Philippines travel advisories

translated by google
Source: Ministry of Foreign Affairs International Safety Information
Travel advisories Updated on Oct. 5, 2022, 3:42 a.m.
3
Do not travel

The following information has been provided by the Japanese Ministry of Foreign Affairs. The information is subject to change without notice. This is not a comprehensive list, and you are urged to check the most up-to-date information and details.

Table of contents

Entry information for travelers from Japan

Post-arrival restrictions

July 15, 2022, 6:38 a.m.

Those who have completed vaccination (* 1, 2) can enter Japan (* 3, 4).

* 1 Vaccination certificate certifies that vaccination of the type of vaccine that is set in two doses or vaccine that is completed in one dose (made by Johnson & Johnson, etc.) is completed 14 days or more before the start date and time of travel. What you can do.
At the time of entry, it is necessary to present a negative result by PCR test within 48 hours before the start of travel or antigen test within 24 hours.

* 2 A person who can prove that he / she has received at least one booster vaccination with a vaccination certificate. It is not necessary to show the pre-travel inspection certificate at the time of entry.

* 3 All Philippine immigrants must register online in advance for the "One Health Pass" (https://www.onehealthpass.com.ph/e-HDC/), and the QR code and procedures displayed after registration is complete. It is necessary to store the transaction number on a terminal such as a smartphone and present it to the Philippine Quarantine Authority (BOQ) at the time of entry.

* 4 Short-term travelers must be able to secure the remaining expiration date of their passport for at least 6 months and present the reservation certificate for the return flight.

COVID-19 risks

Aug. 24, 2022, midnight

8月24日、41か国の感染症危険情報をレベル3(渡航中止勧告)からレベル2(不要不急の渡航は止めてください)に、55か国・地域の感染症危険情報をレベル2(不要不急の渡航は止めてください)からレベル1(十分注意してください)に引き下げました。

July 25, 2022, midnight

7月23日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は、サル痘の世界的な感染拡大が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」である旨認定しました。WHOによれば、これまでにサル痘の感染は75か国・地域、累計で16,000人以上の症例が報告されており、感染は世界的な広がりを見せています。

July 1, 2022, midnight

Although the infection status of the new corona varies depending on the situation in each country and region, the risk of death and aggravation has decreased, and deregulation at the water's edge and in Japan has also been seen, especially in countries where vaccination is progressing worldwide. I'm on the way. Based on these trends, the infectious disease risk information level is now available after comprehensively considering the actual conditions of each country / region, such as the status of infection, vaccination status, infectious disease control / medical system, and status of various measures in each country / region. Was reviewed.

May 26, 2022, midnight

Although the infection status of the new corona varies depending on the situation in each country and region, the number of new infections and deaths is declining worldwide, and the risk of death and aggravation is mainly in countries where vaccination is progressing. Is declining, and regulations are being relaxed at the water's edge and in Japan. Based on these trends, the infectious disease risk information level is now available after comprehensively considering the actual conditions of each country / region, such as the status of infection, vaccination status, infectious disease control / medical system, and status of various measures in each country / region. Was reviewed.

April 1, 2022, midnight

The level of infectious disease risk information should be reviewed after comprehensively considering the actual situation of each country / region, such as the number of newly infected people in each country / region, vaccination status, infectious disease control / medical system, and status of various measures. It was made. As a result, infectious disease risk information has been reduced from Level 3 "Recommendation for suspension of travel" to Level 2 "Please stop unnecessary and unurgent travel" in 106 countries.

Nov. 29, 2021, midnight

As the infection may spread further, please be informed and try to prevent the infection.

Aug. 13, 2021, midnight

As the infection may spread further, please obtain the latest information and try to prevent the infection.

May 18, 2021, midnight

Coronavirus infections are still spreading worldwide, with more than 160 million confirmed infections and more than 3 million deaths worldwide. Although the number of infected people is decreasing in North America and Europe, the situation continues to require caution, such as the remarkable spread of infection in South Asia.
Based on this situation, the infectious disease risk information level in Cambodia, Sri Lanka, Seychelles, Saint Lucia, Thailand, East Timor, and Mongolia has been newly set to Level 2 by comprehensively considering various situations including the deterioration of the infection situation. "Please stop unnecessary and unurgent travel" has been raised to Level 3 "Travel Cancellation Recommendation".

