゆるものたちの声に耳を澄ますように皆さんを誘います。
【日程】2022年7月29日(金)~2023年1月28日(土)
【会場】国際交流基金(Level 4, Central Park, 28 Broadway, Chippendale NSW 2008)
【料金】無料 
【主催】国際交流基金
https://jpf.org.au/events/storymakers-in-contemporary-japanese-art/

7 日本語を使う子どもたちのための日本語教育(保護者・教師向けのウェビナー)
日本語を使う子どもたちのための日本語教育(保護者・教師向けのウェビナー)
国際交流基金では、NSW大学と共催にて、日本語を使う子どもたちのための日本語教育をテーマに、保護者や教師を対象としたオンラインセミナー(ウェビナー)シリーズを実施しています。
〇シリーズ第11回「パネル・ディスカッション ― 国際結婚家庭で育つ繋生語のこどもたちのオーストラリア人保護者の考えを聞く」
【日時】10月15日(土)16:00~18:00
【内容】豪州各地域より、国際結婚家庭のオーストラリア人保護者をお招きし、繋生語としての日本語とともに成長しているこどもたちのことをみなさんと考えます。ぜひご参加ください。
【料金】無料 ※事前申し込み必須
【申し込み】下記のウェブページより9月16日~10月10日の期間に申し込んでください。
https://jpf.org.au/japanese-as-community-language/

8 日本語学校・補習授業校の日本語教師募集
当館管轄地域にある以下の学校では、日本語教師を募集しています。ご関心のある方は、以下の学校のリンクやメール照会先をご参照の上、各学校に直接ご連絡・ご応募ください。
○JCS日本語学校シティ校
https://cityschool.japanclubofsydney.org/recruitment/
○JCS日本語学校エッジクリフ校
https://www.jams.tv/classifieds/jobs/13046
○JCS日本語学校ダンダス校
https://dundas.japanclubofsydney.org/wp-content/uploads/2022/03/Dundas_Ad.pdf
○フォレスト日本語学校
https://www.forestjapaneseschool.org.au/single-post/%E6%95%99%E5%93%A1%E3%80%81%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%88%E3%80%81%E3%83%9C%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E5%8B%9F%E9%9B%86
○ホーンズビー日本語学校
http://www.hornsbyjapaneseschool.org.au/hiring.html

9 休館日のお知らせ(10月及び11月)
土日及び以下の日は休館いたします。
〇10月10日(月)スポーツの日
〇11月3日(木)文化の日
〇11月23日(水)勤労感謝の日

***********************************
在シドニー日本国総領事館
Level 12,1 O'Connell Street,
Sydney NSW 2000 Australia
代表電話:(61-2)9250-1000
Fax: (61-2)9252-6600
Web: http://www.sydney.au.emb-japan.go.jp/index_j.htm 
Email: japaneseconsulate@sy.mofa.go.jp 

※このメールに関してお気づきの点がございましたら、以下の当館代表メールアドレスにお気軽にご連絡ください。
japaneseconsulate@sy.mofa.go.jp 

※「たびレジ」に簡易登録された方でメールの配信を変更・停止したい方は、以下のURLから手続きをお願いいたします。
(変更)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/auth 
(停止)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete 

※「メールマガジン」に登録された方でメールの配信を変更・停止したい方は、以下のURLから手続きをお願いいたします。
(変更)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/mailmz/modify?emb=sydney.au
(停止)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/mailmz/delete?emb=sydney.au

※本メールマガジンのバックナンバーは以下のページに掲載しています。
https://www.sydney.au.emb-japan.go.jp/itpr_ja/life_and_safety_mailimag.html

2022年度小学校後期用教科書(小学1~5年)の配付(9月30日(金)~10月17日(月)まで)

Sept. 27, 2022, 11:40 a.m.
【本文】
日頃から当館の業務にご理解、ご協力を賜り誠にありがとうございます。2022年度小学校後期用教科書(小学1~5年)の配付について以下のとおりお知らせいたします。

1.当館での配付
 2022年度小学校後期用教科書(小学1~5年)の配付を以下の場所・日程にて行います(小学6年については、本年度はもともと、後期用教科書はありません)。
(1)対 象 者:本年5月に申込をされた方(日本国籍保持者)
(2)配付場所:教科書配付室(※エレベーターで12階までお上がり下さい。当館領事部待合室に入らず、エレベーターホールの反対側の窓口となります。)
(3)配付期間:9月30日(金)~10月17日(月)
※ 土・日及び10月3日(月)の「レイバー・デー」、10月10日(月)の「スポーツの日」は休館日となりますのでご注意ください。
【窓口時間】10:00~11:30及び14:00~15:30
【留意事項】
・教科書を持ち帰るための手提げ袋をご持参ください。
・ご友人による代理受取りも可能です。
・2022年度小学校前期用及び中学校通年用教科書をまだお受け取りになられていない方は、ご来館時に併せてお受け取り可能です。
・追加送付申請、お申込みをされていない方で配付希望等詳細については、以下、当館ホームページにてご確認願います。
https://www.sydney.au.emb-japan.go.jp/itpr_ja/life_and_safety_children_education.html

2.郵送(希望される方)
 ご希望があれば送料をご負担いただくことで郵送手配も可能です。下記(5)をご参照いただき、お子様の学年に見合ったサイズの返信用郵便袋「Prepaid Satchel」を郵便局でご購入の上、必ず宛先(氏名、住所)を記入し、下記(4)のメモ書きと併せ、下記(3)の宛先(当館教科書配付担当)までご郵送ください。
(1)対 象 者:本年4月にお申込みをされた方(日本国籍保持者)
(2)郵送受付期間:10月末日まで
(3)詳細は当館ウェブサイトにてご確認下さい。
https://www.sydney.au.emb-japan.go.jp/itpr_ja/life_and_safety_children_education.html 

3.以下の学校(下記リストご参照)に通学され、学校を通じて教科書を申し込まれたお子様分につきましては、学校を通じた一括配付となりますので、各個人でのご来館及び郵送による受け取りの必要はございません。
 なお、学校を通じて教科書を受け取られる方は、ご来館・郵送により二重に教科書を受け取ることはできませんのでご了承ください。

【一括配布予定の学校】
シドニー日本人国際学校
シドニー日本語土曜学校
ノースショア日本語学校
JCS日本語学校シティ校
JCS日本語学校ダンダス校
フォレスト日本語学校
ハンタージャパニーズスクール
セントラルコーストジャパニーズコミュニティースクール
ベイサイド日本語学校
NSW日本語補習校
シドニー日本語日曜学校

ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

【在シドニー日本国総領事館】
Consulate-General of Japan in Sydney
Level 12、 1 O'Connell Street、Sydney NSW 2000 Australia
代表電話(61-2)9250-1000
Fax(61-2)9252-6600
Web:https://www.sydney.au.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html 
Email:textbook@sy.mofa.go.jp(教科書担当)

※このメールは在留届、たびレジ、総領事館メールマガジン配信登録/読者登録に登録されたメールアドレスに配信されております。
※「たびレジ」に簡易登録された方でメールの配信を変更・停止したい方は、以下のURL から手続きをお願いいたします。
(変更)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/auth
(停止)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete
※「メールマガジン」に登録された方でメールの配信を変更・停止したい方は、以下のURL から手続きをお願いいたします。
(変更)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/mailmz/modify?emb=sydney.au
(停止)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/mailmz/delete?emb=sydney.au