マカオ

マカオ-平和の鳩

コーディネーター

マカオ-平和の鳩

のんびりした昔のマカオも好きだけど、
刺激的で変化に富んだ現在のマカオも大好き。
マカオはカジノやIRで有名ですが、
その他、グルメ、エンタメ、ブランドショップ、ホテルライフもすばらしいです。
もちろん、
マカオは歴史・文化の街でも知られています。
発信できる魅力はほんの一部ですが、続けていきたいと思います。

マカオ-平和の鳩さんから寄せられた現地の声 (33) 2ページ目

マカオ

2022年4月4日

マカオ-平和の鳩

コーディネーター

ホンマカバス

新型コロナに関する現地情報

4月4日現在、マカオにおける新規感染者は0です。
輸入性感染者は全て回復しており入院しているものはいません。
ワクチン接種人数(1回目):68248
ワクチン接種人数(2回目以上):517224

マカオ

2022年2月4日

マカオ-平和の鳩

コーディネーター

ホンマカバス

現地の街の様子

ゴンヘイファッチョイ!(恭喜發財)
本日は旧暦(農暦)1月4日です。

仕事はじめの日でもありまして、縁起担ぎに地元で爆竹を鳴らし、幸運の風車を入手してきました。Red pocket(お年玉)も全身のポケットに用意して準備万端。コロナ禍で二度目の旧正月ですが、地元マカオでは密を避けて、雰囲気を楽しむようにしています。

現在は中国大陸からの観光客のみマカオに入境可能でして、ホテルoccupancyは4-5割に回復しているとのこと。観光客は1日2万名弱がマカオに入境していています。PCR検査陰性証明は必ず必要です。ローカルの飲茶レストランは連休中満席だったり、内需のおかげで景気はまぁまぁみたいです。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

マカオ、の現状と現地の街の様子 1枚目の写真
マカオ、の現状と現地の街の様子 2枚目の写真

マカオ

2022年1月3日

マカオ-平和の鳩

コーディネーター

ホンマカバス

現地の街の様子

明けましておめでとうございます。
マカオよりご挨拶させていただきます。
2022年初日の出の写真を撮りました。

地元マカオ政府の水際対策により、
12月末に初のオミクロン株も抑えることができています。
安全であります。
もう間もなくマカオと香港間の往来が可能になる模様です。

マカオ、の現状と現地の街の様子 1枚目の写真

マカオ

2021年11月3日

マカオ-平和の鳩

コーディネーター

ホンマカバス

現地の街の様子

11月3日現在、
ここ一か月ですが、マカオにおける新規感染者はありません。

出入国制限は依然実施中。
外国籍の方はいまだマカオに入国できませんが、
中国からの観光客は入国でき徐々に回復しています。
(国内旅行の一環でしょうか)
10月末の週末で一日あたり3万人の観光客がマカオに入りニュースになりました。

セナド広場の本日の写真です。
来年の北京冬季オリンピック カウントダウンされていました。

はやく外国籍もマカオに入境できるようにしてほしいものです。

マカオ、の現状と現地の街の様子 1枚目の写真

マカオ

2021年10月19日

マカオ-平和の鳩

コーディネーター

ホンマカバス

新型コロナに関する現地情報

10月19日(火)現在、
マカオ政府によるほぼ二週間にわたる外出自粛期間を経て、本日正午やっとマカオ・広東省珠海間の隔離観察不要に戻りました。
よかった。

新型コロナウイルス感染者状況
合計感染者 77名
感染回復者 66名
死者    0名

マカオではPCR検査とワクチンの両方を重視しています。珠海に渡るためには両方必要です。

マカオ

2021年10月5日

マカオ-平和の鳩

コーディネーター

ホンマカバス

新型コロナに関する現地情報

10月5日(火)現在、
市中感染はここ一年ずっとゼロだっただけに残念。9月末からマカオにおける新規感染者数は9名です。うーむ。すべて市中感染者です。

新型コロナウイルス感染者状況
合計感染者 75名
感染回復者 64名
死者    0名

感染者の仕事場や居住地域は封鎖され、区内の住民は14日間の隔離観察となりました。昨晩から3回目となる全市民PCR検査が10月4日夜~10月7日夜まで実施されます。広東省珠海との国境出入国は厳しくなり、市民生活に支障が出始めています。