Oct. 30, 2020, midnight

As the infection may spread further, please obtain the latest information and try to prevent the infection.

Local and national news

Information for the past 30 days.

新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(2022年10月11日以降適用)

Sept. 26, 2022, midnight Wide area information (infectious diseases)
9月26日、新型コロナウイルス感染症に関する水際措置見直しの詳細が公表されました。10月11日午前0時(日本時間)以降適用される措置の概要は以下のとおりです。

1.外国人の新規入国制限の見直し
外国人の新規入国について、日本国内に所在する受入責任者による入国者健康確認システム(ERFS)における申請を求めないこととします。併せて、外国人観光客の入国について、パッケージツアーに限定する措置を解除します。

サル痘の発生状況(複数国での発生)(その13)

Sept. 22, 2022, midnight Wide area information (infectious diseases)
1 サル痘の発生状況
7月23日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が、サル痘の世界的な感染拡大が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)」である旨認定したことを受けて、外務省では、7月25日、全世界に対してサル痘にかかる感染症危険情報レベル1を発出しました。その後も感染拡大が更に広がり、日本国内においては7月25日に1例目の感染者が報告された後、9月21日までに5例の感染者が報告されています。

新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(自宅等待機者の検査方法の見直し)

Sept. 13, 2022, midnight Wide area information (infectious diseases)
9月13日、新型コロナウイルス感染症に関する水際措置の見直しの詳細が公表されました。措置の概要は以下のとおりです。

サル痘の発生状況(複数国での発生)(その12)

Sept. 9, 2022, midnight Wide area information (infectious diseases)
1 サル痘の発生状況
7月23日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が、サル痘の世界的な感染拡大が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)」である旨認定したことを受けて、外務省では、7月25日、全世界に対してサル痘にかかる感染症危険情報レベル1を発出しました。その後も感染拡大が更に広がり、日本国内においては7月25日に1例目の感染者が報告された後、8月10日までに4例の感染者が報告されています。

新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(水際対策強化に係る新たな措置(28)に基づく国・地域の指定について)

Sept. 2, 2022, midnight Wide area information (infectious diseases)
1.9月7日午前0時以降、以下28か国・地域の水際対策強化に係る新たな措置(28)に基づく国・地域の指定について、見直しを行うこととします。

現在、「赤」区分のアルバニア及びシエラレオネは、令和4年9月7日午前0時からは「黄」区分となります。これらの国からの帰国者・入国者については、入国時検査を実施した上で、原則5日間の自宅等待機を求めることとし、入国後3日目以降に自主的に受けた検査の結果が陰性であれば、その後の自宅等待機の継続を求めないこととします。このうち、ワクチン3回目接種者については、入国時検査を実施せず、入国後の自宅等待機を求めないこととします。

サル痘の発生状況(複数国での発生)(その11)

Aug. 25, 2022, midnight Wide area information (infectious diseases)
1 サル痘の発生状況
7月23日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が、サル痘の世界的な感染拡大が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)」である旨認定したことを受けて、外務省では、7月25日、全世界に対してサル痘にかかる感染症危険情報レベル1を発出しました。その後も感染拡大が更に広がり、日本国内においては7月25日に1例目の感染者が報告された後、8月10日までに4例の感染者が報告されています。

Travel advisories from local embassies and consulates

Information from the past two weeks.

