ジェーニャ

ジェーニャさんから寄せられた現地の声 (94) 2ページ目

新型コロナに関する現地情報

先月に比べるとピークアウトしています。9月の新学期に向けて、気を引き締めて行きましょう!
2021年8月16日(月)現在 サンクトペテルブルク市
感染者 557,993 名(昨日より+1383名)
死者 20,025 名(昨日より+44名)
(ヤンデックス統計より)

ロシア、サンクトペテルブルクの現状と新型コロナに関する現地情報 1枚目の写真

現地の街の様子

モスクワは朝晩は少し涼しく、過ごしやすい天気になってよかったです!

ロシア、モスクワの現状と現地の街の様子 1枚目の写真

新型コロナに関する現地情報

2021年8月5日、 モスクワ市:
感染者数 - 1 519 621人 (+3227人)
死者数 - 25 994人 (+68人)
回復者数 - 1 378 924 人(+4477人)

モスクワではコロナ感染防止対策として6月末から飲食店の利用にワクチン接種の証明が必要となりましたが、7月19日からこの制限が解禁されました。飲食店とクラブも通常の深夜営業に戻すことができました。7月30日から公共交通機関でマスクの着用が不要になりました。コロナ制限が少し緩和されましたが、8月中旬までモスクワ市内のレストラン、ショッピングセンターなどの事業者は従業員の60%以上のワクチン接種を終えるはずです。
ロシアで1回接種した人は25,9%(~3784万人)で、ワクチン接種2回完了した人は18,3%(~2677万人)となっています。(8月5日のデータ) ロシアでワクチンの接種率が高い地域はロシア北西部にあるアルハンゲリスク州とモスクワから~700km離れているベルゴロド州です。

観光地の様子

例年にない記録的な暑さが続いたロシア。日差しの強い時間は、ネフスキー大通りの日向側の歩道から人影が消えるほどでした。でも、短い夏と白夜を楽しむ観光客の賑わいが戻っています。

★ロシア・旧ソ連地域のご旅行のご相談はこちら↓
https://jictravel.exblo…

ロシア、サンクトペテルブルクの現状と観光地の様子 1枚目の写真
ロシア、サンクトペテルブルクの現状と観光地の様子 2枚目の写真

現地の街の様子

コロナ禍で、ダーチャと呼ばれるエコハウスで野菜などを育てて、夏のエコなスローライフを楽しむのが人気です。写真はダーチャで採れた黒スグリです!
★ロシア各地の現地の話題やツアー情報などもブログでご紹介しています↓
https://jictravel.exblo…

ロシア、サンクトペテルブルクの現状と現地の街の様子 1枚目の写真

新型コロナに関する現地情報

ロシア・サンクトペテルブルク市は、気持ちのいい快晴の日が続き、ロシア国内からの観光客で賑わっています!
2021年7月20日(火)現在 サンクトペテルブルク市
感染者 507,507 名(昨日より+1934名)
死者 18,424 名(昨日より+98名)
(ヤンデックス統計より)

ロシア、サンクトペテルブルクの現状と新型コロナに関する現地情報 1枚目の写真

現地の街の様子

モスクワでは感染が再拡大していて、新規感染者数が増えていますので、6月中旬にソビャーニン市長は新たな制限を発表しました。6月28日からモスクワにある飲食店に入店する際にQRコードを提示すると義務づけられました。QRコードを持っていない人は飲食店の中に入ることができません。
QRコードを取得できる方:
- 2回のロシア製のワクチン接種を終えた人
- 半年以内に感染歴がある人
- 3日以内にPCR検査で陰性確認された人
QRコードをもらうためにモスクワ政府サービスポータルで特別なフォームの入力が必要です。レストラン業界によると、売上収益が75%に減少しましたので、飲食店のテラス席の利用する場合、QRコードの提示が不要だと決定しました。今、多くのモスクワ人はテラスで食事を食べながら夏の素敵な時間を過ごします。

ロシア、モスクワの現状と現地の街の様子 1枚目の写真

新型コロナに関する現地情報

2021年7月8日、 モスクワ市:
感染者数 - 1 411 491人 (+6040人)
死者数 - 23 328人 (+109人)
回復者数 - 1 207 500 人(+6805人)
6月中旬からモスクワでは新型コロナウイルスの感染拡大が継続しており、入院中の人は180663人いて、高い水準で推移しています。

観光地の様子

夜中にあがる、跳ね橋ツアーの観光船に乗るのも、この季節の楽しみの一つ。
この暑さから涼を求めて、ネバ川周辺の陸にも、その様子を見守る人が大勢集まってきています。

船のほうは、バンドマンが乗っていたり、DJが盛り上げたりと、趣向が凝らされたパーティー船もあって、ネバ川上も大変にぎやか。
そこには、短い夏を懸命に楽しもうとする、ロシア人の姿が見られます。

ロシア、サンクトペテルブルクの現状と観光地の様子 1枚目の写真

現地の街の様子

白夜も最高潮の、6月中旬から、サンクトペテルブルク市は記録的な猛暑が続き、連日30度超え。

事務所や飲食店にはクーラーが設置されているものの、一般庶民の家には、冷房がない場合も多く、暑いのが苦手な人は、少々夏ばて気味。
一方で、この好天ならではの、美しい白夜の夕焼けの写真が、日々SNSを飾って人々を魅了しています。

ロシア、サンクトペテルブルクの現状と現地の街の様子 1枚目の写真

新型コロナに関する現地情報

ロシア・サンクトペテルブルグ市 6月24日現在(ヤンデックス統計調べ)

感染者数  461701人(前日比 +1143人)
死者数    15695人 (前日比 +99人)

新規感染者数、じわじわと増えてきています。
それに伴い、市政府より再び感染拡大防止措置の発表(6月17日以降実施)がありました。

主なものとして
1.フードコートの営業禁止(宅配・テイクアウトサービス、駅・空港・ガソリンスタンド内の店舗等は除く)
2.午前2時から午前6時までの飲食店の営業禁止
3.屋内遊園施設の営業禁止(水族館、アクアパーク、図書館、スポーツジムを除く)
4.映画館の観客数は定員の50%までに制限
5.屋内外イベントは参加人数の上限を3000人に制限
6.75人以上参加の集会でのマスク着用の義務化

また、6月11日に開幕したサッカー欧州選手権(UEFA EURO2020)にも影響が出ていて、ファンゾーンでの食べ物の販売が禁止になっています。

現地の街の様子

6月11日からEURO2020が開催されます。もともとその大会が2020年に催される予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で2021年に延期となりました。EURO2020は12ヵ国で分散開催されます。その国の中にロシアもあります。7試合はサンクト・ペテルブルクで行われますが、モスクワにルジニキ・スポーツアリーナでファンゾーンが設置されて、ライブのサッカー放送の試合のために大型スクリーンが設けられます。入場は無料ですが入場制限がありますので、EURO2020の公式サイトで事前の登録が必要です。多くのロシア人はサッカーが好きですから試合観戦を楽しみに待っています。

ロシア、モスクワの現状と現地の街の様子 1枚目の写真