マカオ

2021年9月27日

マカオ-平和の鳩

コーディネーター

ホンマカバス

新型コロナに関する現地情報

9月25日(土)現在、
マカオにおける新規感染者数は3です。
(うち、輸入性感染者が1名、市内感染者2名)

新型コロナウイルス感染者状況
合計感染者 66名
感染回復者 63名
死者    0名

輸入性感染者の隔離観察ホテル関係者2名が感染し、2回目となる全市民PCR検査を9月25日~28日までの期間に実施しています。

マカオ

2021年8月31日

マカオ大好き

コーディネーター

ホンマカバス

新型コロナに関する現地情報

8月31日(火)現在、
マカオにおける新規感染者数は0です。

新型コロナウイルス感染者状況
合計感染者 63名
感染回復者 60名
死者    0名

マカオ

2021年8月18日

マカオ大好き

コーディネーター

ホンマカバス

現地の街の様子

【マカオ】新型コロナウイルス感染者数
2021年8月18日(水) 正午 現在
累計感染者 63名
完治  59名
死者  0名

8月3日に市内感染の陽性者が4名出たことを受け、全市民に対するPCR検査を行いました。
3日間でのべ約70万名の検査を実施。結果は全て陰性でした。
加えて、8月3日から14日間は様子見ということで市内娯楽施設やホテル内アクティビティは全て閉鎖となっていました。

この間も陽性者が出ていないことから、
本日8月18日水曜日にやっと解けることができました。本日からまたホテル内プールや市内カラオケなどが利用できるようになります。よかったです。

マカオの新学期まで二週間程度ですが、こどもたちも少しでも息抜きできると良いですね。

マカオ

2021年8月3日

マカオ大好き

コーディネーター

ホンマカバス

現地の街の様子

うれしいニュースです。
新IR(統合型リゾート)オープン
マカオコタイ地区のグランドリスボアパレスが先週金曜日7月30日にオープンしました。まずはグランドリスボアパレスホテル、カジノとレストランがオープン、そして年内にヴェルサーチホテルとカールラガーフェルドホテルがオープンします。

オープン時期が何度も延期されてきましたがやっと7月末にオープン。期待していました大型統合リゾートです。カジノエリアはすごく大きな吹き抜けがありテーブル数も多い。豪華なレストランもリスボアグループらしいハイエンドのグルメの提供を期待しています。

私的に、もっとも期待していますのはVersaceホテルとKarl Lagerfeldホテルです。超豪華なホテルは話題性がありコロナ後の海外旅行の目的の一つにもなると思います。

マカオ、の現状と現地の街の様子 1枚目の写真
マカオ、の現状と現地の街の様子 2枚目の写真
マカオ、の現状と現地の街の様子 3枚目の写真

マカオ

2021年7月28日

マカオ大好き

コーディネーター

ホンマカバス

現地の街の様子

マカオ国際空港 利用者数コロナ前の2割に

2021年1月ー6月半期の間の利用者数は67万人と発表されました。前年比10%アップ、コロナ前の約20%に回復しています。

フライトの主な飛行都市は中国国内の21都市であり、そのなかでも上海、杭州、アモイ線の利用者が多い。

その他、
国際線においてはシンガポール線は利用できます。
トランジットで利用されている方が多いようです。
(台北も飛んではいますが、台湾当局の入国規制により、こちらは台湾国籍のみが利用可能)

10月になれば、東南アジア線が回復する見込みです(と願っています)
徐々に回復してほしいです。

マカオ

2021年7月19日

マカオ大好き

コーディネーター

ホンマカバス

現地の街の様子

7月中旬になりまして、学校の期末試験が終わり、街中はリラックスしたファミリー層が目立つようになりました。夏休みシーズンを迎えたマカオですが、依然コロナ禍の出入国制限により夏休みは基本的に市内にとどまる方が多いでしょう。

そこで先週末にオープンしたリスボエタに行ってきました。
コタイ地区に位置するIR施設でして、三つのホテルが併設されています。
リスボエタホテル、ロクシタンホテルとLINEテーマホテルです。
さらに、
SKYZIPジップや室内スカイダイビングのアトラクションも設置されています。

今年はもう一つ大型施設のオープンが待っています。
最新情報をまたお知らせいたします。

マカオ、の現状と現地の街の様子 1枚目の写真
マカオ、の現状と現地の街の様子 2枚目の写真