【感染症情報】日本における新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(ワクチン接種証明書の見直し等)(9月26日発表)

Sept. 26, 2022, 6:45 p.m.
【本文】
1 日本入国の際の新型コロナウイルス感染症に対するワクチン接種証明書について、これまで全ての帰国者・入国者について日本で有効と認められるワクチンを接種済みであることを証明する証明書の提出を求めていましたが、10月11日午前0時以降(日本時間)、世界保健機関(WHO)の緊急使用リストに記載されたいずれかのワクチンを3回(※)接種済みであることを証明する証明書の提出を求めることとなります。なお、ワクチンを3回接種してない場合には、引き続き出発国出国前 72 時間以内の検査証明の提出が必要となります。

※ジェコビデン(JCOVDEN)筋注/ヤンセン(Janssen)等の場合は2回接種をもって3回分相当とみなす。

2 また、同日から、入国時検査及び入国後待機期間等を求めないこととする、新規入国する外国人の入国者健康確認システム(ERFS)への申請を求めないこととする、外国人観光客の入国についてはパッケージツアーに限定する措置を解除する、入国者総数の上限を設けないこととする、等の見直しもされます。

本情報は、別途、外務省本省から「広域情報」で案内されており重複しますが、日本への入国者・帰国者の方の影響を踏まえ、あらためて当館から案内させていただくものです。

3 日本への御帰国・御入国等の際には、御留意いただくとともに、最新の情報を御確認ください。


【関連情報】
○外務省
・新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(2022年10月11日以降適用): https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2022C083.html
・有効と認められる新型コロナウイルス感染症に関するワクチン接種証明書について(2ページ目):
 https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdf2/0926_34_2.pdf

○世界保健機関(WHO)(緊急使用リスト(COVID-19ワクチン)):
 https://www.who.int/news-room/questions-and-answers/item/coronavirus-disease-(covid-19)-vaccines

○厚生労働省(水際対策):
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html

+++++++++++++
【以下、新型コロナウイルス関連情報】
○在フィリピン日本国大使館ホームページ(日本国政府の発表・関連情報等(日本へ入国・再入国・帰国をご予定の方)):
 https://www.ph.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00310.html
・・・・・・・・・・・・・・・
 この情報は、在留届及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。情報は同居家族の方にも共有いただくとともに、同居家族の方が本メールを受信していない場合は、在留届へのメールアドレスの登録、または当館メールマガジンに登録をお願いします。
 災害や騒乱等が発生した際、ご家族、ご友人、同僚を守るため、一人でも多くの方に安全対策に関する情報が届くよう、在留届(3か月以上の滞在)の届出、又はたびレジ(3か月未満の滞在)の登録を、お知り合いの方や出張者・旅行者にご案内いただけますようお願いいたします。
○在留届・たびレジ登録:
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/https://www.ezairyu.mofa.go.jp/ORRnet/
 
(問い合わせ窓口)
○厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(検疫の強化)
 日本国内から:0120-565-653
 海外から:+81-3-3595-2176(日本語、英語、中国語、韓国語に対応)

○出入国在留管理庁(入国拒否、日本への再入国)
  電話:(代表)03-3580-4111(内線4446、4447)

○外国人在留支援センター内外務省ビザ・インフォメーション
  電話:0570-011000(ナビダイヤル:案内に従い、日本語の「1」を選んだ後、「5」を押してください。)一部のIP電話からは、03-5363-3013

○海外安全ホームページ
  https://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版・スマートフォン版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)

(在外公館連絡先)
○在フィリピン日本国大使館
 住所:2627 Roxas Boulevard, Pasay City,Metro Manila
 電話:(市外局番02)8551-5710
 (邦人援護ホットライン)(市外局番02)8551-5786
 FAX:(市外局番02)8551-5785
 ホームページ:http://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○在セブ日本国総領事館
 住所:8th Floor, 2Quad Building, Cardinal Rosales Avenue, Cebu Business Park, Cebu City
 電話:(市外局番032)231-7321 / 7322
 FAX:(市外局番032)231-6843
 ホームページ:https://www.cebu.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○在ダバオ日本国総領事館
 住所:4th Floor, B.I. Zone Building, J.P. Laurel Avenue, Bajada, Davao City 8000
 電話:(市外局番082)221-3100
 FAX:(市外局番082)221-2176
 ホームページ:https://www.davao.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

【感染症情報】日本における新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(ワクチン接種証明書の見直し等)(9月26日発表)

Sept. 26, 2022, 6:30 p.m.
1 日本入国の際の新型コロナウイルス感染症に対するワクチン接種証明書について、これまで全ての日本入国者に対して日本で有効と認められるワクチンを接種済みであることの証明書の提出を求めていましたが、10月11日午前0時以降(日本時間)、世界保健機関(WHO)の緊急使用リストに記載されたいずれかのワクチンを3回(※)接種したことが分かる証明書の提出を求めることとなります。
 なお、ワクチンを3回接種してない場合には、引き続き出発国出国前 72 時間以内の検査証明の提出が必要となります。

 ※ジェコビデン(JCOVDEN)筋注/ヤンセン(Janssen)等の場合は2回接種をもって3回分相当とみなす。

2 また、同日から入国時検査、入国後待機期間等を求めない、新規入国する外国人の入国者健康確認システム(ERFS)への申請を求めない、外国人観光客の入国についてはパッケージツアーに限定する措置を解除する、入国者総数の上限を設けないこととする等の見直しもされます。

 本情報は、外務省本省から別途「広域情報」で案内されており重複しますが、日本への入国者・帰国者の方の影響を踏まえ、改めて当館から案内させていただくものです。

3 日本への御帰国・御入国等の際には、御留意いただくとともに、最新の情報を御確認ください。

【関連情報】
○外務省
・新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(2022年10月11日以降適用):
 https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2022C083.html
・有効と認められる新型コロナウイルス感染症に関するワクチン接種証明書について(2ページ目):
 https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdf2/0926_34_2.pdf

○世界保健機関(WHO)(緊急使用リスト(COVID-19ワクチン)):
 https://www.who.int/news-room/questions-and-answers/item/coronavirus-disease-(covid-19)-vaccines

○厚生労働省(水際対策):
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html

+++++++++++++
【以下、新型コロナウイルス関連情報】
●在フィリピン日本国大使館ホームページ(フィリピン国政府の発表・関連情報等(フィリピンへの入国を予定の方へ)
https://www.ph.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00309.html

・・・・・・・・・・・・・・・
この情報は、在留届及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。情報は同居家族の方にも共有いただくとともに、同居家族の方が本メールを受信していない場合は、在留届へのメールアドレスの登録をお願いします。
災害や騒乱等が発生した際、ご家族、ご友人、同僚を守るため、一人でも多くの方に安全対策に関する情報が届くよう、在留届(3か月以上の滞在)の届出、又はたびレジ(3か月未満の滞在)の登録を、お知り合いの方や出張者・旅行者にご案内いただけますようお願いいたします。

在留届・たびレジ登録
 ( https://www.ezairyu.mofa.go.jp/https://www.ezairyu.mofa.go.jp/ORRnet/ )

(問い合わせ窓口)
○厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(検疫の強化)
 日本国内から:0120-565-653
 海外から:+81-3-3595-2176(日本語、英語、中国語、韓国語に対応)

○出入国在留管理庁(入国拒否、日本への再入国)
  電話:(代表)03-3580-4111(内線4446、4447)

○外国人在留支援センター内外務省ビザ・インフォメーション
  電話:0570-011000(ナビダイヤル:案内に従い、日本語の「1」を選んだ後、「5」を押してください。)一部のIP電話からは、03-5363-3013

○海外安全ホームページ
  https://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版・スマートフォン版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)

(在外公館連絡先)
○ 在ダバオ日本国総領事館
住所:4th Floor, B.I. Zone Building, J.P. Laurel Avenue, Bajada, Davao City 8000
電話:(市外局番082)221-3100
FAX:(市外局番082)221-2176
ホームページ:https://www.davao.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○ 在フィリピン日本国大使館
住所:2627 Roxas Boulevard, Pasay City,Metro Manila
電話:(市外局番02)8551-5710
(邦人援護ホットライン)(市外局番02)8551-5786
FAX:(市外局番02)8551-5785
ホームページ:http://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○ 在セブ日本国総領事館
住所:8th Floor, 2Quad Building, Cardinal Rosales Avenue, Cebu Business Park, Cebu City
電話:(市外局番032)231-7321 / 7322
FAX:(市外局番032)231-6843
ホームページ:https://www.cebu.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

【感染症情報】日本における新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(有効なワクチンの見直し等)(9月26日発表)

Sept. 26, 2022, 6:10 p.m.
【本文】
1 日本入国の際の新型コロナウイルス感染症に対するワクチン接種証明書について、これまで全ての日本入国者に対して日本で有効と認められるワクチンを接種済みであることの証明書の提出を求めていましたが、10月11日午前0時以降(日本時間)、世界保健機関(WHO)の緊急使用リストに記載されたいずれかのワクチンを3回(※)接種したことが分かる証明書の提出を求めることとなります。
 なお、ワクチンを3回接種してない場合には、引き続き出発国出国前 72 時間以内の検査証明の提出が必要となります。

 ※ジェコビデン(JCOVDEN)筋注/ヤンセン(Janssen)等の場合は2回接種をもって3回分相当とみなす。

2 また、同日から入国時検査、入国後待機期間等を求めない、新規入国する外国人の入国者健康確認システム(ERFS)への申請を求めない、外国人観光客の入国についてはパッケージツアーに限定する措置を解除する、入国者総数の上限を設けないこととする等の見直しもされます。

 本情報は、外務省本省から別途「広域情報」で案内されており重複しますが、日本への入国者・帰国者の方の影響を踏まえ、改めて当館から案内させていただくものです。

3 日本への御帰国・御入国等の際には、御留意いただくとともに、最新の情報を御確認ください。

【関連情報】
○外務省
・新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(2022年10月11日以降適用):
 https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2022C083.html
・有効と認められる新型コロナウイルス感染症に関するワクチン接種証明書について(2ページ目):
 https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdf2/0926_34_2.pdf

○世界保健機関(WHO)(緊急使用リスト(COVID-19ワクチン)):
 https://www.who.int/news-room/questions-and-answers/item/coronavirus-disease-(covid-19)-vaccines

○厚生労働省(水際対策):
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html

+++++++++++++
【以下、新型コロナウイルス関連情報】
○当館ホームページ(日本国政府の発表・関連情報等(日本へ入国・再入国・帰国をご予定の方))
 https://www.ph.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00310.html

・・・・・・・・・・・・・・・
 この情報は、在留届、メールマガジン及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。情報は同居家族の方にも共有いただくとともに、同居家族の方が本メールを受信していない場合は、在留届へのメールアドレスの登録、または当館メールマガジンに登録をお願いします。
 災害や騒乱等が発生した際、ご家族、ご友人、同僚を守るため、一人でも多くの方に安全対策に関する情報が届くよう、在留届(3か月以上の滞在)の届出、又はたびレジ(3か月未満の滞在)の登録を、お知り合いの方や出張者・旅行者にご案内いただけますようお願いいたします。

 在留届・たびレジ登録(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/https://www.ezairyu.mofa.go.jp/ORRnet/ )
 メールマガジン登録(https://www.mailmz.emb-japan.go.jp/cmd/ph.html )


(問い合わせ窓口)
○厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(検疫の強化)
 日本国内から:0120-565-653
 海外から:+81-3-3595-2176(日本語、英語、中国語、韓国語に対応)

○出入国在留管理庁(入国拒否、日本への再入国)
  電話:(代表)03-3580-4111(内線4446、4447)

○外国人在留支援センター内外務省ビザ・インフォメーション
  電話:0570-011000(ナビダイヤル:案内に従い、日本語の「1」を選んだ後、「5」を押してください。)一部のIP電話からは、03-5363-3013

○海外安全ホームページ
 https://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版・スマートフォン版)
 http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)

(在外公館連絡先)
○在フィリピン日本国大使館
 住所:2627 Roxas Boulevard, Pasay City,Metro Manila
 電話:(市外局番02)8551-5710
 (邦人援護ホットライン)(市外局番02)8551-5786
 FAX:(市外局番02)8551-5785
 ホームページ:http://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○在セブ日本国総領事館
 住所:8th Floor, 2Quad Building, Cardinal Rosales Avenue, Cebu Business Park, Cebu City
 電話:(市外局番032)231-7321 / 7322
 FAX:(市外局番032)231-6843
 ホームページ:https://www.cebu.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○在ダバオ日本国総領事館
 住所:4th Floor, B.I. Zone Building, J.P. Laurel Avenue, Bajada, Davao City 8000
 電話:(市外局番082)221-3100
 FAX:(市外局番082)221-2176
 ホームページ:https://www.davao.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

【安全対策情報】台風16号(フィリピン名:カーディング)の上陸に伴う注意喚起(その2)

Sept. 25, 2022, 9 p.m.
【本文】
1 フィリピン気象庁によれば、23日午後に発生した台風16号(フィリピン名:カーディング)は、昨日の予測から勢力を拡大し、25日午後5時時点で(当地時間)で、ケソン州(Quezon)ポリロ諸島(Polillo Islands)のブルデオス(Burdeos)の沿岸海域に位置し、時速20キロで西に移動しています。今後、勢力を維持したまま26日の夕刻から明日の早朝にかけてルソン島中部を横断し、地域によっては強風、大雨をもたらす見込みです。

2 また、日本気象庁によると、25日午後5時(当地時間)時点で、中心気圧940ヘクトパスカル、最大瞬間風速50メートルであり、中心から95キロ以内は風速25メートル以上の暴風域、中心から220キロ以内は風速15メートル以上の強風域となっています。

3 この台風の接近に伴い、強風や大雨のみならず場合によっては洪水・土砂崩れ・荒波等による人的・物的被害のほか、各種交通機関の混乱等をもたらすおそれもあり、注意が必要です。

4 つきましては、台風による被害を受ける可能性がある地域に滞在している方は、下記の関連ウェブサイト等を参考に最新の台風情報や現地の気象情報の収集に努め、台風による被害が予想される場合には外出を控える、お住まいの地方自治政府の指示に従う等、災害や事故に巻き込まれないよう安全確保に努めてください。
 また、台風による被害に備え、懐中電灯・携帯用ラジオ等を手元に置いておくこと、飲料水・食料を備蓄すること、家族等に緊急の連絡先を知らせること、滞在されている地域で避難場所が設けられる場合には、地方行政機関の条例、指示等に従って行動し、新型コロナウイルスの感染の予防にも努めてください。
 更に、台風通過後も、地盤の緩みに伴う土石流など、予測できない複合的な二次災害が発生する可能性もありますので注意してください。

《参考ウェブサイト》
 フィリピン気象庁(PAGASA):http://www.pagasa.dost.gov.ph/ 
 日本気象庁(台風情報):http://www.jma.go.jp/jp/typh/ 
 フィリピン国家災害リスク削減管理委員会(NDRRMC):http://www.ndrrmc.gov.ph/ 

5 万一災害に巻き込まれた場合は、現地当局が発表する警報・指示等に従って安全確保に努めるとともに、ご自身の安否等の状況について日本の留守家族及び最寄りの日本国大使館・総領事館に連絡してください。

・・・・・・・・・・・・・・・
 この情報は、在留届、メールマガジン及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。情報は同居家族の方にも共有いただくとともに、同居家族の方が本メールを受信していない場合は、在留届へのメールアドレスの登録、または当館メールマガジンに登録をお願いします。
 災害や騒乱等が発生した際、ご家族、ご友人、同僚を守るため、一人でも多くの方に安全対策に関する情報が届くよう、在留届(3か月以上の滞在)の届出、又はたびレジ(3か月未満の滞在)の登録を、お知り合いの方や出張者・旅行者にご案内いただけますようお願いいたします。

 在留届・たびレジ登録(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/https://www.ezairyu.mofa.go.jp/ORRnet/ )
 メールマガジン登録(https://www.mailmz.emb-japan.go.jp/cmd/ph.html )


(問い合わせ窓口)
○在フィリピン日本国大使館
 住所:2627 Roxas Boulevard, Pasay City,Metro Manila
 電話:(市外局番02)8551-5710
 (邦人援護ホットライン)(市外局番02)8551-5786
 FAX:(市外局番02)8551-5785
 ホームページ:http://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

【安全対策情報】台風16号(フィリピン名:カーディング)の上陸に伴う注意喚起

Sept. 24, 2022, 4:05 p.m.
【本文】
1 フィリピン気象庁によれば、昨日(23日)午後に発生した台風16号(フィリピン名:カーディング)は、24日午前11時時点で(当地時間)で、ルソン島北部カガヤン州(Cagayan)トゥゲガラオ市(Tuguegarao City)の東南東660 km、またはアウロラ州(Aurora)カシグラン(Casiguran)の東595キロに位置し、時速25キロで西南西に移動しています。今後、勢力を維持したまま25日の朝または午後にもルソン島北部(イザベラ州(Isabela)、オウロラ州(Aurora)周辺)に上陸の上、西に通過し、地域によっては強風、大雨をもたらす見込みです。

2 また、日本気象庁によると、24日午後1時(当地時間)時点で、中心気圧990ヘクトパスカル、最大瞬間風速30メートルであり、中心から35キロ以内は風速25メートル以上の暴風域、中心から南西側280キロ以内、北東側220キロ以内は風速15メートル以上の強風域となっています。

3 この台風の接近に伴い、強風や大雨のみならず場合によっては洪水・土砂崩れ・荒波等による人的・物的被害のほか、各種交通機関の混乱等をもたらすおそれもあり、注意が必要です。

4 つきましては、台風による被害を受ける可能性がある地域に滞在している方は、下記の関連ウェブサイト等を参考に最新の台風情報や現地の気象情報の収集に努め、台風による被害が予想される場合には外出を控える、お住まいの地方自治政府の指示に従う等、災害や事故に巻き込まれないよう安全確保に努めてください。
 また、台風による被害に備え、懐中電灯・携帯用ラジオ等を手元に置いておくこと、飲料水・食料を備蓄すること、家族等に緊急の連絡先を知らせること、滞在されている地域で避難場所が設けられる場合には、地方行政機関の条例、指示等に従って行動し、新型コロナウイルスの感染の予防にも努めてください。
 更に、台風通過後も、地盤の緩みに伴う土石流など、予測できない複合的な二次災害が発生する可能性もありますので注意してください。

《参考ウェブサイト》
 フィリピン気象庁(PAGASA):http://www.pagasa.dost.gov.ph/ 
 日本気象庁(台風情報):http://www.jma.go.jp/jp/typh/ 
 フィリピン国家災害リスク削減管理委員会(NDRRMC):http://www.ndrrmc.gov.ph/ 

5 万一災害に巻き込まれた場合は、現地当局が発表する警報・指示等に従って安全確保に努めるとともに、ご自身の安否等の状況について日本の留守家族及び最寄りの日本国大使館・総領事館に連絡してください。

・・・・・・・・・・・・・・・
 この情報は、在留届、メールマガジン及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。情報は同居家族の方にも共有いただくとともに、同居家族の方が本メールを受信していない場合は、在留届へのメールアドレスの登録、または当館メールマガジンに登録をお願いします。
 災害や騒乱等が発生した際、ご家族、ご友人、同僚を守るため、一人でも多くの方に安全対策に関する情報が届くよう、在留届(3か月以上の滞在)の届出、又はたびレジ(3か月未満の滞在)の登録を、お知り合いの方や出張者・旅行者にご案内いただけますようお願いいたします。

 在留届・たびレジ登録(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/https://www.ezairyu.mofa.go.jp/ORRnet/ )
 メールマガジン登録(https://www.mailmz.emb-japan.go.jp/cmd/ph.html )


(問い合わせ窓口)
○在フィリピン日本国大使館
 住所:2627 Roxas Boulevard, Pasay City,Metro Manila
 電話:(市外局番02)8551-5710
 (邦人援護ホットライン)(市外局番02)8551-5786
 FAX:(市外局番02)8551-5785
 ホームページ:http://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html